« 「ストレンヂア 無皇刃譚」 画も話も不満足 | トップページ | 本 「奥州藤原氏 -平泉の栄華百年-」 »

2008年5月 3日 (土)

「カンフーくん」 子供が見る目はそれほど低くない

先週観た「少林少女」があまりな出来だったので、こっちはどうかなと比べてみたくなり「カンフーくん」を観てきました。
こちらの小田監督の作品「笑う大天使」はあまりおもしろいとは思わなかったので、スルーするつもりだったのですけれど・・・。

期待もあまりしていなかったので、がっかり度合いは「少林少女」ほどではなかったのですが、おもしろいというわけではありません。
シネカノンで上映しているので、大人が観てもそこそこ満足できる作品かと思いきや、かなり低年齢層向けに作っているんですね。
子供ターゲットのため、ストーリーはとてもオーソドックスで単純なので、大人が観て満足というのにはちょっと厳しい。
もう少し「カンフーくん」のアクションが観れたら満足できたのかもしれなかったですが、それほどでもなく。
劇場にはお子様連れも何組かいらっしゃいましたが、つまらなかったのか途中で出て行ってしまう家族や、眠そうだった子も・・・。
「電王」のときとはえらい違いです。
あからさまに子供向けに作った映画というのは、実は子供から観てもつまらなかったりするんですよね。
大人が「キミたちはこのくらいでしょ」と大人目線で作ってたりするのは、けっこう子供はわかったりするものだと思うんです。
この映画、そういうところがあったのではないでしょうか。
子供が見る目はそれほど低くないと思います。

小田一生監督作品「笑う大天使」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ストレンヂア 無皇刃譚」 画も話も不満足 | トップページ | 本 「奥州藤原氏 -平泉の栄華百年-」 »

コメント

ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは!

最近の子供たちのこの映画の受け止め方はどうなのでしょうね。
僕が観た劇場ではいまいちな感じでした。
子供たちでも普通にジャッキーの昔のカンフー映画でも楽しめたりしそうな気がします。
「少林少女」はがっかりでした・・・。
僕もけっこう期待して観に行ったのですが、チャウ・シンチーのオリジナルには遠く及びませんでした。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月 6日 (火) 07時10分

こんにちは~
大人目線の子供向け映画っていうのは、なるほどそうかもしれませんね。
最近の子供は目も肥えていますからね~
様々な突っ込みどころは、それがどうも、子供には気にならないみたいですが…
「少林少女」はがっかりなのですか?期待していたのに…

投稿: ノルウェーまだ~む | 2008年5月 5日 (月) 16時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/41077451

この記事へのトラックバック一覧です: 「カンフーくん」 子供が見る目はそれほど低くない:

» 小さなドラゴンがやって来た [CINECHANの映画感想]
80「カンフーくん」(日本)  中国少林寺の武術学校に通う少年カンフーくん。少林寺三十六房の試練として、最後の敵は日本いると師匠に教えられ、カンフーくんは日本に飛ばされる。東京の下町にたどり着いたカンフーくんは、そこで〝ニュー幸楽〟という中華料理店を営む太極拳の達人・泉ちゃんとその孫娘のレイコと出会い、居候をさせてもらいながら、最後の敵を探すことに。  その頃、子供たちを洗脳し、日本の支配を企もうとする集団〝黒文部省〟の魔の手が、レイコの通う学校にも伸びようとしていた。  果たしてカ...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 01時56分

» 【2008-79】カンフーくん(KUNG FU KUN) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 燃えよ”ちっちゃな”ドラゴン!! 日本の子供を守るため、 悪の組織に立ち向かう! この強さハンパじゃねー!!! [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 00時32分

» 『 カンフーくん 』 / 2007年 日本 映画 邦画 [やっぱり邦画好き…[日本映画ブログ]]
あのコは誰?  燃えよ“ちっちゃなドラゴン!” 彗星のように現れた天才子役・チャン・チュワン。昨年、東京国際映画祭で来日した際には、連続バクテンとカンフーを披露!テレビでも急遽、連日取材を受けるなど、公開前からすでに話題騒然! あったかい!  泉ピン子や西村雅彦などの実力俳優人に支えられ、小さなカンフーくんが大きく成長していく。500カット以上のCGを駆使して、新しくて懐かしい心温まる物語が生まれた・・・日本映画人気ブログランキング... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 10時37分

» カンフーくん/チャン・チュワン、泉ピン子 [カノンな日々]
春休み向けのファミリー映画ですよね。シネコンでの新作の公開がめっきり減っているのは、話題作や大作が既に封切りになっていて劇場に空きが無いからなのかな?人気の子供向けアニメ映画は劇場サイドにとっては商業的に利益率の高い主力商品なんだそうですね。ドラえもんの....... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 21時47分

» 「カンフーくん」 [てんびんthe LIFE]
「カンフーくん」試写会 有楽町朝日ホールで鑑賞 角川映画、またやっちゃった…。 東京国際映画祭で上映された作品でもはずれはあるわけで。 2000人の中から選ばれた子役チャン・チュアンのカンフーは切れもスピードもしっかり決まってとてもいいのですが、他が寒すぎです。 子供向けならもっと違った笑いがあったはず。 カンフーアクションものでそれだけみているなら全く問題はないのです。 泉ちゃんはどうしてキャスティングされたんだか、とても邪魔でした。 幸楽をパロっただけのためにピン子さんをつかっ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 01時54分

» カンフーくん 観てきました [よしなしごと]
 今までの記録に挑戦!1日4本観るぞ~!と決心した、その3本目は、カンフーくんでした。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 7日 (水) 11時32分

» カンフーくん [ともやの映画大好きっ!]
【2007年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) 子供たちを洗脳して日本を支配しようとする黒文部省と戦う、カンフー少年の活躍を描いたファミリー・アクション・ムービー。 中国・少林寺で修行に励み、強くなるために三十六房の試練に挑むカンフーくん(チャン・チュワン)。あと少しで免許皆伝までこぎ着けたカンフーくんは、師匠からが最後の試練を言い渡される。『遠い国・日本へ行き、最強の敵を倒せ』と。師匠の気で日本に飛ばされたカンフーくんは、中華料理屋「ニュー幸楽」を営む太極拳の達人・泉ちゃん(泉ピン子)と出会う。... [続きを読む]

受信: 2008年6月 8日 (日) 22時24分

« 「ストレンヂア 無皇刃譚」 画も話も不満足 | トップページ | 本 「奥州藤原氏 -平泉の栄華百年-」 »