« 「ノーカントリー」 彼らは国を失った | トップページ | 「Sweet Rain 死神の精度」 演出の意図が見えすぎてもの足りない »

2008年4月 2日 (水)

「ブラブラバンバン」 一人だけで感じるな

基本的に青春ものは好きなのです。
特に「スウィングガールズ」「リンダ リンダ リンダ」や「フラガール」のように、みんなでがんばって何かをやり遂げるというストーリーはありがちなのかもしれませんが、やはり好きでジーンときてしまうのです。
ありがちということは、普遍的なテーマだといってもいいのじゃないかと思ったりもします。

で、本作「ブラブラバンバン」なのですが、高校のブラバンを題材にしているということで、そんなジーンとした気分になれるかと期待しながら観に行きました。
ですが・・・、まったくジーンとなれなかったのです・・・。

冒頭にあげたような僕の好きなこのタイプの青春映画(達成感共有青春映画)は同じような物語構造があります。
・ふとしたきっかけで始めたことがある(音楽、スポーツ、ダンスなどチームでやるもの)。
・ほかのメンバーもそれぞれのさまざま事情でそのことをいっしょに始める。
・やっていくなかで、そのことがだんだん好きになっていく。
・けれどメンバーのそれぞれの事情で、一度そのチームは崩壊の危機に。
・それでもそのことが好きだいう気持ちでメンバーがまとまり、最後にみんなで何かを成し遂げる。
この構成はものの見事に「起承転結」という物語の定番構造にしっかりとはまっているがゆえに、普遍的なものと言っていいかもしれません。
物語の中で感動が生まれるのは、転から結へ一度ばらばらになった気持ちが再び集まり、そして昇華するところだと思います。
再び気持ちが集まるところで、観ている自分もメンバーの一人になっているような感情移入をしていくので、最後に成し遂げるところで登場人物と同じような達成感を感じることができるのでしょう。
幾人かのメンバーがいるこのタイプの「達成感共有青春映画」は誰かしら自分を投影できる人がいるものなので、感情移入することがしやすいのかもしれません。
つまりはメンバーの誰でもいいから、感情移入できる人がいるということ、それがこの手の青春映画に必要なことなのです。

翻って本作なのですが、キャラクターの描き方がとても甘く、感情移入しやすい人がいないのが最大の欠点。
まずは主人公は芹流なのか、白波瀬なのかとはっきりしていない。
たぶん主人公である芹流は彼女自身の悩みを肌感で感じることができないというのが、とても苦しい。
演じた安良城紅さんの演技の拙さというのもありますが、そもそもが彼女がみんなとブラバンに参加したいというような熱意というものが感じられません。
彼女は音楽が好きというのはあるのかもしれないですが、みんなでいっしょに成し遂げたいという思いが感じられないのです。
結局、物語の最後に盛り上がるはずの大会予選でも、彼女はみんなの指揮をしているけれども、自分だけで音楽の桃源郷に行っているように見えてしまう。
一人で気持ちよくなっているように見えるのが、とても辛い。
「のだめカンタービレ」で千秋が峰に行った言葉が思い出されます(正確にはのだめを通じて峰に言ったのだが)。
「そういうのをオナニープレイって言うんだよ」
まさにそんな感じで、みんなで達成感を共有するといったようなカタルシスは感じられません。
一人だけで感じてしまい、どこかへいってしまっているような感じで、それを傍観者とした立場で観ているととても白けてしまいます。
これは演技者の責任というよりも、脚本・演出のまずさによるものだと思います。
最初と最後のモノローグをやって主人公かもしれない白波瀬も、その他のメンバーも何が楽しくてブラバンをやっているのかが伝わってきません。
自分がやっていて楽しくて、そしてみんなでやっていくとさらに楽しいというのが感じられなければ、葛藤も達成感も観ていて感じられるわけはありません。
だからこの映画を観ていて、僕はずっと置いてきぼりで、最後の大会もただの傍観者でした。
彼らの辛さも喜びも感じられませんでした。
観ている観客も思いが共有できないとこういうタイプの映画はちょっと辛い。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ノーカントリー」 彼らは国を失った | トップページ | 「Sweet Rain 死神の精度」 演出の意図が見えすぎてもの足りない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/40740084

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラブラバンバン」 一人だけで感じるな:

» 【2008-70】ブラブラバンバン [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 気持ちよくなきゃ、 音楽じゃない! 全国最強名門校vsたった9人の弱小吹奏楽部! 目指すはブラスバンド世界一! [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 23時33分

» ブラブラバンバン&プレゼント [アートの片隅で]
「ブラブラバンバン」の試写会に行って来ました。 上映前に東京ブラススタイルという女性だけのブラスユニットの生演奏がありました。 ドラゴンボール等のアニメソングを演奏してくれました。 可愛い女の子達なので、何かきっかけがあれば売れるかもしれませんね♪♪ 4月にはアメリカ村や原宿などで、ライブを行うそうです、がんばれ~Y(≧σ≦)Y!! さて、この映画は安良城紅主演の映画です。 安良城紅、、、今まで「あぎら べに」って読んでいたら、「あらしろ べに」だったのね(≧◯≦) 沖縄出身...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 4日 (金) 13時01分

» 音楽に踊らされてもいい [CINECHANの映画感想]
68「ブラブラバンバン」(日本)  4月、県立根戸ヶ谷高校に入学した白波瀬歩は、中学卒業時、初恋の人にふられ、吹奏楽への興味を失っていた。そんなある放課後、ホルンで「ボレロ」を演奏する女性に遭遇。思わず白波瀬はトランペットで合奏する。すると彼女は白波瀬に飛び掛り、服を脱がせようとする。  翌日再び彼女に出会った白波瀬。彼女の名前は芹生百合子。彼女は昨日のことは全く覚えておらず、いい音楽を聴くと無意識に暴走する特異体質だという。  後日再び暴走した百合子は、今度は白波瀬の同級生、村雨に...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 5日 (土) 12時08分

» 『 ブラブラバンバン 』 [やっぱり邦画好き…[日本映画ブログ]]
映画 『 ブラブラバンバン 』 [試写会鑑賞] 2007年:日本【2008年3月15日公開】[ 上映劇場 ] 監督:草野陽花 脚本:森田剛行 草野陽花 原作:柏木ハルコ 【キャスト】 安良城紅 福本有希 岡田将生 足立理 近野成美 徳永えり 若葉竜也 南明奈 柳下大 さとう珠緒 藤村俊二 森本レオ 原日出子 宇崎竜童 (C) 2007「ブラブラバンバン」製作委員会 公式サイト 気持ちよくなきゃ、音楽じゃない! 目指すはブラスバンドの甲子園、“普... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 11時14分

» ブラブラバンバン/安良城紅、福本有希 [カノンな日々]
私の大好物の部活青春ムービーです。しかもブランスバンドが題材の音楽モノ。予告編で使われてるボレロを聞こえてくるだけで何かいい事が起きそうなワクワクした気分になるんですよね。しかもこの映画ってあのトルネードフィルムの作品なんですよね。「あの」というのはわか....... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 20時05分

» 『ブラブラバンバン』('08初鑑賞35・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 3月15日(土) 109シネマズHAT神戸シアター5にて 14:50の回を鑑賞。{%音符webry%} [続きを読む]

受信: 2008年5月11日 (日) 15時33分

« 「ノーカントリー」 彼らは国を失った | トップページ | 「Sweet Rain 死神の精度」 演出の意図が見えすぎてもの足りない »