« 本 「陰陽師 -安倍晴明と蘆屋道満-」 | トップページ | 本 「アフリカン・ゲーム・カートリッジズ」 »

2007年12月31日 (月)

「ティム・バートンのコープスブライド」 とってもティム・バートンらしい映画

年が明けると僕が大好きな監督の一人、ティム・バートンの「スウィーニー・トッド」が公開されます。
ということで気分を盛り上げるため、最近の作品の中でこれでけ見ていなかった「ティム・バートンのコープスブライド」をDVDで観賞しました。

とってもティム・バートンらしい映画ですね。
キャラクターも不気味かわいい。
ティム・バートンという人は、実写でもアニメでも驚くほど作品の世界のイメージは変わらないですよね。
「コープス・ブライド」の死者たちの世界は暗いながらも蛍光色でファンキーで「ビートル・ジュース」のやはり死者の世界を想起させます。
生者の世界は暗く青みがかった世界、こちらは「スリーピー・ホロウ」などが思い出されます。
彼の作品は死者の世界の方が、生者の世界よりもなんだか楽しそうに見えます。
生者は欲や差別があり人は生きているのだけれどなんだか辛いことばかりといった陰鬱な世界に住んでいる。
逆に死者はそういったしがらみがない世界に住んでいるので、なんだか自由で楽しく生き(?)られる。
彼の作品では、普通の人と違う人(異能の力を持った人)が登場することが多い。
それは死者だったり、人造人間だったりするわけですが、彼らは普通の人間から区別されとても孤独な想いをするわけです。
ティム・バートンは彼らにとてもシンパシーを感じているように見えます。
もしかすると彼も若い頃は「変わった子」として周囲に見られていたのかもしれません。
本作でもヒロインはコープスブライトであるエミリーですし。
見ていてもいつの間にかエミリーに共感してしまいます。

こちらの作品は「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」と同様でストップモーション(コマ撮り)・アニメで撮られています。
とても手間がかかる手法なので、最近はCGにとって変わられていますが、独特な動き、あと素材の風合いなどがでていて、なんだか人の手を感じるような感じがします。
CG全盛なのでこういうテイストは新鮮に感じますね。

ティム・バートンといえば音楽はダニー・エルフマン。
彼の音楽はとっても好き。
特に本作はエルフマンっぽい音楽が多くて堪能できました。
時折入るミュージカル風の演出も良かったです。
「スウィーニー・トッド」でもミュージカル風の演出ありそうですし、楽しみです。
そういえば本作で声優で出ていたジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターは「スウィーニー・トッド」でも共演ですね。
ティム・バートンは本当にこの二人が好きですねー。
あ、ヘレナはパートナーだから当たり前か。

ティム・バートン作品「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ


|

« 本 「陰陽師 -安倍晴明と蘆屋道満-」 | トップページ | 本 「アフリカン・ゲーム・カートリッジズ」 »

コメント

由香さん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ディム・バートンのキャラクターってパッと見は気味が悪いんですけれど、観ているうちに愛らしくなっていくんですよね。
この作品のコープスブライドもそうでした。

「スウィニー・トッド」楽しみですよねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年1月 2日 (水) 21時36分

はらやんさん、明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いします。

私もスウィーニー・トッド楽しみにしています。
ティム・バートン監督とジョニーの最強ペアの作品ですので、きっと面白いでしょうね♪

この映画は、ちょっと人形が可愛くなかったですが楽しめました~
吹き替えで観てしまったので、ジョニーファンとしては字幕で観なくちゃと思っています。

投稿: 由香 | 2008年1月 2日 (水) 15時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/17530370

この記事へのトラックバック一覧です: 「ティム・バートンのコープスブライド」 とってもティム・バートンらしい映画:

» コープス・ブライド [Akira's VOICE]
あたたかみを感じる骨たち♪ [続きを読む]

受信: 2007年12月31日 (月) 17時11分

» ★「ティム・バートンのコープスブライド」 [ひらりん的映画ブログ]
「チャーリーとチョコレート工場」に続くティム・バートンXジョニー・デップ。 しかも、「ナイトメア・ビィフォア・クリスマス」調のストップモーション・アニメ。 2005年製作のファンタジック・ラブ・コメディ・アニメ、77分もの。 あらすじ 成り上がりの金持ち(魚屋)の息子・ビクター。 貴族の娘・ビクトリアとの政略結婚間近。 リハーサルではとちってばかり・・・ そこで森に逃げ込み、こっそり練習を・・・ 相手の指に見立てて小枝に指輪をはめ・・・ 誓いの言葉を述べたら・・・ じゃじゃじゃーーーーん。 突然、... [続きを読む]

受信: 2007年12月31日 (月) 17時56分

» 『コープスブライド』 (初鑑賞20本目・DVD) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) これも劇場で観たくてたまらんかったんですが、3月5日にやっとDVDで鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2007年12月31日 (月) 20時05分

» 「ティムバートンのコープス・ブライド」 [てんびんthe LIFE]
「ティムバートンのコープス・ブライド」 丸の内ピカデリー2で鑑賞 初日1回目は吹き替えなので2回目の字幕で。11:30からの渋谷にしようかとも思ったけど、どうせなら大きな画面で見ようと思って1時間遅らせました。それにしても、ティム・バートンの偉大さに感服。今までに、たとえアニメであろうと作品に監督の冠が付いているのってありました?私の記憶には無いんだけどたいした記憶力ではないので当てにはならないけど。「ティム・バートンの…」って。日本で言えば「宮崎駿の…」とは言わないし、主演俳優だってたまーに... [続きを読む]

受信: 2008年1月 1日 (火) 03時03分

» 「ティム・バートンのコープスブライド」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ティムバートンのコープスブライド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声):ビクター・バン・ドート(ジョニーディップ)、コープス・ブライド(ヘレナ・ボナム=カーター)、ビクトリア・エバーグロット(エミリー・ワトソン)、他..... [続きを読む]

受信: 2008年1月 1日 (火) 19時11分

» ティム・バートンのコープスブライド [ネタバレ映画館]
 ウンパ・ルンパも参加!? [続きを読む]

受信: 2008年1月 1日 (火) 23時38分

» [Review] ティム・バートンのコープスブライド [Diary of Cyber]
『チャーリーとチョコレート工場』に続く、ティム・バートンのファンタジー映画。一部CG処理がなされているとはいえ、全てコマ撮りの映画とは…… 改めて、そのクオリティの高さに驚かされます。 その前に観たパペットの映画といったら、『チーム★アメリカ/ワールド・ポリス』。あれはあれで面白さとお下品さが全開で、全編を通して笑い(というより爆笑)を誘う映画でした。 コープス・ブライドは、同じコミカルでも性質は真逆。パペットなのに、表情が豊かで、コミカルな構成の中にもしんみりと... [続きを読む]

受信: 2008年1月 2日 (水) 08時05分

» コープスブライド [★YUKAの気ままな有閑日記★]
この映画の声をジョニー・デップがやっているんだ〜〜〜という事で、WOWOWで鑑賞―   ・・・って吹替えじゃん【story】19世紀ヨーロッパのとある村。親同士が欲得ずくで決めた結婚に戸惑いながらも、初めて会った瞬間からお互いに惹かれあった富豪の息子ビクターと、落ちぶれ貴族の娘ビクトリア。ところが結婚式の前日、森の中で一人結婚式の練習をしていたビクターが、誓いの言葉と共に結婚指輪をはめた枯れ枝は、地中に埋もれながら花婿の訪れを待ち続けていたコープスブライド・エミリーの朽ちかけた薬指だった―【comm... [続きを読む]

受信: 2008年1月 2日 (水) 15時11分

» ティム・バートンのコープス・ブライド [映画鑑賞★日記・・・]
今日みる予定ではなかったんですが今日見てきちゃいました。いやぁ〜映像がきれいだし、キャラクターが個性があっておもしろかった〜 アフレコははじめてだというジョニーも、いろいろな声のトーンを変えたりしてはじめてだとは思えないくらい上手でした。といっても見て...... [続きを読む]

受信: 2008年1月 3日 (木) 10時20分

» コープス・ブライド [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『冥土 in Love』  19世紀のヨーロッパの暗くて活気のない小さな村で、ある1組のカップルが結婚しようとしていました。  新郎のビクター(デップ)の父親のウィリアム(ホワイトハウス)と母親のネル(ウーマン)のバン・ドート家は、お金はあるけど家柄がよくありま...... [続きを読む]

受信: 2008年1月11日 (金) 21時44分

» 「ティム・バートンのコープス・ブライド」 [試写会帰りに]
ユナイテッドシネマとしまえんにて「コープス・ブライド」鑑賞。 「チャーリーとチョコレート工場」以上に楽しみにしていた「コープス・ブライド」。 ティム・バートンのコープスブライド 特別版 2006/3/3 発売! ストーリーも大体わかっているものの、あまりに素晴らしい人..... [続きを読む]

受信: 2008年1月13日 (日) 20時23分

« 本 「陰陽師 -安倍晴明と蘆屋道満-」 | トップページ | 本 「アフリカン・ゲーム・カートリッジズ」 »