« 「EX MACHINA エクスマキナ」 不気味の谷  | トップページ | 「インベージョン」 あなたはだあれ? »

2007年11月11日 (日)

「しゃべれども しゃべれども」 伝えられないもどかしさ

自分の想いを、口にするのは難しい。
たとえ口から言葉が出たとしても、それが自分の想いを100%伝えられるものではない。
伝わらないのがもどかしい。
伝えられないのがもどかしい。

ひょんなことから落語教室を始めることとなった、二ツ目の落語家今昔亭三ツ葉。
そこに通うことになったのは、伝えられないもどかしさをなんとかしたいと思う三人。
想いを言葉にすることができない無口で無愛想な女性、十河美月。
関西弁で次から次へと言葉はでてくるけれども、減らず口の絶えない少年、林原優。
ぶっきらぼうで口を開くと憎まれ口しかでない野球解説者、湯河原太一。
三人とも、自分の気持ちを人に伝えることがうまくできない不器用な人たちです。

僕自身は人と話すことが苦手な方だと思ってます。
僕を知っている人が聞くと、「ええっ?そう見えない」というでしょう。
「いつも人とよく話しているのに」と。
でもそれは生きていて人とつき合うためのスキルとして身に付いたものなんですよね。
自分としては、身近な人、大切な人であればあるほど、想いをうまく話せないというもどかしさがあります。
家族からみるとけっこう無口だと思うんですよね。
でも想いは何か表現できないと、心の中にどんどんたまっていきます。
うまく表現できないモヤモヤみたいなものがたまっていくような。
それはとてももどかしく、苦しい。
劇中、十河がそば屋で一年前のことを思い出して、ぽろりと涙をこぼすシーンがありました。
このときの彼女の気持ち、よくわかります。
心のモヤモヤを誰かに伝えたい。
けれども自分はそれをうまく言葉にすることができない。
あふれる想いは、言葉としては心をでることができず、ぽろぽろと涙としてあふれていく。
心からこぼれる想いみたいなものが伝わってきて、とても共感ができました。

最後の発表会のその場で十河が演目を「まんじゅうこわい」から「火焔太鼓」に切り替えます。
「火焔太鼓」は三ツ葉が、一門会で演じた落語。
十河がいきなり「火焔太鼓」の出だしを口にしたとき、ほろりときました。
口べたな十河は、三ツ葉への想いを言葉ではうまく表現できない代わりに、彼が一生懸命演じた演目をやることで伝えたかったのでしょう。
好きな人が好きなことを自分もやってみたい。
そんな想いだったのでしょう。
三ツ葉にも、彼女が自分のことをしっかりと観ていてくれたということが伝わったに違いありません。

世慣れてスキルとしての話し方は身に付いていくかもしれない。
そうなっても、しゃべれども、しゃべれども、うまく伝えられないもどかしさというのはずっとあるのかもしれません。
けれども伝えようとしゃべろうと思う気持ちこそが大事なのかもしれません。

平谷秀幸監督作品「やじきた道中 てれすこ」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「EX MACHINA エクスマキナ」 不気味の谷  | トップページ | 「インベージョン」 あなたはだあれ? »

コメント

miyukichiさん、こんばんは!

気持ちを言葉にするのって、簡単なようで難しいですよね。
口にしても自分の気持ちそのままじゃなくなってしまいますし。
だからこそ伝えようという気もちが大事なんでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年12月16日 (日) 19時02分

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 お返しが遅くなっちゃって、ゴメンナサイ!

 気持ちを伝えるのって、難しいですよね。
 本当に言いたいことこそ、なかなか言えなかったり。
 はらやんさんの記事を読んでいて、
 あらためて伝えようという気持ちの大切さを
 思い出せた気がします。

投稿: miyukichi | 2007年12月16日 (日) 18時08分

こたえさん、こんにちは。

そうそう、「火焔太鼓」は不器用ながら十河が想いを伝えようとするシーンなんですよね。
彼女は今まではうまく伝わらないとおもって何も言わないとなっていたと思うのですが、それを変えたい願って話し方教室に言ったのでしょう。
そこでほんとうに伝えたい想いというのができたから、あのようにがんばれたのでしょうね。
水上バスはこの時期寒くてつらいですが、春くらいに乗ると気持ちいいですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年12月 1日 (土) 06時58分

お久しぶりです。
はらやんさん深い見方ですね!!
十河の「火焔太鼓」は、まさしくラブシーンなんだそうです。監督がおっしゃっていました!
私はラスト、船の上のシーンを見て、ほんわかじんわり感動しました。
ああ、誰か一緒にあの船に乗ってほしい(笑)。

投稿: こたえ | 2007年11月27日 (火) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/17045047

この記事へのトラックバック一覧です: 「しゃべれども しゃべれども」 伝えられないもどかしさ:

» 「しゃべれども しゃべれども」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「しゃべれども しゃべれども」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:国分太一、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫、伊東四朗、他 *監督:平山秀幸 *原作:佐藤多佳子 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックを..... [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 08時23分

» 映画「しゃべれどもしゃべれども」 [日々のつぶやき]
? 監督:平山秀幸 出演:国分太一、香里奈、伊東四朗、森永悠希、松重豊、八千草薫 佐藤多佳子さんの原作、大好きでした そして、太一くんも好き、香里奈ちゃんも好き~なのでこの映画とっても楽しみにしていました。 「今昔亭三つ葉がひょんなことから始めることにな... [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 11時12分

» 『しゃべれども しゃべれども』 (2007) / 日本 [NiceOne!!]
監督:平山秀幸原作:佐藤多佳子出演:国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗公式サイトはこちら。<Story>東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉(国分太一)は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は、美人だが無愛...... [続きを読む]

受信: 2007年11月16日 (金) 11時49分

» クラシック落語 [Akira's VOICE]
「敬愛なるベートーヴェン」 「しゃべれども,しゃべれども」 [続きを読む]

受信: 2007年11月17日 (土) 15時46分

» しゃべれども しゃべれども☆独り言 [黒猫のうたた寝]
先日落語のライブを観たせいかいきなり急に観る気になったのは国分太一主演の『しゃべれども しゃべれども』真打になるには、まだ長い道のりがあるだろう今昔亭三つ葉・・・古典落語が大好きで噺家の道に入ったもののでも、彼には何かが足りない・・・本人はまだ気づいてな... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 14時47分

» [Review] しゃべれども しゃべれども [Diary of Cyber]
観終わった後で、「あー、とってもいい映画を観た!」って思える作品です。 壮大さもなく、巧みに練られた脚本であるわけでもなく、特別目を見張るような俳優がいるわけでもない。けれど、素朴で、人情味あふれていて。うまく言葉に表せないけれど、ただ単に「この映画を観ろ!」と投げかけるだけの作品ではなく、スクリーンを隔てて、「一緒に楽しもう」と声をかけてくれるかのような。 商業主義に走るような一大エンターテインメントを目指すわけでも、何らかの賞を受賞するような大作を目指すわけでもない。『落語』と同じように、一... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 19時10分

» 「 しゃべれども しゃべれども(2007) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
監督 : 平山秀幸 出演 : 国分太一  / 香里奈 [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 20時26分

» しゃべれども しゃべれども/国分太一 [カノンな日々]
佐藤多佳子さんの原作は未読だけど「一瞬の風になれ」は読みました。「一瞬の風になれ」はめちゃめちゃ感動しましたヨ。申し訳ないけどあさのあつこさんの「バッテリー」の100倍以上は素晴らしいです。とにかく綿密な取材をしているのがよくわかるので心理描写にリアルな情熱...... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 22時04分

» しゃべれども しゃべれども [Good job M]
公開日 2007/5/26監督:平山秀幸 「愛を乞うひと」出演:国分太一/香里奈/森永悠希/松重豊/八千草薫/伊東四朗 他【あらすじ】東京・下町。今昔亭三つ葉は、二つ目の落語家。普段から着物を纏い、落語は古典だけと決めている。同期の噺家たちは時代遅れだと笑うが、変え...... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 23時48分

» しゃべれども しゃべれども☆落語家国分太一の誕生?! [銅版画制作の日々]
 国分太一、映画単独初主演の演技は・・・・・。 6月16日(土)、京都シネマにて鑑賞。TOKIOの国分太一君、何でもこの映画で、初主演だそうだ。だけどそんな感じ全然なく、堂々と演じていた。まるでほんまの落語家さんみたい。ナチュラルな人なので、この役を本当に自然体で演じているなあと思った。 97年度「本の雑誌」ベスト10で第一位に輝いた小説を「愛を乞うひと」で日本アカデミー賞受賞の平山秀幸が待望の映画化国分太一の脇をかためる共演者に、香里奈、松重豊、八千草薫、伊東四朗という顔ぶれ。... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 12時20分

» 映画 【しゃべれどもしゃべれども】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「しゃべれどもしゃべれども」 佐藤多佳子の同名小説の映画化。 東京の下町が舞台。“二つ目”の落語家・今昔亭三つ葉(国分太一)の“話し方教室”に口下手な美女・十河五月(香里奈)、同級生に馴染めない関西弁の少年・村林(森永悠希)、毒舌の元野球選手・湯河原(松重豊)らが集まってくる。 日本には現役噺家が450人(上方を含めると600人以上)おり、寄席は都内にたった4軒しかないという現実をはじめて知った。思った以上に噺家がおり、思った以上に活躍の場は少ない。私が名前を挙げられる落語家なんてせ... [続きを読む]

受信: 2007年11月21日 (水) 23時42分

» 『しゃべれども しゃべれども』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 『しゃべれども しゃべれども』□監督 平山秀幸 □脚本 奥寺佐渡子□原作 佐藤多佳子(「しゃべれども しゃべれども」新潮文庫刊)□キャスト 国分太一、香里奈、森永悠希、八千草薫、伊東四朗、松重 豊 ■鑑賞日 5月26日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★ (5★満点、☆は0.5) <感想> この映画を観る前の日に原作を読み終えた。原作は1997年度“「本の雑誌」ベスト10”の第1位に輝いた佐藤多佳子の長編小説で、映画化されると聞いて読み始めた作品でした。 原... [続きを読む]

受信: 2007年11月23日 (金) 10時38分

» 「しゃべれどもしゃべれども」を観る [紫@試写会マニア]
久しぶりに何もかも気に入った邦画に出会いました。 きっと今の私のバイオリズムに「ぴたっ」と一致したのでしょう、とっても気分良く劇場を後に出来た、「しゃべれどもしゃべれども」を観てきました。 大体題名がいい。‘ひらがな’で二度繰り返す。念を押す様に二度重ねる言葉は、聞き取りやすいし、その心持が伝わるので、私は会話でも良く使います。 「~すれども」は「~しても」ですから、「やってもやっても」「何回やってみても(ままならない)」ですか。 それから風景がいい。現代の東京で‘江戸’を感じる風景... [続きを読む]

受信: 2007年11月24日 (土) 17時35分

» 自分を認めてもらえる喜び。『しゃべれども しゃべれども』 [水曜日のシネマ日記]
半人前の落語家と、彼の所へ話し方を習いに来る人たちの物語です。 [続きを読む]

受信: 2007年11月25日 (日) 17時44分

» 『しゃべれども しゃべれども』 [アンディの日記 シネマ版]
心温か[:ハート:][:ハート:][:ハート:]           2007/05/26公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】平山秀幸 【脚本】奥寺佐渡子 【原作】佐藤多佳子 『しゃべれども しゃべれども』(新潮社刊) 【時間】109分 【出演】 国分太一/香里奈/森永悠希/松重豊/八千草薫/伊東四朗/占部房子/建蔵/日向とめ吉/山本浩司/下元史朗/三田村周三/... [続きを読む]

受信: 2007年11月26日 (月) 10時33分

» しゃべれども しゃべれども(日本) [映画でココロの筋トレ]
ぽっかり時間があいたので、「しゃべれども しゃべれども」を観てきました。 ( → 公式HP  ) 出演:国分太一、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫、伊東四朗 上映時間:109分  思うようにパッとせず、悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉(国分太... [続きを読む]

受信: 2007年11月27日 (火) 14時24分

» 5/26 歩けどもしゃべれども・・・ [こたえがあるなら]
連泊なので寝ぼすけしても大丈夫なのと、 太一くんの舞台挨拶が午後からなので、 朝は部屋でぼーっとテレビを見ていたら、オセロの松嶋が ジョニー・デップさまにインタビューしていました。 いや、あれはインタビューじゃないな、 だって「黒ヒゲ危機一髪!ジャック・スパロ..... [続きを読む]

受信: 2007年11月27日 (火) 22時39分

» 5/26 歩けどもしゃべれども・・・ [こたえがあるなら]
連泊なので寝ぼすけしても大丈夫なのと、 太一くんの舞台挨拶が午後からなので、 朝は部屋でぼーっとテレビを見ていたら、オセロの松嶋が ジョニー・デップさまにインタビューしていました。 いや、あれはインタビューじゃないな、 だって「黒ヒゲ危機一髪!ジャック・スパロ..... [続きを読む]

受信: 2007年11月27日 (火) 22時45分

» しゃべれどもしゃべれども−(映画:2007年129本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:平山秀幸 出演:国分太一、香里奈、森永悠希、松重豊、八千草薫、伊東四朗 評価:81点 公式サイト (ネタバレあります) 佐藤多佳子原作の映画化。 そういえば「一瞬の風になれ」は1作目を読んだ後、なかなか次の予約が図書館から回ってこない。 いま...... [続きを読む]

受信: 2007年11月27日 (火) 23時03分

» 「しゃべれども しゃべれども」 [てんびんthe LIFE]
「しゃべれども しゃべれども」よみうりホール 俳優 国分太一 どうもイメージなかったので初めは入り込めませんでした。バラエティーのMCをやっているかTOKIOでキーボードたたいている姿しか知らないから。ドラマも出ていたの知らないし,映画も…。そんな太一クン落語家さんの役です。MCやっていてもそんなに滑舌がいいともおもっていなかったのでこれはミスキャストに違いないと思ってみていました。しかし,役者として本当にうまいとは思えなかったのですがその下手さがダメな落語家三つ葉という役柄にぴたっとはまった... [続きを読む]

受信: 2007年11月28日 (水) 23時16分

» しゃべれども しゃべれども [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
東京の下町に住む、うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから、落語教室を開くことになります。生徒は、口は達者だけれど関西弁のため転入してきた東京の学校に馴染めずにいる村林少年、美人だけれど無愛想で口が悪い十河五月、元野球選手で解説者にな... [続きを読む]

受信: 2007年11月29日 (木) 00時09分

» しゃべれども しゃべれども [ネタバレ映画館]
・・・ [続きを読む]

受信: 2007年11月30日 (金) 01時12分

» しゃべれどもしゃべれども [いい加減社長の日記]
1週間以上前の6月1日映画サービスデーに鑑賞。 ちょっと、書くのをサボってました^^; テレビ朝日の「オーラの泉 」に香里奈さんがゲストで出演。 そのときに「しゃべれどもしゃべれども 」の話が出て、ちょっと面白そうだったので。 それまでは、パスしようかと思っ... [続きを読む]

受信: 2007年12月 1日 (土) 17時31分

» しゃべれども しゃべれども (2007) 109分 [極私的映画論+α]
「桂枝雀」がそこにいました(笑) [続きを読む]

受信: 2007年12月 2日 (日) 07時32分

» しゃべれどもしゃべれども [5125年映画の旅]
二つ目の落語家・今昔亭三つ葉は、なかなか落語が上達せずに悩んでいた。そんな時、祖母の茶道教室の教え子の女性から、彼女の甥の喋り方に関する相談を受ける。そこから始まった「喋り方教室」の先生を務める事になった三つ葉は、その中で自分自身も見つめ直していく。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年12月 2日 (日) 08時40分

» しゃべれども しゃべれども 観てきました。 [よしなしごと]
 なまで落語を見たことがありますか?しゃべれども しゃべれどもを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年12月 2日 (日) 19時49分

» しゃべれども しゃべれども [ともやの映画大好きっ!]
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 1997年度の「本の雑誌」ベスト10の第1位に輝いた佐藤多佳子の同名小説を映画化した人情劇。 今昔亭三つ葉=外山達也(国分太一)は師匠である今昔亭小三文(伊東四朗)の元に弟子入りし、現在は【二つ目】の身分に位置していた。古典落語をこよなく愛しているのだが、思うように腕も上がらず人気も出ずで、いろいろと思い悩んでいた。ある日、小三文が講師を務める【話し方教室】に同行した三つ葉は、そこで無愛想だが美人の生徒・十河五月(香里奈)に出会う。しかし十河は小三... [続きを読む]

受信: 2007年12月 3日 (月) 00時17分

» しゃべれどもしゃべれども [ダイターンクラッシュ!!]
6月12日(火) 20:50~ チネ7 料金:1200円(レイトショー) パンフ:600円 『しゃべれどもしゃべれども』公式サイト ネタバレあり 最近著名な佐藤多佳子の10年前の作品が原作。原作読んでいない。 落語家二つ目の国分太一が、おっかねー女香里奈、へぼ野球解説者の元野球選手、関西人の小学生という語りに問題のある変な3人相手に落語教室を行う話。手前自身の落語も伸び悩んでいる。 なんか淡々とストーリーは進んだ。 しかし、国分の落語は唐突に上手くなる。最後は、香里奈にいきなり... [続きを読む]

受信: 2007年12月 4日 (火) 18時46分

» ・映画「しゃべれどもしゃべれども」をみる [肩の力を抜いて]
映画「しゃべれどもしゃべれども」をみに行った。「一瞬の風になれ」でブレイクした佐藤多佳子の小説の映画化。「しゃべれどもしゃべれども」は97年度「本の雑誌」ベスト10 第1位。佐藤多佳子ブームで10年も前の作品にスポットが。不思議なものである。 若手二つ目落語家の今昔亭三つ葉に「国分太一」 口下手で無... [続きを読む]

受信: 2007年12月 8日 (土) 18時51分

» しゃべれども しゃべれども(試写会) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  和(わ)の趣・話(わ)の優しさ   [続きを読む]

受信: 2007年12月14日 (金) 15時05分

» しゃべれども しゃべれども [Movie] [miyukichin’mu*me*mo*]
 映画 「しゃべれども しゃべれども」     (平山秀幸:監督)  を観てきました♪  半年ほど前に読んだ原作はとってもよくって、  佐藤多佳子さんにハマるようになった  きっかけの本でもあります。  映画もなかなか評判よいようなので、  観たいと思ってたんです^^  主演の国分クン、なかなかいいよ、とは聞いてましたが、  思ってた以上に、好演、熱演、でした。  なんかね、バラエティで見る彼って、  いつもニコニコしてて、ぼわーんとしたイメージでした。  それが、こんなにシャープな印象に変わる... [続きを読む]

受信: 2007年12月16日 (日) 18時05分

» しゃべれども しゃべれども [caramelの映画日記]
【鑑賞】試写会 【公開日】2007年5月26日 【製作年/製作国】2007/日本 【監督】平山秀幸 【出演】国分太一/香里奈/森永悠希/松重豊/八千草薫/伊東四朗 【原作】佐藤多佳子「しゃべれどもしゃべれども」 東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家・今...... [続きを読む]

受信: 2007年12月26日 (水) 22時49分

» 「しゃべれども しゃべれども」 ツンデレとは [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
桂南光曰く「枝雀師匠が憑依した」と評判の少年を見に行ってきました。 一応、宣伝的には「国分君の落語が〜」ということですが、関西のラジオ番組にパーソナリティで出てる落語家たちは、この映画の話をするとだいたいこの少年のことを語ってました。 特に若手落語家は、この映画を見た後、練習熱が高まったそうです。 人に“なにか”を教えるということで、今までわからなかった“なにか”が、ちょっとわかったような気になって、あぁ自分も成長したなぁ〜ということは、ようある。 特に子育てに関わってるようになってからは、日常し... [続きを読む]

受信: 2008年1月14日 (月) 21時47分

» 『しゃべれども しゃべれども』('08初鑑賞61・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 5月1日(木) WOWOWのHV放送を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 3日 (土) 18時28分

» DVD『しゃべれども しゃべれども』 [みかんのReading Diary♪]
しゃべれども しゃべれども 特別版 (初回限定生産2枚組) [DVD] (2007/日本) 思うように腕が上がらず、壁にぶち当たって悩む二つ目の落語家・今昔亭三つ葉。そんな彼の教室に、無愛想で口下手な美女・十河五月、大阪から引っ越してきたものの、勝ち気なためにクラスに馴染めない小学生・村林優、毒舌でいかつい面相の元野球選手・湯河原太一が通い始める。(シネマトゥデイ) ... [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 00時20分

» 『しゃべれどもしゃべれども』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は、美人だが無愛想で口の悪い五月、口は達者だが関西弁のためクラスになじめない少年・村林、そして、元野球選手の湯河原。3人は言い争ってばかりだったが、... [続きを読む]

受信: 2010年3月 2日 (火) 22時47分

» しゃべれども しゃべれども [本と映画、ときどき日常]
監督 平山秀幸 出演 国分太一     香里奈     松重豊 落語家の弟子の元に落語を習いに来る三人。 上手く喋れない野球解説者。 いつも無愛想な喋りしかできない女性。 学校になじめない転校生。 さすが役者さん! みんなこれだけの落語を話せるようにな...... [続きを読む]

受信: 2013年8月 4日 (日) 13時04分

« 「EX MACHINA エクスマキナ」 不気味の谷  | トップページ | 「インベージョン」 あなたはだあれ? »