« 本 「図書館革命」 | トップページ | 「Little DJ 小さな恋の物語」 後悔したくない »

2008年1月26日 (土)

「ヒトラーの贋札」 生き抜くことの行為への誇り

第二次世界大戦、ナチスドイツは「ベルンハルト作戦」を展開しました。
これはイギリスのポンド札、またアメリカのドル札の贋札を作り市場に流通させることにより、連合国側に経済的ダメージを与える作戦です。
そのためにユダヤ人の印刷や銅版画の技術者が集められ、贋札作りを強要されました。
その中の一人が主人公のサリー。
サリーはパスポートや紙幣の偽造を行う贋作師でした。
けれどもたった一回の油断によりナチスに逮捕され、ベルンハルト作戦を指揮しなくてはならなくなります。
贋札が作れなければ、彼らは他のユダヤ人と同じくナチスから見れば、価値のない人として処刑されてしまう。
けれども贋札ができれば、それによりナチスは勝利し、結果的に彼らの今の状況は変わらない。
生き延びようとすれば贋札を作るしかない。
けれども可能な限りそれを遅らせる。
サリーはとても微妙な舵取りが求められる状況にあります。
収容所にはさまざまな人間がいます。
正義感に燃えて贋札製造をこばむブルガー、彼の理想は収容所のユダヤ人を危機に陥れます。
死ぬことを恐れ、贋札作りを達成しようとする他の技術者たち。
彼らそれぞれの思惑があるため、サリーの舵取りは困難を極めます。

サリー自身は感情をあまり表に出さない男です。
そのため彼が何を考えているかわかりにくい。
いわゆる今までの「収容所もの」にあるように理想を高らかに叫んだり、カリスマ性があるようなリーダーではありません。
彼は理想主義者ではない。
サリーの技術を評価し、他の収容所よりも破格の待遇をする親衛隊大佐ヘルツォークが敗戦間際にパスポート偽造を要請すると、サリーは彼と取引するしたたかさを持っています。
理想に殉じるよりは、みっともなくても同胞が共に生き抜いて、生き抜いていくことに意味があると考えているように思えます。
淡々としている彼も、仲間を売ること、自分から死を選ぶことに対しては激しく感情を露にしました。
サボタージュを続けるブルガーを売ろうとした仲間への言葉。
結核に冒されたコーリャを失った時の叫び。
妻や子を収容所で失って自殺をしたロセックを発見したときの無言。

冒頭でサリーは贋札の札束を手にしてモンテカルロのカジノを訪れます。
そこで彼は勝ちに勝って、みるみるうちにチップが溜まっていきます。
彼がそれを見つめそして物語は、戦中のベルンハルト作戦への回想シーンに入っていきます。
そして映画のラストに再び時は戦後のモンテカルロに戻ります。
そこで彼はカジノで得たチップを無意味に賭け、贋札のすべてをわざと失います。
サリーは彼らユダヤ人が生き抜いた証である贋札が、賭け事で簡単に倍増していく様を見て、空しくなったのではないかと思いました。
それでも彼は、生き抜くために同胞が必死になって成し遂げたことに対して誇りは失いませんでした。
カジノで出会った女が「あんなにたくさんのお金を失ってしまって」と言ったことに、
「あんなものはまた作れる」
とサリーが言ったのは、彼らが成し遂げた行為への誇りが言わしめた言葉だったのでしょう。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「図書館革命」 | トップページ | 「Little DJ 小さな恋の物語」 後悔したくない »

コメント

ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは!

実際に行かれたんですね。
確かに実際の場所に行くと、そこの空気とか雰囲気とかは映画で観るよりもより響いてくるものがあるのかもしれないですね。
生き残るために何ができるか、正しいとか正しくないとかだけでなくて、当たり前に生きるためにそれだけのことをしなくてはいけない現実というものがそこにはあったのでしょう。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年11月13日 (土) 08時28分

はらやんさん、こんばんは☆
アウシュビッツから戻ってきました。
この映画は行く前に見たのですが、今はレビューを書くのがより重くなっています。
私が見てきたのは、彼らの偽札工場の壁の向こう側で、いかに彼らが厚待遇だったかを、まざまざと見てきました。
奇跡的に生き残った彼らが残した、収容所の様子を描いた絵が沢山かけてあり、ブルがーやサリーがこの絵を残したのかな・・・と思いながら見学しました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2010年11月11日 (木) 03時15分

ななさん、こんにちは!

全員で生き残るということにこだわるサリー、理想に殉じようとするブルガー、二人の行動は違いますが、生というものこだわるところは共通していたような気もしますね。
自分があのような究極の状況に陥ったとき、どう行動できるか想像もつきません・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年7月21日 (月) 15時12分

こんばんは
サリーのポーカーフェイス,その中に秘められた人情やしたたかさ,プロの職人としての誇り,ものに動ぜぬ胆力など・・・贋作師であった彼の人生観や価値観や強さがとても心に残りました。
理想に殉じようとするブルガーの姿勢もまた印象深いものでしたが・・・・。

投稿: なな | 2008年7月18日 (金) 23時10分

とんちゃんさん、こんばんは!
風邪のほうはいかがでしょうか?

サリーの収容所での生活は、ほんとに刃の上をそろりそろりと歩くように際どいものだったのでしょうね。
諦めて無気力になるわけでもなく、また血気盛んに反抗するのでもなく、みんな全員で最期まで生き抜く道を探っていたように思えました。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年4月 5日 (土) 06時25分

はやらんさん
(^-^*)/コンチャ!
熱で魘されていながら(風邪引いて仕事も
サボタージュ^^)
寝飽きてしまいPCにちょことだけ臨み
ました。

4月は忙しくなり中々コメントにこれないかもしれないので休んだ日をフルに活用したくて^^;

>あんなものはまた作れる」
とサリーが言ったのは、彼らが成し遂げた行為への誇りが言わしめた言葉だったのでしょう。
なるほど!確かに犯罪かもしれないけど
ナチス・ドイツの横暴に比べたら可愛いものです。サリーの生き様は、私は好きで感情移入できました。
贋金作りぐらい、ユダヤ人大虐殺した奴らに
比べたら可愛いですよね!

投稿: とんちゃん | 2008年3月31日 (月) 10時53分

スワロさん、こんばんはー。
今日も暖かかったですねー、ほとんど春でした。
このまま暖かいままだったらいいのに(寒いの苦手なもので)。

カジノのシーンのサリーはなんだか哀愁漂っていましたね。
観終わった直後は、サリーは記事で書いたような気持ちだったのではないかと思いましたが、もしかすると収容所で生きるか死ぬかのギリギリのところで知恵と技術を使って生き抜いていこうとする緊張感がなくなったことによる空しさなのかもと、思ったりもします。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年3月11日 (火) 23時04分

はらやんさん、こんばんは。
だんだん春らしくなってきましたね~。
自転車で映画館へ行くのも苦じゃなくなってきました(笑)

冒頭とラストのカジノのシーンはこの作品のよいスパイスだったと思います。
特にラストのカジノでわざとお金を落としていくシーン・・・
何かを吐き出すかのように
ひたすら賭けまくるサリーの姿がすごく寂しかったです。

投稿: swallow tail | 2008年3月10日 (月) 01時08分

mezzotintさん、こんばんは!

身につけた技術が自分の命を救うことにもなるけれども、それが結果的には同胞たちを苦しめ続けることになるかもしれないという葛藤が感じられました。
特にサリーの収容所の仲間を生き続けさせること、そして同胞たちも苦しめないこと、それを同時に追いかけなくてはいけない舵取りを行っていたところの緊迫感は静かながらもヒリヒリと伝わってきましたね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年3月 1日 (土) 21時06分

シャーロットさん、こんにちは!

ドイツらしく骨太な映画でしたね。
サリーはカジノで運だけで増えていくお金をみて、仲間と命をかけてつくった贋札の重みが軽くなったように思ったのではないかと思いました。
タンゴを踊っても、女性と情を通じても彼が無表情であったところにそんな空しさが感じられました。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年3月 1日 (土) 15時11分

はらやんさん
TBありがとうございました!
こちらからはTB送れないようで・・・。
コメントのみで失礼いたします。
ナチスドイツの脅威的行動は、映像では
そこまでリアルに表現されてはいませんでしたので、それがある意味救いでした。
生き延びるための贋札造りには葛藤もあった
だろうけど、自分たちにはこれだけの高い
技術を持っているという誇りはおっしゃるように行きぬくことへの誇りとなったと思います!私も銅版画をかじっておりますが、なかなか難しいと・・・・。かなりレベルの高い人たちだったのではなんて思います。

投稿: mezzotint | 2008年3月 1日 (土) 12時55分

こんにちはー。
外国語映画賞を受賞しましたねー。昨年に引き続きドイツが舞台のものは注目ですね。
ラストのタンゴがすごく胸にグッときて印象的でした。お金の価値なんて結局は信用性がないってことかなあと思ったり…。

投稿: シャーロット | 2008年2月26日 (火) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/17853927

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヒトラーの贋札」 生き抜くことの行為への誇り:

» 「ヒトラーの贋札 (Die Fälscher)」映画感想 [Wilderlandwandar]
アカデミー賞の外国語部門にもノミネートされていた「ヒトラーの [続きを読む]

受信: 2008年1月27日 (日) 01時24分

» ヒトラーの贋札 【称号:佳作】 [映画細胞~CinemaCell]
ナチスの強制収容所へと送られたユダヤ人贋作師サリーは、その才能を見込まれてナチス [続きを読む]

受信: 2008年1月30日 (水) 10時07分

» 『ヒトラーの贋札』 [ラムの大通り]
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Die Fascher) -----ヒトラー? ということは、またドイツ映画かニャ? 「うん。これを観ると 映画の題材というのは、 まだまだ転がっているんだなと思ったね。 舞台は第二次世界大戦中のザクセンハウゼン強制収容所。 そこに各地の収容所からユダヤ系の技術者たちが運ばれてくる。 彼らに課された使命は“完璧な贋札”作り。 ナチス・ドイツは、大量のポンド紙幣贋造を行なうことで イギリ... [続きを読む]

受信: 2008年2月 5日 (火) 23時40分

» ヒトラーの贋札 [映画のメモ帳+α]
ヒトラーの贋札(2007 ドイツ・オーストリア) 原題   DIE FALSCHER / THE COUNTERFEITER (英題)   監督   ステファン・ルツォヴィツキー       原作   アドルフ・ブルガー 『ヒトラーの贋札 悪魔の工房』    脚色   ステファン・ルツォヴィツキー      撮影   ベネディクト・ノイエンフェルス                   音楽   マリウス・ルーランド                出演   カール・マルコヴィクス ア... [続きを読む]

受信: 2008年2月 6日 (水) 22時42分

» 今年初の試写会にて...「ヒトラーの贋札」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Die Fälscher」...aka「The Counterfeiters 」 2007 オーストリア/ドイツ 主演のサリー(サイモン・ゾロビッチ)にオーストリア出身のカール・マルコヴィクス。 原作者でもある印刷技師のアドルフ・ブルガーに「青い棘/2004」のアウグスト・ディール。 ナチスの“ベルンハルト作戦”隊長フリードリヒ・ヘルツォークに「厨房で逢いましょう/2006」「イェラ/2007」のデーヴィト・シュトリーゾフ。 監督、脚本はオーストリア出身のステファン・ルツォヴィツキー。 ... [続きを読む]

受信: 2008年2月 6日 (水) 23時20分

» 【ヒトラーの贋札】 [日々のつぶやき]
監督:ステファン・ルツォヴィッキー 出演:カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ 『完璧な贋札。それは俺達の命を救うのか。それとも奪うのか-』 「第二次世界大戦の真っ最中、各地の収容所からザクセンハウゼン強制収容所... [続きを読む]

受信: 2008年2月 7日 (木) 15時33分

» ヒトラーの贋札 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか──』  コチラの「ヒトラーの贋札」は、1/19公開となった"ナチス・ドイツが行った国家による史上最大の紙幣贋造事件。この驚くべき歴史的事実に隠された、ユダヤ人技術者たちの正義をかけた闘いの物語...... [続きを読む]

受信: 2008年2月 7日 (木) 22時55分

» 感想/ヒトラーの贋札(試写) [EDITOREAL]
世界中に深いドラマが埋もれているなぁ! 『ヒトラーの贋札』1月19日公開。紙幣やパスポートの偽造でならしたユダヤ人サリーは、ベルリンで逮捕されてしまう。連行されたそこは、強制収容所だった。やがて彼はザクセンハウゼンへと移送され、そこで贋札作りを命じられる。自らの命を守るために贋ポンドを完成させたサリーほかユダヤ人技術者たち。しかしそれはナチスを助ける行為であり、すなわち同胞が依然虐殺され続けることを意味していた。 ヒトラーの贋札 / THE COUNTERFEITERS 世界最大の紙幣偽造事... [続きを読む]

受信: 2008年2月 8日 (金) 00時35分

» ヒトラーの贋札/カール・マルコヴィクス [カノンな日々]
しばらくシャンテシネに行ってなかったからこの映画の予告編もたぶん一度も観てないんだけど、チラシや紹介記事など読んでみると骨太そうな社会派ヒューマンドラマな感じだったのでとても気になっていた作品です。シャンテシネは公開直後は激しく混むので時間差アタック、で....... [続きを読む]

受信: 2008年2月 9日 (土) 17時53分

» ヒトラーの贋札 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
第二次世界大戦中のドイツ。ユダヤ人強制収容所の一画に各地から集められたユダヤ人の職人たちが働かされている秘密工場がありました。パスポートや紙幣の偽造の罪で逮捕されたサリーも、ユダヤ人であったため強制収容所に送り込まれますが、そこから、この工場に移送されます。そ... [続きを読む]

受信: 2008年2月 9日 (土) 20時25分

» ヒトラーの贋札 [B級パラダイス]
一番最後の回を鑑賞しましたがほぼ全席埋まり、満員御礼状態でした。やはりヒトラー関係は興味を持つ人が多いんでしょうか。 [続きを読む]

受信: 2008年2月 9日 (土) 22時04分

» 映画 『ヒトラーの贋札』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆国家による史上最大の贋札(がんさつ)事件と言われる、“ベルンハルト作戦”を題材にしたヒューマンドラマ。監督は『アナトミー』のステファン・ルツォヴィツキー。1936年のドイツ、ベルリン。パスポートや紙幣など、あらゆる偽造を行うプロの贋作(がんさく)師サリー(カール・マルコヴィックス)。犯罪捜査局の捜査官ヘルツォーク(デーヴィト・シュトリーゾフ)に捕らえられた彼は、マウトハウゼン強制収容所に送られる。そこは犯罪者の送られる刑務所ではなく、ユダヤ人を対象にした収容所だった。予告観ていたと... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 10時37分

» 『ヒトラーの贋札』  Die Fälscher [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
葛藤し、彼は如何にして生き続けたか。確かな手ごたえの感動作。 第二次世界大戦下、ザクセンハウゼン強制収容所で、選ばれたユダヤ人に贋札づくりの指令が下された。ナチスの暴虐、強制収容所のユダヤ人の悲劇を描いた映画はあまりにもたくさんあるものだから、その歴史的事実が重いからといって、何でもかんでも心に響くわけではない。でも、本作は、その題材の国家による史上最大の贋札事件「ベルンハルト作戦」のことをまるで知らなかったこともあって興味深かったし、アカデミー賞外国語映画部門にノミネートされたことも納得の素... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 01時12分

» 【2008-18】ヒトラーの贋札(にせさつ)(Die Falscher) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 国家による史上最大の紙幣贋造事件 その隠された真実 成功すれば同胞への裏切り 失敗すれば死 完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか── ナチス・ドイツが行った国家による史上最大の紙幣贋造....... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 21時42分

» 『ヒトラーの贋札』 8P [OL映画でいやし生活]
私的オススメ度:8P大勢で見にいってきました?。【STORY】1936年のドイツ、ベルリン。パスポートや紙幣など、あらゆる偽造を行うプロの贋作(がんさく)師サリー(カール・マルコヴィックス)。犯罪捜査局の捜査官ヘルツォーク(デーヴィト・シュトリーゾフ)に捕らえら...... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 22時07分

» 史実の裏側の物語―「ヒトラーの贋札」Part2 [豆酢館]
史実の裏側には、いつだって人間存在の真理が潜んでいる。 [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火) 17時21分

» ヒトラーの贋札 [利用価値のない日々の雑学]
今までその名称くらいしか存知得なかった「ベルンハント作戦」だが、謀略工作の専門家アルフレート・ナウヨックス親衛隊少佐が発案し、書類偽造課長ベルンハルト・クリューガー親衛隊少佐が指揮・実行した。その名前をとってこの作戦名が付いたということも全く知らなかった。この映画作品にあめように、のはザクセン・ハウゼン強制収容所に集められたユダヤ人技術者たちが実際に贋造した。1944年までに贋造された額はポンド札で1億3200万ポンドという驚きべき数字でに上り、その量は当時の全流通量の約10%に相当したという。約5... [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 23時08分

» ヒトラーの贋札 [映画通の部屋]
「ヒトラーの贋札」DIE FALSCHER/THE COUNTERFEITERS [続きを読む]

受信: 2008年2月23日 (土) 19時51分

» 映画『ヒトラーの贋札』を観て [KINTYRE’SDIARY]
8.ヒトラーの贋札■原題:DieFscher(英題:TheCounterfeiters)■製作年・国:2006年、オーストリア■上映時間:96分■日本語字幕:佐藤一公■鑑賞日:1月19日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ステファン・ル...... [続きを読む]

受信: 2008年2月24日 (日) 12時23分

» ヒトラーの贋札 ☆第80回アカデミー賞外国映画賞受賞作品 [銅版画制作の日々]
   第80回アカデミー賞 外国映画賞受賞作品 アカデミー賞受賞ということもあるので、他の映画紹介を飛ばしてこの作品のレビューを書く事にしました。2月5日、京都シネマにて鑑賞。平日にもかかわらず、大勢のお客さんなので驚きアカデミー賞にノミネートされていたこともあってかその辺はどうか分かりませんが・・・・。 まさか贋札偽造まで行われていたなんて、本当に驚きですナチス・ドイツで思い出すのは、アウシュビッツ強制収容所でのユダヤ人大量虐殺です。残虐なイメージが今も人々の... [続きを読む]

受信: 2008年3月 1日 (土) 11時54分

» 終戦まで生きていたい [CINECHANの映画感想]
39「ヒトラーの贋札」(ドイツ・オーストリア)  1936年ベルリン。賑わう夜の酒場で商売に精を出すサロモン・ソロヴィッチ、通称サリー。彼は秀でた芸術的才能を利用し、パスポートや紙幣などの偽造を行う贋作師だった。しかし、彼は犯罪捜査局の捜査官ヘルツォークに捕らえられてしまう。  ホロコーストが始まっていた時代。サリーはマウトハウゼン収容所に囚われる。その後彼が送られたのはザクセンハウゼン強制収容所。サリーの他に印刷技師ブルガー。画学生コーリャなどユダヤ系の技術者たちが各地の収容所から送...... [続きを読む]

受信: 2008年3月 1日 (土) 12時07分

» ヒトラーの贋札 [ネタバレ映画館]
プラテンといっても食べ物ではない。 [続きを読む]

受信: 2008年3月 1日 (土) 20時31分

» 映画 【ヒトラーの贋札】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ヒトラーの贋札」 ナチス・ドイツによる史上最大の贋札事件「ベルンハルト作戦」を描いた作品。第80回アカデミー賞外国語映画部門ノミネート。 おはなし: ナチスは敵国イギリス国内経済に打撃を与えるため、大規模な偽ポンド札の製造に着手する。各地の収容所から印刷技術の専門家のユダヤ人をかきあつめ、ヘルツォーク親衛隊少佐のもと作戦は開始された。ニセ札作りのプロ、サロモン・ソロヴィッチ(カール・マルコヴィクス)もリーダーとしてそこに加わった。 先日原案本を読んだばかりなのですが、本とはまた... [続きを読む]

受信: 2008年3月 3日 (月) 09時35分

» ヒトラーの贋札 [ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!]
”Die Faelscher”(The Counterfeiters)原作=アドルフ・ブルガー著「ヒトラーの贋札 悪魔の仕事場」。脚本・監督=ステファン・ルツォヴィッキー。祝・アカデミー賞外国語映画賞受賞!☆☆☆☆★ ... [続きを読む]

受信: 2008年3月 3日 (月) 15時11分

» ★★ 『ヒトラーの贋札』 [映画の感想文日記]
2007年。ドイツ。DIE FALSCHER.  ステファン・ルツォヴィツキー監督・脚本。  ナチス・ドイツによるイギリスとアメリカの経済崩壊を狙った「ベルンハルト作戦」を、実際ににせ札製造に従事したユダヤ人、マ... [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 07時38分

» 囚人たちの心の温度差。『ヒトラーの贋札』 [水曜日のシネマ日記]
第二次世界大戦中のドイツ、ザクセンハウゼン強制収容所で行われていた実在の事件を題材に描かれた作品です。 [続きを読む]

受信: 2008年4月28日 (月) 12時38分

» ヒトラーの贋札 [映画を観たよ]
まだまだ出てくるドイツの歴史 [続きを読む]

受信: 2008年5月 1日 (木) 20時14分

» ヒトラーの贋札 [シネマと書店とライブハウス]
ヒトラーの贋札 [DVD]/カール・マルコヴィクス,アウグスト・ディール,デーヴィト・シュトリーゾフ ¥3,990 Amazon.co.jp 前回、言った通りこの作品の紹介。 はは~ん、なるほどね~! おぬし、なかなか、やりおるよの~! といった感じの映画なのです。... [続きを読む]

受信: 2010年6月28日 (月) 00時51分

» ヒトラーの贋札 [EURISKO2005]
 NHKBSプレミアムBSシネマからの録画。  ナチスが計画したベルンハルト作戦 [続きを読む]

受信: 2011年5月31日 (火) 21時26分

» ヒトラーの贋札 【映画】 [Balkan's Memorandum]
DIE FALSCHER 2007年 ドイツ/オーストリア ステファン・ルツォヴィツキー(監督) カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ、マリー・ボイマー他... [続きを読む]

受信: 2013年6月24日 (月) 05時12分

« 本 「図書館革命」 | トップページ | 「Little DJ 小さな恋の物語」 後悔したくない »