« 「シルク」 水墨画と印象派 | トップページ | 本 「風魔」 »

2008年6月 1日 (日)

「僕の彼女はサイボーグ」 終盤のもたつきが惜しい

「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン監督の作品です。
本作はほとんど日本のスタッフ、出演者で撮影していますが、監督の作風はそのままよく出ていたような感じがします。
先にあげた二作品はほぼ同じような構造をしています。
男女主人公の偶然の出会い、幸せな日々、悲しい別れ、そして再び出会い、ハッピーエンド。
これらが笑いの要素を含めた軽妙なタッチで進みますが、そのため余計に別れの部分の悲しさが引き立ち、そしてさらに反転してエンディング部分で幸せな気分で終われます。
「僕の彼女を紹介します」は別れが死なので、再度の出会いは別の人になってしまいますが、その相手は死んだ恋人を思わせる人物で、主人公の幸せになるような予感で終わるのでハッピーエンドと言ってよいかと思います。
さて本作「僕の彼女はサイボーグ」ですが、先にあげたクァク・ジェヨン監督の既存作と共通する構造になっています。
この監督の手慣れたパターンと言っていいでしょう。
「幸せな日々」部分のコメディタッチな感じなどは「猟奇的な彼女」をやはり思い出せます。
不思議でパワフルな「彼女」に振り回される、気の弱い男というのも符合しています。
このようにクァク・ジェヨン監督の手慣れた感じある物語なので、とても気持ちよく観ることができますが、「猟奇的な彼女」を観たときほどの気持ちの揺さぶりはありませんでした。

<ここからネタばれあり>
さきほどの構造の話で出た「再会」、「ハッピーエンド」の部分はこの映画にもあります。
けれどもここが二重構造になっているのが、ややクドい感じがしました。
ひとつめが
 「再会」:60年後ジローが「彼女」を修復して再び出会う。
 「ハッピーエンド」:「彼女」と出会えて、そしてジローは幸せな死を迎える。
ふたつめが100年後に自分にそっくりな「彼女」=アンドロイドを見つけた女の子の視点になります。
 「出会い」「幸せな日々」:自分そっくりなアンドロイドの記憶を共有し、その中のジローと出会い幸せな一時を過ごす。
 「別れ」:未来へ戻らなくてはいけなくなる。
 「再会」:大地震後の東京へ再び戻ってジローと出会い、過去でいっしょに暮らそうと思う。
この二番目の構造がややクドい。
最後の最後になって100年後の女の子の存在が出てくるので、この子に感情移入をする暇がありません。
たぶんそれは監督も気づいていたからこそ、最初の出会い(ジローの誕生日からの一晩)を女の子視点でリフレインしたのだと思います。
ただこれは単純に視点の切り替えだったので、同じものを繰り返し魅せられているような気がしてしまいました。
このもたつき感が最後のハッピーエンドの部分の盛り上がりを削いでしまったような気がします。
時間ものなので、最初の出会いの部分を説明しなくてはいけなかったのだと思いますが、その説明のためドラマティックさがなくなってしまったような気がしました。
もっと一気にラストになだれ込む構造はとれなかったのかなと思いました。
基本的にこういうベタな恋愛ものは好きだったりするので、泣かせて欲しかったのですけれど、そこまでいけなかったです。
惜しい・・・。

話が変わって。
この監督は女優さんをきれいに撮るがほんと上手ですね。
チョン・ジヒョンの場合は素材がいいんだろうなーと思っていましたが、本作観てそう思いました。
綾瀬はるかさんはそれほど好きなタイプの方ではないのですが、本作ではとってもかわいく見えましたから。
小出恵介さんはぴったりのキャスティング。
というより小出さんはどんな役柄でもほんとにぴったりに演じますよね。
幅がある俳優さんだと思います。

本作のサイボーグ、「サイボーダイン」社製ということで。
予告を観たときは「サイバーダイン」と聞こえたので、もしや「ターミネーター」とリンクが!?と思ったのですが、ここはシャレだったのでしょうね。
タイムスリップの仕方も似てましたね。
さすがに全裸じゃなかったですが・・・。
誰?そっちが良かったって言ってるの?(笑)。

綾瀬はるかさん主演「ICHI」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ


|

« 「シルク」 水墨画と印象派 | トップページ | 本 「風魔」 »

コメント

あ、ごめんなさい!二度書きします!2070年に造られた彼女により悲しい事件が減ったって事は2070年以前にジローは対策か何かの形で貢献しているわけだから、2070年のジローに応援しても意味なかったですね(; ̄ェ ̄)

…(´ε` )

投稿: らら | 2014年9月30日 (火) 12時00分

はじめまして!あれは、同一人物なのです。彼女に出会う前、たしかに一年前彼女に出会う前に起こった一日の出来事は、彼女とあまり親しくないちゃんと付き合う一年前の出来事、たった一日だけデートをして帰って行った思い出と、未来に同棲?をしてから様々な事が起きて、二人が別れそうになった時のストッパー的役割を果たしていると思います。当人達がこの暗号をより解くでしょう。彼女は生まれた時から、何故だか何もかもがダサく見え、周りとの感覚の違いと彼女をとりまくショッキングな度重なる条件にコミュ力のない彼女でも彼女なりにできる事をして懸命に生きてはいた、そこに人々の意図や思い、良い思いだけではないでしょう、、様々な見えない力により、立ちはだかるものの凄まじい事。一番の理解者はジローだったのかもしれません。凄まじい出来事を二人で乗り越えて、それでも蒸発せず二人で生きていく事を決めた事で二人の未来は切り開かれていく事でしょう。彼女を本当に愛せるのは彼であり、たとえ酔った勢いで喧嘩したとしても蒸発しちゃあダメよ、ダメダメ!っていう監督、そして他の偉い方々の、この現代にいきる彼女と彼を守る為の愛情が詰まった映画なのです。サイボーグに見えることでしょう。^_^未来、誰かが犠牲になる様な悲しい事件が少しでもなくなると良いですね。2070年のジローがんばれ!彼女も!

投稿: | 2014年9月30日 (火) 11時53分

ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは!

そうですねー、最後の方はどうも蛇足感はありましたよね。
そのためにかえってわかりにくくなってしまったような気がしました。
感情的にも、「感動しどころ」みたいなところがみたいのがわかりにくくて・・・。
さすがに全裸は・・・、なかったですよねー(惜)。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年6月 8日 (日) 15時02分

はらやんさん、TBありがとうございます~
最後のほうは、ほんとうにくどい上に、よくわからなくなってしまい、感情移入どころかどうでもいいやって気分になってしまいましたね。
ターミネーターのシーンは、私も『きたか!全裸?』と一瞬思ってしまいました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2008年6月 8日 (日) 11時01分

ノラネコさん、こんばんは!

誰目線で物語るかというのがうまく整理されていなかったのでしょうね。
あとジローは誰に恋したのか?というのが不明確だったような気がしました。
サイボーグの彼女と、未来の彼女は、同一人物ではないのに、同一人物かのように扱ってしまったり、そうでなかったかったりするところが、観ている僕らが混乱してしまうところなのでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年6月 7日 (土) 22時09分

語り部たる主人公に全く感情移入できず・・・
彼の心情にリアリティを感じられなかったので、全体が絵空事に感じてしまいました。
細かい部分ではいいところもあったんですけどね。
つくづく「猟奇的な彼女」は奇跡的な作品だったんだと思います。

投稿: ノラネコ | 2008年6月 6日 (金) 23時35分

にゃむばななさん、こんばんは!

そうですね、この物語の主体はジローだったと思います。
最後に未来の女の子の視線が入ったので、やや混乱してしまいますよね。
タイムトラベルの説明をするためだったと思いますが、ちょっと突然感を僕も感じました。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年6月 1日 (日) 20時58分

ひろちゃんさん、こんばんは!

最後の方はタイムトラベルの辻褄合わせをしようとして、ちょっとモタモタしてしまった気がします。
もう少しシンプルできたら良かったかもしれません。
小出さんは、ずっと韓国のラブコメに出てたかのようにぴったりとはまっていましたね。
全裸じゃなかったですが、綾瀬はるかさんはかわいかったので、OKです!

投稿: はらやん(管理人) | 2008年6月 1日 (日) 19時39分

この映画は本来ならジローが主人公のはず。
それを最後の最後で綾瀬はるかサイボーグのそっくりさんで締めくくろうとする理由がよく分かりませんでしたね。
ですからラストは完全に主役不在感だけが残ってしまいましたよ。

投稿: にゃむばなな | 2008年6月 1日 (日) 18時41分

TBありがとうございました^^
猟奇的~な思いださせるシーンたくさんありましたよね^^
この監督の作品は好きなので、この作品も
良かったのですが、はらやんさんが言われるように
猟奇的~を観た時ほど気持ちは揺すぶられなかったように
私も思います(^^ゞ

タイムトラベルものは嫌いではないのですが、どうも
辻褄があわないような気がしてわかりにくいです(^_^;)

私も思ったのですが、この監督は女優さんを綺麗に
輝かせて見せるのが上手いですよね^^
チャテヒョンが好きな私は小出くんがテヒョン君に
見えて仕方がなかったです(笑)
この二人の組み合わせはとても良かったと思います^^

全裸じゃなくて、はらやんさん、残念でしたね(笑)

投稿: ひろちゃん | 2008年6月 1日 (日) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/41391473

この記事へのトラックバック一覧です: 「僕の彼女はサイボーグ」 終盤のもたつきが惜しい:

» 僕の彼女はサイボーグ [Akira's VOICE]
ラブストーリーなの?   [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 17時24分

» 『僕の彼女はサイボーグ』 [めでぃあみっくす]
いつの間にか『猟奇的な彼女』や『僕の彼女を紹介します』と並ぶ「彼女シリーズ」として作られていたこの作品。前評判の悪さに加え、『猟奇的な彼女』以降この郭在容監督にはことごとく裏切られてきましたので期待はしていませんでしたが、そう思って見たからでしょうか、思....... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 18時45分

» 劇場鑑賞「僕の彼女はサイボーグ」 [日々“是”精進!]
「僕の彼女はサイボーグ」を鑑賞してきました未来からやって来た美少女サイボーグと、彼女に来いした青年のファンタジック・ラブストーリー。主演に綾瀬はるかと小出恵介。韓国のヒットメーカーで「猟奇的な彼女」のクァク・ジェヨンが監督を務めた。ストーリーは・・・2...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 21時11分

» 『僕の彼女はサイボーグ』 [ラムの大通り]
----『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨンが監督? でも出ているのはれっきとした日本人だよね。 「そう、小出恵介に綾瀬はるか」 ----タイトルからするとSFチックな感じだけど…。 「主人公は大学生ジロー。 毎年、自分で自分の誕生日を祝う悲しい彼だが、 その年だけは様子が違った。 なんと、突然キュートな“彼女”(綾瀬はるか)が現れ、 一緒に誕生日を祝ってくれる。 だが、なぜか彼女は姿を消してしまう。 そして一年後、再びその女性が姿を現す。 だが、どこか雰囲気が違う。 なんと“... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 22時00分

» 『僕の彼女はサイボーグ』('08初鑑賞73・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 5月31日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:20の回を鑑賞。{%ハート1webry%} [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 22時08分

» [映画]僕の彼女はサイボーグ [落とし穴には気をつけろ!]
試写会に行ってきました。女性向けの映画かと思ったのに、会場には意外と男性も多かったです。綾瀬はるかちゃん効果かな? 大学生のジロー(小出恵介)が20歳の誕生日に出会ったキュートな女性(綾瀬はるか)。その1年後に、彼女そっくりの別の女性(綾瀬はるか)に出会うが、実は未来から来たサイボーグだった、というお話。 なかなか可愛いお話です。監督さんが韓国の方だからか、韓国ドラマっぽい気障なセリフやベタな演出が随所に見られます。サイボーグと普通の人とのギャップにワハハと笑える箇所も沢山。お酒を飲ませたときの... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 22時13分

» [映画『僕の彼女はサイボーグ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆東京は三日ほど雨が降り続いており、なんか映画『セブン』の舞台のようだった。 私は、MOVIXのポイントが貯まったので、本日は誘う人もなかったのだが、一人で、映画『僕の彼女はサイボーグ』を観に行った。 これは、見る前の印象では、確実にデートムービーであった。 その公開初日の第一回目の上映に、単身で乗り込める私と言う男は、なんて男気があるのだろう。      #     #     #     # ・・・私は、韓国人が嫌いである。 しかし、この作品はその韓国人監督の良さが見事に開花していた... [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 23時02分

» 神戸でしょ?(映画/試写会:僕の彼女はサイボーグ) [美味!な日々]
映画『僕の彼女はサイボーグ』を試写会で観て来ました〜。観る前は「サイボーグ」って言ったってどうせ恋愛映画の要素が多いんだろうなと思っていたのですが、意外や意外、SF≧恋愛でした。... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 00時10分

» 「僕の彼女はサイボーグ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「僕の彼女はサイボーグ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:綾瀬はるか、小出恵介、桐谷健太、田口浩正、遠藤憲一、小日向文世、竹中直人、吉高由里子、他 *監督:クァク・ジェヨン 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからの..... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 07時46分

» 僕の彼女はサイボーグ [映画通の部屋]
「僕の彼女はサイボーグ」製作:2008年、日本 120分 監督、脚本:クァク・ジ [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 17時12分

» 『ボクの彼女はサイボーグ』 [唐揚げ大好き!]
  ねぇ、ジロー。 あなたと過ごした大切な一日。 私は、何度生まれ変わってもあなたに恋をするよ。   ■ひとりぼっちで過ごす20歳の誕生日。寂しい大学生ジロー(小出恵介)の前に、突然キュートな”彼女”(綾瀬はるか)が現れる。彼女と過ごした数時間は人生の中... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 20時55分

» 僕の彼女はサイボーグ [猫とHidamariで]
ねぇ、ジローあなたと過ごした大切な一日。私は、何度生まれ変わってもあなたに恋をするよ。チラシより僕の彼女はサイボーグ公式HP僕の彼女はサイボーグ-goo映画製作年:2008年監督・脚本:クァク・ジェヨン出演綾瀬はるか小出恵介ストーリー20歳の誕生日、祝ってくれ...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 22時56分

» 「 僕の彼女はサイボーグ(2008) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【僕の彼女はサイボーグ 】2008年5月31日(土)公開 監督 : クァク・ジェヨン ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 3日 (火) 11時42分

» 『僕の彼女はサイボーグ』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
綾瀬はるか、小出恵介主演のちょっと風変わりなラブストーリー。新宿厚生年金会館での試写会に行ってきました。 誰も祝ってくれる人などいない冴えない大学生のジローの前に現れた魅力的な”彼女”。彼女の予測不可能な行動や言動に振り回されたりしながらも、一瞬にして彼女に... [続きを読む]

受信: 2008年6月 3日 (火) 20時10分

» 『僕の彼女はサイボーグ』2008・6・1に観ました [映画と秋葉原と日記]
『僕の彼女はサイボーグ』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 自分への贈り物を購入して一人きりの誕生日をお気に入りのレストランで今年も過ごそうとしてる大学生のジロー(小出恵介)は、突然、愛くるしい豊かな表情の持ち主で食欲旺盛の美人(綾瀬はるか... [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 18時00分

» 【僕の彼女はサイボーグ】時空を越えるファンタジー [映画@見取り八段]
「僕の彼女はサイボーグ」 公開 2008年6月 監督・脚本: クァク・ジェヨン 綾瀬はるか、小出恵介 「私、あなたの心を感じる」 自分... [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 19時07分

» 最高の人生の見つけ方 [そーれりぽーと]
久しぶりのロブ・ライナー監督作は、なんとモーガン・フリーマンと、猛獣ジャック・ニコルソンでオサレに泣かせる映画?! 『最高の人生の見つけ方』を観てきました。 ★★★★ 見事オサレに泣かされてしまった。 余命を知った二人の老人が死と向き合う姿を描いた映画なので、泣けない映画になる訳がないんだけど、こんなに濃いおっさん共に泣かされるなんて不覚w あまりにジャック・ニコルソンらしい彼の役は、きっと本人がモデルなんだろうな。 どう考えてもこんなムカつく、全然病気らしくも無いジャック・ニコルソンで泣ける訳... [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 21時08分

» 僕の彼女はサイボーグ [そーれりぽーと]
今度の“彼女”は、チョン・ジヒョンから綾瀬はるかに交代、しかも未来から来たサイボーグという設定。 どことなく『猟奇的な彼女』の劇中劇を思い出すSFな設定に、そういやあの劇中劇を映画化する話や、『猟奇的な彼女2』の話はどうなったんだろうなんて思いながら、今度こそはと期待して『僕の彼女はサイボーグ』を観てきました。 ★★ 『僕の彼女を紹介します』にも増して、今回もクァク・ジェヨン監督はヤリ過ぎてしまった。 『猟奇的な彼女 ディレクターズカット版』にガッカリした“蛇足”感が映画全体に漂い、全てのシークエ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 21時09分

» ●僕の彼女はサイボーグ [コブタの視線  ]
韓国でも人気のクァク・ジェヨン監督の初の日本で撮影した映画。 いままでリメイク、共演という形での日本と韓国の映画制作交流ははありまし... [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 21時55分

» 僕の彼女はサイボーグ [ネタバレ映画館]
あんた、バカぁ? [続きを読む]

受信: 2008年6月 4日 (水) 22時55分

» 僕の彼女はサイボーグ 2008-31 [観たよ〜ん〜]
「僕の彼女はサイボーグ」を観てきました〜♪ 20歳の誕生日を一人で過ごすジロー(小出恵介)に突然変なボディースーツを着た美女(綾瀬はるか)が現れた。さんざんジローを引っ張りまわした挙句、突然いなくなってしまった。それから1年後、21歳の誕生日を一人で祝うジローの前に再び美女が現る。しかし、その美女はサイボーグだった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、未来からサイボーグがやってくるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 5日 (木) 05時54分

» 「僕の彼女はサイボーグ」 [てんびんthe LIFE]
「僕の彼女はサイボーグ」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 まさにクァク・ジェヨンの描く彼女! 最強で最高にチャーミング。 猟奇的→僕カノ→カノサイ(?)という彼女三部作。といってもおかしくないです。 どうみても、チョン・ジヒョンとチャ・テヒョンのイメージそのままです。 小出君はチャ・テヒョンにそっくり! 監督は絶対そういうキャスティングにしたんだと思います。 一応邦画だし、韓国スタッフというのは通訳さんとか、エンドロールにもほとんど出てないのですが、これは何だか韓国映画だな。 韓国... [続きを読む]

受信: 2008年6月 5日 (木) 08時39分

» なんで日本で撮っちゃったの?『僕の彼女はサイボーグ』 [水曜日のシネマ日記]
未来から来たキュートなサイボーグと、さえない青年のラブストーリーです。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 5日 (木) 10時26分

» 『僕の彼女はサイボーグ』@サロンパスルーブル丸の内 [映画な日々。読書な日々。]
20歳の誕生日、祝ってくれる友達もいないジローは、街で“彼女”と出会う。最高に楽しい一日を過ごすが、誕生日が終わる頃、彼女は姿を消してしまい、それから会うことはなかった。1年が過ぎ、去年と同じように一人で誕生日を祝っているジローの前に、“彼女”は現れた。必ず... [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 00時04分

» 僕の彼女はサイボーグ/綾瀬はるか、小出恵介 [カノンな日々]
クァク・ジェヨン監督の記念すべき日本進出第一作目。前から漠然とだけどこの監督は日本の制作環境のほうが合ってるような気がしてました。だってクァク・ジェヨン監督ってアイデアは多彩なわりにやりたいこと何でもやり過ぎてまとまりがなくなっちゃうから、多少制約がかか....... [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 22時14分

» 僕の彼女はサイボーグ・・・・・評価額950円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「猟奇的な彼女」、「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン監督による日本映画。 遠い未来からやってきたサイボーグの彼女と、ダメ男の... [続きを読む]

受信: 2008年6月 6日 (金) 23時28分

» 映画『僕の彼女はサイボーグ』(お薦め度★★) [erabu]
監督・脚本、郭在容(クァク=ジェヨン)。2008年日本。ラブコメディ映画。出演、 [続きを読む]

受信: 2008年6月 7日 (土) 09時41分

» 映画「僕の彼女はサイボーグ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
彼女シリーズ第3弾、と言っても「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」とは似ていず非なるもの・・大食いチャンピオンで破壊的な彼女と寂しい男の恋・・・ 友達(吉高由里子)と一緒に訪れた22世紀のオークション会場でのこと、彼女(綾瀬はるか)は自分にそっくりな寿... [続きを読む]

受信: 2008年6月 7日 (土) 13時24分

» 僕の彼女はサイボーグ [シネマ大好き]
昨夜試写会で「僕の彼女はサイボーグ」を観た。「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン監督の最新作。 誰にも祝ってもらえない21歳の誕生日を一人で過ごしていた僕(小出恵介)の前に、突然見知らぬ少女(綾瀬はるか)が現れる。暴力をふるいわがま..... [続きを読む]

受信: 2008年6月 7日 (土) 13時49分

» 「僕の彼女はサイボーグ」を観てきました。 [よしなしごと]
 いつもいくC映画館のポイント制度が変わってから(実質値上げ)、最近は109シネマズばっかりです。映画の日は109シネマズで僕の彼女はサイボーグを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 7日 (土) 19時58分

» ★「僕の彼女はサイボーグ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは試写会の予定が入ってるけど、その前にシネコンで1本。 チョン・ジヒョン主演の「猟奇的〜」「僕カノ」を作ったクァク・ジェヨン監督作。 主演は綾瀬はるか、小出恵介。... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 04時08分

» 「僕の彼女はサイボーグ」意外にお金かかってる [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』のクァク・ジェヨン監督。 ‘彼女‘にこだわったために、なんか大事なものを忘れちゃった? 単なるラブコメかと思ったら、一大スペクタクル。 お金のかかった大掛かりなシーンは、‘彼女‘と‘脚本‘の大事なバランスを崩し・・・・・... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 10時56分

» 僕の彼女はサイボーグ [花ごよみ]
監督は[猟奇的な彼女] [僕の彼女を紹介します] のクァク・ジェヨン。 乱暴、強い、でも愛らしいなど、 以前の2つの彼女シリーズに 通じる今回の映画です。 主演は綾瀬はるか、 その相手役には小出恵介。 北村ジロー(小出恵介)の、 やりきれなさ。 彼女(綾瀬はるか)の、 人間の心を持ってしまったゆえの 悲しさが切ないです。 所々で涙ぐみそうに…。 純愛なのです。 彼女(綾瀬はるか)の微笑み、 哀しみ…。 セリフが妙に心に染みます。 過去から未来、 未来から過去へとワープしま... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 11時34分

» 映画 「僕の彼女はサイボーグ」 [ようこそMr.G]
映画 「僕の彼女はサイボーグ」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 12時11分

» 僕の彼女はサイボーグ(映画館) [ひるめし。]
ねぇ、ジロー。あなたと過ごした大切な一日。私は、何度生まれ変わってもあなたに恋をするよ。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 15時53分

» 僕の彼女はサイボーグ [欧風]
昨日、八戸フォーラムで映画を観ました~。 1本目に観たのが、「僕の彼女はサイボーグ」。 話としては、誕生日に自分にプレゼントを贈る冴えない青年。ハタチの誕生日もそんな事をしてたが、そんな彼の元にとびきり綺麗な女性が現れる。... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 16時14分

» 僕の彼女はサイボーグ [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年5月31日 公開 11月22日は、いい夫婦の日です ごめんねジロー こっれはどぉーでしょね。。。 とにかく感情移入ができないまま終わってしまいました。 『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』に続く、クァク・ジェヨン監督が描く彼女シリーズの第3弾。 クァク・ジェヨン監督と言えば、私は『僕カノ』のほうを先に観て、主演のチャン・ヒョクにハマってしまったので、私としては『... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 16時17分

» 僕の彼女はサイボーグ [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2008年5月31日 配給:ギャガ・コミュニケーションズ 監督:クァク・ジェヨン 出演:綾瀬はるか,小出恵介,桐谷健太 鑑賞日:2008年5月31日 MOVIX三郷 シアター9(座席数174) 【ストーリー】 2007年11月22日。20歳の...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 16時32分

» 僕の彼女はサイボーグ Cyborg She [いい加減社長の日記]
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/8f191359ed6aa602ebdd15e63d532fa0 の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。 金曜日のレ... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 18時53分

» 映画:僕の彼女はサイボーグ 試写会 [駒吉の日記]
僕の彼女はサイボーグ 試写会(東京厚生年金会館) 「ハッピバースデートゥジロー」 理想の恋人か、永遠の一方通行なのか、時を超えた純愛か・・・ SFスペクタル・ラブコメ?タイム・パラドックスのタブーを超えちゃうところは異色で、キャストは日本人で舞台も東京、なの... [続きを読む]

受信: 2008年6月 9日 (月) 10時06分

» ★ 僕の彼女はサイボーグ [★Shaberiba ★]
「彼女」をこの出会いに走らせたもの。それはサイボーグだった「彼女」がおこした奇跡!!(涙)  [続きを読む]

受信: 2008年6月 9日 (月) 21時16分

» 僕の彼女はサイボーグ [りらの感想日記♪]
【僕の彼女はサイボーグ】 ★★★☆ 試写会(14) 2008/05/19ストーリー 20歳の誕生日をたった一人で過ごす大学生のジロー(小出  [続きを読む]

受信: 2008年6月 9日 (月) 21時28分

» ■ 僕の彼女はサイボーグ(2008) [MoonDreamWorks]
【僕の彼女はサイボーグ】2008年5月31日(土)公開監督 : クァク・ジェヨン出演 : 綾瀬はるか/小出恵介/ 他観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★  「僕の彼女はサイボーグ(2008)」監督は、日本でも現在チョナンカン(草なぎ剛)主演ならと許可されTVド...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 9日 (月) 22時03分

» 僕の彼女はサイボーグ 評価:★★ [20XX年問題]
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます [続きを読む]

受信: 2008年6月11日 (水) 23時48分

» 「僕の彼女はサイボーグ」合格!でもラスト10分は不要かな [soramove]
「僕の彼女はサイボーグ」★★★☆オススメ 小出恵介、綾瀬はるか主演 クァク・ジェヨン監督、2008年、120分 初めからサイボーグと分かっているから、 もっと破壊的でムチャクチャな マシーン的行動があっても良かったと思うが、 アイデア勝負の作品で、 「...... [続きを読む]

受信: 2008年6月14日 (土) 12時05分

» 【2008-131】僕の彼女はサイボーグ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? ねぇ、ジロー。 あなたと過ごした大切な一日。 私は、何度生まれ変わってもあなたに恋をするよ。 その涙、その微笑み、その勇気は・・・ 愛なのか、プログラムなのか。 ... [続きを読む]

受信: 2008年6月14日 (土) 18時17分

» 2008-39『僕の彼女はサイボーグ』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-39『僕の彼女はサイボーグ』(更新:2008/06/02) 評価:★★★★☆ 強くて可愛い! 僕を命がけで守ってくれる、最強の“彼女” 小出恵介が『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョン(キョヌ役)を思い出..... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 11時04分

» 僕の彼女はサイボーグ [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  未来からやって来たサイボーグとへタレ男のラブストーリー。大人版の『どらえもん』といったところだろうか。 だが決して馬鹿にしてはいけない。笑いあり、涙あり、ド派手なアクションとSFXあり、そして音楽も良い、まさに娯楽の殿堂、究極のエンタメ映画に仕... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 11時11分

» 僕の彼女はサイボーグ [映画を観たよ]
韓国映画じゃないのね。 [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 20時27分

» 僕の彼女はサイボーグ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
綾瀬はるかというキャラクターは、なかなかサイボーグ(というよりもロボットじゃないのか?この場合)というキャラクターにマッチしています。『僕の彼女はサイボーグ』僕の目の前に突然現れた彼女60年後の僕が、僕のために送ってきたボディーガードネタは思い切りターミネ... [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 23時25分

» 僕の彼女はサイボーグ■彼女の名前は? [映画と出会う・世界が変わる]
この映画を見て非常に不思議に思ったのは、「彼女」の名前がなかったことである。名前がないことが、どのような意味を持つのか?名前を持たせなかったことが、これはもしかしたら、監督の発想とすれば、ここに日韓の発想の相違があって面白いと思う。... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 18時46分

» 「僕の彼女はサイボーグ」 [かいコ。の気ままに生活]
綾瀬はるかの 舞台挨拶めあてで観てきました。(そんなファンでもないのに・・ミーハー)「僕の彼女はサイボーグ」公式サイト映画観終わってから 綾瀬はるか登場細くてかわいかったですー映画で観た 山女のような豊かな胸は?あれ??てな感じでしたケド^^;司会者の...... [続きを読む]

受信: 2008年6月24日 (火) 10時32分

» 僕の彼女はサイボーグ [Sweetパラダイス]
未来から訪れたサイボーグの彼女と僕のラブストーリー【猟奇的な彼女】のクァク・ジェヨン監督が日本を舞台に描く可憐だけどパワフルなサイボーグの彼女とちょっと頼りない青年のビュアなラブストーリー。20歳の誕生日を一人寂しく過ごす大学生・ジローの人生の中で最も...... [続きを読む]

受信: 2008年6月26日 (木) 19時31分

» 僕の彼女はサイボーグ Cyborg She [いい加減社長の映画日記]
金曜日のレイトショー。 先週公開した4本の最後に残った「僕の彼女はサイボーグ」。 22:15開始だったので、近くのマックで、コーヒーをお代わりしながら、時間つぶし。 「UCとしまえん」は、普通の人出。 「僕の彼女はサイボーグ」は、小さいスクリーンで4割程度? この時間のレイトショーにしては、多めかな? 【ストーリー】 ひとりぼっちで過ごす20歳の誕生日。 寂しい大学生ジロー(小出恵介)の前に、突然キュートな“彼女”(綾瀬はるか)が現れる。 彼女と過ごした数時間は人生の中で最も輝ける時間となるが... [続きを読む]

受信: 2008年7月12日 (土) 23時45分

» 僕の彼女はサイボーグ [ダイターンクラッシュ!!]
10月11日(土) 13:40~ 三軒茶屋中央劇場 料金:1300円 パンフ:非売 僕の彼女はサイボーグ スペシャル・エディション出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメントメディア: DVD 『僕の彼女はサイボーグ』公式サイト サイボーグは、「サイボーグ009」に代表されるように、人間を改造したものである。従って、彼女は、サイボーグではなくアンドロイドだとかロボット、あるいはレプリカントだとかターミネーターみたいな人造人間である。登場の仕方がターミネーターじゃねえか。裸じゃない... [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 18時49分

» 映画『僕の彼女はサイボーグ』 [たまさんのHR/HM シネマカフェ]
ちょいと映画館で観る気になれなかった作品。『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します [続きを読む]

受信: 2008年11月 8日 (土) 11時53分

» 僕の彼女はサイボーグ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】21歳の“僕”(小出恵介)を救うために、未来の“僕”が現在の自分に送ったキュートな“彼女”(綾瀬はるか)は、やることなすことすべてが大胆でラフなサイボーグだった。“彼女”は“僕”のピンチを幾度となく救ってくれるが、感情を一切持たない“彼女”に対し、僕の想いは伝わらず、“僕”は一方的に別れを告げてしまう―     監督 : クァク・ジェヨン 『猟奇的な彼女』 『僕の彼女を紹介します』【comment】この監督の作品は未見だし、公開当時ちっとも興味を持たなかったのだが、、、... [続きを読む]

受信: 2009年3月28日 (土) 18時00分

» 『僕の彼女はサイボーグ』'08・日 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...]
あらすじひとりぼっちで過ごす20歳の誕生日。寂しい大学生ジローの前に、突然キュートな“彼女"が現れ・・・。感想『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』に続く、彼女シリー... [続きを読む]

受信: 2011年1月20日 (木) 22時03分

« 「シルク」 水墨画と印象派 | トップページ | 本 「風魔」 »