« 「キューティーハニー THE LIVE」 平成ライダーフォーマットを上手に取り入れた | トップページ | 本 「雲雀」 »

2008年4月 6日 (日)

「うた魂♪」 人にどう見られるか気になるお年頃

最近この手の音楽を題材にした青春映画が多いですけれども、先日観た「ブラブラバンバン」がとても期待はずれな出来だったので、観に行こうかどうしようかと迷っていたのですが、昨年のお気に入り映画「天然コケッコー」の夏帆さんが主演なのでやはり行ってきました。
昨年の「天コケ」の演技が評価されたのか、今年は彼女主演の映画が目白押しですね。

「ブラブラバンバン」は中途半端で青春映画の醍醐味が味わえなかったですが、本作は王道の作りで安心して観ていられます。
夏帆さん演じるかすみは、自分でもかわいいと思っているし、歌の才能も他の人よりも勝っていると思っている女の子。
若い頃って、なんだか知らないけれど根拠のない自信を持っていたりするものです。
自分を顧みても、あとから考えるとその自信たっぷりなところが赤面ものだったりするのですが、若い頃というのはそういうものでしょう。
自信過剰である反面、とても人の目が気になる年頃でもあります。
人が自分のことをどう見ているか、どう思っているかとても気になってしまう。
自意識過剰と言えばそれまでなのですが、気になるのだからしかたがない。
かすみも、好きな人にユニークな顔と言われたり、同級生に嫌われたりすることで、とてもへこんでしまう。
歌っている自分はとてもカッコいいと思っていたのに、実はそれを人に笑われている。
そんなの気にしなくてもいいのにと年をとった大人はいうかもしれませんが、やはり10代の女の子にとってはそれは大問題。
他人にどう見られるのかということにとても敏感になる頃なんでしょうね。
人にどう見られたっていいじゃない、それが好きなんだからと思えるようになったら、人は大人になったということなのでしょうか。

夏帆さんというのは、「演じている」という感じがしない女優さんですよね。
なんだかとても自然というか、作られていない感じがします(当然作っているのでしょうけれど、そう感じさせないところがいいです)。
すごい美人という感じではないのですが、すごくかわいく見えるときもあれば、なんか普通にぼんやりとした顔立ちに見える時もある、不思議な女優さんです。
他にはかおりの友達役で出ていた徳永えりさんは「フラガール」「ブラブラバンバン」とこの手の青春映画多いですねー。
そういえば「天然コケッコー」で相手役だった岡田将生くんは「ブラブラバンバン」に出ていたなあ。
作品の出来としては、夏帆さんの「うた魂♪」の勝ち!

夏帆さん主演「天然コケッコー」の記事はこちら→
「ブラブラバンバン」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「キューティーハニー THE LIVE」 平成ライダーフォーマットを上手に取り入れた | トップページ | 本 「雲雀」 »

コメント

ひろちゃんさん、こんばんは!

若い時って、自意識過剰というか、とっても人の目を気にしてしまいますよね。
自信があったり、へこんだり、忙しかった気がします。

夏帆さんはほんとに自然な感じのする女優さんですよね。
すごい美人というわけではないのですが、なんだかああいう子、同級生にいたかもという感じがしますね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年4月20日 (日) 18時53分

お邪魔ししま~す♪
ものすご~~い感動はなかったのですが(^^ゞ
すがすがしい気持ちにさせてくれた映画でした^^
私も若い頃って、人の目が気になりる一方
変な自信があったなあと思い出しました(^^ゞ

夏帆さんをスクリーンで観るのは初めてですが
はらやんさんが言われているように、可愛く見えたり
普通に見えたりと不思議な女優さんですね^^
でも、透明感があって自然で素敵な女優さんだと
思いました^^

やっぱり歌っていいなと思える映画でした(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2008年4月19日 (土) 17時45分

くろねこさん、こんにちは!

やはりこういう青春ものはいいですよね。
笑って泣いて、なんだかとても感情的に豊かだった時のことを思い出します。
湯の川学院の合唱は決して上手くはないですけれど、ソウルが入っている感じで感動しますよね。
やはり歌は気持ちが大事なんでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年4月12日 (土) 08時36分

こんばんは♪
私もこうした青春モノ大好き♪
夏帆ちゃんの自意識過剰ぶりもへん顔も
高校生!?っていうゴリも
楽しんでしまいました(笑)
「15の夜」最高でしたね!
大合唱では涙がでちゃいました♪

投稿: くろねこ | 2008年4月10日 (木) 21時52分

HIROMIさん、こんばんは!

こういうみんなで何かを成し遂げる映画はやっぱり元気がもらえますね。
夏帆さんもちょっととぼけた味わいでよかったです。
自信過剰になったり、自己嫌悪に陥ったり、10代頃はいろいろありますよねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年4月 6日 (日) 21時51分

はらやんさんこんにちわ。
夏帆さんさわやかでしたね。自信過剰なナルシストから、本当の自信をもって仲間と歌うようになる主人公。ストーリーも合唱も、心が元気になれました。

投稿: HIROMI | 2008年4月 6日 (日) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/40787493

この記事へのトラックバック一覧です: 「うた魂♪」 人にどう見られるか気になるお年頃:

» うた魂 [シネマ大好き]
試写会に誘って頂いて「うた魂」を観た。 高校の合唱部のパートリーダー・荻野かすみは(夏帆)、歌っている時の自分が大好き。あこがれの生徒会長から写真を撮らせてといわれ、てっきり愛の表現と思い込むが、実は歌ってる顔がおもしろいからとわかり、人前で歌うのがこ..... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 17時32分

» 「うた魂(たま)♪」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「うた魂(うたたま)♪」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:夏帆、ゴリ、石黒英雄、徳永えり、亜希子、岩田さゆり、ともさかりえ、間寛平、薬師丸ひろ子、他 *監督:田中誠 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバッ..... [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 08時47分

» うた魂(たま)♪ [Akira's VOICE]
歌はテクニックよりもハート! [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 11時17分

» 『うた魂♪』((試写会) [たーくん'sシネマカフェ]
夏帆主演の映画で気になっていました。その「うた魂♪」の試写会に行ってきました〜ここ最近「歓喜の歌」といい合唱ブームでしょうか。(C)2008『うた魂♪』製作委員会監督・脚本:田中誠 脚本:栗原裕光 歌・出演:ゴスペラーズ 出演:夏帆、ゴリ、薬師丸ひろ子、石黒...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 17時15分

» 湯の川高校合唱部♪♪(映画/試写会:うた魂♪) [美味!な日々]
『うた魂♪』の試写会に行ってきました。今、のりにのっている夏帆主演の青春合唱映画です。 [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 00時49分

» うた魂♪ [★Shaberiba ★]
うたはいい〜♪ 合唱いいぃ〜!!(涙) [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 21時43分

» 映画感想≪うた魂(たま)♪≫ [キネマ徒然草]
学生時代、無心に頑張った事ってありますか?私は・・・。 今日は ≪うた魂(たま)♪≫★★★☆ 田中 誠監督 夏帆主演 結論から言うと、物凄く面白かったです。うんうん、かなり面白かった。この映画の監督と脚本家って凄いアイデアをだせる方だなって思いました。小気味よく笑いを入れているし、随所に捻りがあった。すごく楽しい映画でした。 ならなんで★三つ半かというと、bfont color=red面白さが全て小ネタから来てる&..... [続きを読む]

受信: 2008年4月11日 (金) 00時34分

» うた魂(たま)♪ [ネタバレ映画館]
 夏帆「わたし合唱やめる!」間「なぜじゃ〜どうしてじゃ〜なぜじゃ〜どうしてじゃ〜(繰り返し)」 [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 00時08分

» うた魂(たま)♪ [花ごよみ]
主演は夏帆。 ガレッジセールのゴリ。薬師丸ひろ子が出演 優しい家族に包まれ、 自分の周りを気遣う程の心が、 あまり育っていなかった 脳天気なかすみ(夏帆)。 少し集団生活には不適合な少女、 かすみを演じる夏帆(かほ)の 自分に酔いしれている、 コミカルな表情が可愛くて、 とてもいいのです。 彼女の歌声も素敵でした。 合唱をとおして人間的にも成長し 豊かな心を得ます。 薬師丸ひろ子がとても、 いい味を出しています。 久々に聞く彼女の歌声、 「oh my little girl」、... [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 10時29分

» オーディエンスにソウルを [CINECHANの映画感想]
90「うた魂(たま)♪」(日本)  北海道、七浜高校女子合唱部のソプラノパートリーダーの荻野かすみは歌っている時の自分が大好きな自意識過剰の女の子。自分の歌声とルックスに自信満々のかすみは、ある日イケメン生徒会長の牧村純一から写真のモデルを頼まれて有頂天になる。しかし、意気揚々と歌っている瞬間の顔を「産卵中のシャケみたい」と言われ、自信喪失となり、退部を申し出る。  ラストステージのつもりで参加した夏祭りの合唱祭でも、一人下を向いて、やる気のないかすみ。そんな時、番長の権藤洋率いる湯の...... [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 11時55分

» 「 うた魂(たま)♪(2008) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【うた魂(たま)♪】2008年4月5日(土)公開 監督 : 田中誠 ... [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 18時42分

» ■ うた魂(たま)♪(2008) [MoonDreamWorks]
【うた魂(たま)♪】2008年4月5日(土)公開監督 : 田中誠出演 : 夏帆(かほ)/ ゴリ/ 石黒英雄他観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★原作 : 「うた魂(たま)♪(2008)」  監督は、「すしやのロマノフ(1983)」でヤングジャンプ・シネマフェスティ...... [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 18時55分

» 『うた魂♪』 [ラムの大通り]
※映画の核に触れる部分もあります。鑑賞をすでに決められている方は、 その後で読んでいただくことをおススメします。 「いやあ、こういうことがあるから映画はオモシロいんだね。 というか、ほんと驚き。 こう言っては田中誠監督に失礼だけど、 彼がこんなにも泣かせる映画を撮ってくれるとは 観る前は思ってもいなかった…」 -----田中誠監督って『タナカヒロシのすべて』だっけ? 「うん。あれはあまりにも肌に合わなくてブログ・スルー。 でも『おばちゃんチップス』で、あれ意外といいじゃんって…。 そしてこの映画... [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 22時48分

» うた魂♪ [そーれりぽーと]
gooブログはタイトルの記号がトラックバックで潰れてしまうから、あんまり使いたくないんだけど…、『うた魂♪』を田中誠監督と主演の夏帆、ガレッジセール・ゴリの舞台挨拶付きで観てきました。 ★★★★ 夏帆って微妙な顔じゃない?なんであんなに人気があるの? などと普段から思ってるので、夏帆目当てで舞台挨拶付きを観に行った訳ではないですw断じてw (どちらかと言うと、ゴリの方が嬉しかったり) たまたま、珍しくネットで予約受け付けてるのを見つけたので、関係者の声を生で聞けるならと予約してみただけなんです。 ... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 00時58分

» 「うた魂(たま)♪」 [みんなシネマいいのに!]
 すっかり定着した感のあるスポ根ならぬ文化系根性映画。 当然、その中には当然傑作 [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 09時34分

» 映画『うた魂♪』 [ルールーのお気に入り]
少し前に試写で観てきました。実は中学時代に合唱部だったこともあるし、高校でも合唱が盛んだったので、皆で唄いたくなるあの気持ちにはすごく共感・・・したものの、なんとなく微妙に消化不良・・・... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 09時47分

» うた魂♪/夏帆、ゴリ [カノンな日々]
もう一日くらいゆっくり休んでればいいものの、映画中毒なんでしょうか、禁断症状の気配に耐え兼ねて観に行ってきちゃいました。大舞台での経験こそないけど合唱大好きだった私は迷わずこの作品を再優先。たくさんの元気をもらえそうなビタミンいっぱいの映画を期待デス。 ...... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 10時24分

» 『 うた魂(たま)♪ 』 / 2008年 日本 映画 邦画 [やっぱり邦画好き…[日本映画ブログ]]
“合唱”ってスゴイ!きっとあなたも歌いだす、感動のハーモニー!! ちょっと自意識過剰なヒロインをキュートかつコミカルに演じるのは正統派美少女女優、夏帆。かすみのよきライバルで、見た目はコワいがとびっきりソウルフルなヤンキー合唱部部長の権藤にガレッジセールのゴリ、訳ありげな合唱部の顧問役に薬師丸ひろ子など。魂のこもった“歌”のシーンにはバリエーション豊かな楽曲が勢ぞろい!歌うのは、猛特訓を受けた俳優たち。スクリーンに広がる爽やかな歌の奇跡に包まれて、あなたもきっと歌いたくなること間違いなしです!!日本... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 13時34分

» うた魂♪(映画館) [ひるめし。]
日本中が、スタンディングオベーション!! [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 14時29分

» [遅ればせながら、映画『うた魂♪』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆いい作品であることは予想できた。 私は、この手の日本映画を、「ボーイ(ガール)・ミーツ・異文化」ものと呼んでいる。 最近では、『ガチ☆ボーイ』などもそうだった。 これは、伊丹十三の一連の作品(『マルサの女』『スーパーの女』など)にはじまる流れだと思う。 一風変わった世界を舞台に、そのシステムをカタログ的に語りつつ、主人公の「勝負」を描くのである。 その流れは周防正行に引き継がれ、『Shall we ダンス?』や『それでもボクはやってない』を生んだ。 中でも、『シコふんじゃった。』では、... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 16時49分

» うた魂(たま)♪ [映画鑑賞★日記・・・]
【うた魂(たま)♪】公開:2008/04/05(04/13鑑賞)製作国:日本 監督:田中誠出演:夏帆、ゴリ、石黒英雄、徳永えり、亜希子、岩田さゆり、ともさかりえ、間寛平、薬師丸ひろ子 シャケの産卵と熊に食い付く鮭がツボ。あの木彫り欲しい〜。... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 21時20分

» 【うた魂(たま)♪】 [日々のつぶやき]
監督:田中誠 出演:夏帆、ゴリ、石黒英雄、徳永えり、亜希子、岩田さゆり、ともさかりえ、間寛平、薬師丸ひろ子 ? 「荻野かすみは合唱部ソプラノチームリーダー。ルックスもよく歌も上手なかすみは自分に自信があり、好意を持っている生徒会長の牧村から... [続きを読む]

受信: 2008年4月14日 (月) 10時36分

» うた魂(たま)♪ [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2008/04/05(04/13鑑賞)製作国:日本 監督:田中誠出演:夏帆、ゴリ、石黒英雄、徳永えり、亜希子、岩田さゆり、ともさかりえ、間寛平、薬師丸ひろ子 シャケの産卵と熊に食い付くシャケがツボ。あの木彫り欲しい〜。... [続きを読む]

受信: 2008年4月14日 (月) 23時19分

» 映画 【うた魂(たま)♪】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「うた魂(たま)♪」 『タナカヒロシのすべて』の田中誠監督による合唱を題材にした青春映画。 おはなし: かすみ(夏帆)は合唱部のソプラノパートリーダー。秘かに思いを寄せる牧村(石黒英雄)が撮ってくれた、大口を開けて歌う自分の写真を見てがく然とし、合唱部をやめようと決心する。 主人公のかすみがイマイチ好きじゃなくて困ってしまいました。自分のルックスと歌声に自信があって、自意識過剰で、浮いてて、なんともシアワセな少女なんですよね。男子にはかなり人気があるようでしたが、この手の女子はあま... [続きを読む]

受信: 2008年4月15日 (火) 09時04分

» 人は人の中で成長する。『うた魂(たま)♪』 [水曜日のシネマ日記]
合唱部を舞台に描かれた、歌の上手な女子高生の物語です。 [続きを読む]

受信: 2008年4月15日 (火) 12時43分

» うた魂♪ [ダイターンクラッシュ!!]
4月14日(月) 14:30~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円 『うた魂♪』公式サイト 合唱部の女子高生の成長の話。主演は夏帆。「天然コケッコー」以来に拝見するが、より一層演技力があがっているな。 前半の何とも勘違いな娘から、ゴリに説教されて変わった後と、うまく演じ分けている。 そのゴリの役だが、何か不良高校の合唱部の部長。ストーリーをノーチェックで見たので、女子高と不良高の交流が主体、不良男子が歌で更生するのをお助け、というようなス... [続きを読む]

受信: 2008年4月17日 (木) 02時19分

» 「うた魂♪」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2008年・日活/監督:田中 誠) 合唱部の活動をテーマとした青春ものである。 こうした、いわゆる“部活もの”と呼べるジャンルの映画は、これまでに「青春デンデケデケデケ」を嚆矢と... [続きを読む]

受信: 2008年4月18日 (金) 01時03分

» ★うた魂♪★ [CinemaCollection]
“合唱”って、スゴイ!きっとあなたも歌いだす、感動のハーモニー!!日本中が、スタンディングオベーション!!上映時間120分製作国日本公開情報劇場公開(日活)初公開年月2008/04/05ジャンル青春/音楽/ドラマ【解説】高校の合唱部をテーマに描く夏帆主演の感動青春ストー...... [続きを読む]

受信: 2008年4月19日 (土) 17時28分

» うた魂♪ [C'est Joli]
うた魂♪’08:日本 ◆監督: 田中誠「タナカヒロシのすべて」◆出演:夏帆、ゴリ、石黒英雄、徳永えり、亜希子、薬師丸ひろ子 ◆STORY◆七浜高校合唱部のソプラノリーダー、荻野かすみは歌っている自分が大好きな自己チュー少女。ところが、思いを寄せる男子から「...... [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 21時06分

» 【2008-81】うた魂(たま)♪ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 2001 シンクロ 2004 ジャズ 2006 フラダンス 2008年は「合唱」 “合唱”って、スゴイ! きっとあなたも歌いだす、 感動のハーモニー!! 日本中が、スタンディングオベーション!! ... [続きを読む]

受信: 2008年4月24日 (木) 21時15分

» 感想/うた魂♪(試写) [EDITOREAL]
夏帆ちゃん、無量大数カワユス! 『うた魂♪』4月5日公開。自らをお歌が上手な美少女と認識する女子高生かすみ。意中の牧村と急接近するも、合唱部でソーカイに歌う姿をlike a「シャケの産卵」と笑われて、大ショック! 立ち直れないまま引退しようとしたら、ヤンキー合唱部に目ぇ付けられた。なんなの、このスピリチュアルな男たちは!? 映画『うた魂(たま)♪』公式サイト コミカル直球な青春大合唱! これはもう反則というしかないけど、やっぱり清々しく、いわずもがなのクライマックスではもろにジンジンきちゃい... [続きを読む]

受信: 2008年4月27日 (日) 10時13分

» 『うた魂♪』 (2007) / 日本 [NiceOne!!]
監督:田中誠主題歌:ゴスペラーズ出演:夏帆、ゴリ、石黒英雄、徳永えり、亜希子、薬師丸ひろ子公式サイトはこちら。<Story>合唱コンクール常連の七浜高校女子合唱部のかすみ(夏帆)は、歌っている自分が大好き。ある日、イケメン生徒会長(石黒英雄)から「歌っ...... [続きを読む]

受信: 2008年5月 1日 (木) 22時23分

» 「うた魂♪」 [てんびんthe LIFE]
「うた魂♪」ユナイテッドシネマ豊洲 SC2で鑑賞 日活の3作品チケットが1枚あったのを忘れてた…。 誰かにもらったものなんだけど、金券ショップでも「ネガティブ…」公開前からすでに250円とかで試写会ではがき出すより安いんじゃないかと思ってました。 「ネガティブ…」未見です。 「奈緒子」は試写会だったけどイマイチでした。 そんな理由もあって、どうでもいい作品だと思い込んでいたわけ。 そんな何の期待も全くないまっさらな気持ちでみていたら、なんだかはまっちゃって涙流してました。 それはな... [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 21時38分

» こんな日には尾崎が聞きたい。~「うた魂」~ [ペパーミントの魔術師]
合唱なめてんじゃね~ぞこの野郎。 シャケ顔VSアフロの対決。 ・・ってどんな映画やねん。(笑) 展開はベタかもしれません。 でもなんていうかうん、よかったです、ホント。 夏帆ちゃんの天然で自己チユーで 思い込みの激しいアホぶりも、 ゴリさんのうっとおしいくらいア..... [続きを読む]

受信: 2008年6月 9日 (月) 10時45分

» うた魂♪ [象のロケット]
歌声にもルックスにも自信過剰の合唱部員・かすみは、歌う姿を撮影したイケメン生徒会長の牧村に「産卵中のシャケみたい」と言われ大ショック! 退部を決意するが、不良合唱部・湯の川学院高校のソウルフルな歌声に大感激。 番長の権藤に叱咤激励され、自分の歌に足りなかったものに気づいていく…。 合唱スポ根・青春ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2010年3月20日 (土) 04時37分

» うた魂♪ [にわうたぶろぐ]
 石黒英雄くんという俳優さんはいつどんな作品で観ても「ああ、電王のラスボスの人だな……」という先入観が付きまとうから困ります。(あの笑顔がね、どうにもね) [続きを読む]

受信: 2010年4月24日 (土) 16時01分

» うた魂♪ [いやいやえん]
あるある。気持ちよく歌っていたときの写真のブス顔!私も経験あるよ〜小学生のときの写真。二度と見たくないです(キッパリ)。でもね、歌ってるときは結構幸せ感じてたりして…合唱好きだから。 この作品では、合唱部に所属するヒロインが歌声ブス顔にショックを受けてしまうのですが(しかも好きな人に産卵中の鮭とかいわれる)、そこから青春サクセスストーリーへと変わっていきます。ゴリ演じる権藤の「合唱をなめてんじゃねーぞ!」がまた、いい。 相当合唱練習したんでしょうね〜、歌声はごまかしききませんしね。気持ちが... [続きを読む]

受信: 2011年6月21日 (火) 09時27分

« 「キューティーハニー THE LIVE」 平成ライダーフォーマットを上手に取り入れた | トップページ | 本 「雲雀」 »