« 「獣拳戦隊ゲキレンジャー」 計算された展開 | トップページ | 「L change the WorLd」 もっと頭を使ってほしい »

2008年2月12日 (火)

本 「探偵ガリレオ」

昨年の秋のクールでお気に入りのドラマだった「ガリレオ」の原作「探偵ガリレオ」を読んでみました。東野圭吾さんの作品は以前に一冊だけ読んだだけですね。
おもしろくなかったわけではないですが、特に好きという感じでもなかった印象があります。

さて、原作に登場する探偵ガリレオこと湯川学のイメージは佐野史郎さんだそうですね。
やはり僕はドラマの印象が強く残ってしまっているため、小説を読んでも福山雅治さんのイメージで読んでしまいます。
原作とドラマの大きな違いは、湯川のワトソン役となるのが、原作では湯川の同級生の刑事草薙ですが、ドラマでは柴咲コウさんが演じていた内海薫となっています。
原作とドラマでは事件の内容自体はほぼ共通していて、そのトリックはほぼ原作に準拠しているようでした(「予知夢」はまだ未読なので、そちらをベースにしている話はわかりませんけれども)。
トリックの説明は先にドラマで理解していたので、小説を読んでもわかりくいところはありませんでした。
やはりこれは映像の力ですね。

小説自体は短編だということもあり、さらさらと読みやすい印象。
そういうこともあって、好きだとか嫌いだとか強い印象が残る作品という感じはしませんでした。
僕にとっては東野圭吾さんという作家はやはりそんな感じなのかな。

「探偵ガリレオ」東野圭吾著 文藝春秋 文庫 ISBN4-16-711007-5

テレビドラマ「ガリレオ」の記事はこちら→
東野圭吾「ガリレオ」シリーズ短編集二作目「予知夢」の記事はこちら→
東野圭吾「ガリレオ」シリーズ短編集三作目「ガリレオの苦悩」の記事はこちら→
東野圭吾「ガリレオ」シリーズ長編1作目「容疑者Xの献身」の記事はこちら→

|

« 「獣拳戦隊ゲキレンジャー」 計算された展開 | トップページ | 「L change the WorLd」 もっと頭を使ってほしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/40098346

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「探偵ガリレオ」:

» 東野圭吾著「探偵ガリレオ」感想 [Wilderlandwandar]
近くTVドラマが放送されるらしい、東野圭吾著「探偵ガリレオ」 [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 18時09分

» 【本】探偵ガリレオ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
           『探偵ガリレオ』    東野圭吾     文春文庫【comment】先日、東野さんの『使命と魂のリミット』を読み、今度は『容疑者Xの献身』を読もうと思っていたら、『眠り猫の憂鬱』のせつらさんがいい事を教えて下さった。シリーズ作品なので、『探偵ガリレオ』⇒『予知夢』⇒『容疑者〜』の順番で読んだ方がいいらしいのだ。シリーズ物の順番は大事なので、早速『探偵ガリレオ』を読んでみたせつらさんから理系ミステリと聞いていたので、森博嗣さんの作品ぽいのかな・・・と思ったが全然違った。まず、とて... [続きを読む]

受信: 2008年7月23日 (水) 13時58分

» 「探偵ガリレオ」東野圭吾 [デリシャスな本棚]
大好きな福山がドラマにでてたヤツの原作です。ドラマとはかなり違うんですね。知らなかったよ~。 [続きを読む]

受信: 2009年1月 5日 (月) 17時47分

« 「獣拳戦隊ゲキレンジャー」 計算された展開 | トップページ | 「L change the WorLd」 もっと頭を使ってほしい »