« 本 「ジーン・ワルツ」 | トップページ | 「最高の人生の見つけ方」 あなたは二つの質問にイエスと答えられますか? »

2008年5月 6日 (火)

「ステルス」 快楽的なスピード感

先日観た「NEXT -ネクスト-」がいまいちな出来だったのでがっかりしてしまったのですが、唯一よかったのはジェシカ・ビールが出ていたところ。
セクシーな方で、けっこう好きな女優さんだったりします。
ということで、思い出したようにジェシカ・ビールが出演している「ステルス」をDVDで観賞です。

あんまり世間的には評判はよくない本作ですが、僕は好きだったりします。
ストーリー的には細かなツッコミを入れる余地はかなりあるのは承知しているのですが、そのマイナスを補うほどの航空アクションシーンがお気に入りなんです。
この映画の航空シーンは最近のSFXのメカニックアクションでよくあるような、グルグルとカメラが動くいかにもCGで作りましたというのとは違うんですよね。
あくまでもありそうなリアルさ加減にこだわっている気がします。
例えば何気ない空母への着艦シーンなども、”タロン”という架空の戦闘機なのですからCGであるはずなのですが、このあたりがとても自然。
「トップガン」などの実際の海軍機F14を撮影したのとあまり変わらないリアルさ加減がとてもカッコいい。
空中戦や地上攻撃のシーン等でも、カメラのブレ、ピンぼけ、フレームアウト等を再現したCGが、ほんとに空中撮影をしているような感じが出ています。
また、リアルさだけでを追いかけているのではなく、「スターウォーズ」を思い出させる”エディ”とのドックファイトや、無人空中補給船(空飛ぶセルフガソリンスタンドですね)のシーン等は、映画的に迫力のある魅せる画作りになっていて、これも観ていて引き込まれます。
これらの航空シーンがBGMのロックにのって描かれることによるスピード感は、かなり快楽的でもあります。
突っ走るスピード感というのはなんだか本能的に興奮を呼び起こすものですよね。
ジェシカ・ビールのいやらしすぎないセクシーさ(ストーリーとはあまり関係ない水着姿あり)だったり、航空アクションの激しいスピード感が、オトコの興奮を誘うのでしょうか、この映画は観終わって、いい映画を観たというのとは違う、満足感みたいなものを感じたりするんですよね。

ジェシカ・ビール出演「NEXT -ネクスト-」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ


|

« 本 「ジーン・ワルツ」 | トップページ | 「最高の人生の見つけ方」 あなたは二つの質問にイエスと答えられますか? »

コメント

SOARさん、こんばんは!
はじめまして!

ストーリーはよくあるパターンなのですが、航空シーンはとてもいいですよね!
>実機の空撮映像よりリアルに見える
発艦・着艦シーンなどは痺れます。
お話があれなんで、映画としてでなく航空シーンだけつないで観たくなるくらいですよー。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月 7日 (水) 23時39分

はじめまして。いつもTBありがとうございます。
とかく酷評されがちな本作ですが、航空機の映像表現に関してはここ最近の映画の中では掛け値なしにトップクラスだと思ってます。
実機の空撮映像よりリアルに見える・・・まあそれはおかしいんですけど、そんな感じなんですよね。
劇場で観たときものすごく得した気分になったことを思い出しました。
その当時の古い記事で恐縮ですがTBさせて頂きます!

投稿: SOAR | 2008年5月 6日 (火) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/41112798

この記事へのトラックバック一覧です: 「ステルス」 快楽的なスピード感:

» 『ステルス』・・・クルビットでやられちゃうなよSu-37! [SOARのパストラーレ♪]
B級の匂いぷんぷんの映画が、実はけっこうおもしろかったりすることがある。きょう観てきた『ステルス』もまさにそのパターン。ちまたの評価は今ひとつの作品のようだが、どうしてどうして、私はなかなか楽しめた。... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 20時14分

» 『ステルス』(2005) [【徒然なるままに・・・】]
最新鋭の人工知能を搭載した無人戦闘機が、突如暴走を始めた! 3人のトップパイロットたちは、それを阻止することが出来るか?! よくある”科学への警鐘”テーマの作品かと思っていたのだけれども、一味違う。 その要素も確かに盛り込まれてはいるが、終盤では人間と機械との”友情”が強調され始め、『ジャイアント・ロボ』か、はたまた『アイアン・ジャイアント』かというような、なかなか感動的なクライマックスを迎えるに至ってしまう。 戦闘機同士の空中戦など見所も沢山で、この迫力を味わうには、やはり劇場の大スク... [続きを読む]

受信: 2008年5月13日 (火) 23時36分

» 映画「ステルス」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ステルス」★★☆ 先行上映で鑑賞したのでネタバレ注意! 大々的な予告編に釣られて先行上映で見てしまった。 いわゆる「人間が生み出したテクノロジーが人間を超える」というテーマを元にしたすごいアクション映画。 観客もステルスという史上最強の戦闘機に搭乗しているかのようなスピード感、スリルを味わえる。 また、爆発の火薬の量が半端じゃない。 VFXもすごすぎて目を見張る。 ところが映像ばかりに力が入っていて、内容はどうでもいいかんじが漂う。 「予告編」のあとのストーリーが大事になってくる... [続きを読む]

受信: 2008年5月16日 (金) 10時51分

» ステルス [rambling rose]
息の合った3人のパイロットに新たに仲間が加えられた。が、それは最新の人口知能を持った無人ステルス機だった。 [続きを読む]

受信: 2013年3月13日 (水) 21時08分

« 本 「ジーン・ワルツ」 | トップページ | 「最高の人生の見つけ方」 あなたは二つの質問にイエスと答えられますか? »