« 「世界で一番美しい夜」 大人の寓話 | トップページ | 「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」 ルーカス、スピルバーグの子供 »

2008年6月15日 (日)

本 「アヒルと鴨のコインロッカー」

映画化作品がなかなかいい出来だったので、原作小説の方にも興味が出て、読んでみました。
伊坂幸太郎さんの作品は初めて読みました。
映画を観ているため、この物語の結末は知っています。
それでも、河崎とドルジと琴美の3人の物語はとてもせつなく感じます。
琴美がどうなるかそれを知っているために、ページを繰るのが躊躇されてしまいます。
何か他の結末は用意されているのではないかとも期待してしまいます。
でも物語は同じ結末に収束していきます。

小説は過去を琴美の一人称で語るパートと、現在を椎名の一人称で語るパートで構成されています。
その両方に登場する河崎とブータン人ドルジがキーマンになります。
二つのパートを別の人間の一人称で語るというところにこのミステリーのトリックの肝があるわけなんですよね。
あらためて小説を読んでみると、同じ手法が使えない映画でよく原作の雰囲気を損なわず映像化できたなあと改めて関心をしてしまいます。
脚本の構成の見事さと、瑛太さんの演技のすばらしさで可能になったのでしょうね。

伊坂さんの小説にも興味が出てきたので、他の作品にもチャレンジしてみようかと思います。

映画「アヒルと鴨のコインロッカー」の記事はこちら→

「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎著 東京創元社 文庫 ISBN4-448-46401-7

|

« 「世界で一番美しい夜」 大人の寓話 | トップページ | 「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」 ルーカス、スピルバーグの子供 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/41537514

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「アヒルと鴨のコインロッカー」:

» 【本】アヒルと鴨のコインロッカー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
     『アヒルと鴨のコインロッカー』     伊坂幸太郎     東京創元社        〜第25回吉川英治文学新人賞受賞作〜【comment】どうしてドンドン伊坂さんの作品を読んでしまうのだろう―?―それは、面白いからだ。では、、、私は伊坂さんの作品が好きなのだろうか―?―よくよく考えると・・・そうでもない気もしてきた(自問自答・汗)本作は映画化されているようだ... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 10時01分

» 本「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎著 [日々のつぶやき]
1/26読了 最近文庫落ちした、大好きな伊坂さんの長編。 「引っ越してきた椎名は、河瀬と名乗る隣人の美青年にいきなり『一緒に本屋を襲わないか?」と誘われる。一方過去では河瀬の元恋人が最近続いているペット殺しの犯人らしき若者達と遭遇する。」 伊坂さんらし... [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 14時17分

« 「世界で一番美しい夜」 大人の寓話 | トップページ | 「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」 ルーカス、スピルバーグの子供 »