« 本 「月に繭 地には果実」 | トップページ | 「アース」 太陽と、水と、生きものと »

2008年1月12日 (土)

「のだめカンタービレ inヨーロッパ」 見所はやはりヨーロッパロケ

一昨年放映された月9ドラマ「のだめカンタービレ」のスペシャル版です。
月9の時はのだめと千秋がヨーロッパに旅立つところで終了しましたが、今回のスペシャル版ではその後の二人が描かれています。
現在も原作は続いていますが、基本的にドラマは原作に忠実に展開していきます。
第一夜は千秋の指揮者コンクール、第二夜はのだめのリサイタルが話の中心になり、また二人の距離が離れたり近づいたりするところが横軸になります。

見所といったら、まずはヨーロッパでのロケでしょう。
多分、のだめと千秋の屋外シーンはほとんどロケですよね。
映画ならまだしも、スペシャル版とはいえテレビドラマでこれだけ海外ロケをしているなんて、なんて贅沢。
一度だけパリは行ったことがありますが、自分が見た名所に千秋やのだめがいるのを観るのはなんだか感慨深かったです。
クリスマスの街の中を千秋が歩くシーンがありましたが、これは昨年末に撮影したんですよね。
クリスマスに撮影し、編集して、年初にオンエア。
監督、スタッフは年末年始返上だったのでしょう。
お疲れさまでございます。
ヨーロッパでのコンサート、リサイタルの会場もヨーロッパでのロケですよね。
月9の時にサントリーホールでのコンサートシーンも凄いなと思いましたが、さすがヨーロッパのホールはまた風格が違う。
そのあたりも画面から伝わってきました。

あと見所はキャストですね。
もともと月9のドラマの時から、原作のキャラクターのイメージを損なわずにキャスティングしていると思いますが、ヨーロッパ篇から登場するキャラクターもいいキャスティングだったと思います。
原作に登場する、のだめ&千秋の下宿先にいる学生、フランク(フランス人)とターニャ(ロシア人)はキャストはどうするのかなーと思っていたら、ウエンツ瑛士さんとベッキーさんでした。
見た目外人だし、日本語うまいし、なるほどなキャスティング。
中国人の美人ピアニストの孫Ruiを山田優さん、小柄な日本人指揮者片平を石井正則さんというのも原作のイメージぴったり。
原作でも印象的だった片平のジャンプしながら指揮をする様子というのは、なかなか見物です。

月9の時も原作に忠実に漫画的な表現が取り入れられてましたが、パリの橋の上でののだめと千秋のケンカがあまりに原作通りで笑えました。
よくぞあそこまで原作に忠実に表現できますよね。
画面の展開のテンポもほんとに漫画を読んでいるように小気味よくて、すばらしい。
作っているスタッフが原作の漫画が好きなんでしょうね。
そういうのが伝わってきます。

また漫画を最初から読み直そうかなー。
何度読んでも楽しめるのが「のだめ」の魅力です。

月9ドラマ「のだめカンタービレ」の記事はこちら→
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」の記事はこちら→
アニメ版「のだめカンタービレ」の記事はこちら→

|

« 本 「月に繭 地には果実」 | トップページ | 「アース」 太陽と、水と、生きものと »

コメント

空さん、こんにちは!

のだめのドラマはスタッフも原作が好きなんだろうなーと感じますよね。
そういえば、ユンロンでていなかった!
原作であった下宿の仲間たちでのスパゲッティの奪い合いなかったですねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年1月19日 (土) 16時57分

ミチさん、こんにちは!

今回のスペシャルはやはりあのロケですよねー。
漫画読んだ時は、ヨーロッパ編に入ってからはテレビだと映像化むずかしいだろうなあと思っていましたが。
フジテレビは気合い入れましたねー。
原作、ぼちぼち読み直してますー。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年1月19日 (土) 07時19分

こんにちは!
TBありがとうございました(^^)
大いに楽しめた二日間でしたね~♪幸せでした!
今回もスタッフの愛を、ヒシヒシと感じましたね☆
「もじゃもじゃ組曲」も聴けましたし(笑)
個人的には、ユンロンを見たかったのですが・・・。

また、のだめたちに会えるといいですねっ♪

投稿: | 2008年1月16日 (水) 10時18分

こんばんは♪
お正月の番組の中で「のだめ」が一番満足度が高かったです。
フランス編で原作をあそこまで再現してくれるとは思いませんでした。
私もはらやんさんやたいむさんみたいに原作を読み直そう~って思っているところです。

投稿: ミチ | 2008年1月15日 (火) 23時09分

たいむさん、こんばんは!

絶対無理だと思っていたヨーロッパ篇、気合いの入ったロケで見応えありました。
中でもドラマの構成は見事でしたよね。
原作ファンが見たいところははずさず、きちんと時間内におさめるというのをとてもうまくやっていたように思います。
一度読んだ本(漫画も)はあまり読み返さないほうなのですが、のだめは何度も読みたくなっちゃいます。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年1月15日 (火) 20時15分

はらやんさん、こんにちは。
キャストも構成も、相変わらずに巧妙でしたねー。大満足な続編ヨーロッパ編でした。
若干時系列に入れ替えはあるけれど、上手くアレンジしているし、言うこと無しというか、絶賛の言葉しか出てきません。

最近は新刊が出て、前巻をチェックする程度でしたが、私も欧州編から読み直したくなりました。やっと時間が作れそうなので、チビチビ読もうと思ってます(^^)

投稿: たいむ | 2008年1月14日 (月) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/17671124

この記事へのトラックバック一覧です: 「のだめカンタービレ inヨーロッパ」 見所はやはりヨーロッパロケ:

» ドラマ「のだめカンタービレ(ヨーロッパSP)」感想 [Wilderlandwandar]
なんだか知らんがヤタラ面白かった♪♪ これは原作も読んでないし、ドラマ本放送中も [続きを読む]

受信: 2008年1月13日 (日) 18時12分

» のだめカンタービレ in ヨーロッパ [Akira's VOICE]
ブラボーなスペシャル♪ [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 10時49分

» のだめカンタービレ in ヨーロッパ [そーれりぽーと]
待ちに待ったテレビドラマ版『のだめカンタービレ』の続き、『二夜連続ドラマスペシャルのだめカンタービレ in ヨーロッパ』の二夜目が終わった。 上手いわー、原作と連ドラ版のクオリティーをどこまで保てるのかちょっと心配してたんだけど、言葉の壁対策完璧だったし、エピソードの区切りも大満足で、年甲斐も無く少女漫画原作のドラマに感動してかなりの頻度でウルウルと。 ストーリー的に感動するような場面だけじゃなくて、クオリティーの高さの方に感動しまくり。 よくあそこまで原作に近い形のロケが出来たもんだ。 連ド... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 18時43分

» 『のだめカンタービレ in ヨーロッパ(第二夜)』感想☆ [たいむのひとりごと]
第二夜は【(ほとんど)のだめ編】いよいよ音楽学校が始まり、いままでの”ツケ”ともいえる試練の数々がのだめにジャブ・ジャブ・ボディブローを食らわし、ジワジワとのだめを追い詰めていく。頼みの綱の千秋はシュ... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 22時39分

» のだめカンタービレ in ヨーロッパ 第二夜 [Happy☆Lucky]
のだめカンタービレ in ヨーロッパ 第二夜 [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 15時26分

» 「のだめカンタービレ 新春スペシャル IN ヨーロッパ」第一夜 [ミチの雑記帳]
ドラマ「のだめカンタービレ」が終わってからちょうど一年。 待ちに待ったフランス篇第一夜でした。 連ドラが盛り上がると「続編希望〜!」の声が上がることは多いですが、「続編決定!」となるとワクワク感が高まると共に少々の不安があったのは否めません。 あの面白さと感動は再び味わえるのか、キャラクターが微妙に変わっていないか、などなど。しかも今回は「フランス篇」です。“外国人”問題をどーするのか! そんなこと心配する必要なんて無かった! だいたい、竹中直人に付け鼻つけて強制的に外人に見せていたドラマですか... [続きを読む]

受信: 2008年1月15日 (火) 23時06分

» のだめカンタービレ in ヨーロッパ 新春ドラマスペシャル [mama]
2008年:フジテレビ 原作:二ノ宮知子 出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、遠藤雄弥、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、石井正則、福士誠治、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人 ニ夜連続ドラマスペシャル。 第一夜。のだめと千秋は桃ヶ....... [続きを読む]

受信: 2008年1月16日 (水) 07時34分

» のだめカンタービレinヨーロッパ第二夜 Special Lesson2 [空の「一期一会」]
■面白かった~♪そして、感動しました~(涙) 今回は、のだめの“井の中の蛙”“千 [続きを読む]

受信: 2008年1月16日 (水) 10時09分

» 『のだめカンタービレinヨーロッパ』第二夜 [C'est Joli]
『のだめカンタービレinヨーロッパ』第二夜がはいった。Nakajiの夢の二日間も終わってしまいました。 第2夜は、背景はマンガに忠実でもありーの中に、ちゃんと東京の仲間たちが描かれているのが、ありがたかったな〜マンガだと、フランスの2人とその仲間たちが描...... [続きを読む]

受信: 2008年1月19日 (土) 20時26分

» のだめカンタービレ スペシャル [シネ・ガラリーナ]
クラシックの本場、ヨーロッパロケを贅沢に行って、なかなか楽しいスペシャル版でしたね~。年末年始のドラマではダントツに面白かった。 本作はとにもかくにも、上野樹里だろうと思います。玉木くんの白目も話題にはなりましたが、それは開き直れば誰でもできることです。のだめ演じる上野樹里は「ハチクロ」の蒼井優を思い出させます。本来の彼女の性格も似ているのかも知れませんが、これは自分からのだめと言うキャラクターに歩み寄るのではなく、明らかにキャラクターを自分自身に引き寄せている。演技者としての才能を感じます。... [続きを読む]

受信: 2008年1月23日 (水) 15時50分

« 本 「月に繭 地には果実」 | トップページ | 「アース」 太陽と、水と、生きものと »