« 「銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜」 「お約束」のネタ満載! | トップページ | 「犯人に告ぐ」 信念の人 »

2008年4月20日 (日)

「モンゴル」 文化的背景の違いによる自然の捉え方の違い

モンゴル史というのはあまり馴染みがないですが、昨年「蒼き狼」を見ていたおかげですんなりと見れました。
史実をベースにしている物語ですので、登場する人物や出来事はほぼいっしょですし。
そうなるとこの2作品、比べてみたくなります。
「蒼き狼」が演技のオーバーアクションが気になったのに対し、「モンゴル」は逆にかなりストイックな印象があり、とても対照的な感じがします。
また「蒼き狼」は青空や草原の緑といった風景がとても鮮やかな印象があるのですが、本作はどちらかというと全体的に無彩色のような印象が残ります。
(テムジンが妻と子供たちと一緒のひと時を過ごすシーンだけは他に比べて色彩が豊かでした。
これはテムジンの波乱の人生の中で、大きな戦の前に唯一、一人の夫として家族と過ごせた幸せの暗示だったのでしょうか。)
両作品ともにモンゴルでロケをしているのですから、この印象の違いは風景によるものではなく、それぞれの制作者の捉え方の違いと言っていいでしょう。

島国である日本に住む我々から見るとモンゴルという国は、考えられないくらい広大なイメージがあります。
実際その風景を観たとしても、その広大さに圧倒されるのでしょう。
たぶんそれを観た日本人がそれをフィルムに定着しようとすると、その自然の広がり、雄大さを表現したくなり、空の蒼さ、草の緑などを鮮やかに撮りたくなると思います。
「蒼き狼」における、自然の撮り方には、なにか日本にはない広大さに対する憧れとロマンティシズムがあるように思えます。
けれども大陸に生まれ、その広大な草原に暮らす人々からすれば、その広大な自然は過酷な側面もあるのではないでしょうか。
本作中でもキーワードになっていた雷というのは、その荒ぶる自然の側面を象徴的に表したものだと思います。
大陸に生まれた人々にとって、その広大な自然は、鮮やかで美しいものである前に、厳しい存在であるのでしょう。
だからその自然を表す色合いは、過酷な印象が残る無彩色系になったのだと思います。

また「蒼き狼」ではテムジンを動かすのは妻や家族への「愛」ということがテーマになっていたように思えましたが、そこにもロマンティシズムを感じます。
「モンゴル」においては、テムジンを民族統一へ突き動かしたのは、周辺民族に侵されるかもしれないという危機感など、もっと現実的で厳しいことによるように感じました。
モンゴル民族はチンギス・ハーンによる統一まで部族ごとの単位で生活し、そして戦ってきていました。
彼らは古き掟に基づいて生活を続けています。
けれどもテムジンは幼い頃、一人で生きていかなくてはいけないという過酷な境遇になったためか、部族を主体にした古き掟にはあまり重きをおいていません。
テムジンの台詞に「俺は違う」という言葉が何回か出てきましたが、彼には部族の外にいたぶん、今までにない広い視野を持てたのかもしれません。
一族を単位として民族としてはバラバラになってしまう古い掟ではなく、新しい掟によって民族を統一する、それをしなくてはモンゴル民族は生き残っていけないと彼は思ったのでしょうか。
そこにあるのは民族としての「サバイバル」であり、自然にも周辺の状況にも気を許すようなところはなかったのでしょう。
そこにはロマンティックな側面はなく、いかに厳しい状況に対して生き残っていけるかということだけなのかもしれません。
あの時代のモンゴルという場所が、島国に暮らす歴史と文化を持つ日本人と、大陸に暮らす歴史と文化を持つ人々と、それぞれの文化の背景の違いにより見え方が違うというのがおもしろいところでした。

浅野忠信さんの演技はただただ感服するばかり。
モンゴル語による演技もまったく不自然なところはなく。
欧米人からみたら、日本人だとは思われないでしょうね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜」 「お約束」のネタ満載! | トップページ | 「犯人に告ぐ」 信念の人 »

コメント

コブタさん、こんにちは!

浅野さんのテムジンには今までの常識には囚われない大きな男を感じました。
また妻のボルテもそれを支える大きさ、広さを感じました。
広大な大陸で生まれ育った人間はそういった器も大きいのでしょうかねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月 3日 (土) 15時26分

こちらの大陸的で、民族、思想といった大きい視点での描き方が見ていて心地よかったです。

夫婦の愛にしても、ハリウッド映画にあるように夫が仕事にかまけて家族に目を向けないからと怒って出て行くような小ささもなく、お互いの愛への信頼と、お互いにとって何が大事なことが分かってて行動していることろが凄かったです!

いつもは飄々としたつかみ所のない男性を演じることが多い浅野さんの新しい魅力も見れたので満足でした(^^)

投稿: コブタです! | 2008年4月29日 (火) 23時49分

choroさん、こんにちは!

「蒼き狼」はコスプレ劇のような感もなくはなかった気がしますが、本作はしっかりと時代劇となっていましたね。
テムジンの描き方も本作の方がどっしりとしていて魅力的だったような気がします。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年4月29日 (火) 07時08分

こんばんは♪

いつもTBありがとうございます。
この映画は、おそらく800年前はこうだったのでは?と思えるような臨場感のある映像でよかったですね~
「蒼き狼」はかなりがっくりきたので^^;こちらは満足できて嬉しかったです(笑)。

ヒューマンドラマとしても楽しむことができました。
こちらからもTBさせていただきますね。

投稿: choro | 2008年4月28日 (月) 22時47分

えいさん、こんばんは!

本作のポスターを見たときの印象が、モンゴルなのに「どんより」してるなーと思ったんですよね。
僕の中のイメージはやっぱり「蒼き狼」のようなイメージだったので。
この映画を観て、同じものでも背負っているバックボーンで見え方が違うんだなーと改めて思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年4月28日 (月) 21時19分

こんにちは。

なるほど。
そこに暮らしている場所。
それによって同じ風景でも
見え方、感じ方が違ってくる。

スゴく的を射たレビューに、
うなることしきり。

これからもよろしくお願いします。

投稿: えい | 2008年4月28日 (月) 13時26分

ノラネコさん、こんばんは!

違う国の人が撮る映像というのは、視点が異なるからか、そこから感じる印象はやはり違いますよね。
本作と「蒼き狼」は同じようなものを撮っているのに、その違いが際立っているところがおもしろかったです。
「シルク」は未見なのですが、水墨画ということは淡い幻想的な感じなのでしょうか。
最近の映画によく出てくる「なんちゃって日本」は極めて表層的で気になりますが、ああいう風に日本は見えているのでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年4月27日 (日) 21時10分

ごめんなさい、名前入れ忘れました↓

投稿: ノラネコ | 2008年4月27日 (日) 12時07分

なるほど、確かに「蒼き狼」の方はどこまでも緑の平原と青い空、対してこちらは青み掛かった灰色の世界という感じでしたね。
異文化をイメージで捉えているというのは、日本を捉えた外国映画なんかにも見ることができますね。
例えば「シルク」の日本なんて、彩度が低い水墨画のイメージでしょう。
時と場合によっては、外から眺めた方が本質的に描ける事も多いですが、さじ加減を間違えると、表層的になってしまうし、なかなか難しいところです。
でもやっぱり日本人がモンゴルへ行ったら、雄大さを写し取りたくなりますよね。

投稿: | 2008年4月27日 (日) 12時07分

ミチさん、こんばんは!

「蒼き狼」は昨年観た中でも、かなり僕としては評価が悪い作品でして・・・。
確かに気恥ずかしいことは字幕だとけっこう大丈夫だったりしますよねー。
「蒼き狼」がいまいちだったのは、やはり日本語だったからかも・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年4月21日 (月) 23時00分

はらやんさん、こんにちは♪
TBありがとうございました。
私は「蒼き狼」は未見ですが、
>蒼き狼」が演技のオーバーアクションが気になった
やっぱり見なくて正解だったかもしれません(笑)
この映画のテムジンは妻一筋で、かなり気恥ずかしいことも言ってましたが、モンゴル語なのでサラッと聞き流せました~。

投稿: ミチ | 2008年4月21日 (月) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/40940451

この記事へのトラックバック一覧です: 「モンゴル」 文化的背景の違いによる自然の捉え方の違い:

» モンゴル [悠雅的生活]
この大地に生まれ、大地に生きる者たち。 [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 23時18分

» モンゴル [ネタバレ映画館]
マハ(肉)は世界に誇れるモンゴル語? [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 00時26分

» モンゴル■描かれるのは静謐な世界 [映画と出会う・世界が変わる]
「王妃の紋章」が権力者が、その権力を維持する為にどのようなことを行うかを描いた作品であるのに対して、この「モンゴル」は権力を確立するまでのドラマである。テムジンが全部族統一に向かうことになった背景にあるものは「報復の連鎖」ではなかろうか。テムジンが求め...... [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 06時23分

» 映画 【MONGOL モンゴル】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「MONGOL モンゴル」 セルゲイ・ボドロフ監督がチンギス・ハーンの人生を壮大なスケールで描いたエンターテインメント超大作。第80回アカデミー賞外国映画部門ノミネート。 おはなし:モンゴル遊牧民族の長イェスゲイの長男として生まれたテムジン(浅野忠信)は、妻ボルテとの出会いやライバルであり戦友のジャムハとの友情を通し、王と呼ばれるにふさわしい一人前の男に成長していく。 角川映画の『蒼き狼 地果て海尽きるまで』は未見です。 のちにチンギス・ハーンと呼ばれ、モンゴル帝国を築く若者テムジ... [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 09時36分

» モンゴル [Akira's VOICE]
いい国作ろうモンゴル帝国。 [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 10時53分

» モンゴル [映画鑑賞★日記・・・]
【MONGOL】2008/04/05公開(04/20鑑賞)製作国:ドイツ/カザフスタン/ロシア/モンゴル監督・脚本:セルゲイ・ボドロフ出演:浅野忠信、スン・ホンレイ、アマデュ・ママダコフ、クーラン・チュラン モンゴル人は雷が苦手、日本人の私なんか怖くて熱出したもんね!... [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 13時02分

» モンゴル [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
闘って、生きた。守るべきは、この愛しきもの。強くあれ、敗れれば“死”あるのみ! 部族間の陰謀や復讐が渦巻く12世紀、モンゴルの一部族の頭領・イェスゲイの息子として生まれたテムジン。テムジンは、運命的な出会いをした少女ボルテを許婚として選んでしまったことに...... [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 17時02分

» モンゴル [★YUKAの気ままな有閑日記★]
歴史が好きになり始めた子どもの頃、高木彬光さんの『成吉思汗の秘密』を読んで、「源義経はチンギス・ハーンと同一人物に間違いないっ」と本気で信じた覚えがある(笑)肝心のチンギス・ハーンへの知識については教科書に載っている事くらいしかないが、浅野忠信さん主演で、第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた本作を観賞してみた―(ちなみに『蒼き狼〜』は未見です^^・)【story】モンゴル遊牧民族の長イェスゲイの長男として生まれたテムジン(浅野忠信)は、妻ボルテとの出会いやライバルであり戦友のジャムハと... [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 21時25分

» モンゴル/浅野忠信 [カノンな日々]
アカデミー賞の外国語映画部門にノミネートされたことで突如として脚光を浴びることになったこの作品。ノミネートされなかったら、もしかして未公開のままだったかもしれないんですよね。そういう私もノミネートされたというメディアの報道で映画の存在を知ったんだけど、内....... [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 21時30分

» モンゴル [Diarydiary! ]
《モンゴル》 2007年 ドイツ/カザフスタン/ロシア/モンゴル映画 - 原題 [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 21時54分

» モンゴル [花ごよみ]
第80回アカデミー賞外国語映画部門に ノミネートで話題に。 チンギス・ハーンを浅野忠信が演じる。 これに心動かされて見に行きました。 9歳で嫁探しの旅。 その年、父が急死。 日本では元寇で知られている。 チンギス・ハーン。 反町隆史が演じた 蒼き狼の映画化も見ました。 「蒼き狼」との違いは 奴隷の時代も描かれていました。 普通なら生きてはいけない熾烈な環境の中で 生き抜いた強靱な生命力。 やっぱりチンギス・ハーンは 世界征服を成し遂げた男。 ただ者ではないということを 感じさせるエピ... [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 22時29分

» 『モンゴル』2008・4・6に観ました [映画と秋葉原と日記]
『モンゴル』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ モンゴル遊牧民族の長イェスゲイの長男として生まれた幼名テムジン(後のチンギス・ハーン)は、後の妻に成るボルテとの出会いや、父が毒殺される憂き目や、ライバルであり戦友ともなるジャムカとの友情も経験... [続きを読む]

受信: 2008年4月21日 (月) 23時07分

» MONGOL モンゴル Mongol [いい加減社長の日記]
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/dfdbbf09e2a2496ba6d726e65e7bba74 の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。 「クローバ... [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 07時02分

» 温情と約束を忘れない男。『モンゴル』 [水曜日のシネマ日記]
モンゴルを統一した人物、チンギス・ハーンの人生を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 12時57分

» 『モンゴル -MONGOL-』 [唐揚げ大好き!]
  闘って、生きた。  守るべきは、この愛しきもの   ■史上最強の統率者、誕生。陰謀渦巻く時代、モンゴルの一部族の頭領の息子として生まれたテムジン。待ち受けるは、父を毒殺、裏切り、復讐、異国での投獄という壮絶な運命。彼は、さらわれて他部族の子を宿した... [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 20時31分

» モンゴル [映画通の部屋]
「モンゴル」MONGOL/製作:2006年、ドイツ=ロシア=カザフスタン=モンゴ [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 21時38分

» *モンゴル* [Cartouche]
{{{   ***STORY*** 2007年 ドイツ=カザフスタン=ロシア=モンゴル 12世紀、部族間の争いが絶えないモンゴルで、小部族を率いるイェスゲイの息子テムジンは9歳にして未来の花嫁ボルテと将来を約束する。が、その矢先、他部族に父を毒殺されてしまう。後ろ盾を失い、かつての父の部下にも裏切られ逃亡生活を余儀なくされるが、少年ジャムカに救われ2人は兄弟の誓いを立てる。やがて成人したテムジンはボルテを妻に迎えるが、喜びも束の間、仇敵メルキト族に略奪されてしまう。    ..... [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 21時57分

» モンゴル [りらの感想日記♪]
【モンゴル】 ★★★ 試写会(9) 2008/03/28ストーリー 陰謀と裏切り渦巻く12世紀のモンゴル。後にチンギス・ハーン(浅野 忠信) [続きを読む]

受信: 2008年4月22日 (火) 22時21分

» 【映画】MONGOL [新!やさぐれ日記]
■動機 話題性? ■感想 これはこれで面白かった ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ モンゴル遊牧民族の長イェスゲイの長男として生まれたテムジン(浅野忠信)は、妻ボルテとの出会いやライバルであり戦友のジャムハとの友情を通し、王と呼ばれるにふさわしい一人前の男に成長する。父の死後部族の長となったテムジンは、モンゴルを統一すべく、部族間の激しい戦いに身を投じていく。 ■コメント いくつか見たい映画があったのだが、 どれもほぼ同じ時間からスタートするという、 なんとも... [続きを読む]

受信: 2008年4月23日 (水) 22時07分

» モンゴル(映画館) [ひるめし。]
闘って、生きた。守るべきは、この愛しきもの [続きを読む]

受信: 2008年4月24日 (木) 10時53分

» 【2008-84】モンゴル(MONGOL) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 大地の民の誇りを胸に 闘って、生きた。 守るべきは、この愛しきもの [続きを読む]

受信: 2008年4月24日 (木) 19時49分

» モンゴル [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
義経がチンギス・ハーンってのも見てみたいw [続きを読む]

受信: 2008年4月24日 (木) 22時58分

» 雷を恐れぬ男 [CINECHANの映画感想]
100「モンゴル」(ドイツ、ロシア、カザフスタン、モンゴル)  陰謀と裏切りが渦巻く12世紀のモンゴル。一部族の頭領イェスゲイの息子として生まれたテムジンは、9歳の時未来の花嫁としてボルテと将来を約束する。しかしその直後、父が敵対部族に毒殺されてしまう。父がいなくなり、テムジンは父の部下に裏切られ、命を狙われる身となる。  ある時、凍てつく池に落ちたテムジンは少年ジャムカに助けられ、二人は兄弟の契りを交わす。やがて成人したテムジンはボルカを妻に迎えるが、家族の喜びも束の間、ボルテは仇敵...... [続きを読む]

受信: 2008年4月26日 (土) 14時09分

» モンゴル・・・・・評価額1550円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
ヘビー級の歴史絵巻。 セルゲイ・ボドロフ監督の「モンゴル」は十二世紀から十三世紀にかけて、人類史上空前絶後の大帝国を築いたチンギス・... [続きを読む]

受信: 2008年4月27日 (日) 11時55分

» 『MONGOL モンゴル』 [ラムの大通り]
(原題:Mongol) ----これってアカデミー外国語映画賞にノミネートされたんだったよね。 浅野忠信主演ということで大きな話題を呼んでたみたいだけど…。 「そうだね。 映画は、 チンギス・ハーンがモンゴルの統率者となるまで…… 父の毒殺、かつての父の部下の裏切り、 そして復讐、異国での投獄、無二の友との雌雄を決する戦い----を描いている」 -----ふうん。そうか。 ということは これはストーリーに関して語るものではないよね。 史実なわけだから……。 となると見どころはどこ? 雄大な自然、ス... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 13時23分

» モンゴル [5125年映画の旅]
モンゴルに暮らす部族の息子テムジン。9歳の時、父親と共に花嫁探しの旅に出発し、運命の女性ボルテと出会う。しかしその旅の帰りに父は毒殺され、父の臣下の裏切りによってテムジンは部族から追放されてしまう。月日が経ち、たくましく成長したテムジンは、モンゴル部族...... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 21時39分

» 「モンゴル」(2007) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
{{{: [[attached(1,right)]]出演:浅野忠信、 スン・ホンレイ、 アマデュ・ママダコフ     クーラン・チュラン 監督、脚本:セルゲイ・ボドロフ 撮影:セルゲイ・ボドロフ、ロジェ・ストファーズ 音楽:トゥオマス・カンテリネン 原題:MONGOL 上映時間:125分 製作国:ドイツ/カザフスタン/ロシア/モンゴル 公開情報:劇場公開(ティ・ジョイ=東映) 初公開年月:2008/04/05 ジャンル:歴史劇/ドラマ/アク..... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 22時47分

» モンゴル [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  圧倒的オーラの英雄神話   [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 14時27分

» 感想/MONGOL モンゴル [EDITOREAL]
シブイけどねー。カッコイイかもねー。『MONGOL モンゴル』4月5日公開。のちのチンギス・ハーンである若きテムジン。多くの部族が争う中、父親を毒殺され、妻を奪われ、囚われの身となりながらも、数々の苦難を乗り越えて、チンギス・ハーンとして君臨するまでを描く。浅野忠信主演、アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。 浅野忠信主演 映画『MONGOL モンゴル』公式サイト さすがモンゴル。その雄大な自然、壮大なスケール! 数年にわたるプロジェクトだけあって、あらゆる季節・ロケーションを網羅していて... [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 23時37分

» 『モンゴル』('08初鑑賞45・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 4月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。{%雷webry%} [続きを読む]

受信: 2008年4月30日 (水) 10時46分

» モンゴル [ダイターンクラッシュ!!]
4月30日(水) 20:20~ チネ1 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円 『モンゴル』公式サイト アカデミー外国語映画賞ノミネート作品。浅野忠信がチンギス・ハーンの半生を演じる。全編モンゴル語。 幼少の頃から人生の大半を拘束されて過ごしている。一体、何度捕らえられたことだろう。その度に危機を脱出する訳だが、さすがは英雄だ。 で、浅野演じるところのテムジンだが、男気溢れる極めて魅力的な人物だ。 実は、あまり期待しないで見に行ったんだが、これが以外に燃える作品だった。... [続きを読む]

受信: 2008年5月 1日 (木) 19時15分

» 映画レビュー「モンゴル」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評]
モンゴル [DVD]◆プチレビュー◆チンギス・ハーンの波乱の半生を描く物語。主演の浅野忠信の異様な迫力が圧倒的だ。 【60点】 12世紀モンゴル。後にチンギス・ハーンと呼ばれるテ ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 20時29分

« 「銀幕版 スシ王子! 〜ニューヨークへ行く〜」 「お約束」のネタ満載! | トップページ | 「犯人に告ぐ」 信念の人 »