« 本 「タイムトラベラーズ・ワイフ」 | トップページ | 「めがね」 無目的な時間 »

2007年10月28日 (日)

「自虐の詩」 必要とされることこそが幸せ

予告でインパクトのある阿部寛さんのパンチパーマとちゃぶ台返しを観て以来、公開を心待ちにしていました。
堤幸彦監督×中谷美紀さん×阿部寛さんという息の合った組み合わせですから、期待度も高まります。

幸江(中谷美紀さん)は絵に書いたような不幸を背負っている女性。
幼い頃より貧乏暮らし、母親に捨てられ、父親は強盗で逮捕、上京してきても夜の商売に身をやつしてしまいます。
現在は内縁の夫イサオ(阿部寛さん)と暮らすも、夫は無職で乱暴者、幸江が稼いだお金もギャンブルにつぎ込んでしまいます。
イサオは無口で気難しく、気に入らないことがあると、せっかく幸江が作った食事をちゃぶ台ごとひっくり返してしまいます。
そのちゃぶ台返しの映像は見事。
「むん!」という阿部さんの裂帛の気合いとともに、ご飯茶碗やみそ汁、漬け物が宙を舞う。
あれはCGでしょうかね?
前半はそんなちゃぶ台返しや堤監督らしい小ネタの笑いなどが散りばめられ、またインパクトのあるイサオや健気な幸江、幸江に恋する中華料理店のマスター(遠藤憲一さん)のキャラクターなどで楽しめます。

けれどもこの作品は愛と生の物語でした。
幸江は幼い頃からずっと不幸な生活を送ってきました。
貧乏ゆえに友達からもバカにされたり、憐れまれたり。
今でも夫に虐待まがいの仕打ちを受けるにもかかわらず、それでも彼に尽くし続けるのは何故なのでしょう。
彼女は見たことのない母親に手紙を送り続けます。
「お母さんはなんで私を生んだのでしょうか?」
そう書き綴る彼女の心には、自分が生を受けた意味合いというのを感じられないという気持ちがあるのでしょう。
ずっと幸せではなかった、だったらなんで生まれたのか。
でも彼女がたぶん唯一生きていると感じるのが、傍若無人な夫を世話している時なのでしょう。
生活力のないイサオは自分がいなければ生きていけないという気持ち、そこに自分が存在していい理由を見いだしたのでしょう。
そして彼は学生時代の友人熊本さんを別にして、唯一彼女を全面的に受け入れてくれた人間。
東京時代生きる意味を失いかけていた彼女に希望をくれたのがイサオだったのです。

イサオは生来、無口で自分の感情を表現するのが苦手な男。
東京で幸江に「愛している」と告白したことも彼にとっては一世一代の勇気だった(組を抜けることよりも)に違いありません。
でもそれだけの勇気を振り絞るまでに、イサオは幸江を愛していたのでしょう。
大阪に来てからは愛する人を養っていくことができない、自分の生活力の無さを眼の当たりにします。
もどかしく思いつつも、それを表現できない彼の不器用さがちゃぶ台返しという行動に現れたのかもしれません。
愛する人を守れないイライラが表れていたのですね。

他人からみると幸江とイサオの二人は表面上ではとても不幸に見える。
貧乏で、夫は暴力的で。
でも二人はお互いをほんとうに必要としている。
だから幸江は夫に尽くしきれるし、イサオは暴力を働いてでも妻を守ろうとする。
物語の最後で相手が自分を必要と思ってくれていることを自覚します。
そう思ってもらえることこそが、幸せと感じるということ。
生きる意味を見いだせるということ。
幸江はラストシーンで「幸せ、不幸せなんて関係ない、生きていることに意味がある」といったようなことを独白していました。
それが彼女が母親に向けて出し続けた手紙に書いていた問いの答だったのでしょう。

堤監督、阿部寛さん主演「大帝の剣」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「タイムトラベラーズ・ワイフ」 | トップページ | 「めがね」 無目的な時間 »

コメント

sakuraiさん、こんにちは!

最初はコメディかと思ってみてたら、最後は人情ものになっていましたね。
僕はほろりときてしまいました。
イサオは自分のふがいない状態を情けなく思って、自分への怒りをああやって妻に向かってだしてしまっていたんでしょうね。
子供っぽいといえばそれまでなんですが、子供が生まれたことでイサオも大人の男としての自覚がでてきたのかなというように思えました。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年11月17日 (土) 09時28分

カオリさん、こんにちは!

僕も最後はほろりときました。
自分を頼りにしてくれている人、遠く離れているけど気持ちはつながっている友人がいるということに気づいた幸江は幸せなんですよねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年11月17日 (土) 09時11分

あたしは、これ、もうちょっとテンポのいい映画かなあと勝手に思ってたんですよね。
んでもって、コメディだけど泣かせるぞ、という意思が見え見えで、見てる方がさめてきてしまいました。
いくら愛してても、妻の働き先から金せびっちゃダメっすよ。
あとは食い物を粗末にしちゃいけない。
あぁあ、主婦だわ。

投稿: sakurai | 2007年11月12日 (月) 08時02分

こんにちは。幸江の独白が効いてましたね。最初は笑ってたんですが、まんまと裏切られ、最後は泣いてました。幸江は不幸なんかじゃない、と思いますよね。
どんな漫画なのか読んでみたいです!

投稿: カオリ | 2007年11月12日 (月) 04時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/16899264

この記事へのトラックバック一覧です: 「自虐の詩」 必要とされることこそが幸せ:

» 69『自虐の詩(じぎゃくのうた)』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 69『自虐の詩(じぎゃくのうた)』 評価:★★★☆☆ 原作は人気作家、業田良家のコミック「自虐の詩」です。 ちょっと、阿部寛のちゃぶ台返しが見たくなって観賞した感じが多いですが・・・ 中谷美紀がま..... [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 23時20分

» 幸せになりてぇすか?(映画/試写会:自虐の詩) [美味!な日々]
映画『自虐の詩』の試写会に行ってまいりました。原作は読んだことないですが、日本一泣ける4コママンガとのことで、一体どんな映画なんだろうと少々不安に。試写状のあらすじを読むと、... [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 23時42分

» 『 自虐の詩 』 [やっぱり邦画好き…]
映画 『  自虐の詩 』[試写会鑑賞] 2007年:日本 【2007年10月27日公開】[ 上映劇場  ] 監督:堤幸彦 脚本:関えり香 里中静流 原作:業田良家「自虐の詩」 【キャスト】 中谷美紀 阿部寛 遠藤憲一 カルーセル麻紀 松尾スズキ 竜雷太 名取裕子 西田敏行  公式サイト こんなアタシでもアンタがいる!奇跡のどん底ラブストーリー。 (解説) 「私は私が嫌いよ」 鼻ぼくろ。ノーメイク。ビンボー。 ちゃぶ台... [続きを読む]

受信: 2007年10月29日 (月) 00時42分

» 「自虐の詩」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「自虐の詩」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:中谷美紀、岡珠希、阿部寛、西田敏行、遠藤憲一、アジャ・コング、丸岡知恵、名取裕子、佐田真由美、竜雷太、カルーセル麻紀、斉木しげる、ミスターちん、金児憲史、Mr.オクレ、島田洋八、蛭子..... [続きを読む]

受信: 2007年10月29日 (月) 14時51分

» 自分の歩んできた人生には意味がある。『自虐の詩』 [水曜日のシネマ日記]
子供の頃から幸せになりたいと願い続ける、ひとりの女性の物語です。 [続きを読む]

受信: 2007年10月29日 (月) 22時07分

» 自虐の詩舞台挨拶試写会 [アートの片隅で]
「自虐の詩」の舞台挨拶試写会に行って来ました。 今回の舞台挨拶は上映後に阿部寛ひとりでした。 やはり上映後というのは、気楽に色々と話して貰えるから良いですね。 衛星劇場15周年記念イベントで、CMに出演している阿部寛が来てくれた訳です。 妻が「阿部ちゃんが見たいから行く」という事で、妻と一緒に観に行きました。... [続きを読む]

受信: 2007年10月30日 (火) 19時09分

» 「自虐の詩」を観る [紫@試写会マニア]
このところ、出る作品が尽く高い評価、ノリに乗ってる俳優のお二人、中谷美紀さん&阿部寛さん主演・「自虐の詩」を観てきました。この二人の演技力に裏打ちされた個性的なストーリー展開と迫力ある演出、面白かったです! この作品、業田良家氏の4コマ漫画が原作なんですって。めっきり知りません。 4コマ漫画と言えば、私の中ではサザエさん、フジさんたろう・・・とか。かな。割とほのぼの系しか知らないかも。でもこの作品はかな~り、キッツい厳しい環境と関係のお二人の話で、でも泣ける!と各方面から評価が高く、それを「トリ... [続きを読む]

受信: 2007年10月30日 (火) 22時18分

» 自虐の詩 [pure's movie review]
2007年度 日本作品 115分 松竹配給 STAFF 監督:堤幸彦 脚本:関えり香 里中静流 原作: 業田良家 『自虐の詩』 CAST 中谷美紀 阿部寛 遠藤憲一 カルーセル麻紀 西田敏行 名取裕子 この見事な画像はでっかく出すべきでしょう!!! 原作の4コマ漫画は存在すら知らなかった!でも、この画を観ただけで「観に行こう!!」と思わされたのさっ!!見よ!!この阿部寛の豪快なちゃぶ台返しっっ!!カッコえぇじゃないか!!! こんな旦那、絶対イヤだけどね{/hiyo_face/}(笑)... [続きを読む]

受信: 2007年10月30日 (火) 23時20分

» 阿部寛さんの似顔絵。「自虐の詩」 [「ボブ吉」デビューへの道。]
「包帯の大盤振る舞い」の次は、「鈴なりの五円玉」でした。 こういう、ミニ「幸福の黄色いハンカチ」的なものには弱いです。 鼻水が止まりませんでした。 (撮影の順番としては、自虐の詩→包帯クラブ、のようですね) 映画館の予告編で見て以来、とても気になる映画で、 何と言っても「ちゃぶ台返し」の実写が、じっくり見たかった(笑) 中でも雪江(中谷美紀)が、ちゃぶ台の脚を釘で畳に固定し、 イサオ(阿部寛)が、それを畳ごとひっくり返してしまうシーンは、 日本映画史に残る、名シーンではありますまいか(笑) ... [続きを読む]

受信: 2007年11月 1日 (木) 04時23分

» 自虐の詩(じぎゃくのうた) [C'est Joli]
自虐の詩(じぎゃくのうた)’07:日本 ◆監督:堤幸彦(包帯クラブ)(TRICK トリック―劇場版―)◆出演:中谷美紀、阿部寛、遠藤憲一、カルーセル麻紀、西田敏行 ◆STORY◆ ひなびたアパートに住むイサオと幸江。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせ...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 1日 (木) 23時25分

» 「 自虐の詩 (2007) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【自虐の詩 】 10月27日(土)公開 監督 : 堤幸彦 出演 : 中谷美紀/阿部寛 /カルーセル麻 [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 17時32分

» 『自虐の詩』 (2007) / 日本 [NiceOne!!]
監督:堤幸彦原作:業田良家出演:中谷美紀、阿部寛、遠藤憲一、カルーセル麻紀、西田敏行公式サイトはこちら。<Story>ひなびたアパートに住むイサオ(阿部寛)と幸江(中谷美紀)。イサオは無口な乱暴者で、仕事もせずに酒とギャンブルに明け暮れる。内縁の妻の幸...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 18時03分

» 映画:自虐の詩 [駒吉の日記]
自虐の詩(ユナイテッドシネマ豊洲) 「幸せになりたいねえ」 結構宣伝して力が入ってるのかと思いきや上映館は意外と少ない。。。 *****ややネタバレ感想なので反転して***** 前半は怒涛のちゃぶ台一徹返し。1回くらいはやってみたいけど「食べ物を粗末にしてはいけな... [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 21時10分

» 自虐の詩 [ネタバレ映画館]
60連荘したら軽く30万は儲かっているだろうな・・・ [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 21時52分

» ■ 自虐の詩(2007) [MoonDreamWorks]
【自虐の詩】 10月27日(土)公開監督 : 堤幸彦出演 : 中谷美紀/阿部寛/カルーセル麻紀/他原作 :業田良家『自虐の詩』(竹書房刊)期待度 ★★ → 観賞後の評価 ★★★(3/5満点中)「 自虐の詩(2007) 」業田良家のコミック「自虐の詩」の映画化  監督は...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 22時27分

» 「自虐の詩」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2007年・松竹/監督:堤 幸彦) 原作は伝説の4コマ漫画(作・業田良家)という事だが、私は読んでいない。どんな映画かも分からないうえに、堤幸彦監督の作品も「明日の記憶」以外、... [続きを読む]

受信: 2007年11月 3日 (土) 22時55分

» マイナスかけるマイナスは、なぜプラス?●自虐の詩 [Prism Viewpoints]
『ALWAYS 裏・三丁目の夕日』 『自虐の詩』 『自虐の詩』 ウィキペディア(Wikipedia) キャスト 森田幸江:中谷美紀・岡珠希(中学生時代) 葉山イサオ:阿部寛 森田家康:西田敏行 あさひ屋マスター:遠藤憲一 熊本さん... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 03時02分

» 映画「自虐の詩」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
文字どおりの自虐というにはチョット違うけど、恵まれない境遇で逞しく生きて、ささやかだけども、とってもおっきな幸せを掴む、随所で笑える面白い映画・・ 宮城県は気仙沼出身の幸江(中谷美紀)、母に捨てられ父家康(西田敏行)は飲んだくれの借金まみれでダメオヤジ、... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 19時29分

» 自虐の詩 [そーれりぽーと]
『クワイエットルームへようこそ』『ヒートアイランド』と続いた松尾スズキ月間。 いよいよ本命のミュージカル『キャバレー』来阪を前に、彼がちょびっとだけ出演している『自虐の詩』を観てきました。 ★★★★ 豪華とは違う方向でのツボを付いたキャストに大満足。 いや、豪華は豪華なんですけどね。 思いっきりは笑えない、クスクス笑いのネタが延々と続きます。 ちなみに原作漫画は、名前を聞いたこともありません。 見所は…ちゃぶ台返しw 主演は『嫌われ松子の一生』以来、『7月24日通りのクリスマス』とヘタレな女... [続きを読む]

受信: 2007年11月 4日 (日) 19時59分

» 「自虐の詩」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2007年・松竹/監督:堤 幸彦) 原作は伝説の4コマ漫画(作・業田良家)という事だが、私は読んでいない。どんな映画かも分からないうえに、堤幸彦監督の作品も「明日の記憶」以外、... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 03時58分

» 「自虐の詩」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2007年・松竹/監督:堤 幸彦) 原作は伝説の4コマ漫画(作・業田良家)という事だが、私は読んでいない。どんな映画かも分からないうえに、堤幸彦監督の作品も「明日の記憶」以外、... [続きを読む]

受信: 2007年11月 6日 (火) 14時39分

» 【2007-156】自虐の詩 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 一途に愛する女 幸江 元ヤクザ、今 無職(ニート) こんなアタシでもアンタがいる! 奇跡のどん底ラブストーリー [続きを読む]

受信: 2007年11月 6日 (火) 23時19分

» 自虐の詩 [映画を観たよ]
ちゃぶ台返し!!と阿部ちゃんのパンチパーマ [続きを読む]

受信: 2007年11月 7日 (水) 19時21分

» 「自虐の詩」小説世界は見てはいけない? [soramove]
「自虐の詩」★★★ 中谷美紀、阿部寛主演 堤幸彦監督、2007年、115分 小説の映画化はよく行われている、 原作が好きな人にとっては不満が残るという 映画が多いように感じるが、 比べても意味はないので、 映画として面白かったかどうかが重要だ。 た...... [続きを読む]

受信: 2007年11月 8日 (木) 19時05分

» 映画「自虐の詩」 [日々のつぶやき]
監督:堤幸彦 出演:中谷美紀、阿部寛、カルーセル麻紀、西田敏行、遠藤憲一、竜雷太 「幼い頃母親に捨てられ、父親は銀行強盗という不幸な人生を背負う森田幸江。平凡でいい幸せになりたいと願っているが、一緒に暮らすイサオは無職でお金をせびるばかり。気に入らな... [続きを読む]

受信: 2007年11月 9日 (金) 12時33分

» 自虐の詩 [future world]
幸せってなんだっけ・・・ 幸も不幸も表裏一体、他人から観れば不幸でも本人からすりゃ幸せ、 それ故に‘自虐的’に見えるのかもしれませんな。。 これ、原作は4コマ漫画なんですって? それを2時間ほどのドラマにするなんて、サザエさんナミに難しそうだが、 笑い....... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 00時11分

» 『自虐の詩』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:]         2007/10/27公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】堤幸彦 【脚本】関えり香/里中静流 【原案】業田良家 『自虐の詩』(竹書房刊) 【時間】115分 【出演】 中谷美紀/阿部寛/遠藤憲一/カルーセル麻紀/ミスターちん/金児憲史/蛭子能収/島田洋八/松尾スズキ/岡珠希/丸岡知恵/Mr.オクレ/佐田真由... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 16時16分

» 感想/自虐の詩(試写&コミック) [EDITOREAL]
あーん、ギャグでもっと押して! 『自虐の詩』10月27日公開。生まれついてのワーストアンラッキーガール・幸江。ヤクザ上がりのサイレントバイオレンスな内縁の夫・イサオ。まるで幸せとは程遠そうな2人の波乱の絆は、幸せを導けるのか!? 自虐の詩 前半はけっこうおもしろムードを醸してたのさ。堤さんぽい間の取り方と、原作のひとつのキモであるちゃぶ台返しはCG使いでいい感じだったさ。くり返す、という笑いの王道テクも入ってたし。でも後半のいい話モードに入ってからはトーンダウン。一気にどうでもよくなってしま... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 17時08分

» 「自虐の詩」 [みんなシネマいいのに!]
 2006年の日本映画の1番は「フラガール」とすぐに思ったのだが、2007年は [続きを読む]

受信: 2007年11月11日 (日) 09時28分

» 自虐の詩(07・日) [no movie no life]
幸せは追求するもの、と私たちは刷り込まれているのかもしれない。 「幸せになりたい。」不遇な子ども時代を過ごした故郷の気仙沼を離れ、大阪の下町に住む幸江(中谷美紀)。そんな幸江と一緒に暮らすのは、元ヤクザで特技はちゃぶ台返し!の男・イサオ(阿部寛)。働きもせず... [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 04時56分

» 自虐の詩 [迷宮映画館]
中谷美紀はいつのまにやら薄幸キャラに [続きを読む]

受信: 2007年11月12日 (月) 07時57分

» 自虐の詩 [ダイターンクラッシュ!!]
11月10日(土) 19:05~ TOHOシネマズ川崎1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:700円 『自虐の詩』公式サイト 4コマ漫画が原作。 はて、連載していたのは、週刊誌だったか。それもかなり昔。 よくこんな知名度の高くないものを題材にしたもんだ。 で、前半の4コマ漫画のエピソードの積み重ねみたいのに、笑えず。 後半の感動させたいのだろうのシーンに、感動できず。 主人公たちの出会った時と現在の姿勢、感情が200%変わっているので、阿部ちゃん演じるイサオの気持ちが響いて... [続きを読む]

受信: 2007年11月13日 (火) 19時06分

» 『自虐の詩』 [SMASH ASH]
まさか四コマ漫画が映画化され、そして感動してしまうなんて! 『自虐の詩』 ひなび [続きを読む]

受信: 2007年11月17日 (土) 20時07分

» 自虐の詩 [欧風]
1日は映画の日で千円だったんで、観ようかなと思ってた映画を八戸フォーラムで観てきました。2本ほど。 1本目に観たのは「自虐の詩」。これはなんかちゃぶ台ひっくり返してて面白そうだというのと、 [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 18時45分

» ★「自虐の詩」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウは、いろいろ候補があったけど・・・ 4コマ漫画からの映画化?とか、ひらりん好みの中谷美紀だし・・・ 最近阿部寛もオモシロイし・・・って事で本作に決定。... [続きを読む]

受信: 2007年11月21日 (水) 04時06分

» 自虐の詩 [Akira's VOICE]
ラストに畳み掛ける後半が良い。 [続きを読む]

受信: 2007年11月21日 (水) 15時33分

» 自虐の詩 [花ごよみ]
業田良家作の四コマ漫画が原作。 監督は堤幸彦 予想外、たっぷり泣けました。 もう涙ボロボロでした。 不幸がまとわりつく幸江(中谷美紀) 『嫌われ松子の一生』の松子を 思い起こします。 元銀行強盗の父親、西田敏行、 この人が泣くと、なぜかいつも 涙の感染が起こってしまいます。 西田敏行はこの映画には、 なくてはならない存在。 笑いと涙を誘います。 食堂の主人役の遠藤憲一、  、 いつもはニヒルな役が多いのに 今回はいじらしい男を演じています これも意外性があっていい感じです。 竜雷太、... [続きを読む]

受信: 2007年11月22日 (木) 01時09分

» 自虐の詩 [C note]
あの“泣ける4コマ”『自虐の詩』が、なんと堤幸彦監督の手により実写映画化ー?! [続きを読む]

受信: 2007年11月24日 (土) 01時22分

» 自虐の詩☆独り言 [黒猫のうたた寝]
阿部ちゃんのパンチパーマが微妙なんだけど^^;もっと変なロン毛ストレートのマトリックス風味もあるんだけど・・・『自虐の詩』観てきました。笑ったけど、青い海月とイサオと幸江の純愛にぼろぼろ泣かされてしまいました(笑)ちょっと『嫌われ松子の一生』観たときに近... [続きを読む]

受信: 2007年11月24日 (土) 08時15分

» 映画 「自虐の詩」 [ようこそMr.G]
映画 「自虐の詩」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2007年11月25日 (日) 22時33分

» 幸も不幸も、人生には意味がある [CINECHANの映画感想]
299「自虐の詩」(日本)  大阪通天閣のふもと。ひなびたアパート「パンション飛田」に住む幸江とイサオ。イサオは無口な乱暴者で、以前はヤクザであったが、今は仕事もせず、酒とギャンブルに明け暮れていた。内縁の妻幸江がラーメン屋で働き生計を立てていた。少しでも気に入らないことがあると、ちゃぶ台をひっくり返すイサオだが、幸江は心からイサオを愛していた。  幸江は幼い頃住んでいた気仙沼で母が家出し、父が銀行強盗で捕まったという過去があり、自分は不幸の星の元に生まれたのだと信じ込んでいた。  ...... [続きを読む]

受信: 2007年12月11日 (火) 00時48分

« 本 「タイムトラベラーズ・ワイフ」 | トップページ | 「めがね」 無目的な時間 »