« 「アーサーとミニモイの不思議な国」 ジム・ヘンソンへのオマージュか? | トップページ | 本「マグダラのマリア -エロスとアガペーの聖女-」 »

2007年9月29日 (土)

「檸檬のころ」 檸檬は心の擦り傷にしみて、ちょっと痛い

檸檬はすっきりとさわやかな味だけど、心の擦り傷にはしみて、ちょっと痛い。

高校三年というのは、人生の中で初めて自分で自分の道を選ぶ時かもしれない。
中学・高校進学は地元だからとか、親や先生が薦めたからなど、みんなあまり自分で進路を選んだという感じはないのではないだろうか(よほどしっかりとした人は別かもしれないですけれど)。
でも高校を卒業するときは、やりたいこと(もしくはやりたくないこと)などがぼんやりながらも見えてきて、進路というものを選ぶとき、少なからず自分の意志があらわれてくるだろうと思います。
子供の時は周囲にお任せであったのが、自分で選択する、していいとなったととき、人は初めて世界と直面し、自分と他者、理想と現実、そのギャップに気づく。
というより気づかされる。
将来やりたいことがあるけれども、その才能が自分にないのではないかと不安に思う。
ずっと好きな子がいるけれど、その子には自分の友人のことが好きだと言われる。
東京の大学に進学する彼女とずっといっしょにいたいけれど、自分は進学できるほど頭が良くない。
登場人物の高校三年生はそれぞれが自分の理想としている姿と現実のギャップに悩む。
自分がとっても小さかったり、恥ずかしい存在のように思えてしまう。
それでイライラしたり、落ち込んだり。
夢、進路、恋愛などに関して、理想とは違うどうしようもない現実に、自分が決めるということができる年齢になって初めて直面するのが高校三年なのかもしれないですね。
自分と他人、理想と現実のギャップを感じたとき、深くはないけれど心に擦り傷のような痛みを覚える。
擦り傷にしみる檸檬の痛みは、現実と自分とのギャップを調整するのに慣れていつしかすっかり忘れてしまうものだけれど、こういう青春ものの映画を観ると、その痛みを感じたという記憶がよみがえってきます。
とても檸檬にでも痛みをかんじてしまうくらい敏感だったころの記憶が。

榮倉奈々さんが主演なので、ファンとしてこの作品を観てみましたが、ちょっと彼女の魅力がでているかというとちょっと疑問。
とても真面目な優等生役で、悩んでいる表情が多く、彼女の明るさは感じられなかったのがやや残念でした。
でももう一人の主役の谷村美月さんが良かったです。
ちょっとコメディエンヌっぽさもあって、演技が上手でしたので、今後注目かもしれません。

青春ものと言えば、必ずと言っていいほど学校の屋上のシーンが出てきますよね。
この作品もそうでした。
いろんな作品で屋上のシーンはいい場面が多いんですよね。
なぜだろう?

榮倉奈々さん主演「阿波DANCE」の記事はこちら→

榮倉奈々さん主演「渋谷区円山町」の記事はこちら→

榮倉奈々さん主演「僕は妹を好きになる」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「アーサーとミニモイの不思議な国」 ジム・ヘンソンへのオマージュか? | トップページ | 本「マグダラのマリア -エロスとアガペーの聖女-」 »

コメント

hitoさん、こんにちは!
古い記事へのTBは時間がかかるようですみません・・・。

そうそう「渋谷区円山町」の榮倉奈々ちゃんはかわいいですよね。
僕は以前にやっていたドラマの「ダンドリ!」という作品で好きになりました。
朝の連ドラは観れてないのですが、どうなのだろう・・・?
連ドラが終わったら、また映画とか出てくるようになるんでしょうかね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年8月22日 (金) 08時37分

こんにちは~
こちらの記事にだけTB反映されないようです、すいません。

榮倉奈々ちゃんの笑顔とはじけるような若さがあまり感じられず私も残念でした。
この映画や「僕は妹~」より、「渋谷区円山町」のような元気な奈々ちゃんが魅力的ですよね。

青春ものに登場する屋上シーンって憧れますが・・でも実際には屋上って行けないように鍵がかかっていて私の学校は無理でした~

投稿: hito | 2008年8月20日 (水) 10時33分

ミチさん、こんにちは。

榮倉さんの魅力は笑顔です(ズバリ!)
とは言ってもこの作品ではその魅力があまり出ていなかったので、残念でした。
そのかわり、谷村美月さんは良かったですよね。
コメディエンヌの素質もありそうですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年10月 6日 (土) 08時06分

こんにちは♪
実は榮倉さんの魅力ってイマヒトツ分からないんです。
ゴメンなさい~。
背が高すぎてなかなかつりあう男性がいないのが気の毒な気がします。
逆にこの映画では谷村美月ちゃんがすごく良かったと思います。

投稿: ミチ | 2007年10月 3日 (水) 20時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/16608719

この記事へのトラックバック一覧です: 「檸檬のころ」 檸檬は心の擦り傷にしみて、ちょっと痛い:

» 「檸檬のころ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「檸檬のころ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:榮倉奈々、谷村美月、柄本佑、石田法嗣、林直次郎、浜崎貴司、石井正則、中村麻美、織本順吉、大地康雄、他 *監督:岩田ユキ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラッ..... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 15時36分

» ★ 『檸檬のころ』 [映画の感想文日記]
2007年。ゼアリズ・エンタープライズ。  岩田ユキ:監督・脚本。 豊島ミホ:原作。 榮倉奈々、谷村美月、柄本佑、石田法嗣、林直次郎(平川地一丁目)、大地康雄、石井正則(アリtoキ... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 17時18分

» 感想/檸檬のころ(試写&単行本) [APRIL FOOLS]
あー、もう淡酸っぱすぎよ! 『檸檬のころ』3月31日公開。ロケ地の栃木県では本日より先行公開(原作の設定は著者の地元・秋田というウワサ…)。高校3年生の秋元加代子。秋元と同じ中学の西。西と同じ野球部の佐々木。秋本と同じクラスの白田恵と辻本一也。5人の淡い夢、淡い恋を描いた学園ストーリー。 檸檬のころ -れもんのころ- 秋本パートと、白田パートの重なり合う2本柱で展開。原作のエピソードを切り張りして、うららかな自然光のような雰囲気は抽出できているけれど、ちょっと大人し過ぎる。って原作の空気感が... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 17時45分

» 檸檬のころ [skywave blog シネマな独り言]
高校三年生のありふれた恋や進路の問題。しかし、人生がまだ甘酸っぱい頃の若者たちには、大問題。ちょっと笑えて、ちょっと切ない青春物語です。 栃木県がロケ地で、見覚えのあ [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 18時16分

» 檸檬のころ [ネタバレ映画館]
「君と同じ大学を受けることにしたよ」「やめてよ、競争率が上がっちゃうじゃない」 [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 18時49分

» 「檸檬のころ」 [てんびんthe LIFE]
「檸檬のころ」サイエンスホールで鑑賞 開映前に主演の一人、林直次郎(平川地1丁目の弟)の主題歌のライブと谷村美月との舞台挨拶。司会も配給会社のスタッフだったようで仕切りも下手だし、挨拶の二人もまだ慣れてないらしくてしどろもどろ。初々しいといえばそうだけど、一応二人ともプロだし。ド新人ではないわけだし…。もう少しどうにかなったのではないのかな。谷村美月ちゃんは小柄で華奢な体つきでかわいいけど素人っぽさが抜け切れず。直次郎は子供だと思っていたら立派な少年でした。歌うまい!!アコースティックギターで... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 20時04分

» 檸檬のころ/榮倉奈々、谷村美月 [カノンな日々]
原作は豊島ミホさんの同名小説。未読なんですけどこの青春映画はワタシ的には見逃せません。もしハズレだったとしてもこれからの邦画を盛り上げてくれそうな若い俳優たちの作品としてしっかり観なくちゃと思っていたんですが、これが見事に気持ちいいくらいに私のハートにス....... [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 21時46分

» 『 檸檬のころ 』 [やっぱり邦画好き…]
映画 『  檸檬のころ 』   [公開情報] 2006年:日本 【2007年3月31日公開】[ 上映劇場  ] 監督:岩田ユキ 脚本:岩田ユキ 原作:豊島ミホ 「檸檬のころ」 【キャスト】 榮倉奈々 谷村美月 柄本佑 石田法嗣 林直次郎 浜崎貴司 石井正則 織本順吉 大地康雄 公式サイト  檸檬のころ 豊島 ミホ すべてが、きらめいていた。 初めての通学電車。初めての片思い。初めての告白。初めての仲間。初めての恋。 すごい!世... [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 00時53分

» 【2007-90】檸檬のころ(れもんのころ) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? すべてが、きらめいていた。 誰しもが通り過ぎてきた、甘くて痛いあの時間── 卒業まで半年間。 それぞれの日々。 すごい。世界ってこんなにも熱いものだったん。 そして、みんな、大人になってゆく── ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 01時13分

» 檸檬のころ [しまねこ日記]
ブラスバンドで指揮者を勤める秋元加代子(榮倉奈々)は、美人で成績優秀。家の経済力もそこそこなので、卒業後は東京の大学に進学すると決めている。 西巧(石田法嗣)は、中学時代からずっと加代子に片想いしているが、気持ちはなかなか伝わらない。そんな彼に同じ...... [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 06時07分

» 檸檬のころ [ダイターンクラッシュ!!]
4月15日(日) 16:10~ CINEAMUSE WEST 料金:0円(シネカノン会員更新時付与1000ポイント使用) パンフ:700円 檸檬のころ公式サイト くだらない事に一喜一憂した、今から考えると恥ずかしいことばかりだった、あの頃の映画。一喜一憂の中でも最も恥ずかしいといえば、恋愛ごとだろう。で、これは、それがストレートなテーマな作品だ。 最初の方のストーリーの中心人物野球部員西は、開始20分くらいで即効で振られ瞬殺。もう少しこいつ描いてやってもいいのにと思いながら、話の中心は、西... [続きを読む]

受信: 2007年10月 1日 (月) 19時27分

» 映画 【檸檬のころ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「檸檬のころ」 豊島ミホの同名小説を原作に、本作が初の長編映画となる岩田ユキが監督。 小説の中の「ラブソング」「雪の降る町、春に散る花」を中心に「ルパンとレモン」「金子商店の夏」を少々加えた脚本になっていた。 お話は秋元加代子(榮倉奈々)と白田恵(谷村美月)を主人公とした二つの物語が軸になっている。 時代設定は何年前くらいだろう、ケータイが普及する前、MDが普及した頃くらいかな? 田舎町、電車通学、古びたママチャリ、学校の屋上、部室、学園祭。見た人はどこかに自分の過ごしてきた時間を重ね... [続きを読む]

受信: 2007年10月 3日 (水) 20時18分

» 『檸檬のころ』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]          2007/03/31公開  (公式サイト) 切なさ [:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:]   【監督】岩田ユキ 【脚本】岩田ユキ 【原作】豊島ミホ 『檸檬のころ』(幻冬舎刊) 【時間】115分 【出演】 榮倉奈々/谷村美月/柄本佑/石田法嗣/林直次郎/浜崎貴司/石井正則/織本... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 02時35分

» 檸檬のころ [knockin' on heaven's door]
片田舎の高校を舞台に、5人の高校生のレモンな日々を綴る瑞々しい青春映画。懐かしさを静かに呼び起こす素朴で清々しい語り口が軽やか爽やか♪ 2人のヒロイン、加代子と恵。何気ないときめきが嬉しい、高校時代を駆け抜けて・・・やがて卒業と成長の時期が訪れる。... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 16時00分

» 檸檬のころ [愛猫レオンとシネマな毎日]
豊島ミホさんの同名小説の映画化です。 原作を24歳の女性が書き、34歳の女性監督、岩田ユキさんが撮った作品です。 長編映画としてはデビュー作だし、脚本まで書かれてます。 最近の女性監督は、自分で書く人ばかりですね。 主人公、加代を榮倉奈々が演じてます...... [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 23時23分

» 「檸檬のころ」 [日々のつぶやき]
監督:岩田ユキ 出演:榮倉奈々、谷村美月、柄本佑 高校三年生の男女の、恋愛と友情、別れのちょっぴり切ないストーリー 残念ながら・・これは全然はまれませんでした。 榮倉奈々ちゃん好きだし、檸檬のような酸っぱくて爽やかな青春映画だと思うのですが・・... [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 10時21分

« 「アーサーとミニモイの不思議な国」 ジム・ヘンソンへのオマージュか? | トップページ | 本「マグダラのマリア -エロスとアガペーの聖女-」 »