« 本 「イリーガル・エイリアン」 | トップページ | 本 「陰陽師 -安倍晴明と蘆屋道満-」 »

2007年12月30日 (日)

「ガリレオ」 冷徹な論理と、ふと見える人間らしさ

今年の秋のクールのドラマは、3本ほど最終回まで追いかけたものがありました。
いつもは大概、途中でおもしろくなくてやめてしまうので、これはけっこう自分としては珍しい。
その3本の内で最も楽しみにして毎回観ていたのが、「ガリレオ」。
原作は東野圭吾さんの小説「探偵ガリレオ」「予知夢」ですが、東野さんの作品は読んだことがないので、まったく予備知識なしでした。
予備知識ないので、まったく期待も何もしていなかったのですが、初回を観てすっかりはまってしまいました。

「ガリレオ」というのは福山雅治さんが演じる帝都大学の教授湯川学のあだ名。
彼は広範で深い物理学の知識を持つ学者であり極めて論理的なものの考え方をする人物。
それゆえに人の曖昧な感情などは余計なものと思っている節があり、それで変人=研究バカで「ガリレオ」と呼ばれているわけです。

ミステリーというのは論理的な証拠の積み重ねと動機の確認により謎を解くというものですが、中でも極めて論理的な物理の法則から事件が実行可能であったかどうかということを証明して謎を解くというのが、当たり前のようですが、今まであまりなくてとても新鮮でした。
科学者らしい極めて冷徹な論理的アプローチなのですが、人間に対して不器用なため堅物に見える湯川の人間に対する洞察とやさしさみたいなものが、ふと見えたりするのがいい匙加減。
いったん謎を解く鍵がそろったときにひらめきが起こり、周囲に関係なく数式を書き散らし答えを導きだす湯川には熱いものがあるということも感じます(このとき流れるテーマソングがカッコいい)。
いつもは無愛想で取っ付きにくい人なのに、時折垣間見えるとても人間らしいところが湯川というキャラクターの魅力なのでしょうね。
相棒の内海刑事(柴咲コウさん)でなくても、女性はキュンとくるでしょうなあ。

<ネタバレあり>
はまってしまった初回のレーザーをトリックに使う話はなかなかでした。
物理的な仕掛けもさることながら、犯人像がとてもユニーク。
レーザーによる殺人を失敗しながらも何度も何度も何度も何度も試した偏執狂的な犯人。
殺人は一回でも成功すれば成立する。
そのために何十回でもトライアルをする。
これはミステリーとしてもけっこう盲点でありました。
真実が得られるまで、さまざまなパラメータをいじりながら実験を試みる湯川が陽とすれば、陰になる犯人。
その対比がおもしろい。
二人とも偏執狂的なものがあるにせよ、陰陽を分けたのは、人間を人間として見ているかどうかというその点だけだったのでしょう。
毎回の犯人も大物をゲストで登場させていますが、印象的だったのは最終回二部作の久米宏さん。
あまりに意表をつくキャスティングだったのですが、湯川の恩師で湯川以上に論理を尊ぶ役にぴったしカンカン(古いなあ)でありました。

「ガリレオ」湯川学というキャラクターを福山雅治さんが好演。
とつとつと講義をするように、いつも事件を持ち込んでくる内海刑事を論理的に言い負かすのですが、一歩間違えば嫌みになるところをさわやかな福山雅治さんが救っていて、いいバランスのキャラクターに仕上がっていました。
福山さんって女性誌のランキングでいつも上位に上がっていますが、改めてカッコいいもんなー、女性に人気でるわけだよなあと妙に納得してしまいました。

けっこう視聴率も良かったようですので、またシリーズあるかもしれませんね。
楽しみに待っていたいと思います。

映画化作品「容疑者Xの献身」の記事はこちら→
原作小説「探偵ガリレオ」の記事はこちら→

|

« 本 「イリーガル・エイリアン」 | トップページ | 本 「陰陽師 -安倍晴明と蘆屋道満-」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/17523436

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガリレオ」 冷徹な論理と、ふと見える人間らしさ:

» 秋の連ドラ徒然感想(長文です) [こたえがあるなら]
気がつけば11月も終わろうとしているじゃないの! 私が秋の連ドラの話題を書かないうちに!! がーんがーん・・・。 1ヶ月以上映画館とご無沙汰していたので、 その間、痛い腹を抱えて見ていたのは、10月クールの連ドラの嵐。 今期は福山君ファンとTOKIOファンにとっては夢のク..... [続きを読む]

受信: 2007年12月30日 (日) 23時24分

» ドラマ「ガリレオ」感想 [Wilderlandwandar]
本の感想で紹介した、探偵ガリレオのドラマがなんと月9で始りましたので、とりあえず [続きを読む]

受信: 2008年1月 1日 (火) 13時48分

» ガリレオ [Akira's VOICE]
最終回の感想 [続きを読む]

受信: 2008年1月 2日 (水) 11時00分

» 「ガリレオ」最終話 [日々“是”精進!]
 最終章「爆ぜる後編」湯川は、かつての恩師・木島を訪ねた。草薙からの連絡で、自然公園で発見された射殺体と、龍仁湖で起きた爆死事件の被害者がいずれも木島の会社の社員であることを知った湯川は、事件のことを切り出した。湯川は、どちらの事件の被害者も放射線被爆...... [続きを読む]

受信: 2008年1月 2日 (水) 12時17分

» ましゃと過ごすクリスマス(ガリレオ#10最終回) [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
半分くらい書いた所で保存しようと思ったら、エラーでまるっと消えた。何度やっても2時間以上復帰せずお預けwゲストが誰でも対応できる。それが|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο♪小さいけれど 部屋一面消臭 消臭プラグエステー消臭プラグCM「殿十一変化」でおなじみの殿こ....... [続きを読む]

受信: 2008年1月 5日 (土) 16時19分

« 本 「イリーガル・エイリアン」 | トップページ | 本 「陰陽師 -安倍晴明と蘆屋道満-」 »