« 「SP 警視庁警備部警護課第四係」 まるで映画みたい | トップページ | 「崖の上のポニョ」 一途な想い »

2008年7月23日 (水)

「コールドケース シーズン1」 感情と記憶を解きほぐす

ジェリー・ブラッカイマー製作のクライム・サスペンスです。
このドラマを観るまで知らなかったのですが、アメリカでは第一級殺人罪には時効はないそうです。
そのような未解決の凶悪事件をタイトルにある「コールドケース」と呼びます。
ちなみに日本では死刑に当たる罪については公訴時効は15年。
その理由としては、時間が経つことによる証拠の散逸、また長期間の捜査による納税者の負担などがあるようです。
殺人等の重い事件について時効があるべきなのかという意見もあるようです。

時間が経てば経つほど、事件解決の可能性が低くのは容易に想像できます。
上に書いたように物的証拠はどんどんなくなっていきます。
けれどもこのドラマで、解決困難なコールドケースを解決する足がかりになるのは、事件に関わる人の感情、気持ちです。
主人公のリリーをはじめ、コールドケース担当者は事件に関係する人々の証言をとっていく中で、事件当時の人々の気持ちを解き明かし、それを事件究明に繋げていきます。
時間が経つことにより、逆に感情が変化し事件のことを証言できるようになる人もいる。
当時は重要視していなかったことに気づいたりもする。
関係者が事件後過ごしてきた時間というものが、彼らを感情を変化させ、記憶を甦らせ、事件への手がかりを与えてくれる。
このドラマにはよくある刑事ドラマやミステリーにあるような派手な銃撃戦やトリックはありません。
けれども少しずつ明らかになっていく関係者の愛情や憎悪などのさまざまな感情、その変化というものがとても見応えがあります。
同じブラッカイマー製作のドラマ「CSI:」がテクノロジーを駆使して事件解決を行うのとは、好対照と言えるでしょう。

事件当時と現在の関係者がオーバーラップさせる手法はこのドラマの本質を上手に表現していると思います。
オーバーラップにより、その間の年月(事件によっては数年、数十年と差がある)による変化というものを視覚的に直感的に伝わってきます。
また事件当時に流行った歌をBGMに使い、また当時のポピュラーな映像手法(数十年前だとモノクロフィルム風、十数年前だとホームビデオ風など)で再現するなど、時代性を表すことに気を使いかなり凝って作っているように思えます。

一話完結形式なので、シーズンを通しての大河ドラマ性などは薄いのですが、それでも主人公リリーの恋愛はなしや、彼女の過去に(家族との関係っぽい)何かあったようににおわせるので興味は持続します。
これらについてはシーズン1ではほとんど明らかにならないのですが、その後のシーズンでは徐々に明かされていくようです。
主人公リリーを演じているのは、キャスリン・モリス。
パッと見た目は甘い顔立ちなのですが、役としてはワーカーホリックとも言えそうなほど仕事に打ち込んでいるクール・ビューティの役柄。
やはりこういう感じの女性に弱い・・・(最近「SP」のところでも書いたなあ)。
リリーは刑事として仕事をしている時は髪をずっとアップにしているのですが、家で気を許したときに髪を下ろす場面が何回かあり、これがとてもキュートに見えるのも何かよいデス。

AXNではシーズン1終了後、すぐにシーズン2に突入。
続けて観れて嬉しいなあ。

「コールドケース シーズン2」の記事はこちら→
「コールドケース シーズン3」の記事はこちら→

|

« 「SP 警視庁警備部警護課第四係」 まるで映画みたい | トップページ | 「崖の上のポニョ」 一途な想い »

コメント

こたえさん、こんばんは!

こたえさんも「コールドケース」ご覧になっているということで嬉しいです!
僕はケーブルテレビのAXNで観ているのですが、今年のはじめくらいからですっかりはまってしまいました。
WOWOWはシーズン4オンエア中なんですよね。
AXNはシーズン4までオンエアしてくれるかなー。
期待しつつ、今後もおいかけていこうと思います。

投稿: はらやん | 2008年8月 9日 (土) 20時58分

ああっ! はらやんさんもコールドケースご覧になられてるのですね!
私はWOWOW鑑賞派なので、現在シーズン4ですが、
逆にWOWOW加入が遅かった為、コールドケースは
シーズン2からしか見れていないので、シーズン1から
ご覧になっているはらやんさんが羨ましいです!

私のブログでも、ちょうど昨年の今頃、コールドケースのシーズン3の
「ペンダント」という回の感想を書いていましたので、
トラックバックさせて下さいm(__)m (ネタばれはないですが
他のお勧めエピとかも書いています)
このときは「毎週見ていない」と書いていましたが、
その後すっかりはまって、現在は毎週みています。wink

投稿: こたえ | 2008年8月 8日 (金) 00時59分

ひろちゃんさん、こんにちは!

ひろちゃんさんも「コールドケース」をご覧になっているんですね!
同好の士がいて嬉しいです。
キャスリン・モリスは来日していたんですねー。
AXNの番宣で役柄じゃない彼女がでていたのを観たら、とても
かわいらしい感じの方でびっくりしました。
本物観たかったなあ・・・。
シーズン2も楽しみですよね。
アメリカではシーズン4まで作っているようです、しばらく楽しめそうです。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年7月26日 (土) 07時25分

こんばんは^^
私もコールドケース大好きです!
2シーズン始まりましたよね^^
あのドラマは音楽もいいですよね♪

リリー役のキャスリン・モリス、綺麗ですね。
彼女確か去年WOWOWのイベントで来日
したんですよ。行きたかった(T^T)

1シーズンの終わりから、レントに出ていた
女優さんも出演し始めましたよね^^

私も続けて観れて嬉しいで~す♪

投稿: ひろちゃん | 2008年7月24日 (木) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/41952334

この記事へのトラックバック一覧です: 「コールドケース シーズン1」 感情と記憶を解きほぐす:

» WOWOW「コールドケース3」の#9「ペンダント」(A perfect day) [こたえがあるなら]
WOWOWに加入して10ヶ月。 最初は映画と特番ばかり気になってチェックしていましたが、 もともとNHKのBS2放送の「FBI:失踪者を追え!」にはまっていたこともあり、 ジェリー・ブラッカイマープロデュースのドラマがWOWOWではたくさん 放送されていることに気づいてからは、そ..... [続きを読む]

受信: 2008年8月 8日 (金) 00時58分

« 「SP 警視庁警備部警護課第四係」 まるで映画みたい | トップページ | 「崖の上のポニョ」 一途な想い »