« 本 「陰陽師 付喪神ノ巻」 | トップページ | 「アフタースクール」 卒業後・・・ »

2008年6月14日 (土)

「ザ・マジックアワー」 奇跡の瞬間

三谷幸喜監督は前作「THE 有頂天ホテル」など、今までも多くの登場人物が絡み合うグランドホテル形式の映画を撮ってきました。
本作「ザ・マジックアワー」もその流れにあるかと思いますが、今までの作品とは違い、より絞り込んで主要な登場人物に焦点をあてているように感じます。
今までの作品では愛すべき登場人物それぞれにドラマがあり、活躍の場がありという感じだったと思いますが、本作はやはり佐藤浩市さん演じる村田大樹にかなりスポットライトがあたっています。
そしてそれに値する佐藤浩市さんの演技といったらすばらしいの一言。
デラ富樫を演じている村田大樹を演じているという、実は複雑な役柄ですが、この三流役者を楽しそうに演じているように見えます。
この村田大樹という男が愛すべき人間です。
ほんとに映画が好きで、それに関わっていることが好きで、少年の頃からの夢をずっと追っていて、ずっとどこかで奇跡が起こることを信じている。
この映画のおかしさは真剣にだまされてしまっている村田と周囲のシチュエーションが生み出す落差であるわけで、この村田がとても真摯に描かれていないとおもしろくないんですよね。
それをほんと佐藤浩市さんがとても巧みに演じていました。
まさに佐藤浩市オンステージという感じでした。

タイトルにもある「マジックアワー」、これは劇中でも説明されますが、夕暮れ時昼から夜に変わるときにほんとに短い時間のこと。
この時間に撮ると、光の加減でえも言われぬ美しい映像になるといわれています。
監督の三谷幸喜さんは、舞台の脚本・演出からはじまり、最近では映画の脚本・監督もなさっています。
僕はあまり舞台というのは見ないのですが、舞台と映画、脚本をもとに役者が演じるという点では同じですが、異なる点も多く、別物であると言っていいでしょう。
その違いを「偶然性」という視点で見てみたいと思います。
舞台というのは、背景にある状況はすべて作られたもの(セット)で、当然脚本は(公演でアドリブがでることは合っても大筋は)決まっていて、これらは作品を作るにあたり計算されたものであると思います。
けれども公演自体は毎回毎回ライブで観客の前で演じられるわけで、そこには劇場(観客も含め)の空気、役者同士の演技の相乗効果等で思いもよらぬものが生みだされることがあると思います。
これが舞台で生まれる「偶然性」、それを「奇跡」と言っていいかもしれません。
映画の場合は編集という行為があるため、舞台のような再現できない一度限りの「偶然性」というものはありません。
映画はかなり計算され作り込まれた芸術と言っていいでしょう(ドキュメンタリーみたいなものは違いますが)。
ただしロケーション撮影等、外での撮影は環境状況によっては二度と撮れないような「偶然性」が生まれることがあります。
それが「マジックアワー」などの「奇跡的」な瞬間なのですよね。
本作「ザ・マジックアワー」は舞台のようにほぼセットでの撮影になっています。
これはある意味作り込まれ、計算され、「偶然性」を排除しているように思えます。
また役者の演技も自然体というよりは、「舞台を演じている俳優」を演じているというような感じがします。
スクリーンに映し出されているのは何テイクか撮った中で選ばれたもののはずですから、僕たちが観ているのは計算した演技と言っていいでしょう。
劇中、だましのテクとして使われる「弾着」も計算された仕掛けであるわけです。
「ザ・マジックアワー」はほとんどすべてが作られ計算された作品であると言っていい。
けれどもその物語が描こうとしているのは「奇跡の瞬間」なんですよね。

<ここからネタばれあり>

備後と村田が仕掛ける最後の最後の大芝居、練りに練られた仕掛けをしますが、結局はその仕掛けは手塩やマリの予想もつかぬ行動でひっくり返ります。
彼らが書いたシナリオ通りにはことは進まず、けれども結果は予定していたのとは違うけれどハッピーエンドに。
奇跡を起こしたのは手塩のマリへの想いであり、それに気づいたマリの想いであったわけで。
映画としてセットやシナリオが作り込まれ、さらにそのシナリオの中でも作り込まれた、二重に計算された状況の中での、二人の想いによってもたらされた「奇跡の瞬間」。
それこそ「マジックアワー」。
これは計算されつくした状況の中で、「奇跡の瞬間」を際立たせることはできるかという野心的な試みのように思えました。

劇中の台詞で「マジックアワーを撮り逃したらどうすればいいのか」「次の日を待てばいいのさ」というのがありました。
この台詞は良かったです。
「奇跡」がいつか来ると信じて生きていく。
一回失敗したらおしまいというわけではない。
セカンドチャンスはまた翌日にはやってくる。
それを信じていくことが「希望」なのでしょうね。
たぶん「希望」はいつか「奇跡」を連れてきてくれるのでしょう。

にほんブログ村 映画ブログへ


|

« 本 「陰陽師 付喪神ノ巻」 | トップページ | 「アフタースクール」 卒業後・・・ »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

「マジックアワーは次の日にくる」っていうのは、なんかやさしい言葉ですよね。
なんだか人を蹴落としてまでチャンスをつかもうと必死になるのではなく、誰にでも何度でもチャンスがあるというのは良かったです。
脚本もしっかりと構成していて、狙って笑わせることができるっていうのはさすが三谷さんだと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年6月28日 (土) 07時22分

インディとこれと続けて見たもので、何か安心しして見れる・・という印象を受けました。
また次の日が来る、というのはいいセリフでしたね。
練りに練った本と、映画に対するたっぷりの思い入れで、いつもならちょっとなあ、といちゃもんつけたくなる三谷作品なのですが、今回は気持ちよく見ました。

投稿: sakurai | 2008年6月23日 (月) 20時48分

なななさん、こんにちは!

佐藤浩市さんはほんと芸達者ですよね。
「ジャンゴ」でのキレっぷりも結構好きでしたが、今回のような役も似合います。
顔の作りがハデ目ですからねー、なんとなく「デラ富樫」ってバタ臭い感じにあっていたりして。

三谷さんの場合は、会話の内容が物語の趨勢や笑いに影響をかなり与えそうなので、アドリブ禁止にしたのでしょうね。
そういう意味では三谷さんの個性が全面に出た映画なのでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年6月22日 (日) 06時17分

はらやんさん、こんばんんわー。
お返し遅くなってしまってすみません!

佐藤浩市とてもよかったですよね!
今まで怖い人というイメージがあったのですが、それが見事に払拭されました。
演技の幅がとっても広い人なんだーと再認識です。

作りこまれ計算しつくされた映画で、さすが三谷監督だなーっと思いました。
ただ私はあまりにも計算しつくされた作品に少し物足りなさを感じました。
三谷監督いわく「アドリブも一切許さなかった」って言っていたので、その計算に少し窮屈さを感じてしまいました。
っていってもたくさん笑わしてもらったんですけどね♪

投稿: ななな | 2008年6月21日 (土) 21時22分

はっしいさん、こんにちは!

高瀬の台詞はいい台詞でしたよね。
一度や二度の失敗だけで諦めなくてもいいというか、諦めないことが生きがいをくれるというか。
高瀬を演じていた柳沢さんがまたいい表情をされていて良かったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年6月21日 (土) 15時07分

こんにちは
TBさせていただきました。

三谷幸喜監督作品でこんなに笑ったのはないですね。

人生のマジックアワーを題材にしているが、大事なのは「逃しても待てば良い」と云った高瀬允(柳澤愼一)の一言でもありましたね。

皆、諦めずに生きていけば明日にはいい事あるさって云われたみたいで。

良かったです。
 

投稿: はっしぃ | 2008年6月21日 (土) 10時23分

ミチさん、こんにちは!

三谷さんこの映画では町を作っていましたが、彼のホンというのは、みんなで作るということがテーマになっているような気がしますね。
「ラジオの時間」も「みんなのいえ」もそんな感じがします。
監督じゃないですが、脚本を手がけた「12人の優しい日本人」もみんなで一つの判決を出すというのは、作り上げることに通じているような気がします。
本作もものづくりへの愛情が溢れる作品に感じました。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年6月19日 (木) 14時23分

こんにちは♪
三谷監督はとうとう「町」まで作ってしまいました。
町なのにもかかわらずやはり「舞台」であり、役者さんたちも映画の演技というよりも舞台の演技をしているように見えました。
それこそ二重三重に計算し尽くされた中で楽しませてもらった気がします。

投稿: ミチ | 2008年6月19日 (木) 11時10分

moriyuhさん、こんにちは!

優れたコメディというのは、笑いの中に一粒人生訓も持っているというのが持論なのですが、この映画もそんな感じでしたね。
「マジックアワーを撮り逃したらどうすればいいのか」
「次の日を待てばいいのさ」
というのは名台詞だったと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年6月19日 (木) 10時48分

おはようございます。
TBありがとうございました。

>一回失敗したらおしまいというわけではない。
セカンドチャンスはまた翌日にはやってくる。
それを信じていくことが「希望」なのでしょうね。

そうなんですよね、この言葉に勇気がわく。昭和っぽい作品です。今、行き詰っている人たちに是非観ていただきたいなぁって思いますね。


投稿: moriyuh | 2008年6月18日 (水) 06時56分

メビウスさん、こんばんは!

佐藤浩市さんは良かったですよねー。
芸域が広いというか、何でもできる役者さんです。
ご本人もこういうコメディは演じるのが好きなのではないでしょうか。
「俺がデラ富樫だ〜」なんてとても楽しんでやっているように見えました。
この映画は、映画がスタッフが役者が手作りで作っていたころの作る人たちの楽しさ、想いみたいなのを懐かしんでいる感じがしますよね。
今はグリーンバックで合成ばかりで、出来上がってみないとどんな映画になるかわからないことが多いでしょうから。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年6月16日 (月) 22時32分

はらやんさんこんばんわ♪

佐藤浩市の三流役者っぷりには自分も大いに笑わせていただきました♪演技派の役者さんなのに、敢えて下手っぽい演技をするのは結構難しい事なのではないでしょうかね~?(^▽^;)
ただ、古い作品へのオマージュや分からない映画の単語なども出てきたので、それが理解できてればもっと楽しめたかもしれません。

投稿: メビウス | 2008年6月15日 (日) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/41527096

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・マジックアワー」 奇跡の瞬間:

» ザ・マジックアワー [Akira's VOICE]
好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!   [続きを読む]

受信: 2008年6月14日 (土) 10時21分

» 「ザ・マジックアワー」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ザ・マジックアワー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:佐藤浩市、西田敏行、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、戸田恵子、寺島進、小日向文世、伊吹吾郎、浅野和之、市村萬次郎、柳澤愼一、香川照之、甲本雅裕、近藤芳正、梶原善、阿南健治、..... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 11時09分

» ザ・マジックアワー 2008-33 [観たよ〜ん〜]
「ザ・マジックアワー」を観てきました〜♪ どこか昭和の香りが漂う守加護(すかご)、街を牛耳るボス天塩(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出してしまった備後(妻夫木聡)。天塩は命を助ける代わりに、伝説の殺し屋デラ富樫を連れて来いと命令する。デラ富樫を探す術が見つからない備後は、売れない役者村田大樹(佐藤浩市)をデラ富樫として仕立てあげる・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、最高のコメディーに出会えるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 12時00分

» ザ・マジックアワー [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:三谷幸喜 キャスト:佐藤浩市       妻夫木聡       深津絵里       綾瀬はるか       西田敏行       小日向文世       寺島進       戸田恵子  ... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 12時28分

» 『ザ・マジックアワー』('08初鑑賞77・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 6月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:30の回を鑑賞。{%三日月(チカチカ)hdeco%} [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 16時04分

» ザ・マジックアワー [勝手に映画評]
三谷幸喜の監督作品第四弾。今回は、これまで以上に笑いが込められています。 ほとんど主役級の役者たちが、ほんの端役程度で出てくるのが、三谷作品の一つの見所。今回は劇中映画(そのうちの一つの監督が市川崑)が何本かあるんですが、それらには、唐沢寿明(まぁ、彼は三谷組なので当然ですが)、中井貴一、天海祐希、鈴木京香、谷原章介、寺脇康文と豪華なメンバーが出ています。ネタバレですが、谷原章介の役どころが、佐藤浩市演じる村田大樹が俳優を目指すきっかけになっていて、しかも、その後にも、繋がっていたりしています。 ... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 16時41分

» ザ・マジックアワー(評価:☆) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】三谷幸喜 【出演】佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/綾瀬はるか/西田敏行/他 【公開日】2008/6.7 【製作】日本 【ストーリー】 ... [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 21時03分

» 『ザ・マジックアワー』感想+『THE・有頂天ホテル』ちょいレビュー。 [のほほん亭]
あー金欠だぁ〜!!! だけど観にいくべぇ〜!!! この日をどんなに待ち望んでいたことか! [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 19時35分

» 『ザ・マジックアワー』2008・6・8に観ました [映画と秋葉原と日記]
『ザ・マジックアワー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 暗黒界のボス・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに・・・だが苦し紛れ... [続きを読む]

受信: 2008年6月16日 (月) 22時35分

» 「ザ・マジックアワー」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。突然舞台挨拶に 佐藤浩市と三谷幸喜が登場してびっくり!「ザ・マジックアワー」公式サイト転びそうになる演技しながら 登場した佐藤浩市、白いジャケットきてさわやかー でした。司会者の女性のテンションも高い高い三谷監督がしゃべってると...... [続きを読む]

受信: 2008年6月17日 (火) 13時10分

» ザ・マジックアワー [ネタバレ映画館]
映画に生きるべきか、舞台に戻るべきか・・・ [続きを読む]

受信: 2008年6月17日 (火) 18時36分

» ザ・マジックアワー [ルナのシネマ缶]
さすがにちょっとテレビに 出過ぎでしょう!・・・って 思ってしまうくらい 宣伝をやっていた三谷幸喜ですが やはり、面白かった! 素直に笑えました。 映画好きには、 楽しめる作品だと思います。 港町、守加護の街を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の 愛人・マリ(深津絵里)に手を出してしまったクラブ「赤い靴」の支配人 備後(妻夫木聡)は、命の代償に幻の殺し屋・デラ富樫を 探し出さなければならない。 しかし、期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は 無名の俳優・村田大樹(... [続きを読む]

受信: 2008年6月17日 (火) 23時40分

» 映画「ザ・マジックアワー」 [FREE TIME]
話題の映画「ザ・マジックアワー」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2008年6月17日 (火) 23時53分

» ★「ザ・マジックアワー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末レイトショウは、 最近、宣伝のためにテレビに出まくってる三谷幸喜監督作。 [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 01時53分

» ザ・マジックアワー を観ました。 [My Favorite Things]
疲れ果てている日々ですが、やはりココロの潤いは必要ってことで、笑わせていただきました…。 [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 06時50分

» 『ザ・マジックアワー』 [ラムの大通り]
----「マジックアワー」というと、 テレンス・マリック監督は『天国の日々』のイメージがあるけど、 やはりそれと関係あるの? 「うん。三谷幸喜監督が前作『THE 有頂天ホテル』のときに、 カメラマンの山本英夫から聞いたらしい。 映画通の三谷幸喜にしては珍しく、 そのとき初めて知ったとか。 一日のうちで、太陽が地平線に隠れた直後のほんのわずかな時間帯。 陽は残っているけども光源がないから影がでない。 その幻想的な瞬間がマジックアワー」 ----確か『天国の日々』の昼の屋外シーンは マジック・アワーのみ... [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 08時00分

» ザ・マジックアワー [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。 物語:「命が惜しければ、五日以内に幻の殺し屋を見つけて来い!」街を牛耳るボス【西田敏行】の愛人【深津絵里】に手を出してしまった手下の備後【妻夫木聡】は、命を助けてもらう代...... [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 11時12分

» 【ザ・マジックアワー】 [日々のつぶやき]
監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、綾瀬はるか、戸田恵子、小日向文世、寺島進、伊吹吾郎 「港町守加護では二つのギャングが争っていた。ボスの愛人に手を出した備後は、命を助けてもらい代償にボスが探している伝説の殺し屋デラ富樫を... [続きを読む]

受信: 2008年6月18日 (水) 12時58分

» ザ・マジックアワー(映画館) [ひるめし。]
この街で起きたことは きっと誰かに話したくなる。 [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 09時27分

» ザ・マジックアワー [いい加減社長の映画日記]
ポイントが溜まっていたので、公開初日の朝一番の回で。 最近、やけに宣伝している「ザ・マジックアワー」を選択。 「UCとしまえん」は、土曜の朝にしては、ちょっと少なめかな? 「ザ・マジックアワー」は、大きめのスクリーンで4割程度? まずまず、なのかな? 【ストーリー】 街を牛耳るボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後(妻夫木聡)は、命を助けてもらう代償に、伝説の殺し屋デラ富樫を探し出すことを約束する。 だが期日が迫っても、デラは見つからない。 窮地に陥った備後が取った苦... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 09時58分

» 映画 【ザ・マジックアワー】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ザ・マジックアワー」 三谷幸喜脚本・監督の最新作。 おはなし:ギャング組織のボス手塩(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)と恋仲になった事がバレた備後(妻夫木聡)は、命を助けてもらうため伝説の殺し屋”デラ富樫”を連れてくる約束をする。 監督自身による怒涛の番宣が吉と出たか凶と出たか。多分吉と出たのでしょうね、お客さんの入りも良かったです。ただ、私は三谷幸喜が好きですけど、あのようなのべつまくなしの番宣はいかがなものかと思ってしまう。面白ければお客は入るのでは? 三谷幸喜の映画好きは... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 11時05分

» ザ・マジックアワー (2008) 136分 [極私的映画論+α]
 「デラ富樫」はマクガフィン?(笑) [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 12時26分

» ザ・マジックアワー [シネマ大好き]
三谷幸喜の第4作め。今までで一番笑ったかもしれない。ほんと傑作でした。 町を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)との密会を見つかってしまったホテルの支配人備後(妻夫木 聡)は、伝説の殺し屋デラ富樫と知り合いだとウソをつき、彼を連れてくる約束..... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 19時08分

» ザ・マジックアワー [Diarydiary! ]
《ザ・マジックアワー》 2008年 日本映画 港町・守加護町、ここに住む備後はボ [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 20時01分

» ザ・マジックアワー/佐藤浩市、妻夫木聡 [カノンな日々]
三谷幸喜さんと佐藤浩市さんが映画の宣伝で各局に出演しまくりですけど、バラエティー番組に出ている佐藤浩市さんというのはけっこう珍しくてついつい見ちゃうんですよね。しかも渋い役者のイメージなのにぶっちゃけトークが面白かったりするんですよ。まさか映画より宣伝活....... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 21時47分

» 「ザ・マジックアワー」 [the borderland ]
公開1週間前になると、出演者たちがこぞって番宣でTVに出まくるのは、見慣れた光景ですが、2週間も前から、しかも監督だけで至るところに顔を出してるのは、三谷幸喜ぐらいでしょう。驚いたのは、「ガキの使い」に出てたこと。鼻にワサビを詰められるは、頭から卵や納豆をかけられるはで、何もそこまでしなくてもと、誰もが思ったんじゃないですか(^^; それにしても彼の芸人根性、いや監督根性には頭が下がります。 この作品には、色々な映画のオマージュがあります。私は元の作品の基礎知識がないから、細かい部分まで楽しめ... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 22時11分

» 「ザ・マジックアワー」 [みんなシネマいいのに!]
 街を牛耳るギャングのボスに手を出してしまった手下のホテル支配人の助かる唯一の条 [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 22時14分

» ザ・マジックアワー [いい加減社長の日記]
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/f9929cc93c3ed176ddcf2b026a2d565e の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。 ポイントが... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 22時31分

» ザ・マジックアワー [C'est Joli]
ザ・マジックアワー’08:日本 ◆監督・脚本:三谷幸喜「THE有頂天ホテル」「みんなのいえ」◆出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎、寺脇康文、谷原章介 ◆STORY◆港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配....... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 22時53分

» ザ・マジックアワー [悠雅的生活]
愛すべき映画ファン。愛すべき映画人。愛すべき映画! [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 23時02分

» [映画]ザ・マジックアワー [落とし穴には気をつけろ!]
三谷監督最新作は、凄いパワーでした とある港街で、ギャングのボス(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出した落とし前として、幻の殺し屋デラ・富樫を探してくるよう命じられた備後(妻夫木聡)が、三流役者の村田(佐藤浩市)を映画の撮影だと騙して連れて来たことから巻き起こる騒動の話です。 最初っから最後まで笑いっぱなし もう、お腹痛かったです。映画の撮影だと信じて精一杯の臭い演技をする村田と、村田を殺し屋と信じて話すギャングとの会話が、違うことを話しているのに妙に噛み合ってるのがもう可笑しくて。ナイフ... [続きを読む]

受信: 2008年6月19日 (木) 23時24分

» ザ・マジックアワー [そーれりぽーと]
三谷幸喜最新作、『ザ・マジックアワー』を観てきました。 ★★★★★ 全く噛み合わないはずの勘違い会話が成立する、三谷幸喜お得意の一番笑えるシチュエーションが今回のメインテーマ。 営業の仕事をしてると、「思ってた」が一番の敵なんだけど、客観的に観るとこんなにマヌケで笑える話は無いんですよねw 見所、笑い所は全て予告編で大放出していたのにも関わらず、それでも心底楽しめたのは、やっぱりエンターテイメントを知り尽くした三谷幸喜の手腕。 メインキャスト一人一人について書こうと思ってましたが、とりあえず全... [続きを読む]

受信: 2008年6月20日 (金) 00時34分

» [Review] ザ・マジックアワー [Diary of Cyber]
『THE有頂天ホテル』の時も、鑑賞した友達とメールとかで台詞のラリーをしながら遊ぶくらい名(迷?)台詞が多かったのですが、今作もこれまた名台詞が多く。話のネタには事欠きません。 『THE有頂天ホテル』は、一つのホテルの下で起こる様々な人間ドラマ。一見何の関係も無いように見える人間関係も、ひょんなところで出会い、ぶつかり、交錯していく。予想もつかない展開の数々は笑わずにはいられません。対して『ザ・マジック・アワー』は、話の筋は一貫していて、使われるネタも割りとベタ。でもベタだからこそ、堂々と真剣... [続きを読む]

受信: 2008年6月20日 (金) 07時25分

» 影で支える感謝の気持ち。『ザ・マジックアワー』 [水曜日のシネマ日記]
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出す物語です。 [続きを読む]

受信: 2008年6月20日 (金) 12時24分

» ザ・マジックアワー [花ごよみ]
今、メディアにこのところ、 露出しまくりの三谷幸喜が監督。 脚本ももちろん三谷幸喜。 笑い願望で見に行きました。 その結果たっぷりと、 笑わせてもらいました。 メインとして佐藤浩市、妻夫木聡。 だまされて、やくざの内輪もめに かかわってしまう羽目になった 売れない俳優の村田大樹に、佐藤浩市。 映画監督になりすまし 彼をはめてしまう クラブ支配人の備後登に妻夫木聡。 寺島進が真面目に 演じているのに笑いをとります。 その真剣さがおかしいです。 サイボーグにも出演していた綾瀬はる... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 08時01分

» 2008-40『ザ・マジックアワー』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-40『ザ・マジックアワー』(更新:2008/06/09) 評価:★★★★☆(★★★★★に近い) 久しぶりの三谷幸喜監督作品。 「めざましTV」に精力的に出演して宣伝しまくってましたね。 完全にコメ..... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 10時04分

» ザ・マジックアワー [Simple*Life]
ザ・マジックアワー公式HP 「ザ・マジックアワー」 オフィシャルブック (ぴあMOOK) もうとにかく面白かったです。 周りの人たちもみんな笑ってたけど、私も大笑い。 佐藤浩一がとにかく面白い。 そしてキャストが本当に豪華! ・・・・・・・・・・・・・・・...... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 16時13分

» ザ・マジックアワー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました〜^^・だってぇ〜三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも〜んでも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝しまくっていると、、、辟易しながらもだんだん気になってきちゃったの〜「本当に面白いの?」って― (すぐに影響される性格・恥)ポコっと時間が空いたので、チャチャっと観に行っちゃいました〜【story】暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 18時59分

» ★ザ・マジックアワー★ [CinemaCollection]
TheMagicHour最後に笑うのは誰だ?上映時間136分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/06/07ジャンルコメディ【解説】「ラヂオの時間」「THE有頂天ホテル」の三谷幸喜監督が贈る痛快エンタテインメント・コメディ。とある港町を舞台に、映画撮影と思い込み...... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 19時59分

» 映画「ザ・マジックアワー」 [happy♪ happy♪♪]
三谷幸喜 脚本・監督最新作。 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に 手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、 命の代償に伝説の殺し屋「デラ富樫」を探し出すハメに・・。 期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は 無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市)を雇い、 殺し屋に仕立てあげるという苦肉の策を思いつくが・・。 久しぶりに笑い{/face_warai/}泣き{/namida/}しました{/kirakira/} 最初から最後まで笑いたっぷり、... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 20時15分

» ザ・マジックアワー [映画を観たよ]
期待しすぎた? [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 21時15分

» 『ザ・マジックアワー』 [Mooovingな日々]
ザ・マジックアワーを見ました。三谷幸喜監督、佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、中井貴一、鈴木京香、唐沢寿明ほか。 港町・守加護すかご。知らないうちに伝説の殺し屋にされた売れない俳優村田大樹。 映画の撮影だと思いこんでいた彼にとってその街で起こることがすべて映画の中でのこと。 ゴム製の拳銃で本物のギャングと渡り合う村田。誤解が誤解を呼び事態は思わぬ方向へ。 とにかく笑えた。見ていた人たちがみんな満足していた。三谷の脚本は毎回アイディアで驚かされるが、今回の作品は三..... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 21時58分

» ザ・マジックアワー [映画鑑賞★日記・・・]
【The Magic Hour】2008/06/07公開(06/07鑑賞)製作国:日本監督・脚本:三谷幸喜出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎 “最後に笑うのは誰だ?” まるで映画のようなお話(笑)... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 22時03分

» 映画「ザ・マジックアワー」(2008年、日) [富久亭日乗]
    ★★★★★  三谷幸喜の監督4作目は、売れない俳優を 本物の殺し屋に仕立て上げるというコメディー。 タイトルの「マジックアワー」とは、 昼と夜の間の、一日で一番撮影に適した瞬間のこと。  港町、守加護ーー。 ギャングの手下でクラブ「赤い靴」の支配人、備後登(妻夫木聡)は、 ボス(西田敏行)の情婦、高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまい、 殺されたくなければ伝説の殺し屋、テラ富樫を連れて来いといいつけられる。 困った備後は、売れないアクション俳優、村田大樹(佐藤浩市)を 映画の撮影だと偽って... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 22時09分

» ザ・マジックアワーと田宮二郎 [音次郎の夏炉冬扇]
前作(「THE 有頂天ホテル」)は、一度たりとも笑うことが出来ずに、金返せといいたくなるほどつまらなかったのですが、なんと興行収入60億円超の大ヒットだったそうで、映画監督としても三谷幸喜をヒットメーカーの座に押し上げました。話題の新作はというと、コレはかなり笑わせてもらいました。そしてちょっとホロリともさせられる良質なコメディーに仕上がっていて満足度は高く、私的には面白い映画でした。 ... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 01時53分

» 映画「ザ・マジックアワー」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
終わりよければすべて良しというけれど、有終の美を飾れてないのが残念なところですね、最初からラスト直前まで面白くて笑い死にしそうでも盛り下がる・・ いかにも芝居がかった、それでいて思わず引き込まれてしまうような、芝居じみたボスの愛人高千穂マリ(深津絵里)の... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 17時45分

» ザ・マジックアワー [まぁず、なにやってんだか]
友達から劇場限定の映画チケットをもらったので、「ザ・マジックアワー」を観て来ました。 最初から笑わせてくれるのかと待ち構えていたのですが、はじめは備後(妻夫木聡)とマリ(深津絵里)の危機を描いているので、至って真面目でした。 早く笑わせてくれないかな~、と待ちわびていたところ、ボス(西田敏行)と村田(佐藤浩市)の初対面のシーンからドッカンドッカン(古いたとえ?)笑いが来ました。「オレがデラ冨樫だ」という自己紹介がおかしいのよぅ。いまだに思い出すと笑いが・・・。 お互い勘違いしたまま... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 21時45分

» ザ・マジックアワー [5125年映画の旅]
港町を牛耳るギャングのボスの愛人に手を出しボスの怒りを買った部下の備後。命を助けてもらう代わりにボスが要求したのは、伝説の殺し屋デラ冨樫を連れて来ることだった。デラ冨樫を見つけられない備後は、売れない役者を替え玉として用意し映画撮影と偽ってボスを騙す作...... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 07時24分

» ザ・マジックアワー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ〜♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なんと....... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 16時37分

» ザ・マジック・アワー [迷宮映画館]
基本、この人は出たがりなんだと思う。・・・よく我慢した。えらい。 [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 20時45分

» 「ザ・マジックアワー」 [てんびんthe LIFE]
6月7日「ザ・マジックアワー」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC1で鑑賞 三谷幸喜、TV出すぎ! 実は初日鑑賞でした。 作品中にも出てきそうな勢いだったのでずっと眼を凝らしてみてたけどとうとう本人出てこなかったようですね。 DVDは落ち着いてみられないので逆に公開を逃すと絶対に見ない気がしたので劇場で鑑賞。 豪華に配役を使って、セットにお金をかけてこれでお客さん入らなかったら東宝さんも悲惨なことになりそうです。 主演の佐藤浩市のイッチャッてる顔(猟奇的な顔なんですってね。)毎回違った... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 22時12分

» ★★★ 『ザ・マジックアワー』 [映画の感想文日記]
2008年。フジテレビ/東宝。   三谷幸喜監督・脚本。  苦手な俳優の佐藤浩市主演ということもあり、あまり気乗りしなかったが、予告編にちょっと期待させる雰囲気があったので、  これまで三谷幸喜の映画を1度も面白いと思ったことがなく、全部の作品(全部見ているは... [続きを読む]

受信: 2008年6月23日 (月) 23時41分

» ザ・マジックアワー [欧風]
土曜は八戸フォーラムで「僕の彼女はサイボーグ」を観ました。 そして [続きを読む]

受信: 2008年6月24日 (火) 18時08分

» ザ・マジックアワー☆独り言 [黒猫のうたた寝]
三谷監督の作品は、どうもはまるのとはまらないのがありまして^^;;;今回見事に、はずしました(爆)『ザ・マジックアワー』まいったなぁ、冒頭から結構周囲が笑ってるのに^^;どうも、この笑いが面白いと思えなくって・・・ずーーーーっとついてけなくって・・・寝まし... [続きを読む]

受信: 2008年6月25日 (水) 00時52分

» ザ・マジックアワー&Dグレ&ガンバ [別館ヒガシ日記]
ザ・マッジックアワーは今月12日(木)の9時45分から鑑賞したけども 色々だった有頂天ホテルより分り易くて凄く面白かったし満足だね 内容は売れない役者が映画と信じて殺し屋デラ富樫を演じて進むも 映画撮影は嘘で本当は街でのギャング抗争と言う展開だったね 佐藤浩... [続きを読む]

受信: 2008年6月25日 (水) 20時26分

» 映画:ザ・マジックアワー [駒吉の日記]
ザ・マジックアワー(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「死ぬのは怖くない、怖いのは誇りを失ったまま生き続けることだ。」 コメディというよりは大掛かりなコント?!もちろん悪い意味ではなく、ものすごく楽しかった!!!舞台セットのような街が劇中劇のようだし、意味の取り... [続きを読む]

受信: 2008年6月26日 (木) 23時22分

» 『ザ・マジックアワー』 @ユナイテッドシネマとしまえん [映画な日々。読書な日々。]
港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後は、ギャングのボス・手塩の情婦・マリに手を出したのがバレて大ピンチ。5日以内に幻の殺し屋・デラ冨樫を探し出して連れて来なければ命はないと脅される。が、デラの居場所に皆目見当もつかない備後は替え玉を仕立... [続きを読む]

受信: 2008年6月26日 (木) 23時56分

» まるで映画のよう [CINECHANの映画感想]
150「ザ・マジックアワー」(日本)  港町・守加護(すかご)。街を牛耳るボス・天塩の愛人・マリに手を出してしまった手下でホテル支配人の備後。天塩に捕まり、絶体絶命となるが、天塩が唯一出した「5日以内に幻の殺し屋〝デラ冨樫〟を連れてくること」という条件を果たせば命を助けると言われる。その条件を飲んだ備後だったが、簡単にデラ冨樫が見つかるわけがない。  そこで最後の非常手段としてニセモノを用意することにする。備後は映画監督になりすまし、無名の俳優・村田大樹を雇うと、映画の撮影と称して〝デ...... [続きを読む]

受信: 2008年6月28日 (土) 11時43分

» 映画『ザ・マジックアワー』 [頑張る!独身女!!]
きたぁ〜!なにこれ。映画館でこんなに・・・えーいいの??? [続きを読む]

受信: 2008年6月28日 (土) 23時55分

» ザ・マジックアワー [ぷち てんてん]
とにかく、面白かったです^^)映画館で見て楽しんで♪☆ザ・マジックアワー☆(2008)三谷幸喜監督佐藤浩市妻夫木聡深津絵里綾瀬はるか西田敏行小日向文世寺島進戸田恵子伊吹吾郎ストーリー港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後は、ギャングのボス・...... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 00時34分

» ザ・マジックアワー [Thanksgiving Day]
映画「ザ・マジックアワー」を観に行ってきましたー!! この映画は、三谷幸喜監督の作品ということもあって、公開前からかなり楽しみにしてたんですよ。 三谷監督の作品といえば、THE有頂天ホテル以来ですかね!? 映画館に行ってみると、さすがに人気作品だけあって、...... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 00時59分

» ザ・マジックアワー [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年6月7日 公開 「おぉーい、よぉ〜いスタートは誰が言うんだぁ?!」 おおむね満足できました! ま、三谷監督の言う「3分に10回笑える」とまではいきませんでしたが。 これはもぉ絶対に佐藤浩市で笑う映画です!!! おっかしいもん、この佐藤浩市!!! 裸の王様状態に祭り上げられた売れない三流俳優・村田大樹を、かつてみたことのない佐藤浩市バージョンで見せてくれている。 ... [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 16時18分

» ザ・マジックアワー [りらの感想日記♪]
【ザ・マジックアワー】 (16) ★★★★ 2008/06/14 ストーリー 港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩(西田  [続きを読む]

受信: 2008年6月29日 (日) 20時00分

» 映画『ザ・マジックアワー』 [オタマ・レベルアップ]
映画『ザ・マジックアワー』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 136分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝) 初公開年月 2008/06/07 ジャンル コメディ 解説・・・ 「ラヂオの時間」「THE 有頂天ホテル」の三谷幸喜監督が贈る痛快エン...... [続きを読む]

受信: 2008年6月30日 (月) 18時17分

» ザ・マジックアワー [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
三谷幸喜の監督第4作目となる映画作品。これまでに、「THE 有頂天ホテル 」「みんなのいえ 」を観ています。 どことなく、懐かしさを感じさせる港町、守加護。クラブ「赤い靴」の支配人の備後は、彼にそのクラブを任せてくれていギャングのボス、手塩の情婦、マリに手を出... [続きを読む]

受信: 2008年7月 2日 (水) 00時20分

» 露出し過ぎだっつーの、三谷さん【ザ・マジックアワー】 [犬も歩けばBohにあたる!]
監督本人が映画宣伝のために出た媒体は150を越えたそうです。 たしかに、来る日も [続きを読む]

受信: 2008年7月 4日 (金) 14時08分

» ザ・マジックアワー [さくらの映画スイッチ]
仕組まれた勘違いの生むギャップが、かみ殺せない笑いを生む・・・ (-^〇^-)  [続きを読む]

受信: 2008年7月 6日 (日) 19時07分

» ザ・マジックアワー [メルブロ]
ザ・マジックアワー 216本目 2008-22 上映時間 2時間16分 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行 小日向文世 寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎 浅野和之 香川照之 会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点(10点満点)    三....... [続きを読む]

受信: 2008年7月16日 (水) 00時09分

» 面白い=つまらない?(映画:ザ・マジックアワー) [美味!な日々]
何となく書く気がおきなくて、寝かしてしまいましたが、重い腰を上げてみました。。。先日、レディースデーに映画『ザ・マジックアワー』を観て来ました。 [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 00時29分

» 映画 「ザ・マジックアワー」 [ようこそMr.G]
映画 「ザ・マジックアワー」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2008年7月21日 (月) 02時03分

» ザ・マジックアワー [たにぐちまさひろWEBLOG]
“マジックアワーを逃した時の一番の方法を知っていますか?” “さあ…。” “簡単なことだよ。明日を待つんだよ。 三谷幸喜監督作品“ザ・マジックアワー”を観てきました。(H20.6.7(土)テアトルサンクにて鑑賞) 情緒豊かな港町、守加護でクラブの支配人している備後は、ボスの愛人に手を出したために、絶対絶命のピンチに。しかし、ボスから、5日以内に伝説の殺し屋デラ・富樫を連れてくれば許してやると交換条件を出される。 途方にくれた備後は、映画の撮影と偽って売れない役者、村田をデラ・富樫に... [続きを読む]

受信: 2008年10月11日 (土) 20時53分

» ザ・マジックアワー [シネマ日記]
「THE 有頂天ホテル」の面白さが1ミリたりとも分からず、「古畑任三郎」も好きになれないワタクシは「三谷幸喜、昔は好きやったけどなぁ」というセリフを近年何回も言っていた。この「ザ・マジックアワー」も公開のときに三谷幸喜と佐藤浩市がこれでもかっ!ってほどに宣伝のためにテレビに出ていてうんざりして、どうせつまらんねんやろう?と思っていたのだけど、テレビで放映されたので見てみた。またもや、テレビ初登場って早すぎるよなー、と思いつつ。まったく期待せずに見たというのもあったかもしれませんが、今回はかなり面白か... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 11時47分

» 映画『ザ・マジックアワー』(お薦め度★★★) [erabu]
監督・脚本、三谷幸喜。2008年日本。コメディ映画。出演、佐藤浩市(村田大樹)、 [続きを読む]

受信: 2010年2月15日 (月) 21時25分

» ザ・マジックアワー [にわうたぶろぐ]
 地震にめげず、日曜日に観てきました。大きめの余震があったら嫌だなぁと思いながらも映画館へ行ったら、お客さんの数は意外と多い。仙台の人は私を含めて図太い神経をしているなぁと思いました。  それはさて置き。... [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 15時17分

» ザ・マジックアワー [うませんの独り言]
三谷幸喜監督・脚本の映画。 デラ富樫という顔も分からない人を連れて来なければ殺されてしまう備後(妻夫木聡)は、 苦肉の策として替... [続きを読む]

受信: 2010年8月24日 (火) 18時57分

» ザ・マジックアワー [シネマクマヤコン]
ま〜〜、バカバカしくって面白かったです。三谷幸喜監督のコメディです。 主人公はと [続きを読む]

受信: 2010年9月19日 (日) 19時53分

» ザ・マジックアワー [象のロケット]
何が起こってもおかしくない不思議な港町―、守加護。 その街で、すべてを映画の撮影だと信じ、伝説の殺し屋を演じ続ける<売れない俳優>。 その俳優を本物の殺し屋だと勘違いし、雇ってしまう<暗黒街のボス>。 そして、自分の命を賭けて、2人の男をだまし通そうとする<しがないギャング>。 果たして、<彼ら>と<彼らに巻き込まれていく人々>の運命は!? ノンストップコメディ。... [続きを読む]

受信: 2010年9月20日 (月) 00時03分

» ザ・マジックアワー <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
TVでオンエアされた 「THE 有頂天ホテル」 を見てから観に行ったので登場人物が かぶりまくってるのが分かって面白かった有頂天ホテルの登場人物で 全く同じ名前で役柄も... [続きを読む]

受信: 2010年9月23日 (木) 18時38分

» 映画「ザ・マジックアワー」 [itchy1976の日記]
ザ・マジックアワー - goo 映画 ザ・マジックアワー - Wikipedia 映画 ザ・マジックアワー(公式サイト) ザ・マジックアワー@ぴあ映画生活 ザ・マジックアワー(映画.com) ○スタッフ・キャスト キャスト: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文...... [続きを読む]

受信: 2011年12月24日 (土) 22時28分

« 本 「陰陽師 付喪神ノ巻」 | トップページ | 「アフタースクール」 卒業後・・・ »