« 「笑う大天使」 なんとも微妙・・・ | トップページ | 「ノーカントリー」 彼らは国を失った »

2008年4月 1日 (火)

「燃えよ!ピンポン」 北京オリンピック便上映画企画第一弾

やはり北京オリンピックイヤーだからでしょうか、「カンフー○○」といったタイトルが今年公開される映画には多いですが、本作も「カンフーピンポン」という邦題が配給会社の会議では検討されたに違いない(想像)。
ありふれてると却下されたのかもしれないですが。「燃えよ!ピンポン」も相当ベタです(笑)。
でも原題が「BALLS OF FURY」なので、直訳のタイトルだと「激情のボール」となって大映ドラマみたいになってしまうので、「燃えよ!ピンポン」でもしょうがないか・・・。

基本的に邦題通り「燃えよ!ドラゴン」の卓球版のパロディなので、ガハハと笑えるオバカ映画を期待していたのですが、それほど大笑いはできなかったです。
下ネタ、ホモネタなど下品なネタが多い、どうもこの手のアメリカのお笑い映画はあまりはまれない・・・。

主役のランディを演じるのはダン・フォグラーという、一見ジャック・ブラック風の方。
全然知らなかったですけれど。
相方のFBI捜査官ロドリゲスは、これまた一見ローワン・アトキンスン(Mr.ビーン)を色黒にしたようなジョージ・ロペス。
この人も全然知らない。
マギーQはさすがに知っていたけれど、出演しているのはあまり見慣れぬ人たちばかりでした。
どうもこの映画、二流臭がするぞと思っていて見ていたら、クリストファー・ウォーケンが悪の親玉で出てきたので、ちょっとびっくり。
フェンとかいうから東洋系かと思っていたら、全然違うじゃん・・・。
それと1シーンだけ「HEROS」のヒロ・ナカムラことマシ・オカが出ていたのにも、さらにびっくり。
たった1シーンなのにパンフレットにはしっかり出演者紹介のページにプロフィールまで出てました。

肝心のピンポンの激しい試合が見れるのかと思ったら、そのあたりはけっこうあっさり気味。
「少林サッカー」くらいに試合にも見せ所があると良かったのですけれど。
この手のパロディでは必ず出てくると言っていい「マトリックス」のマシンガン撮影風のカットなどありましたが、いい加減もう見飽きました・・・。

今年はあと何作くらいあるのかなあ、北京オリンピック便乗映画企画は・・・。

オリジナル(?)の「燃えよ!ドラゴン」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ


|

« 「笑う大天使」 なんとも微妙・・・ | トップページ | 「ノーカントリー」 彼らは国を失った »

コメント

TBありがとうございました。
あまり海外のコメディは、自分には笑えず今回はどうかなと
思い切ってレンタルしましたが、見事に玉砕されました。
でも、唯一、くすっと笑ってしまったのが、盲目の師匠が
男たちのマッサージを受けて、にんまりしているところでした。
こんなところで笑ってしまうなんて・・・(笑)

投稿: シムウナ | 2008年10月13日 (月) 09時46分

kossyさん、こんばんは!

そうかー、タイトルもパロディだったんですねー。
僕がわかったところ以外にも、もっといろいろパロディの部分とかあるのかもしれないですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年4月14日 (月) 23時01分

原題の「BALLS OF FURY」は多分「ドラゴン怒りの鉄拳」(「FIST OF FURY」)のパロディだと思います。
だけど内容が「燃えよドラゴン」だったから、わかりやすいようにしたんじゃないでしょうか~

投稿: kossy | 2008年4月14日 (月) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/40723059

この記事へのトラックバック一覧です: 「燃えよ!ピンポン」 北京オリンピック便上映画企画第一弾:

» 【2008-74】燃えよ!ピンポン(BALLS OF FURY) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 小さな玉に 命を懸けた男たちの 闘いが始まる! [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 22時57分

» まだまだ勝負は終わっちゃいない [CINECHANの映画感想]
79「燃えよ!ピンポン」(アメリカ)  1988年ソウル・オリンピック、卓球トーナメントの準決勝。アメリカ代表として12歳の天才卓球少年ランディ・デイトナが出場。全米の期待を受けていたが、ぶざまに敗戦。今や場末のカジノでピンポン芸を披露して生計を立てていた。  そんなランディの元へ、FBI捜査官のロドリゲスがやって来て、裏社会で行われる卓球大会に潜入捜査官として出場を要請する。しかも、その大会の主催者は父を殺した謎の男フェンだた。亡き父の敵のためにこれを受けるランディだったが、卓球の腕...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 5日 (土) 12時04分

» 燃えよ!ピンポン/ダン・フォグラー [カノンな日々]
おバカ映画でこんなにお金をかけて大々的に宣伝されちゃうと何だかすごいメジャー級の作品のように勘違いしちゃいそうです。内容に見合った器というのもけっこう大事じゃないかと思うんだけど、単館上映になると観る機会も限られちゃうわけで難しいとこですよね。このタイト....... [続きを読む]

受信: 2008年4月 5日 (土) 21時11分

» 燃えよ!ピンポン [5125年映画の旅]
天才卓球少年と呼ばれたランディ。しかし大会で惨敗してから彼は落ちぶれ、メタボ体系となって貧乏生活に身を落としていた。そんな時、FBIから闇組織の開催する裏卓球大会へ潜入してほしいという依頼が舞い込む。ランディは再び栄光を取り戻すため、再び卓球をする事を...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 09時03分

» 燃えよ!ピンポン [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
立つんだ!そして、金メダルを取れ!・・・過去、アメリカが一度もオリンピックでメダルを獲得してないスポーツ__ピンポン。 北京オリンピックに先駆け、ハリウッドが威信にかけピンポンに挑んだ超話題作! 小さな玉に命を懸けた男たちのデスマッチが今始る。 1988年...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 12時03分

» 燃えよ!ピンポン(映画館) [ひるめし。]
全世界卓球デスマッチ開幕! [続きを読む]

受信: 2008年4月 6日 (日) 12時36分

» ★「燃えよ!ピンポン」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の平日休みは、シネトレさんところで当たった試写会に参上。 場所は九段会館。 学生の頃、試写会に来たことあったっけ・・・懐かしいぃぃぃ。 今年は、北京オリンピックがあるので、スポーツ系・カンフー系・中国系が目白押し・・・だよーー。 ひらりんも夏前には「チョイとチャイナ」特集でもやってみるかぁ。 ... [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 02時47分

» 燃えよ!ピンポン [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  この小さな球に渦巻く爆笑の炎!!   [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 00時04分

» 「燃えよ!ピンポン」試写会 お約束おバカ映画・・・ [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
映画に付き合ってくれるようになったのをいいことに、小学4年生のりょうたを試写会に連れまわしている私。 それで、どうしてもこういった軽い映画が多くなってしまう。 いや、そんなことよりも何よりも・・・・ 同級生はみんな受験塾に行き始めているというのに。... [続きを読む]

受信: 2008年4月 8日 (火) 09時56分

» 映画 『燃えよ!ピンポン』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆『ナイト ミュージアム』の脚本を手掛けたロバート・ベン・ガラントとトーマス・レノンが手掛けたパロディー満載のおバカ映画。負ければ死を宣告される卓球大会に挑む元天才卓球少年の死闘を、最新CGやカンフー・アクションを駆使して描く。場末のカジノでピンポン曲芸を披露している元天才卓球少年のランディ(ダン・フォグラー)に、FBIから秘密の指令が下る。裏社会で極秘に行われる卓球大会を潜入捜査するため、彼は盲目の卓球名人に弟子入りして腕を磨く。猛特訓の末、ランディは出場権を獲得するが、その大会は... [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 10時28分

» カンフー&卓球ムービー ぴぃんぽぉ〜ん♪☆『燃えよ!ピンポン / BALLS OF FURY』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
メタボなお腹がジャック・ブラックによく似てる、ダン・フォグラー。 キャラも完全にカブッてる。 今やジャックじゃギャラが高くて出てもらえないから、とりあえず彼で…って感じがしないでもないけれど、まぁ、それはそれ。 製作費に2500万ドルも掛けたとは思えない程...... [続きを読む]

受信: 2008年4月15日 (火) 07時42分

» 燃えよ!ピンポン [欧風]
土曜、八戸フォーラムで、「リアル鬼ごっこを」を観ました~。 そして2本目に観たのは、 [続きを読む]

受信: 2008年5月30日 (金) 17時35分

» 燃えよ!ピンポン [映画鑑賞★日記・・・]
【BALLS OF FURY】2008/03/22公開製作国:アメリカ監督:ロバート・ベン・ガラント出演:ダン・フォグラー、クリストファー・ウォーケン、ジョージ・ロペス、マギー・Q、ジェームズ・ホン、トーマス・レノンクリストファー・ウォーケンの名前を見つけて観てみましたー。ウォ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 15時29分

« 「笑う大天使」 なんとも微妙・・・ | トップページ | 「ノーカントリー」 彼らは国を失った »