« 「コールドケース シーズン1」 感情と記憶を解きほぐす | トップページ | 「ドラゴン・キングダム」 ドリームマッチ! »

2008年7月25日 (金)

「崖の上のポニョ」 一途な想い

宮崎駿監督の最新作。
今回は全編手描きのアニメーションにこだわって作ったということです。
僕の小さい頃は、手描きのアニメーションというのは当たり前のものだったわけですが、今では手描きが話題になってしまう時代なのですね。
隔世の感があります。

本作を観ながら、思い出したのが同じ宮崎駿監督のテレビアニメ「未来少年コナン」です。
まずその一つの理由は、映像的な雰囲気の類似でしょうか。
「ポニョ」は海が重要な舞台になりますが、「コナン」でも同様。
「コナン」では超磁力兵器によって世界の都市がほぼ水没した未来の世界が舞台になっています。
「ポニョ」で大水の後に取り残された宗介の家がひとつだけ海の中にぽっかりと浮いている様子は、「コナン」の「のこされ島」を思い出させましたし、宗介とポニョが船で海の没した森の間を進んでいく場面では「コナン」でバラクーダ号がハイハーバーに向かっていくシーンが浮かびました。
宮崎駿と方は浅瀬の海中のシーンを描くのが、誰よりも上手な気がします。
太陽光が海中を通り、そして海底の砂も明るく照らす。
アニメーションなのになぜか透明感を感じさせる色使い。
「コナン」でもラナが海底に沈んだコナンを助けようとするシーンは屈指の美しい場面ですが、「ポニョ」でもオープニングの海中のシーンはとてもきれいでした。

最近の3DCGアニメというのはコンピューター上に設計された図面をもとに作画されています。
アニメだけでなく、例えば「スピード・レーサー」のような実写映画もほとんどコンピューター上で作られていると言っていいでしょう。
この手法を否定するわけではありませんが、実写であるにも関わらず、なぜか人肌感みたいなものが薄れ、作り物感が出ているような気がします。
今回久しぶりに宮崎駿監督の手描きのアニメーションを観ましたが、絵であるにも関わらず、実写以上に人が、生き物が、活き活きと動いているように感じます。
水や波や飛沫でさえも生きているように感じます。
手描きというのは、コンピューターに比べれば正確さにかけます。
例えば厳密に見るとパースが狂っていたりもするでしょう。
でもそれが動きの中で自然に見え、逆に正確に描くよりも活き活きと見えるのならば、不正確でもいいわけです。
本作ではリサの車の疾走シーンなどは、宮崎駿監督らしいデフォルメが効いた絵で、とてもスピード感、臨場感がありました(「カリオストロの城」のフィアットが思い出され嬉しかったです)。
リサの車を波が追いかけ、そしてその上をポニョがタタタッと走っているシーンは宮崎アニメの中でも屈指のシーンだと思います。
次から次へと押し寄せる波。
波から波へとリズムよく跳んでいくポニョ。
これはコンピューターじゃできない絵のような気がします。

上に「コナン」を想起したと書きましたが、そのもう一つの理由は宗介とポニョの関係と、コナンとラナの関係の類似性でしょうか。
「コナン」ではコナンが好きになったラナを救うために、一途にガムシャラに行動していくという物語でした。
そのラナへの想いに一片の迷いのないコナンの姿に清々しさを感じたものでした。
本作では「コナン」と同様に、ポニョの宗介への一途な想いが描かれます。
ポニョの想いもまっすぐで迷いがありません。
その一途な想いがとても清らかに見えます。
思えば宮崎駿監督の多くの作品は「少年少女と大人」「自然と技術(これは科学技術という時もあれば、魔法といった技術である場合もある)」の対立の構図を持っています。
特に「もののけ姫」あたりから10年くらいの最近の作品はそういう傾向が強く、そして以前のように「少年少女」が単純にハッピーエンドを迎えることが少なくなってきているような気がしていました。
それは宮崎駿監督の変容していく社会、現実への諦めみたいなものが感じられなくもないなと思っていました。
本作では昔の宮崎駿監督の作品のような「少年少女」が一途な想いで幸せになるという物語になっていて、そのあたりがとても懐かしく嬉しくなりました。

最後に・・・。
宮崎駿監督の描く食べ物ってなんでこんなにおいしそうなんでしょう。
リサがいれてくれたハチミツ(?)入りのお茶、インスタントラーメンでさえごちそうに見えます。
「ハイジ」の白パンや、「カリオストロの城」でルパンと次元が食べるスパゲッティもとてもおいしそうだったよなあ・・・。

宮崎駿監督のインタビュー、対談集「折り返し点 1997〜2008」の記事はこちら→
宮崎駿監督作品「ルパン三世 カリオストロの城」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「コールドケース シーズン1」 感情と記憶を解きほぐす | トップページ | 「ドラゴン・キングダム」 ドリームマッチ! »

コメント

とらねこさん、こんにちは!

今年は思いもかけず、節電による長期夏休みとなりました。
夏休みなんぞ、この10年ほどとっていないので、時間をもてあましております。
作家は初期の作品に原点があると言いますが、本作も原点は「コナン」とか「カリオストロ」に感じられますね。

投稿: はらやん(管理人) | 2011年8月12日 (金) 11時41分

はらやんさん、こんにちは。
TBたくさん、ありがとうございます。お盆はいかがお過ごしですか?

コンピューターには出来ない、独特の動く感じ、この辺りの記述がとてもいいですね。
ポニョと宗助の関係に、ラナとコナンを思い出すのは正しい!と思います。
『雪の女王』がその原点なんだそうです。あのヒロインの一途さがいいですね。

投稿: とらねこ | 2011年8月12日 (金) 10時37分

バラサ☆バラサさん、こんばんは!

そうそう!あの大盛りのスパゲッティです。
ルパンと次元の奪い合いも楽しかったですよねー。
あれを観ちゃうと、ナポリタンを無性に食べたくなってしまいます・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月27日 (水) 22時05分

カリ城のスパゲッティ

決してパスタなんぞでない、「ジャポネの横綱」級の盛りの奴ですね!

本当に先生の作品の食べ物は旨そうです。

投稿: バラサ☆バラサ | 2008年8月26日 (火) 18時55分

ノラネコさん、こんにちは!

そうなんですよねー。
水の表現は昔から宮崎アニメでは特徴的でした。
確かに「カリオストロの城」の水没都市は美しかったですよね。
なんだろ、セルアニメで手描きの背景なのに透明感を感じるんですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月 3日 (日) 17時07分

宮崎アニメは空のイメージが強いですけど、実は水ももう一つの重要な要素なんですよね。
私は「カリオストロの城」や「ラピュタ」の澄んだ水の中に水没した都市の光景を思い出しました。
あと「千と千尋」の水面を走る列車のシーンも。

投稿: ノラネコ | 2008年8月 3日 (日) 01時13分

真紅さん、こんにちは!

真紅さんも「コナン」をご覧になっていたんですね!
「コナン」でもコナンとラナの一途な想いに感激しましたが、本作もポニョと宗介にはそういうピュアな想いが感じられました。
今の時代5歳くらいじゃないとピュアでいられないのかな・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月 2日 (土) 16時51分

はらやんさん、こんにちは。拙記事にTBをありがとうございました。
こちらからは残念ながらTBが入らないようなので、コメントだけ失礼します。

私の「宮崎アニメ思い入れNo.1」は『未来少年コナン』です。
だから敢えて記事には書かなかったのですが、コナンとラナの関係を思い出して、ずっと泣きながら観ていました。
コナンは10歳くらいの少年に向けての物語だったように思いますが、今回はもう少し下の、5歳くらいの子どもたちへの物語でしたね。
あ~、今5歳の子が羨ましい!
でも考えてみれば、ずっと同時代に宮崎アニメを観て育った自分は、すごく幸せモノなんだなとつくづく感じます。
長々と失礼いたしました。ではでは、またよろしくお願いします。

投稿: 真紅 | 2008年8月 2日 (土) 10時58分

たいむさん、こんにちは!

確かに「テテテ」の方が感じは近いかも!(笑)。
予告編では魚の時のポニョしか映していなかったので、人間体になったとき、かわいらしかったので驚きました。
ま、予告では「あの歌」しか流れていなかったので、他のことはあまり覚えていなかったのですが(苦笑)。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月 2日 (土) 07時43分

はらやんさん、こんにちは。
>ポニョがタタタッと
私は「テテテ」って思うんですよー(笑)

予告編では「すわっ、ネタばれ?」とか思ったこのシーンでしたが、意外に登場は早く、良い意味で裏切られました。ネタばれなしで最後まで見れたのは良かったです。

投稿: たいむ | 2008年8月 2日 (土) 06時31分

メビウスさん、こんばんは!

手描きのアニメーションというのは、やはり暖かみのある風合いがありますよね。
波の描写は宮崎監督もこだわったということだけあって、とても存在感がありました。
まるで生きているような表現をしていましたが、ああこういう見方ができるところが宮崎監督のすごいところだなあと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月 1日 (金) 22時52分

はらやんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

う~ん、自分はコナンを見ていなかったので類似している雰囲気などを味わう事が出来ませんでしたね。
自分はポニョが変身したら赤毛のメイみたいになるので、トトロのような温か味ある作品だと感じました。全編手描きのアニメーションもその温か味ある作風に一役買ってましたし、これでもののけ姫やハウルみたいに波などがCGアニメーションだったら、雰囲気が壊れていたはずですね。

投稿: メビウス | 2008年8月 1日 (金) 21時06分

hitoさん、こんにちは!

子供がとても喜んで観てくれそうな映画でしたね。
宮崎監督というのは、子供の感覚をずっと持ち続けている人なのでしょうね。
あのポニョの歌も子供がずっと口ずさみそうです。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月 1日 (金) 13時07分

ミチさん、こんばんは!

ミチさんも「コナン」ご存知ですかー。
宮崎監督の描く子供というのは、他の方にはない魅力がありますよね。
特に本作はとても簡単な線で描いているのに、とても活き活きとした感じがあって。
足のゆびニギニギもかわいかったですよねー。
金魚の時のひれがヒラヒラヒラ〜っていう動きもなんかとても自然でした。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年7月30日 (水) 22時20分

こんにちは~

コナンやトトロなど子どもが大好きな宮崎映画に戻ったような感じでしたよね。
トトロが好きな2歳の姪っ子も一緒に劇場観賞して、帰ってからも「ぽにょ、そーすけ すきっ っていったもね~」と何度も何度も言って喜んでいます。

ハム美味しそうですたね~私はハイジのおじいさんが温めてパンに乗せたトロトロのチーズに今でも憧れてます。

投稿: hito | 2008年7月29日 (火) 09時45分

こんにちは♪
「未来少年コナン」懐かしいです~!
宮崎さんは小さい子供の仕草とか表情を描くのがとても上手いと思います。
人間になったポニョの口元や裸足の足の指なんかが本当に可愛らしかった~。

投稿: ミチ | 2008年7月28日 (月) 23時51分

ヨメさん、こんばんは!

宮崎さんの描く子供たちっていうのは、とても仕草が「らしい」ですよね。
ポニョがそうでしたが、気に入った言葉を繰り返し言うところとかとっても子供らしかったです。
ラーメンができあがるところおいしそうでした。
ポニョがハムをぺろっと食べるところも!

投稿: はらやん(管理人) | 2008年7月27日 (日) 19時00分

はらやんさん、こんにちは。
「崖の上のポニョ」すごくかわいらしい映画でした。おっしゃるとおり、海中のシーンは本当に美しくメルヘンチックでした。そして、モーションキャプチャーを使っているわけでもないのに子供たちの動きのあのリアルさ。本当にジブリの手書き技術の高さを再確認させられました。

あとやっぱり食事シーンは良いですね。
ミルクもラーメンも本当においしそうでした!!

投稿: ヨメ | 2008年7月27日 (日) 15時17分

SOARさん、こんにちは!

確かに「コナン」と服の色も同じでしたねー。
「ポニョ」を観たら「コナン」を観直したくなりました。
ほんと宮崎アニメではすべて食べ物はおいしそう・・・。
口一杯にほおばって、むしゃむしゃ食べるあの感じがおいしそうなのかな。
本作のボニョの「ハムがいいー」はかわいかったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年7月26日 (土) 08時33分

コナンの「のこされ島」、私も思い出しました!コナンの黄色っぽいシャツとラナの赤いワンピースも、宗介&ポニョと一緒ですよね。
あ、宮崎作品の食べ物で私が真っ先に頭に浮かぶのは、ラピュタの目玉焼きパンです~♪

投稿: SOAR | 2008年7月26日 (土) 01時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/41969739

この記事へのトラックバック一覧です: 「崖の上のポニョ」 一途な想い:

» 『崖の上のポニョ』・・・宮崎駿の優しい世界 [SOARのパストラーレ♪]
劇場で観る予定のなかった『崖の上のポニョ』を、休日にしては珍しく早起きしたせいなのか、それとも昨夜テレビでやってた『となりのトトロ』のせいなのか、急に観たくなり初日にフラリと衝動鑑賞(笑) 家を出る前にネットで席を確保しておいてよかった。早めに劇場に着いたのに既に「初回上映満席」のアナウンスが。... [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 01時43分

» 「崖の上のポニョ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
スタジオジブリアニメ映画 「崖の上のポニョ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):ポニョ(奈良柚莉愛)、宗介(土井洋輝)、リサ(山口智子)、耕一(長嶋一茂)、グランマンマーレ(天海祐希)、フジモト(所ジョージ)、婦人(..... [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 11時02分

» 崖の上のポニョ [ネタバレ映画館]
帽子は小さくなってしまったけど・・・いいのか? [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 20時52分

» 崖の上のポニョ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
あぁ、刷り込み効果は偉大なり(笑)ぽーにょ♪ ぽにょぽにょ さかなの子♪洗脳されて(笑)『崖の上のポニョ』レイトショーで観てきました。仕事帰りで、これから行くの?っと同僚に驚かれてましたが^^;;;だって、ぽにょ だもん♪元気だもーーん♪(半分ナチュラルハイにな... [続きを読む]

受信: 2008年7月26日 (土) 23時42分

» 崖の上のポニョ 2008-41 [観たよ〜ん〜]
「崖の上のポニョ」を観てきました〜♪ 海辺の街、崖の上の家で暮らす宗介(声:土井洋輝)は、ある日ジャムの便にはまり込んだ魚の子ポニョ(声:奈良柚莉愛)を助け出す。お互いに惹かれあう宗介とポニョだったが、ポニョの父親に手によってポニョは海に連れ戻されてしまう・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、崖の下の海でポニョに出会えるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 07時10分

» 崖の上のポニョ [eclipse的な独り言 ]
 観てきました。まあ観客は満員。子供は騒ぐはでにぎやかです。でもたまにはこういう [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 08時53分

» 崖の上のポニョ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
宮崎駿監督の作品は大好き持っているDVDやビデオを観る機会も一番多いかもしれないなぁ〜『ハウルの動く城』以来4年ぶりの新作を家族で楽しみにしていた―【スタッフ・キャスト(声優)】*監督・原作・脚本 宮崎駿 *音楽 久石譲*宗介の母・リサ(山口智子)         *宗介の父(長嶋一茂)*ポニョのママ・グランマーレ(天海祐希)  *ポニョの父・フジモト(所ジョージ)*宗介(土井洋輝)    *ポニョ(奈良柚莉愛)    *ポニョの妹たち(矢野顕子)*トキさん(吉行和子)  *ヨシエ(奈良岡朋子) 他... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 09時32分

» 『崖の上のポニョ』 [Sweet*Days**]
監督・原作・脚本:宮崎駿   声の出演:山口智子、天海祐希、所ジョージ 他 海の側の崖の上に住む5歳の宗介は、ある日海で空き瓶にハ... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 09時49分

» 完全に子供向け。『崖の上のポニョ』 [水曜日のシネマ日記]
5歳の少年が、さかなの子ポニョと出会う物語です。 [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 09時58分

» 崖の上のポニョ [Akira's VOICE]
大人に希望を。 子供に夢を。   [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 10時31分

» 崖の上のポニョ [そーれりぽーと]
「もう映画は撮らない」 何度となく引退を宣言しながら撮り続けている宮崎駿監督。 今回は『ゲド戦記』の原作者を激怒させたいわく付きの最新作、『崖の上のポニョ』を観てきました。 ★★★★ 未曽有のセル画アニメ体験。 スクリーンを埋め尽くす優しいタッチの手書き画が動きまくる快感は、宮崎アニメファン必見でしょう。 テーマも中身も、『となりのトトロ』と同系のファミリー向けですが、だからこそ童心に帰って観れば、大人でもきっと心に響く内容です。 テーマ曲は、インストで最初のフレーズだけ聞くと『となりのトトロ』... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 11時41分

» 「崖の上のポニョ」 [みんなシネマいいのに!]
 「千と千尋の神隠し」の時はやりすぎくらい宣伝していたのに、今回は限りなく控えぎ [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 12時38分

» 「崖の上のポニョ」 [大きな栗の木の下で]
2008年 日本 原作・脚本・監督:宮崎駿 出演:山口智子、長嶋一茂、天海祐希、奈良柚莉愛、吉行和子 【内容】 海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、瓶に入り込んで動けなくなっていたさかなの子・ポニョを助けた。一緒に過ごすうちにお互いのことを好きになる2人だ..... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 15時09分

» [Review] 崖の上のポニョ [Diary of Cyber]
人間の世界と、魚の世界。決して相容れない二つの世界に生きる子供たち。 人間になりたい魚の女の子ポニョと、人間の男の子宗介との出会い。ポニョを守ると誓ったものの、魚の子だからか人間と異なる行動や理念に、宗介は少しずつ戸惑いを隠せなくなっていく。一緒にいるのに、何故か心は少しずつ離れていく。 果たして二人は、これからもずっと一緒に生きていけるのか? ポニョは無事、人間になることができるのか     ? 作品の途中までを鑑賞して、その後の物語の流れをのように考えてしまいましたが、... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 18時11分

» 「崖の上のポニョ」を観てきました☆ [windy's note]
先週の日曜日に「崖の上のポニョ」を観てきました。絵もストーリーも、まるで絵本のようでした。 ポニョ、かわいかったです[E:shine]一緒に観に行った5歳の娘も、大満足だった様子。「ポニョ、宗介、好き... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 20時59分

» 『崖の上のポニョ』 [ラムの大通り]
----この夏の大本命! 宮崎駿アニメ、ついに登場。 確かこれって『人魚姫』をモチーフにしているんだよね。 でも、この目と目が離れたファニーフェイスの女の子が人魚姫って ちょっと想像つかないニャあ。 「そういえば、この子が人間になった姿は まだどこにも出ていないなあ。 今回もあいかわらずの秘密主義だったからね」 ----それってかわいいの? 「うん。『となりのトトロ』のメイみたいな感じ。 そういえば映画の雰囲気も『トトロ』に似ているところが…。 ただ、あれよりもマジカルな要素が強いね。 まずポニョ... [続きを読む]

受信: 2008年7月27日 (日) 21時59分

» ★「崖の上のポニョ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週はハッピーマンデー付きの3連休なので、二日連続オールナイト敢行のシネコンたち。 一日目は、前作「ゲド〜」でズッコケたスタジオジブリの反撃作。 やっぱり宮崎駿が監督しないと、ダメなのねーーー。 ... [続きを読む]

受信: 2008年7月28日 (月) 02時20分

» 崖の上のポニョ [5125年映画の旅]
魚の女の子ポニョは、好奇心から父親の船を飛び出し、一人海の中を流されていく。5歳の少年・宗介は打ち上げられたポニョを見つけ、ポニョに「僕が守ってあげる」と約束する。宗介と接するうちに宗介に対する明確な好意が芽生えたポニョは、人間になりたいと強く願うよう...... [続きを読む]

受信: 2008年7月28日 (月) 21時50分

» 映画 【崖の上のポニョ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「崖の上のポニョ」 宮崎駿監督の4年ぶりの新作は、手書きアニメーションによる素朴な童話的作品。 おはなし:父親が海に出て留守がちで、母親と二人で暮らす5歳の宗介。ある日彼はビンに頭をつっこみ抜けずに困っている奇妙な魚を発見。ポニョと名づけて育て始める。 5歳の男の子とお魚の女の子の感情を中心に、「人魚姫」のお話を髣髴とさせるところもある可愛らしい作品でした。 5歳の宗介って子が、今どきありえないくらいに素直で可愛らしいの。でも、一番可愛いのはポニョ!スカートのような尾ひれをヒラ... [続きを読む]

受信: 2008年7月28日 (月) 23時48分

» 【崖の上のポニョ】 [日々のつぶやき]
脚本・監督:宮崎駿 かなり前から予告で流れていて、歌がずっと耳について離れませんでした。やっと公開です! 「ヘルパーの仕事をする母リサと船乗りの父耕一と三人で崖の上の家に住む五歳の宗介。 ある日、海で拾った金魚・・のような魚をポニョと名付けて可愛... [続きを読む]

受信: 2008年7月29日 (火) 09時44分

» 崖の上のポニョ [映画を観たよ]
ポーニョ、ポーニョ、ポニョ [続きを読む]

受信: 2008年7月30日 (水) 08時52分

» 崖の上のポニョ [Sweetパラダイス]
崖の上のポニョを見てきましたもう見たくてうずうずしてましたよ〜相変わらず声優さんは俳優さんとかなのね声優大好きな私としては声優さんを起用してほしいなポーニョポーニョさかなの子青い海からやってきた映画が公開される前から知ってたこの歌。覚えやすい歌詞で自然...... [続きを読む]

受信: 2008年7月30日 (水) 19時24分

» 『崖の上のポニョ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「崖の上のポニョ」□監督・原作・脚本 宮崎駿 □キャスト(声優) 山口智子、奈良柚莉愛、土井洋輝、長嶋一茂、所ジョージ、天海祐希、吉行和子、奈良岡朋子、矢野顕子■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 来たぁぁぁぁぁ〜 メイちゃんがおさかなになって戻って来たぁぁぁぁ〜〜〜 4年ぶりに宮崎駿監督が手掛けた作品は原点に立ち戻り、素朴で且つ心温まるファンタジー。 そのベースに置いたのはアンデルセン童話の「人魚姫」だと... [続きを読む]

受信: 2008年7月31日 (木) 08時26分

» 崖の上のポニョ [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 監督:宮崎 駿 声 :奈良柚莉愛、土井洋輝、山口智子、長嶋一茂、天海祐希、所 ジョージ、吉行和子、奈良岡朋子・・・ ポニョはメタボだった!? ... [続きを読む]

受信: 2008年8月 1日 (金) 20時24分

» 崖の上のポニョ(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】宮崎駿 【声の出演】山口智子/長嶋一茂/天海祐希/所ジョージ/土井洋輝/奈良柚莉愛/柊瑠美/矢野顕子/ 吉行和子/奈良岡朋子 【公開日】... [続きを読む]

受信: 2008年8月 1日 (金) 21時00分

» 崖の上のポニョ [Diarydiary! ]
《崖の上のポニョ》 2008年 日本映画 港町にある崖の上の一軒家に住む宗介にで [続きを読む]

受信: 2008年8月 1日 (金) 22時13分

» 崖の上のポニョ [映画のメモ帳+α]
崖の上のポニョ(2008 日本) 英語題  Ponyo on the Cliff by the Sea    監督   宮崎駿   脚本   宮崎駿     音楽   久石譲 主題歌  藤岡藤巻と大橋のぞみ 『崖の上のポニョ』       林正子 『海のおかあさん』                出演(声)山口智子 長嶋一茂       天海祐希 所ジョージ       土井洋輝 奈良柚莉愛       柊瑠美 矢野顕子       吉行和子 奈良岡朋子 『もののけ... [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 00時14分

» 崖の上のポニョ <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
 ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子 映画を観に行く前から 頭の中で回ってたけど 観に行ったら更にふとした時に 何気に歌ってしまう、恐ろしや ポニョの歌絵がキレーで可愛かった今回はCGを使って無いそうで 手書きのええ感じが出てたなぁ宗介は5歳の男の...... [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 02時02分

» 「崖の上のポニョ」みた。 [たいむのひとりごと]
金魚、人面魚、半漁人から人間の女の子へ。「人魚姫」がモチーフ。思い描いていたものとはちょっと違っていたが、純真な子供たちを描いたファンタジーがとても清清しい。若干5歳の宗介の王子さまっぷりがとてもいじ... [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 06時32分

» 崖の上のポニョ [いい加減社長の日記]
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/ccc5e960aab28c13b2a5b6bc96296da8 [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 06時38分

» 崖の上のポニョ [ともやの映画大好きっ!]
【2008年・日本】試写会で鑑賞(★★★★☆) 「ハウルの動く城」以来、4年ぶりとなる宮崎駿監督のオリジナル最新作。 崖の上で暮らすリサ(声:山口智子)と5才になる宗介(声:土井洋輝)の母子。父親の耕一(声:長島一茂)は、船の航海士で留守をしている。ある日、宗介は崖の下の海で、一匹の金魚(声:奈良柚莉愛)と出会う。宗介は指の怪我を治してしまった不思議な力を持つ金魚を、ポニョと名付ける。そんなポニョを連れ戻そうと、父親のフジモト(声:所ジョージ)が海からやってくる。宗介のことが大好きになり、人間に... [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 21時52分

» 崖の上のポニョ [シャーロットの涙]
BAKA BAKA BAKA BAKA・・・ [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 21時56分

» 映画「崖の上のポニョ」 [FREE TIME]
映画「崖の上のポニョ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2008年8月 3日 (日) 00時59分

» 崖の上のポニョ・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「芸術は爆発だ!」と言ったのは岡本太郎だったが、「崖の上のポニョ」は正しく宮崎駿のイマジネーションの爆発だ。 物語そのものは、よく知... [続きを読む]

受信: 2008年8月 3日 (日) 01時00分

» 「崖の上のポニョ」宮崎駿 [Mani_Mani]
2008日本 監督・脚本・原作:宮崎駿 声の出演:山口智子(リサ)所ジョージ(フジモト) 観たぜ、ポニョ。 いや〜反則というか直球というか 「子供」「母性」「老い」「地域社会」「自然回帰」そして「人間讃歌」 だよ。 驚いたね〜 でも、よく考えると、「ナウシカ」のころから一貫してず〜っとこれがテーマなのでないかい?(例外は「千と千尋」?(だからこれが好き?(笑))) 受けを狙ってとかいう次元ではないなこれは。 あの人にとっては本当に大事なテーマなんだなこれらは。 だとしたらわかった。素直に... [続きを読む]

受信: 2008年8月 3日 (日) 02時00分

» 『崖の上のポニョ』 [唐揚げ大好き!]
  生まれてきてよかった。   ■海辺の小さな町で崖の上の一軒家に暮らす宗介はある日、頭がジャムの瓶にはまり困っていたさかなの子・ポニョを助け出す。ポニョはクラゲに乗って家出してきたところだった。それ以来、彼らは互いを好きになる。しかし、ポニョはある時... [続きを読む]

受信: 2008年8月 3日 (日) 09時27分

» 「崖の上のポニョ」を観ました! [団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)]
 ―人間の尊厳・愛の大切さなどを感じる!― ポーニョ ポーニョ ポニョ さかなの子♪ 青い海からやってきた♪・・・最近、テレビを見ていると、調子のいい歌が流れている。宮崎駿の原作・脚本・監督の長編アニメーション映画「崖の上のポニョ」の同名の主題歌です。亀さんも、ついつられて、「ポーニョ ポーニョ ポニョ♪」と口ずさんでいます。 そこで、昨夜、亀さんは、奥さんと一緒に、近くのシネマコンプレックスに映... [続きを読む]

受信: 2008年8月 3日 (日) 13時57分

» 崖の上のポニョ [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年7月19日 公開 ポニョさん はしゃぎすぎ 久しぶりの宮崎アニメを堪能いたしました。 『ハウルの動く城』から4年ぶりなんですねぇ。 日本を代表するアニメ作家の宮崎駿が原作・脚本・監督した話題の新作。 映画館でこのチラシを手にしたのは随分前だったと思う。 やがて、一度聴くと耳に残るあの主題歌が劇場で流され・・・。 今作は、アンデルセン童話の「人魚姫」を現代の日本に置きかえた作品だと知った。 とこ... [続きを読む]

受信: 2008年8月 3日 (日) 15時51分

» 「崖の上のポニョ」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
2年前の記事「ゲド戦記」でも触れた様に、スタジオジブリが手掛けた作品で実際に見た事が在るのは「となりのトトロ」に「火垂るの墓」、「おもひでぽろぽろ」、そして「ゲド戦記」の4作品のみ。「火垂るの墓」は大好きで何度か見たが、その他は1度っきり。大体これ等の作品で映画館に足を運んで観たのが「ゲド戦記」だけなのだから、ハッキリ言ってジブリ作品には全く思い入れが無いと言っても良い。「ゲド戦記」の出来が余りにも酷かった為、「ジブリ作品を観に行く機会はもう無いだろう。」と思っていたが、あの“麻原彰晃マーチ”(動画... [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 02時35分

» 崖の上のポニョ [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:宮崎駿 声の出演:山口智子       長嶋一茂       天海祐希       所ジョージ       土井洋輝、他 ■内容■  5歳の少年宗介は、 海辺の小さな町のがけの上の一軒... [続きを読む]

受信: 2008年8月 6日 (水) 13時13分

» 崖の上のポニョ [C'est Joli]
崖の上のポニョ’08:日本 ◆監督・原作・脚本: 宮崎駿「ハウルの動く城」「千と千尋の神隠し」◆声の出演:山口智子、長嶋一茂、天海祐希、奈良柚莉愛、土井洋輝、柊瑠美、矢野顕子、吉行和子、奈良岡朋子 ◆STORY◆海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、瓶に入...... [続きを読む]

受信: 2008年8月 7日 (木) 01時02分

» 猪突猛進のキンギョヒメ。(笑)~「崖の上のポニョ」~ [ペパーミントの魔術師]
あんましかわいかったのでスタッフブログのほうへも ついつい書いてしまいました。(笑) ポニョにメロメロ~♪ 他に寄る所があったので、はじめて、 難波のTOHOシネマズへ行きました。 ・・・えらい目にあった。(爆) 並んでいる時に目の前でどんどん 次の回次の回が残席..... [続きを読む]

受信: 2008年8月 9日 (土) 16時18分

» 【2008-170】崖の上のポニョ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 生まれてきてよかった。 [続きを読む]

受信: 2008年8月11日 (月) 23時40分

» 映画「崖の上のポニョ」(2008年、日) [富久亭日乗]
   ★★★★☆  「さかなの子」と5歳の男の子の交流を描いた スタジオジブリ制作のアニメーション。 宮崎駿が監督、原作、脚本の3つを担当するのは 「千と千尋の神隠し」以来7年ぶり。 英題は「Ponyo on the Cliff by the Sea」。       ◇  港町に住む宗介(土井洋輝)は、 母親のリサ(山口智子)と暮らしている。 父親の耕一(長嶋一茂)は貨物船の船長で留守がちだ。 ある日、宗介は海岸でヒトの顔をもった「金魚」を見つける。 宗介がポニョと名付けた「金魚」は、 かつて人間だ... [続きを読む]

受信: 2008年8月12日 (火) 18時52分

» 崖の上のポニョ [金言豆のブログ ・・・映画、本について]
いや〜耳について離れませんあの主題歌のフレーズ。 ポ〜ッポポポポポポ〜ッポ〜、ポ〜ッポポポポポポッポッポポッポ〜♪ 全国で8千万人はや... [続きを読む]

受信: 2008年8月14日 (木) 17時01分

» 『崖の上のポニョ』 (2008) / 日本 [NiceOne!!]
原作・脚本・監督:宮崎駿製作:鈴木敏夫声の出演:山口智子、長嶋一茂、天海祐希、奈良柚莉愛、土井洋輝、柊瑠美、矢野顕子、吉行和子、奈良岡朋子公式サイトはこちら。<Story>海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、瓶に入り込んで動けなくなっていたさか...... [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 00時12分

» 「崖の上のポニョ」 [てんびんthe LIFE]
「崖の上のポニョ」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 今年の夏のスタジオジブリ作品は巨匠宮崎駿監督のこの作品。 日本人はもちろん世界中から期待される作品です。 「ハウルの動く城」からはや4年がたちつくられたオリジナル作品は、人魚姫をモチーフに作られた完全に子供向けと思われるファンタジー。 人魚姫=美少女というイメージを覆すポニョはお世辞にも美少女とはいえないちょっとぽっちゃり型の女の子だし、原型の金魚(?)は愛らしいけどはっきり言ってブサイクなつくり。 でも憎めなくてそのブサイクさが可愛か... [続きを読む]

受信: 2008年8月15日 (金) 00時26分

» 崖の上のポニョ を観ました。 [My Favorite Things]
ポニョポニョポニョ魚の子♪あの歌が朝から耳について…昨日観ちゃいました。 [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 10時30分

» 映画 「崖の上のポニョ」 [ようこそMr.G]
映画 「崖の上のポニョ」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 17時31分

» 崖の上のポニョ [さくらの映画スイッチ]
ハチミツ、美味しそうだった。インスタントラーメン、美味しそうだった。何かが起こっていても、まずはホッと一息、落ち着いて・・・ ^^ [続きを読む]

受信: 2008年8月16日 (土) 21時53分

» 『崖の上のポニョ』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
海に帰りたくなるねー。オープニングに登場したのが、クラゲという時点で、お気に入り印の予感。海の生物も大好きだー。宮崎アニメの浮遊感が好きなんだよねー。こないだフェリーニ作品を観て、フェリーニの脳内を漂いたいって思ったんだけど、宮崎はやおっちの脳内漂流も心地いいかもしれないなぁ。(アピチャッポン・ウィーラセタクンの脳内もしかり) イマジネーションの海を漂うのってなんて気持ちいいんだろう。 『ゲド戦記』は結局観なかった。ハヤオ氏の監督作品じゃなかったというのもあるけど、何しろ"ゲド"で、"戦記"だ... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 10時19分

» 崖の上のポニョ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
海を臨む崖の上の一軒家に住む5歳の少年、宗介は、海辺で敏に入り込んで動けなくなっていた生き物を発見。助け出し、ポニョと名付けます。一緒に過ごすうち、心を惹かれあう二人ですが、ポニョは、父親のフジモトにより、海に連れ戻されてしまいます。それでも、宗介を忘れられず... [続きを読む]

受信: 2008年8月17日 (日) 23時12分

» 『崖の上のポニョ』は大人には厳しいか? [映画のブログ]
 宮崎駿監督は、自分の子供の世代を対象に作品をつくっていたという。  長男の宮崎吾朗氏は1967年1月の生まれ。  たしかに息子さんが成長... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 17時56分

» 劇場鑑賞「崖の上のポニョ」 [日々“是”精進!]
「崖の上のポニョ」を鑑賞してきました「ハウルの動く城」から4年。宮崎駿監督の次なる挑戦は、CGを一切用いず、手描きでアニメを作るという原点に立ち返ることだった。ストーリーは・・・ある日、崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、クラゲに乗って家出してきた...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 7日 (日) 21時11分

» 『崖の上のポニョ』’08・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ海辺の小さな町。崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、ある日クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う・・・。感想早く観たかったけど、しばらく待ったらジブリ作品はTVで、放送してくれるからお金もったいないし、一昨日まで我慢してきたポニョ...... [続きを読む]

受信: 2010年3月 9日 (火) 23時06分

» 崖の上のポニョ [欧風]
ぽ~にょぽ~にょぽにょさかなのこ♪で有名な、「崖の上のポニョ」をイオン下田で観てきました~。 話としては、海辺の街に住む男の子、ある日、男の子は瓶に挟まって抜けなくなった金魚を助け、ポニョと名付けるが・・・、という感じ... [続きを読む]

受信: 2010年3月16日 (火) 18時01分

» 崖の上のポニョ(鑑賞151作目) [別館ヒガシ日記]
崖の上のは地上波をして鑑賞したけども 結論 [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 10時44分

» 崖の上のポニョ [にわうたぶろぐ]
 本当は観たいと思わなかった作品です。私の年齢がそうさせるのか、事前に読んだレビューがあまり良くなかったという先入観のせいか……とにかくジブリというブランドでありながらさほど興味が沸かなかったのが実のところであります。  それを何故観てみる気になったのか?  私の世代は誰でも「となりのトトロ」を知っていて、おそらく「あっるっこー あっるっこー わたしはっげーんきー♪」の歌も知らない人はいないと思います。  けれど今の子供たちはどうなのでしょうか。テレビで放送するたびにある程度の... [続きを読む]

受信: 2010年4月20日 (火) 23時38分

» 崖の上のポニョ [★CANDY POP★]
「ポニョ、そーすけ、すきー!」何の前知識もなく見に行っちゃった。あの洗脳ソングが劇中ずうっと流れてるかと思ったけど、そうじゃなくてよかった。何も知らないまま見に行ったから、終わって初めて、「人魚姫だったのか」と気づいたわ。 あれもこれもこの先の伏線に違い...... [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 11時30分

» 崖の上のポニョ 観てきました [よしなしごと]
 夏休みも終わりに近づいてきましたが、ようやく崖の上のポニョを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 21時00分

» 崖の上のポニョ [悠雅的生活]
不思議なことが多いけど、それが何故なのかいつかわかる・・・ [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 21時37分

» 映画レビュー「崖の上のポニョ」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
崖の上のポニョ [DVD]◆プチレビュー◆宮崎アニメが原点回帰。現代社会を5歳の子供の心でリロードし、次世代への希望を託す物語だ。 【65点】 崖の上の一軒家に住む宗介は5歳の男の子。ある日、海辺で頭をジャムの瓶に突っ込んで困っていたさかなの女の子を助け、ポニョ...... [続きを読む]

受信: 2010年6月 5日 (土) 23時51分

» 320「崖の上のポニョ」(日本) [CINECHANの映画感想]
人間になりたかった魚  海辺の小さな町で崖の上の一軒家に暮らす宗介はある日、頭がジャムの瓶にはまり困っていたさかなの子を助け出す。ポニョと名付けられたその子はクラゲに乗って家出してきたところだった。それ以来、彼らは互いを好きになる。しかしポニョは、人間をやめて今は海の住人となっている父フジモトによって海の中へ連れ戻されてしまう。  それでも、“人間になって宗介に会いたい”という気持ちが抑えられないポニョは、父が貯めていた生命の水を海中にまき散らしながら、妹達が作り出す大津波に乗って再び...... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 12時20分

» 『崖の上のポニョ』 | 生きることの手ざわりを獲得してゆく子供たち [23:30の雑記帳]
スタッフの方々は、魚ばかり描かされて本当にご苦労様と言いたい。まず気づかされたのは、登場人物たちが丁寧に名前を呼び合うこと。相手の名前を覚えてはじめて関係性が密度の濃いものになってゆく。母子の間でさえ名前で呼び合う。面白いのは、そうすることによって母親が...... [続きを読む]

受信: 2010年8月 8日 (日) 05時42分

» ポニョの舞台、江戸時代の風景は? [ローカルニュースの旅]
アニメ映画「崖の上のポニョ」の舞台にもなった広島県福山市の鞆の浦の風景が描かれた江戸時代後期の屏風が見つかった。 [続きを読む]

受信: 2010年9月16日 (木) 11時11分

» 『崖の上のポニョ』(2008) [【徒然なるままに・・・】]
最初にポニョのキャラを見た時、「なんじゃこりゃ?」「キモチワルーイ」と思い、次にフジモトをはじめとする主要キャラのデザインを見て、「あー、こりゃダメだ。どうしても好きになれない~」と結局映画館に行きませんでした。 生理的な嫌悪感というんでしょうか、自分でも不思議なくらい拒絶反応がありました。 そんなこんなだったので、DVDが出た時もスルー(それ以前の宮崎駿監督作品は、好き嫌いはあっても全部持ってるんですが)。 ただ最近になって、流石に観ておかないとマズイかなぁ(?)と考えを改め、ようやっとレン... [続きを読む]

受信: 2011年8月 7日 (日) 21時36分

» 105●崖の上のポニョ [レザボアCATs]
ステキ・かわいい・感激!!!!! ストーリー・・・ 海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、瓶に入り込んで動けなくなっていたさかなの子・ポニョを助けた。一緒に過ごすうちにお互いのことを好きになる2人だが、ポニョの父親・フジモトによってポニョは海へ連れ戻されてしまう。それでも宗介を想い、人間になりたいと願うポニョは、妹たちの力を借りてフジモトの蓄えた魔法の力を盗み出し、再び宗介の元を目指すが・・・。 08年、宮崎駿監督・脚本・原案。 4年ぶりの... [続きを読む]

受信: 2011年8月12日 (金) 10時32分

» 崖の上のポニョ [rambling rose]
動く絵本。 [続きを読む]

受信: 2013年4月 1日 (月) 20時49分

» 映画『崖の上のポニョ』★サイダーの泡…… [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
映画レビューしました。(ネタバレでもないです) ☆の数は、少ないですが、好みということで、ご了解くださいね。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id327529/rid69/p0/s0/c0/ 作品について http://cinema.pia.co.jp/title/21026/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。 手作業の絵は、アニメの命で、うごく絵本のようでした。 人魚姫をモ..... [続きを読む]

受信: 2013年5月12日 (日) 01時28分

» 崖の上のポニョ [Yuhiの読書日記+α]
宮崎駿監督が4年ぶりに手がけた、アンデルセンの童話「人魚姫」を基にした心温まるファンタジー。 <あらすじ> 海を見下ろす崖の上一軒家に住む宗介は、浜辺で瓶に入り込んで動けなくなっていた魚の子供ポニョを助けた。一緒に過ごす内に、お互いのことを好きになる2...... [続きを読む]

受信: 2013年5月13日 (月) 00時04分

» 崖の上のポニョ [Blossom]
崖の上のポニョ 監督 宮崎駿 日本 2008 [続きを読む]

受信: 2013年5月14日 (火) 16時36分

» アニメ映画「崖の上のポニョ」 [陽出る処の書紀]
これぞ現代版人魚姫。港町の崖の上で暮らす男の子、半魚人の女の子と出会う。話題作のジプリアニメだけど、ジプリブランドの愛好者以外には期待はずれかも。 [続きを読む]

受信: 2013年5月14日 (火) 21時50分

» 映画『崖の上のポニョ』 [健康への長い道]
 神戸松方ホールにて試写会。  「ポニョ役の(奈良)柚莉愛ちゃんと宗介役の土井(洋輝)くんが、初号試写を見ている間ずっと落ち着きがなく、『子供が喜んでいないのでは』」とか、「スタッフの家族を招いて行われた試写でも子供たちから反応がなく、『子供たちのため…... [続きを読む]

受信: 2013年5月16日 (木) 21時10分

» 崖の上のポニョ [瑞原唯子のひとりごと]
期待度が低かったせいか、それなりに楽しめました。不思議なことが解明されずに波のように次々と押し寄せてくる話ですね。映画を観ただけではほとんど謎は謎のまま。何もわからないんだけれど、それが不快なわけでなく、ぐいぐい引っ張られるように見てしまった。どうして...... [続きを読む]

受信: 2013年6月15日 (土) 21時07分

» 崖の上のポニョ [本と映画、ときどき日常]
監督 宮崎駿 声 山口智子   長嶋一茂   所ジョージ いつものファンタジーです。 しかし、いつもながらにレベルの高いファンタジーです。 宮崎駿アニメと聞いて、このレベルに慣れてしまっていて、今いち感動が薄れているのが残念。 それにしても久石譲はすご...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 4日 (日) 01時26分

» 【崖の上のポニョ】 [じゅずじの旦那]
ポニョ、かわいいねぇ [:楽しい:]【あらすじ】5歳の少年宗介は、海辺の小さな町のがけの上の一軒家で暮らしていた。市街地から外れた彼の家の周囲には何もさえぎるものはなく、ただただ青く美しい海と空が広がっている。仕事で留守になりがちな父親の不在を寂しく思っていた宗介だったが、ある日、浜でさかなの子ポニョと出会うことでその寂しさも忘れ、やがて2人は強いきずなで結ばれていく。監督:宮崎駿出演:山口智子 長嶋一茂 天海祐希 所ジョージ 土井洋輝 奈良柚莉愛 柊瑠美 矢野顕子 吉行和子 奈良岡朋子…何がすごい... [続きを読む]

受信: 2013年10月 7日 (月) 11時15分

» 大人以上、親未満には伝わり難い●崖の上のポニョ [Prism Viewpoints]
5才のロミオとジュリエット。 『崖の上のポニョ』 崖の上のポニョ - goo 映画 海を臨む崖の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、 瓶に入り込んで動けなくなっていたさかなの子・ポニョを助けた。 一緒に過ごすうちにお互いのことを好きになる2人だが、 ポニョの父親・フジモトによってポニョは海へ連れ戻されてしまう。 それでも宗介を想い、人間になりたいと願うポニョは、...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 3日 (日) 01時22分

« 「コールドケース シーズン1」 感情と記憶を解きほぐす | トップページ | 「ドラゴン・キングダム」 ドリームマッチ! »