« 「テラビシアにかける橋」 橋を渡る力 | トップページ | 「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」 前作の不満点を見事に払拭 »

2008年7月11日 (金)

「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」 笑いのツボ

興味は合ったのですけれど、単館ロードショーだったので見逃してしまっていた作品。
DVDがリリースされたので、やっとレンタルで観ました。
原作漫画も読んだことがなかったので、予備知識ゼロでの観賞です。

この手のナンセンスコメディというのは、ハマれるかハマれないかというのは、とても個人的で感覚的なもののような気がします。
まさに笑いのツボというのがそれぞれの個人で違う感じでしょうか。
ツボにはまればヒーヒー笑いますが、はまらなければクスリとも笑えない。
ストーリーものの映画だと、脚本や演出、編集などについて、いいか悪いかを分析することはできるような気がしますが、「笑い」というものはとても分析しにくい。
笑うときは、これこれこうだから笑おうと思って笑っているわけではないですから。
三谷幸喜さんの作品のように構成を計算して笑わせるコメディというのもありますが、本作のようなナンセンスものというのはまったく違う。
笑えるか笑えないか、好きか嫌いか、まったく個人的な感覚なのです。
笑いは分析できないと言いながら、グダグダと書いてしまいましたが、何故かというと、僕個人は本作であまり笑えなかったからなのです。
原作は人気漫画ということですから、その笑いが好きな方は大勢いるのでしょう。
こういうコメディというのは、笑えなかったりすると、なんだかひとり乗り遅れてしまったような感じでやや寂しかったりするものです。
先に書いたようにストーリーものは楽しめなくても、作品が悪かったりすることが分析できて、納得できたりするのですが、ナンセンスコメディというのは、作品が悪いのではなく、自分が笑いのセンスがなかったのかしらんと思ったりしてしまったりするのですよね。
本作品でも要潤さん演じるジャガーがボケる時の間などいい感じのところはいろいろあったのですが、観終わって「ああ、笑った笑った」と思えるような爽快感はなかったんです。
これは笑いのツボというか、好みが合わなかったとしかいいようがない。
へんなキャラクターばかりが登場するという点では同様の「魁!クロマティ高校」は楽しめたんですけれど・・・。
「笑い」というのは奥が深いのでしょうね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「テラビシアにかける橋」 橋を渡る力 | トップページ | 「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」 前作の不満点を見事に払拭 »

コメント

ノルウェーまだ〜むさん、こんばんは!

原作読まれているんですねー。
僕は未読なので、原作とは比べられないのですが、いまいち笑えなくて・・・。
自分の笑いのセンスが鈍いのかと思ったりもしましたが、けっこうみなさん評価が低くて、一安心(笑)。
ジャガーさんのキャラがつかみにくかったですね(というより登場人物みんなか・・・)。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年11月19日 (水) 20時47分

はらやんさん、こんばんは☆
ツボが違うの前の話ですね~
私は原作も、確かにツボが違っているものの、読んでいるうちに、あのジャガーさんの強引かつマイペースなところについ引き込まれてしまうのです、まるで登場人物ピヨ彦のように。
そんな、ジャガーさんの憎めない人柄が全くでていなかったですね・・・残念!

投稿: ノルウェーまだ~む | 2008年11月16日 (日) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/41805209

この記事へのトラックバック一覧です: 「ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE」 笑いのツボ:

» ルイ14世の長っ鼻 [CINECHANの映画感想]
12「ピュ~と吹く!ジャガー THE MOVIE」(日本)  ギタリストを目指す酒留清彦(ピヨ彦)は、オーディション会場でたてぶえを持って不思議なパフォーマンスを見せていたジャガージュン市と出会う。  芸能人養成所「ガリプロ」に籍を置くことになった清彦だったが、連れてこられたのはふえ科。しかも講師は、ジャガージュン市だった。  清彦の他にはヒップホップ忍者の浜渡浩満(ハマー)とアイドル志望のぶち切れ少女、白川高菜がいるだけだった。しかもそのふえ科も資金難により存続の危機を迎えてしまう...... [続きを読む]

受信: 2008年7月12日 (土) 02時35分

» 「ピューと吹く!ジャガーTHE MOVIE」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ピューと吹く!ジャガーTHE MOVIE」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:要潤、大村学、高橋真唯、小木博明、なぎら健壱、酒井敏也、板尾創路、カルーセル麻紀、他 *監督:マッコイ斉藤 *原作:うすた京介 感想・評価・批評 等、レビューを含..... [続きを読む]

受信: 2008年7月12日 (土) 04時06分

» ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE [メルブロ]
ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE 197本目 2008-3 上映時間 1時間33分 監督 マッコイ斉藤 出演 要潤 大村学 小木博明 高橋真唯 なぎら健壱 カルーセル麻紀 板尾創路 評価 4点(10点満点) 会場 アミューズCQN スクリーン1    現在、週刊少年ジャ....... [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 23時00分

» 【2008-8】ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 君もふえ科に入らないか!? [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 23時17分

» 「ピュー!と吹くジャガー」 ある意味すごい映画 [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
久しぶりに、無駄な時間を過ごした・・・・ なんとなく入ったラーメン屋が、ものすごく不味かった時のような気分。 こんなことならマックにすりゃよかったよ、みたいな? [続きを読む]

受信: 2008年11月16日 (日) 21時23分

» ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE [★CANDY POP★]
ピューと吹く!ジャガー THE MOVIE(公式サイト) 見てしまった・・・!なんで要潤なんだろう?? [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 11時36分

« 「テラビシアにかける橋」 橋を渡る力 | トップページ | 「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」 前作の不満点を見事に払拭 »