« 本 「源氏と日本国王」 | トップページ | 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 心地よい距離感 »

2008年3月23日 (日)

「包帯クラブ」 包帯一本で世界は変わる

自分の中から大切なものが毎日のように失われている。
それも敵にはとても思えない人とか、目に見えない何かによって少しずつ毎日のように失っている。
もっと残酷なことは私たちもは知らず知らずのうちに持ち去ってしまう側に回ってしまっているということだ。

これは冒頭のワラ(石原さとみさん)のモノローグ。
人というものは生きていくなかで、人によって傷つけられ、そして人を傷つけてしまうもの。
傷つけられるも、傷つけるのもイヤだ、だから人とは関わりたくない、とワラは思っています。
「ケンカするくらいだったら嘘をつく」と親友のシオにも言われるとおり、ワラは人との関わりを避ける。
強い絆があるはずの父親に捨てられ、親友たちの仲違いを止められなかったという思い出が、彼女を人と関係を築くことを恐れさせているのかもしれません。
けれども偶然に出会ったディノ(柳楽優弥さん)が、「心の血を止める」と包帯で彼女が飛び降りてしまおうかと思った場所を縛った時、何か気持ちが楽になったのです。
そこからワラ、ディノ、シオ、ギモ、リスキたちによる「包帯クラブ」が始まりました。
誰かが傷ついた場所を包帯で「手当て」をしてあげる。
彼らはただその場所を包帯で巻いているというパフォーマンスをしているのではありません。
依頼してきた人、その人たちの傷ついた気持ちを少しでもわかろう、そして何とか心の傷を手当てしたいと考えているのです。
「むずかしいよね、人の痛みを想像するのって」とリスキは呟いていました。
確かに人の気持ちを想像するのは難しい。
100%理解できると思うことは、劇中でテンポ(関めぐみさん)が言っていた通り、偽善であり、傲慢なことかもしれません。
けれど、大切なのは人の痛みを想像しようとしたということ。
人の痛みを理解しようと一生懸命考えようとした、その姿勢こそが大事。
それは傲慢なことではないと思います。

「手当て」という言葉は、傷ついた箇所に手を当てて直そうとした行為からきたと言われています。
たぶんその行為は治ってほしいと願う気持ちを人に伝えたいというところからきたのではないかと思います。
人の気持ちの少しでも理解できたとき、それは相手も救うことにもなるけれども、何よりも自分自身が救われる。
人と人との関わりは傷つき、傷つけてしまうもの。
そうであるに違いないけれど、その関わりは、癒し、癒されるものでもあるわけです。
すべてを救えるなんて思えない。
けれどもまったく救えないとも思えない。
皆があきらめてしまうのではなく、少しでもそういうふうに思えることができれば、

「包帯一本で世界は変わる」。

確かにそう思います。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「源氏と日本国王」 | トップページ | 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 心地よい距離感 »

コメント

睦月さん、こんばんはー!

公開は地味そうだったのと、話が重そうな感じがして、スルーしてしまいました。
けれど観てみたらずいぶん印象が違いました。
確かに彼らが背負っているものは重いのですけれど、観終わった後、救いと希望があってよかったです。
柳楽くんはほとんど初めて観ましたが、上手ですね。
ぶっ飛んだヤツに見えるのに、とても繊細なところがある難しい役どころを上手に演じていたと思います。

バトンありがとうございます。
初めてなんですよー、なんだか緊張・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年3月29日 (土) 20時45分

こんにちわ。

私、結構この作品お気に入りなんです。
地味な印象で公開されましたけれど、
実際に観てみると心に染み入るものが
とても多くて・・・。

エセ関西人を演じたヤギラくんの
繊細な存在感にとても惹かれました。
豪快でひょうきんなのに、抱える闇は
深く悲しい・・・そんな青年。

素敵な1作だったと思います。

ところではらやんさん。
『愛しの映画館バトン』をお持ちしました。
気が向いた時にでもサクっと遊んでみて
くださいまし♪
よろしくです!

投稿: 睦月 | 2008年3月25日 (火) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/40610412

この記事へのトラックバック一覧です: 「包帯クラブ」 包帯一本で世界は変わる:

» 包帯で世界が変わるか!? [CINECHANの映画感想]
235「包帯クラブ」(日本)  関東近県の、たそがれた中都市。女子高生、騎馬笑美子(ワラ)は大切なものが少しづつ失われていく毎日に嫌気がさし、ある日病院の屋上のフェンスを越える。その時現れた入院患者の少年、井出埜辰郎(ディノ)は、心の傷を感じるワラのために、「手当てや」と包帯をフェンスに結びつける。心から流れ出る血が止まったように感じるワラ。  これが〝包帯クラブ〟の始まりだった。ワラの同級生、丹沢志緒美(タンシオ)、浪人生の柳元紳一(ギモ)、そしてワラとディノの4人で、「傷ついた出来...... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 01時19分

» 映画「包帯クラブ」 [日々のつぶやき]
監督:堤幸彦 出演:柳楽優弥、石原さとみ、関めぐみ、田中圭 「色々なことで毎日が嫌になっていたワラは病院の屋上のフェンスに立った時ディノに出会った。彼はワラの手首の包帯をフェンスに巻きつけた。不思議と癒されたワラは親友のシオにも同じことをする。そし... [続きを読む]

受信: 2008年3月24日 (月) 10時39分

» 包帯クラブ(試写会) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  傷を巻き、癒しへつなぐ白い布   [続きを読む]

受信: 2008年3月25日 (火) 11時09分

» [映画]包帯クラブ [落とし穴には気をつけろ!]
「包帯クラブ」の試写会に行ってきました。 現実に諦めを感じながら生きる高校生ワラ(石原さとみ)に偶然出会った謎の少年ディノ(柳楽優弥)は、彼女の心の傷の手当だといってフェンスに包帯を巻く。それがきっかけで、依頼人の願いに応じて街中に包帯を巻く包帯クラブを始めた、ディノ、ワラ、ワラの親友タンシオ(貫地谷しほり)、浪人生ギモ(田中圭)、ワラ達の友人で疎遠だったリスキ(佐藤千亜妃)、テンポ(関めぐみ)の6人が、活動を通じて成長する青春ストーリーです。 へー、あの柳楽クンが出るのかあ、程度の興味だったん... [続きを読む]

受信: 2008年3月26日 (水) 21時41分

» 包帯クラブ [Akira's VOICE]
人は人のために生きる。 [続きを読む]

受信: 2008年3月29日 (土) 10時39分

» 「包帯クラブ」映画感想 [Wilderlandwandar]
これもまるきり見る予定が無かったのに、巷(主に映画ブロガー) [続きを読む]

受信: 2008年3月30日 (日) 14時05分

» 『包帯クラブ』 [試写会帰りに]
時間ばかりを持て余し、胸騒ぎを抑えられずに、自意識過剰な自己主張を“人のため”の気の利いた善行と勘違いして、何かやりたがる。自分が全てで、それ以外の世界との関わり方が、特別だった高校生の頃の気分、高揚感や焦燥感が伝わってくる映画、『包帯クラブ』。 それは、..... [続きを読む]

受信: 2008年3月30日 (日) 21時29分

» 包帯クラブ(映画館) [ひるめし。]
巻きます。効きます。人によります。 [続きを読む]

受信: 2008年3月31日 (月) 09時49分

» 包帯クラブ [りらの感想日記♪]
【包帯クラブ】 ★★★★ 2007/08/22 試写会(19) ストーリー 関東近県の、青空が突き抜ける、それでいてちょっとたそがれた中都市 [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 20時50分

» ■ 包帯クラブ(2007) [MoonDreamWorks]
【包帯クラブ】 9月15日(土)公開監督 : 堤幸彦出演 : 柳楽優弥/石原さとみ/田中圭原作 : 天童荒太『包帯クラブ』(筑摩書房刊) ★★★(3点/5点満点中)「 包帯クラブ(2007) 」   監督は、「トリック 劇場版(2002)」、「トリック 劇場版2(2006)」、...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 1日 (火) 21時30分

» 包帯クラブ(07・日) [no movie no life]
★9月7日(金)東映試写室にて「ブロガー限定試写会」 「包帯1本巻いて何かが変わったらめっけもんや」 ワラ(石原さとみ)は一風変わった少年ディノ(柳楽優弥)と病院の屋上で出会い、傷ついた場所に包帯を巻くことで自分が少し変わったことに気づく。ワラは友人たちと一... [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 00時57分

» 包帯クラブ [5125年映画の旅]
女子高生のワラは味気ない人生に嫌気がさし、ある日病院の屋上から思わず飛び降りそうになってしまう。そこに現れた変な少年ディノに助けられたワラは、彼がその場所に包帯を巻くのを見て心洗われる。その行為は少しずつ広がっていき、ワラ達は心に傷のある人のために包帯...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 09時55分

» 【2007-132】包帯クラブ [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 心がスッと軽くなる、 奇跡のストーリー キズが、 キズナを強くする。 あの包帯がなければ、ただの10代だったと思う。 人生をあきらめてしまう、その前に。 包帯一本巻いて何かが変わったら、めっけもんや! ...... [続きを読む]

受信: 2008年4月 2日 (水) 23時53分

» 『包帯クラブ』鑑賞 [★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!]
『包帯クラブ』鑑賞レビュー! 包帯一本巻いて 世界が 変わったら めっけもんや!” あの包帯がなければ ただの10代だったと思う。 人生をあきらめてしまう、その前に。 関東近県の町 そこで暮らすフツーの高校生たち 悲しい出来事だらけじゃない ひどい出来事だらけじゃない けど、毎日ちょっとずつ傷ついている それがオトナになること、かもしれないけれど…… ある日ふと、包帯を巻いてくれた人がいた 傷付いた出来事が起きた場所に そう... [続きを読む]

受信: 2008年4月 7日 (月) 04時47分

» 『包帯クラブ』('08初鑑賞156・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 12月12日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2008年12月23日 (火) 15時24分

» 包帯クラブ [花ごよみ]
現在、未来への不安、恐れ、 自分の心の傷、他人への無意識の攻撃。 包帯を巻くという、 最初は奇妙ともとれる行為によって、人を癒やす。 その行為もまた誰かを知らぬ間に 傷つけているのではないかと感じる若者達。 心の優しさを思い起こさせる 温もりのある映画に感じました。 白くて柔らかい包帯、 包帯の持つ清らかで 優しいイメージと相まって 人の心の傷を、 本当に癒すことができそうな 気持ちになってきました。 救いのない子供達を描いた 同じく天童荒太作(永遠の仔) と比較したら 心の傷の深さは... [続きを読む]

受信: 2010年3月20日 (土) 22時38分

» 包帯クラブ [象のロケット]
女子高生ワラは、大切なものが失われていく毎日に嫌気がさし、ある日病医の屋上のフェンスを乗り越える。 その時現れた入院患者の少年、ディノ。 手首に傷を負ったワラの心を見抜いたディノは、手首からほどけ落ちた包帯をフェンスに結びつける。 これが「包帯クラブ」の始まりだった…。 いまの社会を生き難いと感じている若い人たちに語りかける、傷ついた少年少女たちの青春ストーリー。... [続きを読む]

受信: 2010年3月21日 (日) 23時43分

» 包帯クラブ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
なんとなく水色が印象に残る・・・『包帯クラブ』白・・・と水色なの・・・包帯と空のイメージなんだろうなぁ~~たぶん。柳楽くん でっかくなったなぁ~~~(笑)とはいえ、一番はまったのは・・・サントラかもしれません。包帯1本巻いて世界が変わったらめっけもんやん高校... [続きを読む]

受信: 2010年12月 5日 (日) 23時53分

« 本 「源氏と日本国王」 | トップページ | 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 心地よい距離感 »