« 「インベージョン」 あなたはだあれ? | トップページ | 「呉清源 極みの棋譜」中国人と日本人の間で »

2007年11月18日 (日)

「パンズ・ラビリンス」 不透明な時代のファンタジー

先日、いつもお世話になっているブロガーさん方とお食事をした時に、みなさんが高評価だったので、観に行ってきました。
ギレルモ・デル・トロ監督なので興味はあったのですが、タイミングを逸していたので、お薦めいただいて良かったです。
デル・トロ監督と言えば「ヘルボーイ」。
コミック原作の映画は数あれど、一風変わったダークな感じで好きな作品です。
映画の影響で、コミックも買ってしまいましたもん。
ちょっと脱線ですが、コミックの「ヘルボーイ」は傑作ですよ、話はおもしろいし、画はとてもスタイリッシュで上手ですし。
アメコミのイメージが変わりました。

そんなデル・トロ監督のファンタジーということで、一筋縄ではないだろうと思って観に行きましたが、やはり巷にあふれるファンタジー映画とは一線を画する作品でした。
最近作られているビックバジェットのファンタジー映画は、悪と善が戦い、善は悪の強大な力に圧倒されつつも、最後には勝つという組み立てになっています。
「正義は必ず勝つ」という安心して誰でも見られる構造ですよね。
ある意味歴史が始まり物語が作られるようになってからずっと昔から続いているような構造で、飽きもせずみんな観に行くのは(特にファンタジーブームと呼ばれる昨今は)なぜなんでしょう?
なんだか世界的に先行きが不透明で(戦争とか環境問題とか)、20世紀のように人間は進歩して世界は必ず良くなっていくんだというような楽観的な未来感がなくなっているからなのかもしれないと思いました。
せめて映画の中だけでも、勧善懲悪ですっきりと気持ちのよいものを観たいというみんなの気持ちの現れなんかじゃないかと。

この映画の舞台となるのはフランコ政権時代のスペイン。
ファシズムが蔓延し、各地で抵抗運動は起こるも、ずっと国民が抑圧されていた時代です。
主人公の少女オフェリアは母親とともにその再婚相手であるフランコ軍の大尉の家に住み始めます。
その大尉は残虐非道な男で、その土地の住民を搾取し、抵抗運動を激しく取り締まり、また身重の妻に対してもまるで(某政治家が言っていたように)自分の息子を産む機械のように扱います。
当然オフェリア対しても愛情の欠片すらもちあわせていません。
そんな生きていくのに希望を持てない状況において、オフェリアはさまざまな物語を読みます。
彼女にとって本の中にある物語は現実から逃避できる唯一の場だったのでしょう。

<このあとネタバレありです>

この映画で語られるオフェリアとパンが出てくる物語は、この映画の中においての現実なのかわかりません。
たぶんすべて現実ではなく、パンも妖精もラビリンスもオフェリアの想像していた世界だったのでしょう。
ラスト近くでオフェリアがパンと話している姿を見た大尉にはパンの姿は見えなかったことからもわかります。
つまり彼女の観たハッピーエンドな世界は、彼女に悲劇が襲いかかったその瞬間に彼女が観た想像の世界なのです。
とても残酷で救いのない現実の苦しみから逃れるには、オフェリアは自分の作り上げた幸せな物語の中に住むしか道はなかったのでしょうね。
なにか彼女が現実を逃避し物語の世界に浸り込んだということと、昨今の勧善懲悪のファンタジーがもてはやされるこの状況というのはとても類似しているような気がしました。
映画の中だけでも「正義が必ず勝つ」という物語が観たい、と。
だって現実はそうはならないから。
なんだか現実を変えることができないと、みんなが思っているような気がしたりしてちょっと不安になりました。

最近スリーアミーゴズと称されるデル・トロ、キュアロン、イニャリトゥですが、共通して非常に現実を苦界と描いているような気がします。
キュアロンの「トゥモロー・ワールド」で描かれる未来は、子が産まれないという先行きの見えない世界。
イニャリトゥの「バベル」はコミュニーション不全に陥った人々の苦しみの連鎖が描かれます。
あの映画では多少の希望はあるも、コミュニーション不全の問題は解決しておらず、人類がこれからも背負い続けなくてはいけないものとなっています。
本作でも現実はとても厳しく、一人の少女の力では決して変えることのできない重みがあるように見えます。
最後はいい結果に終わるさという楽観的なアメリカ映画とアメリカ人と、そのすぐ隣の国なのに現実がとても苦しいもの、そして変えにくいものという風にとらえるメキシコ人というのは、かなりメンタリティが違うというのが表れているのでしょうか。
先行き不透明なこの時代において、安易なファンタジーのような現実逃避ではなく、「パンズ・ラビリンス」はファンタジーでありながらも、逆に現実に眼を向けさせる映画なのかもしれません。

ギレルモ・デル・トロ監督「ヘルボーイ」の記事はこちら→

ギレルモ・デル・トロ監督「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「インベージョン」 あなたはだあれ? | トップページ | 「呉清源 極みの棋譜」中国人と日本人の間で »

コメント

花さん、こんばんは!

おとぎ話というのは元々はダークな雰囲気を持っていますが、本作はそのような感じが出ていた感じがしました。
現実に対して無力なオフェリアが痛々しかったですね。
ラストは賛否が分かれるところだとは思いますが、彼女が幸せと感じられればよいなと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年11月30日 (日) 00時14分

厳しい現実の中で、空想の世界へ迷い込んでしまった少女が痛々しかったです。
一味違ったファンタジー映画でした。

投稿: | 2008年11月27日 (木) 22時55分

ケントさん、こんにちは!

ケントさんがおっしゃるとおり、ファンタジー部分はオフェリアの想像の世界だと思います。
彼女には辛い現実から開放されるのは想像の世界だけだったのですよね。
強い願いや強固な意志があっても、安易には夢は叶わないというニヒリズムのようなものを感じました。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年4月20日 (日) 14時31分

はらやんさんこんにちは、ケントです。TBお邪魔しました。
ファンタジーというには、重く悲しいお話でしたよね。
観る人によってかなり意見が異なるような作品だと思いますが、僕には素晴らしい映画に見えました。
「ファンタジーでありながらも、逆に現実に眼を向けさせる映画」とはなかなか言い得ていますね(^^♪
ファンタジー部分はオフェリアの願望と妄想だと思いましたが、はらやんさんはどう感じましたか?

投稿: ケント | 2008年4月16日 (水) 13時21分

こたえさん、こんにちは!

あのラストはハッピーエンドともとることができると思いますよ。
あれが死であるかどうか明示されていないので、最後にオフェリアにとって主観的に幸せな世界にいけたという風にとるという解釈もあると思います。
江戸川乱歩じゃないですが「うつし世はゆめ、よるの夢こそまこと」ということなのかもしれません。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年1月12日 (土) 16時27分

カオリさん、こんばんは!

デル・トロ監督のテイストは独特なので好き嫌いあるかもしれないですね。
僕もグロいのは苦手なのですが、デル・トロ監督の作品は何故かOKなのです。
「バベル」にしてもこの作品にしても、おとぎ話のようなハッピーエンドではなく現実の過酷さみたいなものが伝わってきます。
オフェリアは現実として死んでしまったということですが、彼女の意識は彼女が幸せに生きられる世界にいけた(逃げたということではなく)ということでハッピーエンドであるという解釈もあるかもしれません。
つまり幸せは客観的な事象ではなく、主観的であるという意味で。
そう考えると「バベル」のラストにも似た一片の希望は残っていたような気もします。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年1月10日 (木) 20時26分

すみません、今頃…でもようやく見てまいりました。
いやー、確かにダークファンタジーでしたね~~!
でもあの結論を、最初「ハッピーエンド?」と思った
私の頭の構造こそがlabyrinthかもしれません(爆)

投稿: こたえ | 2008年1月 8日 (火) 23時54分

こんにちは。遅ればせながら観てきたのですが、グロさが生理的にダメでちょっと残念でした。
あの世界観と衝撃的なラストには息を呑みますね。さすがです。個人的には「バベル」のように、一粒でもいいから希望の光を抱かせてほしかった・・・と思います。

投稿: カオリ | 2008年1月 6日 (日) 11時50分

シャーロットさん、こんばんは!

>現実を映像と音の世界でどれだけ自分に重ねられるか共通項を見つけられるか、そんな事を想いながら見てます。
これ、僕もそんなところでてきました。
昨年は今まではあまり行かなかった単館系にも足を運ぶようになりました。
ブログを始めてから、映画を観てそれをきっかけに自分に照らし合わせていろいろなことを考えるようになりました。
そんなことがブログにも書けたらいいなと思っています。
頭からっぽで観れる大作も好きですけれど(笑)。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年1月 3日 (木) 18時34分

ファンタジーは現実世界の上に成り立っているものという話は古いですが「ネバーエンディングストーリー」等がいい例ですよね。
物事はまさに裏表は一体なんだなって思えます。
だから現実から逃避して幻想の世界に逃げ込んでも、結局逃れた幻想の世界でも逃げばかりでヒーローにはなれないものですよね。
映画を見るスタンスが私はこの頃変わりました。
あくまでも現実逃避として娯楽作品を求めていた頃とは違い、やはり現実を映像と音の世界でどれだけ自分に重ねられるか共通項を見つけられるか、そんな事を想いながら見てます。だから心がイタイ作品ばっかり見てるんですよねえ;でもそれが人間だ!って言われてると妙に納得したりして。
オフェリアは現実逃避したのではなく、現実の自分とちゃんと向き合って問題解決をはかろうと努力した、素晴らしい女の子ですよね。

投稿: シャーロット | 2008年1月 3日 (木) 15時27分

コブタさん、こんにちは!

この作品、皆さん評価高いですねー!
ハッピーな夢の世界というよりも、過酷な現実の中にいるため、そういう幸せになれる世界を作らざるを得なかったオフェーリアの哀しさを感じました。
映像もデル・トロ監督らしいヘビーな感じですばらしかったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年11月23日 (金) 15時37分

風情♪さん、こんにちは!
先日はどうもありがとうございました。
楽しかったですよね、またよろしくお願いします。

皆さんの評価高かったので、翌日早速いってきました。
確かにファンタジーでありながら、戦争のやりきれなさというのを描いている気がしました。
オフェーリアにとっては現実の世界の方が、苦界だったというのはちょっと悲しい気がしました。
けれど彼女の純粋な魂はあのような現実の世界では、生きにくかったのかもしれないですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年11月23日 (金) 07時45分

ノラネコさん、こんにちは!

先日はありがとうございました。
やっぱり映画が好きな人で集まると深い話ができて楽しいです。
またよろしくお願いします。

みなさんがとても評価していたのでさっそく翌日にこの映画を観てきました。
いわゆるハリウッド系のファンタジーとは一味も二味も違う作品でしたね。
なんだか、哀しみみたいなものがずっと通奏低音のようにあるような。
メキシコの映画というのはそういう切なさというか無常観というのがありますよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年11月23日 (金) 07時29分

こちらの作品、私も今年度の上位に来る作品でした。
それだけ、映像も物語も素晴らしく、あらいる意味で完成度が高いだけでなくとにかく魅せられたの一言だったように感じます。

おっしゃるとおり現実逃避の物語とみえて、過酷な現実をしっかり見せて現実に眼を向けさせる映画ですよね!

ひかりが強いからこそ陰がハッキリするように、この作品も現実がシッカリ描かれているから幻想もより濃くなっているうように感じました。

投稿: コブタです! | 2007年11月20日 (火) 19時09分

こんにちは♪
先日は楽しかったです。
また遊んでやってくださいね。

ファンタジーというフィルターを通して現実的な
戦争ドラマを見るのも初めてのように思えたしあ
のラストも悲しい結末だったけれどボクとしては
「幸」ととったので素晴らしく思えました。
ボクもノラネコさん同様に今年のベスト1か2かと
いったところです。(゚▽゚)v

投稿: 風情♪ | 2007年11月19日 (月) 10時09分

こんばんは。
昨日は久々にオバカな話ばっかりできて楽しかったです。
話にも出ましたが、これは今のところ今年のベスト1です。
生に死が侵食し、あまりにも悲しく切ないのに、どこか爽やかさすら感じる不思議な読後感。
メキシコ映画の勢いを感じさせる見事な一作でした。

投稿: ノラネコ | 2007年11月19日 (月) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/17111668

この記事へのトラックバック一覧です: 「パンズ・ラビリンス」 不透明な時代のファンタジー:

» 『パンズ・ラビリンス』 [Sweet*Days**]
監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他 アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞 1944年、内戦終結後も荒れるスペイン。父... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 22時08分

» パンズ・ラビリンス/イバナ・バケロ [カノンな日々]
10/5に公開された作品の中では文句なしの本命映画です。内容よくわかんなくてもあの予告編の印象、その映像美だけでドキドキさせられちゃうものがありましたね。各映画賞受賞うんぬんの肩書きなんてのはともかくとして、期待のダークファンタジーです。 出演はその他に、....... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 22時27分

» ★「パンズ・ラビリンス」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 00時44分

» パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
うわぁ・・・想像していたのと全然違う。 予告編の印象から、ちょっとダークな「不思議な国のアリス」、あるいはアニメ好きの ギレルモ・デル・トロならスペイン版の「千と千尋の神隠し」的な物を想像していた。 そして... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 01時48分

» パンズ・ラビリンス [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 メキシコ&スペイン&アメリカ  ファンタジー&ドラマ&ホラー  監督:ギレルモ・デル・トロ  出演:イバナ・バケロ      セルジ・ロペス      マリベル・ベルドゥ      ダグ・ジョーンズ 【物語】 1944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政権....... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 10時00分

» ★パンズ・ラビリンス(2006)★ [CinemaCollection]
ELLABERINTODELFAUNOPAN'SLABYRINTHだから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。上映時間119分製作国メキシコ/スペイン/アメリカ公開情報劇場公開(CKエンタテインメント)初公開年月2007/10/06ジャンルファンタジー/ドラマ/ホラー映倫PG-12【解説】「ブレイド2」...... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 10時31分

» 「パンズ・ラビリンス」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「パンズ・ラビリンス」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:セルジ・ロペス、イバナ・バケロ、アリアドナ・ヒル、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、他 *監督:ギレルモ・デル・トロ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからの..... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 15時32分

» パンズ・ラビリンス☆独り言 [黒猫のうたた寝]
時代は1944年スペイン内戦の時代・・・『パンズ・ラビリンス』観てきました。注目してたのはアカデミー賞で撮影賞・美術賞そしてメイクアップ賞を受賞している作品だったから監督がギルレモ・デル・トロって誰だっけ?調べてみると『ミミック』や『ヘル・ボーイ』の監督さん... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 23時27分

» パンズ・ラビリンス [Akira's VOICE]
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。 [続きを読む]

受信: 2007年11月20日 (火) 10時41分

» ●パンズ・ラビリンス (EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH) [コブタの視線]
久しぶりにファンタジー映画に魅せられた。 ここ数年ファナンタジー世界的に流行しファンタジー映画も多い。 しかしこの作品はそういった映画とは趣を異したダークな要素を含んだ... [続きを読む]

受信: 2007年11月20日 (火) 19時01分

» 映画「パンズ・ラビリンス」 [日々のつぶやき]
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ 予告で見た限りだと、間違いなく子供向けのファンタジーだと思っていました。が、たくさんのブログで高評価されていて、気になって... [続きを読む]

受信: 2007年11月22日 (木) 11時55分

» 映画「パンズ・ラビリンス」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Pan's Labyrinth この映画でのPG-12の意味は、成人保護者同伴で小学生を映画館に連れて行って、是非観せてあげてくださいという意味に違いない・・教育指導的お伽噺・・ オフェリア(イバナ・バケロ)は、身重の母カルメン(アリアドナ・ヒル)に連れられ... [続きを読む]

受信: 2007年11月23日 (金) 17時08分

» 『パンズ・ラビリンス』 [ラムの大通り]
(原題:El laberito del Frauno) ----これってずいぶん前に観たんじゃなかった? 「映画のポイントをどこにおいて、 フォーンに喋るか、 ちょっとそこを決めかねていたんだ」 ----イメージとしてはダークファンタジーだよね…。 「うん。 舞台は1944年のスペイン。 内戦で父を亡くした少女オフェリアは 母カルメンの再婚相手、 独裁者フランコに心酔するビダル大尉の元に身を寄せる。 大尉の子供を宿した母は日に日に衰弱。 一方、その義父は残忍な本性をちらつかせる。 孤独と不安に苛ま... [続きを読む]

受信: 2007年11月23日 (金) 23時14分

» パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
うわぁ・・・想像していたのと全然違う。 予告編の印象から、ちょっとダークな「不思議な国のアリス」、あるいはアニメ好きの ギレルモ・デル・トロならスペイン版の「千と千尋の神隠し」的な物を想像していた。 そして... [続きを読む]

受信: 2007年11月24日 (土) 00時52分

» あまりにも世界は残酷だから [CINECHANの映画感想]
291「パンズ・ラビリンス」(スペイン・メキシコ)  1944年内戦集結後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは身重の母親と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母親を労りながらも、冷酷な義父に馴染めないでいたオフェリア。  そんな彼女の前に妖精が現れ、彼女を森の中の迷宮へと導く。そこでは守護神であるパンが、遥か昔に王国を出てしまった王女の帰還を待っていた。パンはオフェリアに王女として魔法の王国へと戻るための3つ...... [続きを読む]

受信: 2007年11月24日 (土) 11時34分

» 「パンズ・ラビリンス」を観る [紫@試写会マニア]
またまたアカデミー受賞(撮影・美術・メイクアップ)作品を試写する機会に恵まれました。日本ではこの秋に公開予定なので、少し早めの試写会です。 「パンズ・ラビリンス」、直訳すると“妖精パンの迷宮”でしょうか。 ダークで、魅惑的で、人間の弱さと儚さとが併せ持たされたとても芸術性の高い作品でした。 舞台は1944年のファシズムが台頭するスペイン。 かのブルボン王朝が倒れ、共和制がしかれた国内では、国の成長期にはままある内戦時期が続きます。第二次時世界大戦の開戦は1939年、連合軍の優勢が報じられ... [続きを読む]

受信: 2007年11月24日 (土) 17時38分

» パンズ・ラビリンス [to Heart]
だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 脚本 ギレルモ・デル・トロ 音楽 ハビエル・ナバレテ 出演 イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ/アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロ 舞台は1944年のスペイン。 内戦終結後もフランコ政権の圧政に反発... [続きを読む]

受信: 2007年11月24日 (土) 18時42分

» パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚だし..... [続きを読む]

受信: 2007年11月25日 (日) 02時03分

» パンズ・ラビリンス [5125年映画の旅]
第2次大戦下のスペイン。少女オフェリアは身重の母と共に新しい父親である軍の大尉の元に送られる。残忍にレジスタンスを抹殺してゆく大尉に恐怖を感じるオフェリア。彼女はある晩、不思議な妖精の導きによって謎の迷宮に辿り着く。そこに現れた牧神パンは、オフィリアこ...... [続きを読む]

受信: 2007年11月25日 (日) 07時25分

» パンズ・ラビリンス~おすすめ秀作スペイン映画! [シネマでキッチュ]
悲しいけど、なんて美しいのでしょう。 繊細で深淵で永遠な物語。 劇場の中が明るくなっても立ち上がりたくなかった。ずっと余韻に浸っていたかったわ。 スペイン内戦時代、ありとあらゆるイデオロギーが渦巻いて、そのなかで同じ国民同士が血を流し合う。 現実世界はずしりと重く深い。 スペイン映画で何度も繰り返し描かれてきた内戦時代なんですが、この映画はそれを独特の暗美しいファンタジーに昇華させたところがほんと... [続きを読む]

受信: 2007年11月25日 (日) 12時35分

» パンズ・ラビリンス 観てきました。 [よしなしごと]
 風邪を引いてしまい、風邪薬を飲みながらパンズ・ラビリンスを観てきました。風邪と薬の影響もあってだいぶ眠かったんですが。 [続きを読む]

受信: 2007年11月26日 (月) 00時00分

» 感想/パンズ・ラビリンス(試写) [EDITOREAL]
ダークファンタジー。いや、ダークリアル?? 『パンズ・ラビリンス』10月6日公開。1944年スペイン。オフェリアは、臨月を迎えた母の再婚相手である大尉の元に越してくる。内戦と独裁的な大尉、そして日に日に体調が悪化する母。辛い日々の中オフェリアは妖精の姿を見つけ、不思議な迷宮へ。そこで"あなたは地底の魔法の国の王女である"と告げられ、それを証明するための3つの試練を与えられる。現実とファンタジーが交錯する中でオフェリアが観たものは。 PAN'S LABYRINTH パンズ・ラビリンス いやー聞... [続きを読む]

受信: 2007年11月26日 (月) 00時07分

» パンズ・ラビリンス [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  既にご覧になられた方の間では、かな...... [続きを読む]

受信: 2007年11月26日 (月) 22時29分

» パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。 [銅版画制作の日々]
ファンタジーの中に、現実を見る 10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。 主人公の少女が出会うさまざまな怪物は不気味な雰囲気で、リアルさも感じる。まるで本当に存在するかのように思える。そして観客もその不思議な世界「パンズ・ラビリンス」に一緒に旅に出かけていくような気がしてならない。怖いけど、見てみたいって気持ちでドキドキハラハラする... [続きを読む]

受信: 2007年12月 7日 (金) 01時29分

» 王女の帰還〜『パンズ・ラビリンス』 [真紅のthinkingdays]
 EL LABERINTO DEL FAUNO  PAN'S LABYRINTH  1944年、スペイン。内戦で父を亡くした少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、 臨月の母の再婚相手であるヴィダル大尉(セルジ・ロペス)の... [続きを読む]

受信: 2007年12月 9日 (日) 13時42分

» パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 [CARAMEL*PAPA]
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい... [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 16時36分

» パンズ・ラビリンス [ネタバレ映画館]
恐怖の口裂け男! [続きを読む]

受信: 2008年1月 1日 (火) 22時26分

» パンズ・ラビリンス(映画館) [ひるめし。]
この無垢な魂が、世界を変える。 [続きを読む]

受信: 2008年1月 2日 (水) 11時27分

» パンズ・ラビリンス [シャーロットの涙]
ファンタジーは現実と共にあるべき・・・ [続きを読む]

受信: 2008年1月 3日 (木) 15時29分

» 『パンズ・ラビリンス(EL LABERINTO DEL FAUNO)』 [CHAOS(カオス)]
『パンズ・ラビリンス(EL LABERINTO DEL FAUNO)』 ダークなファンタジー。 グロテスクなクリーチャーと美しい映像。 過酷な現実と成長に必要な試練。 単なるおとぎ話ではなく、次々と悲しい現実が突きつけられていく。 それを乗り越えていくオフェリア。...... [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 00時00分

» パンズ・ラビリンス [さくらの映画スイッチ]
「服従」か「抵抗」の現実を  少女が生き抜くために必要としたパンズ・ラビリンス [続きを読む]

受信: 2008年10月20日 (月) 19時50分

» パンズ・ラビリンス [RISING STEEL]
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェリ...... [続きを読む]

受信: 2010年11月29日 (月) 15時59分

» パンズラビリンス [シネマ日記]
公開当時、評論家などからの評価が高かった作品なのだけれど、ちょっとテリーギリアム的な不条理な世界を勝手に想像して敬遠していた。... [続きを読む]

受信: 2010年12月 7日 (火) 16時52分

» 映画『パンズ・ラビリンス』(お薦め度★★★) [erabu]
監督・脚本、ギレルモ=デル=トロ。原題『Pan’s Labyrinth』。200 [続きを読む]

受信: 2010年12月 8日 (水) 09時07分

» パンズ・ラビリンズ [はるみのひとり言]
DVDで観ました。スペイン内戦で父を亡くした少女オフェリア。おとぎ話が好きな女の子。身重の母親と共に母の再婚相手の住む森の砦に向かいます。母の再婚相手はフランコ政権軍の大尉で、森に潜んでいるレジスタンスの掃討を指揮しています。冷酷な人で、母のことより生ま...... [続きを読む]

受信: 2013年8月28日 (水) 00時30分

» パンズ・ラビリンス [心のままに映画の風景]
1944年のスペイン。 内戦終結後もフランコ政権の圧政に反発する人々がゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、ゲリラの鎮圧にあたるビダル将軍(セルジ・ロペス)と再婚した臨月の母カルメンと共にこの山奥へとやって来る。 冷酷で独裁の義父から逃れたいと願う彼女は、屋敷の近くで謎めいた迷宮を見つけ、妖精に導かれ守護神“パン”(ダグ・ジョーン...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 3日 (木) 23時24分

« 「インベージョン」 あなたはだあれ? | トップページ | 「呉清源 極みの棋譜」中国人と日本人の間で »