« 「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」 お金で買えない価値がある | トップページ | 「ガチ☆ボーイ」 肉体の記憶 »

2008年3月20日 (木)

「姑獲鳥の夏」 伝わってくる現実への不安定感

あまり評判は宜しくないようですが、実相寺昭雄監督の「姑獲鳥の夏」は京極夏彦作品の映画としてよくできていると思います。
原田眞人監督の「魍魎の匣」よりも、京極ワールドというものを表現している感じがします。
ボリュームが相当ある原作を、限られた時間の中で話を作らなければならない映画としての宿命のため、確かに両作品ともわかりにくいことは間違いありません。
同じわかりにくいのではあれば、まだわかりやすい画で説明しようとする原田監督の意図も、改めて両作品を比べてみると理解できます。
キャラクターも同じ俳優(関口だけは違いますが)が演じているけれども、雰囲気は違う。
「魍魎の匣」の方がキャラ立ちしていると言いますか、描き方がわかりやすくなっているような気がします。
けれどもそれが原作の持つ雰囲気を映画で表現できているかというと違うような気がします。
映画「魍魎の匣」は、やはり原作とは別物と考えたほうがよいでしょう。
対して「姑獲鳥の夏」は、原作が持つ妖しさ、怪しさといった雰囲気を醸し出していると思います。
確かにわかりにくい。
解決篇に入るのは物語の中盤からと早いタイミングになりますが、その謎解きは京極堂の台詞、そして非常にイメージ的な映像に頼っています。
事件の真相が、多重人格、記憶の封印、トラウマなどに関わっているためにどうしても説明を言葉に頼らざるを得ないところもあり、「魍魎の匣」に比べて、退屈な印象をもたれやすいかもしれません。
この作品の冒頭で京極堂の話で出てきているように、「京極堂シリーズ」の本質は「自分が見ている現実が、そのままそこにあるわけではない」ということにあります。
何度も記事で書かせていただいているように、妖怪は「自分が感じていること」と「客観的現実(これも京極堂が言っているように本当に客観的な現実はないのかもしれないですが)」とのギャップ、ズレに生じます。
そのズレが生み出した妖怪(植え付けられたモノの見方)を、シフトさせるのが、京極堂の行う「憑き物落し」なわけです。
このズレ感、正常と異常の間の危うさというのが、原作の持つ魅力であると思うのですが、これが実相寺監督の「姑獲鳥の夏」にはよく雰囲気が出ていると思います。
水平線が傾いたアンバランスなアングル。
湾曲したレンズを通した映像。
プリズムを通したような七色の光。
不意に挟み込まれるイメージカット。
ワイヤーが鳴っているような不快な金属質な音。
どうも居心地が悪く不安定なこれらの要素を、とても不快に思う方、わけがわからないと思う方もいるかと思います。
けれどもこの不快に思う感覚こそが、正常と異常の間の危うさというのを表現しているような気がするのです。
自分が見ているモノは真実であると普段僕らは信じて生きています。
けれどもそれは本当なのか、そういう疑問を持ってしまった人間の脆さ、危うさみたいなものが、居心地の悪い感じとして表現されています。

もともと京極堂シリーズは、戦後間もない時を舞台にしています。
この時代はそれまでの価値観が、まるっきり変わってしまった時。
今まで正しかったことが正しくなくなり、正しくなかったことが正しくなる。
そこに生じるズレが、個人の中にもあり、時代にもある。

本作において重要なセットで目眩坂があります。
これには実相寺監督はこだわったのだとか。
坂が長いのか短いのか、急なのか緩やかななのかわからない、目眩坂。
目線のやりどころを間違うと、酩酊しまいそうになる目眩坂。
象徴的なこの場所、それにこだわったというところに実相寺監督が、京極堂シリーズの本質は現実に対する不安感、不安定感だというふうに思っていたのではないかと感じます。

「魍魎の匣」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ


|

« 「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」 お金で買えない価値がある | トップページ | 「ガチ☆ボーイ」 肉体の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/40576528

この記事へのトラックバック一覧です: 「姑獲鳥の夏」 伝わってくる現実への不安定感:

» 『姑獲鳥の夏』(2005) [【徒然なるままに・・・】]
原作読んだことないけどジャンル的には興味あるし、京極夏彦って売れてるし、「京極堂シリーズ」って人気あるし、監督は実相寺昭雄だし、出演者は何気に気になるメンバーだし・・・ということで予備知識殆どナシで鑑賞。 主人公が古本屋の店主で、安倍晴明ゆかりの神社の神主(現代版の陰陽師?)で、なおかつ”憑物落とし”という設定も「?」だが、その友人には他人の記憶を見ることが出来る私立探偵がいて、という世界は、一見おどろおどろしいものの正当なミステリー・サスペンス物なのか、それとも妖怪やら魑魅魍魎が跋扈する妖し... [続きを読む]

受信: 2008年3月22日 (土) 23時20分

» 姑獲鳥の夏 [KLEIN BOTTLE]
【ストーリー】   戦後、混乱期の東京。20ヶ月もの間、妊娠している妊婦がいるという噂が流れる医院があり、また、その妊婦の夫は失踪中だという。 その夫の失踪の真実を確かめてほしいと探偵・榎木津二郎の元に客が訪れる。 そして、探偵の友人・小説家の関口や憑き物落とし屋・京極堂は、いやでも事件に巻き込まれていく‥     【感想のようなもの】   今頃ですが、やっと見る余裕ができて、レンタルして見ました! 総合評価は、(一般人なので、裏の苦労とかわからないので、言ってしまいますが)... [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 14時09分

» 実相寺明雄「姑獲鳥の夏」 [Mani_Mani]
姑獲鳥の夏 プレミアム・エディションジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 2005日本 監督:実相寺昭雄 原作:京極夏彦 脚本:猪爪慎一 音楽:池辺晋一郎 出演:堤真一、永瀬正敏、阿部寛、原田知世、田中麗奈 清水美砂、篠原涼子 、松尾スズキ、いしだあゆみ 産院の異様な建築! これだけで私は満足した。 実相寺は異様な建築フェチであることは間違いなく(笑)、 「曼陀羅」での表現主義的/ダダイズム的モーテルといい、これは実相寺的な世界と言っていいのでは。 なにしろハイライトがまさに... [続きを読む]

受信: 2008年3月29日 (土) 21時58分

« 「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」 お金で買えない価値がある | トップページ | 「ガチ☆ボーイ」 肉体の記憶 »