« 「犯人に告ぐ」 信念の人 | トップページ | 「紀元前1万年」 はじめに映像ありき »

2008年4月27日 (日)

「少林少女」 「量産」の弊害

「少林サッカー」のチャウ・シンチーがエグゼクティブ・プロデューサーということで公開を心待ちにしてました。
「少林サッカー」は大好きでDVDで何度も何度も観ましたもん。
監督はエンターテイメントでは定評のある本広監督ですし、主演は実力のある柴崎コウさんですし、期待度はかなり高まっていました。

しかーし。
まったくおもしろくなかったぞ、がっかりだー。
まずは脚本があまりに工夫が無さ過ぎです。
何度も劇場で見せられた予告の内容以上のものはありません。
数分のダイジェストでほとんど説明できてしまう映画って、それでいいのかなあ?
「少林サッカー」のおもしろさというのは、「少林拳」と「サッカー」の意外な組み合わせによって生み出されるマンガチックで大げさなアクションシーンであり、主人公シンの「少林バカ」っぷりだったわけだったと思うのですが、曲がりなりにもその後継である作品ならばそのあたりは押さえてほしいところでした。
「少林サッカー」は登場するキャラクターが変な奴らばかりだったところが魅力だったと思いますが、本作に出てくるキャラクターは、極めてステレオタイプで工夫がありません。
チームメイトも師匠も、そして敵も、どこかで見たような感じでとてもあっさり味。
これではよくあるただの青春ドラマです。
主人公凛に反発していたラクロスのチームメイトもあっさり仲良くなっちゃいますし、ドラマ的な盛り上がりがほとんど感じられません。
「少林サッカー」はコメディとしてもおもしろいですが、終盤に向けてのドラマの高揚感みたいなものがとてもあったと思います。
アクションシーンも悪くはなかったと思いますが、とはいえとても良かったとは言いがたいかと思います。
今となっては使い古された感のあるワイヤーとCGによるアクションで、新鮮味はありません。
「少林サッカー」では漫画のような大げさなシーンを、きっちりとCGなどで真面目に映像にしているところが「ありえねー」感じがでていたと思いますが、そこまでの踏み込みも本作にはありません。
また、ラクロスを題材に扱っていますが、少林拳を使ったラクロスの試合の様子がエンディングのタイトルロールのバックだけっていうのもいかがなものでしょう?
うまくストーリーの中で消化できなかったのでしょうか。
それだったらそういう題材など選ばなければいいのに。

本作は「総監督システム」を採用したということで、各シーンは助監督がかなり自由に撮っているらしいです。
だからでしょうか、全体から監督のスタイルというようなものを感じることもありませんでした。
しっかりと職人が作り上げたシングルモルトではなく、二級品をブレンドして作ったウィスキーといった感じ。
でも有名な職人が監修しているから、その人の名前で売ってしまう。
そういえば日本酒にも二級酒というのがありました。
まさにそんな感じ。
監督の名前というのも既に「ブランド化」しているように思える中で、そのブランド力を使い、たくさん客が入る作品を、たくさん作っていく仕組みとして「総監督システム」というものを採用したのはないでしょうか。
一人の監督が丁寧に作品を作っていけば、その数には限りがあります。
でも「総監督システム」ならば「量産」は可能です。

フジテレビ×ROBOTというタッグは、ある種の成功の方程式を持っているように思えます。
ただこの成功というのは、観客の動員という視点からのものであり、作品の質の視点ではないように感じます。
ウケそうな題材の選び方、大量かつ巧妙な宣伝により、ある程度客を呼べる仕組みができているのでしょう。
でも成功が見えているからか、最近は彼らの作品の質はそれほど高くないように思えます。
客が入ればいいと思っているのかもしれませんが、質が高くなければ次第に客は離れます。
「量産」による質の低下は、今までも先ほど例に挙げたお酒の世界ではあったこと。
映画という分野でもそのようなことが起こり始めているのでしょうか。
「量産」は決して悪いことではありません。
「おいしいもの」をたくさんの人に食べて飲んでもらえるならその方がいいに違いない。
でもそれは「おいしいもの」でなくてはいけないと思います。
三池崇史監督や堤幸彦監督のように多作な監督もいらっしゃいます。
けれども彼らは「量産」している作品に、しっかりと彼ら自身の個性、刻印を刻み込んでいます。
でも本作はあきらかに「量産」による質の低下が感じられます。
そのあたりを制作者にはきちんと認識して欲しいところです。
日本酒やウィスキーから人が離れてしまったということと同じことを、映画でも起こさないようにしてほしいです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「犯人に告ぐ」 信念の人 | トップページ | 「紀元前1万年」 はじめに映像ありき »

コメント

ケントさん、こんばんは!

まず脚本がひどかったですよねー。
話がつながっていない、キャラクターも魅力的でない、不満をあげればいくらでもでてきそうです。
こういう映画がヒットということになると、質をないがいしろの傾向が強まって、結果的に邦画もまた苦しくなってきてしまうのではないかと心配です。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月24日 (土) 22時41分

はらやんさんこんばんは
それにしてもひどい映画でしたね。近年まれに見るほどの不出来なさくひんでした。
脚本と演出が悪いのですかね。
江口洋介と仲村トオルのあの言葉は、本編と全く繋がらなかったけれど、なんか別の映画を作っていて間違えてくっつけちゃったという感じかな。
ほんと質の低下も甚だしいですよね。

投稿: ケント | 2008年5月24日 (土) 21時02分

ひろちゃんさん、こんばんは!

そうですね、監督や脚本家が今まで好きだったカンフー映画の要素を詰め込んで整理をしなかったという感じがします。
作っているほうは楽しいかもしれないですが、観る方のことも考えて欲しいところです。
僕はとっても期待度高かったので、がっかり度も大きかったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月10日 (土) 19時31分

こんばんは^^
もともと期待はしないで、時間の都合上観た
映画だったのですが(笑)、がっかりでした(^_^;)

>「少林サッカー」はコメディとしてもおもしろいですが、終盤に向けてのドラマの高揚感みたいなものがとてもあったと思います。

同感です^^あんなにありえね~~ばからしいことばかり
あったのに、最後はなんか感動しちゃいましたから^^

私はばかばかしいコメディも好きなので
それならそれに徹して欲しいと思いますし、アクションを
売りにするならそれなりの脚本もあると思うんです。
これはいろいろなことを詰め込みすぎて散漫な
映画になってしまっていると思いました。
最近はいい邦画が多かっただけに残念な作品でした(T.T)

投稿: ひろちゃん | 2008年5月 8日 (木) 22時36分

ともやさん、こんにちは!

絵コンテのチェックと編集は本広監督観ているようですが、そういうやり方だそうです。
アメリカではパート監督などありますけれどね。
あちらはもともと分業化が進んでいますから。
製作会社のROBOTはもともとCMの製作で、この10年くらいに映画にシフトしてきた会社です。
なのでこの会社の映画の監督はけっこう若い方が多い。
若いのは悪くないですが、若手の育成というために公開する映画を使うのはいかがなものかと思ってしまいます。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月 5日 (月) 06時50分

こんにちは、はらやんさん♪
総監督システム…なんですね。
じゃぁ、ほとんど本広監督撮ってないんだ。
道理で本広監督らしさがこれっぽっちも無いと思った。

ラーメンの暖簾分けじゃないんだから、こんなシステムやめて欲しいですよね〜。

投稿: ともや | 2008年5月 4日 (日) 14時26分

ノラネコさん、こんばんは!

シンチーの映画はおもしろかっただけに、がっかり度が大きかったです。
安直な企画での、質を伴わない作品は邦画をまた厳しい状態に持っていってしまうような気がします。
そもそもがテレビ局は本業が別なので、映画への興味はコンテンツのソースとしてであって、映画産業自体には愛を感じていないのかもしれない気もします。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月 3日 (土) 21時14分

いや~、久々にひどい邦画を観ました。
よせばいいのに、公開日に「カンフーハッスル」をテレビ放送したりしちゃうから、余計にダメさが際立ってしまいました。
シンチーもこんな映画にGO出しちゃだめでしょう。
観客を裏切った点に関しては名前出してる以上は彼も同罪です。
でも、酒好きとしてちょっとだけ言わせていただくと、嘗ての日本酒等級は特級と二級で税率が三倍近く違ったので、いいお酒でもあえて二級登録にして値段を抑えていた小さな蔵もあるので、等級は必ずしも内容を反映していませんでした。
映画の場合はB級はB級ですけどね。
あ、これはF級(落第)ですね。

投稿: ノラネコ | 2008年5月 1日 (木) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/41012354

この記事へのトラックバック一覧です: 「少林少女」 「量産」の弊害:

» 「少林少女」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2008年・フジ=東宝/監督:本広 克行) ポスターが、「少林サッカー」とほとんど同じユニフォームを着た柴咲コウがラクロスのスティックを握り、タイトル・ロゴまで「少林サッカー」と... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 01時01分

» 映画:少林少女/2008年日本 邦画 [やっぱり邦画好き…[日本映画情報サイト]]
約1年におよぶアクションの訓練を積んだ柴咲コウが挑むのは、少林拳!!『踊る大捜査線』でお馴染みの亀山千広プロデューサーと、香港を代表するヒットメーカーである『少林サッカ... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 08時23分

» 少林少女 [Akira's VOICE]
少林拳宗教の勧誘?   [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 10時19分

» 少林少女 [C'est Joli]
少林少女’08:日本・香港 ◆監督:本広克行「UDON」◆出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、岡村隆史、江口洋介◆STORY◆祖父の少林寺道場を継ぐために中国の「少林拳武術学校」に修行に出ていた凛。3000日の厳しい修行に耐え、帰ってきた凛を待ち受けていたのは...... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 22時06分

» ★ 『少林少女』 [映画の感想文日記]
2008年。「少林少女」製作委員会。SHAOLIN GIRL. 本広克行監督。  このところ、中身の濃い映画ばかりを見てきたような気がするので、出来る限りアホっぽい映画を見るつもりで近所のシネコンに行ったら、現在上映中の映... [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 23時37分

» 「少林少女」映画感想 [Wilderlandwandar]
柴咲コウ主演のカンフー&スポ根アクション「少林少女」を見てきましたよ。 武侠好きとしては外せないカンフー系映画かな?と思 [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 02時13分

» 少林少女 [ネタバレ映画館]
『燃えよ!ピンポン』では見られなかった鏡の間が・・・あぁ。 [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 09時18分

» 劇場鑑賞「少林少女」 [日々“是”精進!]
「少林少女」を鑑賞してきました柴咲コウが1年間のトレーニングを経て、本格アクションに挑んだカンフー・エンターテインメント。少林拳を広めたいと願う女の子が、仲間を友情をはぐくみ、真の強さを知る姿をエネルギッシュに描く。ヒットメーカーの本広克行が監督を務め...... [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 13時00分

» 少林ラクロス(映画/試写会:少林少女) [美味!な日々]
フジテレビ主催の試写会で映画『少林少女』を観てきました。柴咲コウ主演、チャウ・シンチー&亀山千広製作、本広克行監督というビッグネームが並んだこの映画、『少林サッカー』の兄弟映画のような映画、、、のようです。... [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 13時02分

» 『少林少女』 [purebreath★マリーの映画館]
     超攻撃的!        最強少女誕生!『少林少女』監督・・・本広克行エグゼクティブ・プロデューサー・・・亀山千広、チャウ・シンチー主題歌・・・mihimaruGT出演・・・柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、ティン・カイマン、ラム・チーチョン、岡村...... [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 13時13分

» 『少林少女』('08初鑑賞52・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆--- (5段階評価で 2) 4月26日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:20の回を鑑賞。{%顔文字ファイトhdeco%} [続きを読む]

受信: 2008年4月30日 (水) 10時45分

» 少林少女・・・・・評価額650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
今年はカンフーが来ているのだそうな。 言われてみれば「カンフーくん」やら「カンフーパンダ」やら「カンフーダンク」やら、その手の映画が... [続きを読む]

受信: 2008年5月 1日 (木) 01時12分

» 4/29 【こんなの】「少林少女」【ありえねぇ~!!】 [やっかいな日に限って空は激しく晴れている。]
●元ネタの「少林サッカー」はちゃんと見てないし、ブルース・リーの映画もあんまりまじめに見たことないので偉そうなこと言えませんが・・・・・ちょっとどうかなぁ・・・・・・というのが正直な感想。 私は世代的にいうと、やっぱりジャッキーチェン世代なのだ。 荒唐無稽な部分はありつつも生身の人間が生身のアクションを華麗に見せる・・・・カンフー映画というと、やっぱりそういう部分を期待してしまう。 ●そんなわけで「少林少女」なわけですがCGを使いすぎ。  あそこまでくると(ラクロスは言うにおよばず)... [続きを読む]

受信: 2008年5月 1日 (木) 13時07分

» 『少林少女』ジャパンプレミア@六本木ヒルズアリーナ&完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
27日に行われた映画『少林少女』ジャパンプレミア&完成披露試写会舞台挨拶のレポート。登壇したのは、柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、ティン・カイマン、ラム・チーチョン、ナイナイ岡村隆史、江口洋介、「踊る大捜査線」でおなじみの本広克行監督&亀山千広プロデ....... [続きを読む]

受信: 2008年5月 1日 (木) 20時34分

» 少林少女 [メルブロ]
少林少女 208本目 2008-14 上映時間 1時間47分 監督 本広克行 出演 柴咲コウ 仲村トオル キティ・チャン ティン・カイマン ラム・チーチョン 岡村隆史 江口洋介 評価 4点(10点満点) 会場 新宿バルト9  本日は休日だというのに、午前3時出社という...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 3日 (土) 00時53分

» 少林少女 [ともやの映画大好きっ!]
【2008年・日本/香港】劇場で鑑賞(★☆☆☆☆) 「踊る大捜査線」の亀山千広と香港を代表するコメディアクション俳優チャウ・シンチーが、共同プロデュースという形をとった日本初の本格娯楽武術映画。 祖父の少林拳道場を継ぐために、中国少林拳武術学校へ修行に出ていた桜沢凛(柴咲コウ)。9年間の修行を終え、日本に帰ってくると道場は潰れてしまっていた。その理由を知るために兄弟子の岩井拳児(江口洋介)の元を訪れるが、岩井はその理由を語ろうとしない。岩井の中華料理屋で働く大学生のリュウ・ミンミン(キティ・チャ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 3日 (土) 08時04分

» 少林少女 [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年4月26日 公開 コントロールが悪いのは凛ではなく・・・この映画です。 勢いだけで作っちゃいけませんて亀山サン! これはどぉしたもんでしょう。 1年間、体の基礎作りからしてきたという柴咲コウの努力もぶち壊し。。。 あの『少林サッカー』のチャウ・シンチーが絡んでるということだったので、もっと笑えてエンタメ性のあるものかと、ちらっと期待もしていたのですがねぇ。 まず岡村隆史のシーンが全く笑えないのに驚きでした。 ... [続きを読む]

受信: 2008年5月 3日 (土) 17時48分

» 「少林少女」観てしまいました [ぱるぷんて海の家]
子供の付き添いで映画「少林少女」観てきました。 たいして期待もしていなかったけど、やはりくだらなかったw 全体としては「少林サッカー」と「カンフーハッスル」とそれに「スターウォーズ」がちょっぴり隠し味的に風味づけしていた・・・。 でも少林サッカーの派手....... [続きを読む]

受信: 2008年5月 3日 (土) 22時02分

» 感想/少林少女 [EDITOREAL]
あれ、ギャグじゃないんだ!? 『少林少女』4月26日公開。中国で3000日もの修行を終え、少林拳を日本に広めるべく帰国した桜沢凛。しかし故郷の道場は見る影もなくなっていた。かつての恩師である岩井を訪ねるも相手にされず、なぜかラクロスの助っ人を始めることに。そんな凛を見つめる黒い視線があった。 少林少女 SHAOLIN GIRL OFFICIAL BLOG [BLOG総本山] 『少林サッカー』さながらのCG×アクションギャグエンタメかと思っていたけれど、意外とギャグ要素は味付け程度で肩透かし。... [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 13時19分

» 【2008-104】少林少女 SHAOLIN GIRL [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 超攻撃的! 最強少女誕生!! 彼女に日本は狭すぎる。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 4日 (日) 15時44分

» 【劇場映画】 少林少女 [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 中国での修行を終え、日本に少林拳を広めるために帰郷した桜沢凛。しかしかつて学んだ祖父の道場は廃墟と化し、先生と慕った岩井は町外れの中華料理屋の店長に収まっていた。凛は岩井に反発して朽ちた道場に1人寝泊りすることを選ぶが、ひょんなことから大学でラクロスをやることに。少林拳仕込みのパワーでラクロス部員たちのド肝を抜く凛。そしてそんな彼女の近くには、その力に目を細める怪しげな影があった……。(goo映画より) チャウ・シンチーが製作に関わっているということで、「少林サッカー」的なも... [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 20時06分

» 少林少女 [映画通の部屋]
「少林少女」SHAOLIN GIRL/製作:2008年、日本 107分 監督:本 [続きを読む]

受信: 2008年5月 5日 (月) 21時11分

» 『少林少女』 [唐揚げ大好き!]
  彼女に日本は狭すぎる。   ■今は亡き祖父の道場を継ぐために中国で修行していた凛(柴咲コウ)。厳しい修行を終えた彼女は少林拳を世に広めるために日本へと帰ってくる。が、凛を待ち受けていたのは、すでに廃墟と化した道場と少林拳を辞めてしまった兄弟子たちの... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 05時07分

» ★少林少女(2008)★ [CinemaCollection]
彼女に日本は狭すぎる。上映時間107分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2008/04/26ジャンルアクション/コメディ/格闘技【解説】「踊る大捜査線」の本広克行監督&亀山千広プロデューサーと「少林サッカー」のチャウ・シンチーが強力タッグを組み、柴咲コウを...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 8日 (木) 22時37分

» 少林少女 [Sweetパラダイス]
中国で少林拳の修行を終え少林拳を復及するため日本へ帰国した少女(柴咲コウ)が、ラクロス部の助っ人をしながら祖父の道場再建に向け奮闘して悪の組織と戦うアクション映画。りんは見た目は弱そう。でも、体当たりのアクションはかっこいいりんは暴走するとどうなるの?ロ...... [続きを読む]

受信: 2008年5月10日 (土) 01時19分

» ★「少林少女」 [ひらりん的映画ブログ]
ゴールデン・ウィークでもヒマヒマなひらりん・・・ 3日連続でナイトショウ鑑賞でしょ!!! しかも、一ヶ月無料パスをゲットの為目指せ6000マイル・・・の「TOHOシネマズ」通い。 ... [続きを読む]

受信: 2008年5月10日 (土) 02時28分

» 一緒に少林拳やらない? [CINECHANの映画感想]
118「少林少女」(日本)  祖父の道場を継ぐために中国にある〝少林拳武術学校〟で修行をしていた凛。三千日の厳しい修行を終え、〝日本に少林拳を広めたい〟という想いを胸に帰国した凛だったが、彼女を待っていたのは廃墟と化した道場とすでに少林拳をやめてしまった兄弟子たちだった。凛の先生である岩井も今は中華料理店の店長になっていた。  途方に暮れた凛は、ひょんなことから国際星館大学女子ラクロス部の劉にスカウトされる。部員に少林拳を教えようと思い立ち、助っ人として入部した凛だったが、そんな彼女を...... [続きを読む]

受信: 2008年5月12日 (月) 01時22分

» 少林少女 [欧風]
GW中の映画9本観まくり、4/30は、109シネマズ富谷で「あの空をおぼえてる」と [続きを読む]

受信: 2008年5月17日 (土) 06時40分

» 少林少女/柴咲コウ [カノンな日々]
これってフジテレビ映画ですよね?本広さんだもんね。だから、たぶん内容もフジテレビってことで、お菓子付きの鑑賞ォ(笑)。 出演はその他に、仲村トオル、キティ・チャン、ティン・カイマン、ラム・ジーチョン、岡村隆史、江口洋介 +++ちょいあらすじ... [続きを読む]

受信: 2008年5月17日 (土) 22時23分

» 少林少女 [C'est Joli]
少林少女’08:日本・香港 ◆監督:本広克行「UDON」◆出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、岡村隆史、江口洋介◆STORY◆祖父の少林寺道場を継ぐために中国の「少林拳武術学校」に修行に出ていた凛。3000日の厳しい修行に耐え、帰ってきた凛を待ち受けていたのは...... [続きを読む]

受信: 2008年5月18日 (日) 19時46分

» 『少林少女』 @日劇 [映画な日々。読書な日々。]
中国での修行を終え、日本に少林拳を広めるために帰郷した桜沢凛。しかしかつて学んだ祖父の道場は廃墟と化し、先生と慕った岩井は町外れの中華料理屋の店長に収まっていた。凛は岩井に反発して朽ちた道場に1人寝泊りすることを選ぶが、ひょんなことから大学でラクロスをやる... [続きを読む]

受信: 2008年5月19日 (月) 00時44分

» 映画感想≪少林少女≫ [キネマ徒然草]
いや〜何か凄いものを観てしまったような気がしますよ、ホント。。 b≪少林少女≫★/b 監督:本広克行 脚本:十川誠志 十川梨香 出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、岡村隆史、江口洋介 いやー、もうbfont color=red size=3なんか痛々しい作品/font/bでしたよ。。 うーん、間違い無く駄作でしょう。いやもう言葉を失うぐらい..... [続きを読む]

受信: 2008年5月22日 (木) 00時21分

» 少林少女 [ケントのたそがれ劇場]
★☆  一体この映画は、いくつの作品をパクっているのだろうか。『燃えよドラゴン』、『マトリックス』、『少林サッカー』、『トム・ヤム・クン』、『ドラゴンボール』、『カンフーハッスル』ときりがない。 まあどのみち荒唐無稽な映画だから、パクリであろうとパロディー... [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 21時02分

» 「少林少女」観てきました(´Д`) [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「少林少女」 監督:本広克行 出演:柴咲コウ、仲村トオル、キティ・チャン、ティン・カイマン、ラム・ジーチョン、岡村隆史、江口洋介 中国、少林寺で三千日の修業を終えた少女がいた。 彼女の名は桜沢凛。 日本へと戻ってきた凛は、少林拳を世に広めるという自分の夢のために、祖父が開いた懐かしの少林拳練功道場へと向かう。 しかし、道場はすでに廃虚と化し、門下生も道場の閉鎖と共に散り散りに。 道場がなぜ閉められることになったのか知りたい凛は兄弟子のところを訪ね歩き、 自分の先生である岩井拳児が町外れで中華食... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 00時36分

» 少林少女 [シネマ大好き]
試写会に誘って頂いて「少林少女」を観た。 凛(柴咲コウ)は、中国での3千日の修業を終え、少林寺拳法を広めるようと祖父の道場に帰って来たが、道場は廃墟になっていて、先生の岩井(江口洋介)は中華料理店の店長に、兄弟子たちもそこの店員になってしまっていた。燐..... [続きを読む]

受信: 2008年5月27日 (火) 21時01分

» 少林ラクロス(映画/試写会:少林少女) [美味!な日々]
フジテレビ主催の試写会で映画『少林少女』を観てきました。柴咲コウ主演、チャウ・シンチー&亀山千広製作、本広克行監督というビッグネームが並んだこの映画、『少林サッカー』の兄弟映画のような映画、、、のようです。... [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 00時20分

» 2008-27『少林少女』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-27『少林少女』(更新:2008/04/27) 柴咲コウが吹替なしでカンフーアクションに挑戦! 突きと蹴りと笑いが飛び交うカンフーエンターテイメント 評価:★★★☆☆ 『踊る大捜査線』シリーズの本広..... [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 09時40分

» 「少林少女」劇場にて [xina-shinのぷちシネマレビュー?]
いつものファボーレ東宝で20時15分からの回の『少林少女』を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 20時25分

» 少林少女 [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2008年4月26日 配給:東宝 監督:本広克行 出演:柴咲コウ,仲村トオル,キティ・チャン 鑑賞日:2008年4月26日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 中国での修行を終え、日本に少林拳を広めるために帰...... [続きを読む]

受信: 2008年6月 2日 (月) 23時10分

» 少林少女 [たにぐちまさひろWEBLOG]
"俺が教えているのは少林の心だ。お前のは少林の形でしかない。" "少林少女"を観てきました。(H20.5.3(土)テアトルサンクにて鑑賞) 少林寺での3000日に及ぶ修行を終え帰国した凛は、廃墟となった祖父の道場を目にする。凛は道場再建に向け門下生獲得のため、近くの大学のラクロス部に入部するが、・・・。 天下の柴崎コウが主演で、、、(∴`┏ω┓´)/ 私が生涯を通じて最高傑作と信じる少林サッカーの名を使って、、、 ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡 よくこんな、バラエティ番組のパ... [続きを読む]

受信: 2008年10月12日 (日) 22時36分

» 少林少女  [シュフのきまぐれシネマ]
少林少女 4/27(土)@ユナイテッドシネマとしまえん 役者さんはとても頑張っているのに なんだか勿体ないよな映画でした スベってるなーと思いながら こりゃ岡村さんが悪いわけではなく 絡ませる相手に無理があるよに思えて なんだかお気の毒な残念なカンジ... [続きを読む]

受信: 2008年12月 2日 (火) 21時24分

« 「犯人に告ぐ」 信念の人 | トップページ | 「紀元前1万年」 はじめに映像ありき »