« 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 恐ろしい共生関係 | トップページ | 本 「暗号解読 -ロゼッタストーンから量子暗号まで-」 »

2008年1月19日 (土)

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 10代の死生観

10代。
あまり死というものにリアリティのある実感は持てない年頃。
平和を謳歌している日本においては、まだ養ってもらえる年齢なので毎日ダラダラとしていても生きていけるし、親もまだ若い。
死というものをつかみきれていない分、生きているということもリアリティを持って実感もできない。
僕も10代ではそうだった。
今でこそ、死というものに何度か接し、年相応に幾ばくかの死に対する意識や考えはあるけれど、10代で死というものに直面したらどう感じただろうか。

「あたしが悲しくなればなるほど、アイツは強くなるんだよ」
絵理の前に突然出現した謎のチェーンソー男。
エンジン音のうなりとともに攻撃してくるチェーンソー男と絵理は戦う。
絵理は突然の交通事故で両親と弟を失った。
先にあげた絵理の台詞からわかるように、チェンソー男は絵理の心の中の絶望のメタファーだ。
チェンソー男と絵理の戦いは、彼女の心の中での「死にたいと願う心」と「生きたいと願う心」の戦いである。
彼女の心の悲しみが大きくなればなるほど、死への願望が強くなる、それに絵理の生への願望が負けそうになったとき陽介に出会った。

陽介は無為に学生生活をおくっている高校生。
自分自身が生きているという実感がもてない、なんだか焦ったりもするが、だからといって行動を起こすほどこともない。
けれども親友の能登の死に直面する。
彼は何か生き急いでいるように見えた。
生き急いでバイクで事故って死んだ。
陽介には、なんだか能登が何かを達成したような感じがしてならなかった。
生きているのか死んでいるのかわからない、何もビジョンもなくダラダラ生活している自分より、能登の方がほんとに生きているような気がしたのだろう。
ダラダラ生きるより、死に花を咲かせたい。
それは彼の独白から感じられる。
「俺は、最高のエンディングを求めていた」

近しい人の死によって、自らも「死」の世界に行きそうになるのを、ギリギリで「生」の世界に踏みとどまっている絵理。
近しい人の死によって、ダラダラとした「生」の世界から、目的のある「死」の世界に憧れる陽介。
それぞれの「生」と「死」のエッヂに立っている二人が出合い、一緒に戦うことによって彼らは「生」というものを感じる。
陽介は絵理がチェーンソー男と繰り広げるギリギリの戦いを見ることにより、彼女が「生」というものに懸命にすがりつこうとしていることを感じる。
絵理は何もできないながらも自分を助けようとする陽介に「生」への希望を感じる。
「生」にはびっくりするようなハラハラするようなことはない。
けれども絶望ばかりがあるわけでもない。
だったらやはり「生き続ける」ということがカッコいいことなのだろう。
生を実感できず、安易に死を選ぶ若者が多いと言われたりもするが、この映画では今の10代の死生観みたいなものが描かれているような気がします。

市原隼人さん主演「神様のパズル」の記事はこちら→
市原隼人さん主演「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 恐ろしい共生関係 | トップページ | 本 「暗号解読 -ロゼッタストーンから量子暗号まで-」 »

コメント

シムウナさん、こんにちは!

この記事を書いたとき、薬品を使った自殺が多かったんですよ。
僕自身10代の頃は「死」については正面から考えることもなかったのですが、最近の若い人は安易に「死」を選びすぎているような気がしたので、こんな内容になったのだと思います。
それが最近は自分だけにとどまらず、周りの人の「死」にも無頓着になっているのも気になりますね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年10月18日 (土) 13時09分

こんばんは、はらやんさん
10代の死生観ですか・・・
10代なんて、はらやんさんの意見と同様に
全く死なんて考えたことないですね。
ただ、身内の不幸があってからは
死生観について考えてしまいました。

誰も若いときに、死について
教えてくれませんからね。

投稿: シムウナ | 2008年10月17日 (金) 20時25分

ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは!

昔に比べていろいろな制約がなくなったり、情報も多くなった分、やる気があればなんでもできてしまうところで、かえって若い人はやりたいことが見つからないという悩みがあるのかもしれませんね。
主人公の友達がいろいろ手を出すけれど続かないというのはなんだかそういうのを表しているような気がしました。
でも考えて止まっているよりは動いてみた方が何か見つかりますよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年2月16日 (土) 14時20分

こんにちは!
自分の青春時代を考えたら充分、やりたいことやって生きているように見えるのに、そこで鬱々と考えてしまうのが若者なのでしょうかね。
今高校2年の娘を見ていると、そのまんま映画のとおりです。
彼女もチェーンソー男と戦っているのでしょう。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2008年2月13日 (水) 11時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/17754234

この記事へのトラックバック一覧です: 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 10代の死生観:

» 戦う意味??(映画/ネット試写会:ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ) [美味!な日々]
Yahoo!!のネット試写会(おうちで上映会)の抽選に当たり、映画『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』を観ました。ネット試写会は途中で一時停止したり巻き戻したりできるのがやっぱり便利!... [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 01時42分

» 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:市原隼人、関めぐみ、浅利陽介、三浦春馬、他 *監督:北村拓司 *原作:滝本竜彦 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待..... [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 04時57分

» 生きてる奴が一番エライ! [MESCALINE DRIVE]
先日、渋谷で映画を観た。 2008年、劇場における最初の映画観賞だ。ネーミングライツによって深い傷を負った渋谷C.C.Lemonホールの、比較的後方の座席での観賞。なかなかに盛況だった。 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」を観た。 友人がバイク事故で死んだ...... [続きを読む]

受信: 2008年1月20日 (日) 13時44分

» ネガティブハッピー・チェンソーエッヂ 【称号:愚作】 [映画細胞~CinemaCell]
平凡な高校生の陽介の前に、制服姿の美少女、絵理が現れる。彼女は毎晩、チェーンソー [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 09時51分

» 映画 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 [ようこそMr.G]
映画 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 00時16分

» 映画「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 [happy♪ happy♪♪]
平凡な高校生、山本陽介(市原隼人)の前に現れた 美少女・雪崎絵理(関めぐみ) 彼女が夜な夜な戦うのは、チェーンソーを振り回す不死身の大男。 何のために戦っているのか分からないが 「とにかく奴を倒さないと世界に希望は無い」らしい。 目的の無い青春の日々を埋めるように“チェーンソー男”との戦いに 没頭していくふたり。 「彼女を守ってカッコ良く死ねるなら、それでオッケー!」と思う陽介と、 絵理との距離は、日常と非日常の狭間で次第に近づいていく。 (感想) 色々、突っ込みどころ満載の作品ですが 今... [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 08時59分

» 【映画】ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ [新!やさぐれ日記]
■動機 「な行」強化月間&復活(?)の市原隼人 ■感想 バカ映画なのか真面目映画なのか・・・ ■満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ■あらすじ 目的もなく平凡な日々を送る高校生の陽介(市原隼人)は、謎めいた制服の美少女、絵理(関めぐみ)と出会う。彼女はチェーンソーを振り回す不死身の大男と毎晩戦っているが、その理由は分からない。つまらない日々を埋めるように、陽介も“チェーンソー男”との戦いに没頭していくうちに、絵理との距離が近づいていく。 ■コメント 色々と中途半端にするくらいなら... [続きを読む]

受信: 2008年1月22日 (火) 22時47分

» ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ<試写会> [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <スペースFS汐留> 監督:北村拓司 脚本:小林弘利 CGプロデューサー:豊嶋勇作 原作:滝本竜彦 平凡な高校生の陽介は、ある晩日々の閉塞感から万引をするがすぐに店員に見つかり、自転車に乗って逃げ出す。そのまま公園に来た陽介は、そこでひとり佇む制服姿の少女の様子に何かを感じ、声をかける。すると突然、二人の前にチェーンソーを持った黒ずくめの不気味な男が現れ・・・。 最近の高校生は大変ですね。女の子の気を引くために不死身のチェーンソー男と闘わなければならないなんて。{/face... [続きを読む]

受信: 2008年1月23日 (水) 03時26分

» 防御力1.65倍アップ! [CINECHANの映画感想]
18「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」(日本)  山本陽介はごく平凡な高校生。親友の能登がバイクの事故で死んでから、自分の人生がよけいにつまらないものに見えていた。そんな彼の前に現れたのが、制服の美少女、雪崎絵理。彼女は夜な夜なチェーンソーを振り回す不死身の男と戦っていた。何故戦うのかはわからないが、ダラダラと日々を送っていた陽介は、この戦いに参加することを申し出る。  何かが変わるかもしれない。そう思った陽介だったが。... [続きを読む]

受信: 2008年1月28日 (月) 01時41分

» 『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』 [唐揚げ大好き!]
『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』   誰でも一度は死にたがる…なんとなく     関めぐみはもの凄く可愛く、市原隼人は根性なしでイラッ!!とさせる演技をさせたら上手いなぁと思わせる映画でした・・・。 それだけです・・・。  ホントだよ。  ... [続きを読む]

受信: 2008年1月28日 (月) 05時54分

» 【2008-14】ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ NEGATIVE HAPPY CHAIN SAW EDGE [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 誰でも一度は死にたがる・・・なんとなく [続きを読む]

受信: 2008年1月31日 (木) 23時06分

» 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 [みんなシネマいいのに!]
 ここ最近、ほとんど小説を読まない自分だが、瀧本竜彦の「NHKへようこそ」は一気 [続きを読む]

受信: 2008年2月 1日 (金) 23時37分

» ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ/市原隼人 [カノンな日々]
タイトルを覚えたつもりがあやふやで、チケット買う時にしどろもどろになりそうでした。面白いかどうかは別にして(でも予告編は好き)このキャスティングは私を引き付けるのに十分なんです。普通に青春映画でも嬉しいんだけど、コレは何だろ?アクションホラー? 出演はそ....... [続きを読む]

受信: 2008年2月10日 (日) 10時55分

» ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ [Good job M]
公開日 2008/1/19監督:北村拓司出演:市原隼人/関めぐみ/浅利陽介/三浦春馬/野波麻帆/新上博巳/板尾創路 他【あらすじ】親友・能登を事故で亡くし、ダラダラと日々を送る陽介はこの戦いに参加することに。何かが変わるかもしれない。目的の無い青春の日々を埋めるよう...... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 10時09分

» ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ [ネタバレ映画館]
 ホラー映画の皮をかぶったバカ映画ではなく、バカ映画の皮をかぶった青春映画だった? [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 21時17分

» ネガティブハッピー・チェンソーエッヂ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
なぜか誕生日の映画鑑賞はこれ・・・どういうチョイスなんでしょう(笑)目的が見つからずになんとなく毎日を過ごす陽介。親友の能登はバイクの事故で逝ってしまった。いつも彼は陽介を周回遅れで前を行く。おまえはかっこよすぎるよ・・・そんな陽介の前に現れたのは謎のチェ... [続きを読む]

受信: 2008年2月11日 (月) 23時48分

» ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ(映画館) [ひるめし。]
誰でも一度は死にたがる・・・なんとなく。 [続きを読む]

受信: 2008年2月12日 (火) 08時53分

» ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ [八ちゃんの日常空間]
乗り越える事をテーマにした漫画的青春映画!関めぐみちゃん、めちゃかわいいです。 [続きを読む]

受信: 2008年2月14日 (木) 21時29分

» ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ [わたしの見た(モノ)]
謎の“チェーンソー男”と戦う制服の美少女・絵理(関めぐみ) オープニングが時代劇セットの中で、 ワイヤーアクションを駆使し繰り広げられる。 イッキに引き込まれたが、そのあと急降下。 “チェーンソー男”の造形は、 ディテールに至るまで細かい。 予備知識なく観た... [続きを読む]

受信: 2008年2月15日 (金) 22時09分

» ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ [ともやの映画大好きっ!]
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 第5回角川学園小説大賞を受賞した瀧本竜彦の同名小説を映像化した青春映画。 いつも一緒につるんでいた高校生の山本陽介(市原隼人)、渡辺(浅利陽介)、能登(三浦春馬)の3人。しかし、能登がバイクの事故で帰らぬ人となってしまった。若くして死んでしまった能登を格好良いと思いながら、人生の目的も見つからず無為な日々を送る陽介。そんなある日、陽介はチェーンソーを振り回す不死身の男と戦う雪崎絵理(関めぐみ)と出会う。それ以来、毎夜陽介はチェーンソー男と戦う絵理の... [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 00時22分

» 「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」 監督:北村拓司 出演:市原隼人、関めぐみ、浅利陽介、三浦春馬、野波麻帆、板尾創路、堀井茶渡、坂田直貴、佐藤佐吉、木口亜矢、村田綾子、田中萌、大久保綾乃 家族と離れ寮生活をする高校生・山本陽介は親友の能登がバイク事故で亡くなってからというもの、自分の人生に漠然とした不安を感じていた。 自分と正反対の能登に憧れとコンプレックスを持つ陽介は、「自分も何かしなくては」と思いながらも何をしてよいのかわからず、ダラダラと悶々とした生活を送っていたある日の夕方、公... [続きを読む]

受信: 2008年2月17日 (日) 17時18分

» 若手の邦画3連発! [まじめにふまじめ★]
映画レポをサボってたんで、今回は溜まってた邦画を一気に3本 ドドッと紹介しちゃい [続きを読む]

受信: 2008年3月 2日 (日) 17時33分

» ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ [りらの感想日記♪]
【ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ】 ★★☆ DVD(2) ストーリー 人生の目的が見つからず無為な日々を送る中で不安と焦りばかりを募 [続きを読む]

受信: 2009年1月 7日 (水) 21時15分

« 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 恐ろしい共生関係 | トップページ | 本 「暗号解読 -ロゼッタストーンから量子暗号まで-」 »