« 本 「九十九十九」 | トップページ | 「ベクシル -2077 日本鎖国-」 何故3DCGリアルアニメーションなのか? »

2007年8月18日 (土)

「恋するマドリ」 「捨てるもの」と「とっておくもの」

生まれてから引っ越ししたのは2度だけです。
大学までずっと実家で、就職して寮に入ったのが1回目。
その寮を出て、今のところに越してきたのが2回目。
2回目のときは、いろいろ行き詰まり感もあり、何か環境変えたいなあと思い立つように引っ越ししました。
寮は会社からあてがわれたものですが、今のところは自分で選んだところ。
やはり引っ越し自体は面倒ですけど(無精なもので)、家具を買い足したり、観葉植物置いてみたりするのはけっこう楽しかったですね。

最近女性監督が活躍してますよね。
僕は荻上直子監督が好きなのですが(新作「めがね」の予告もやってました。期待大)、女性の撮る映画ってなにか空気感みたいなものが違うような気がします。
うまく言えないですけど、光がソフトだというか。
観終えるまで監督どなたか知らなかったですが、観ていて女性監督だろうなと思いました。
監督は大九明子さん。
僕は初めてこの方の作品を観ました。

主人公ユイ(新垣結衣さん)は小さなアパートで一人暮らしを始めます。
そこは大きな部屋じゃない。
どちらかというとこじんまりした部屋。
けどそこは自分が選んだ部屋でモノの配置が何か心地よい。
ふとした偶然でユイはその部屋の前の住人アツコ(菊池凛子さん)と出会います。
ユイは美大生、アツコは建築士、意気投合して二人は仲良くなります。
これ、なんだか感覚わかる気がします。
自分が好きな部屋を好きだった人というのは、多分自分と同じような感覚の持ち主のはずで、なんだか知らないけどウマが合いそうな感じがします。
そしてユイは、これも偶然にバイト先でアツコの元恋人大野(松田龍平さん)と出会い、恋をします・・・。

作品としては悪くはないという感じでしょうか。
女性らしい空気感はあったと思いましたが、荻上監督ほどの個性は感じず・・・。
そうは言ってもひどくはないので、悪くないという表現になってしまいます。
脚本も監督自身が書いていますが、ややストレートすぎるかな(「にっこり」のくだりとか)・・・。
でも共感した台詞もありました。
アツコがユイに言った台詞です。
「20歳の時の自分に言ってやりたいよ。死ぬほど悩んでいても、そんなの乗り越えるんだって。同じことを35歳の自分に言ってもらいたい。」
わかるなあ、これ。
仕事なんかでも「これ以上無理!限界!」といつも思っていても、それは越えてきているわけで。
結局、なんとかなるんですよね。
昔のことを思い返すと、なんでこんなんでヒーヒー言ってたんだと思いますけど、それが成長したということでしょうか。

引っ越すということは「捨てるもの」と「とっておくもの」を決めることなんですね。
ずっと同じ場所にいると、いるものもいらないものも、大事なものもどうでもいいものも、一緒くたに積み重なっていきます。
自分にとってそれがどういう意味を持っているか考えるのを判断保留にしてしまうんですよね。
引っ越しは自分の生きてきた過程を一度振り返る絶好のタイミングなんですね。
「棚卸し」とはよく言ったものです。
僕が思い立って引っ越ししようと思った時も、そんな気持ちがあったのかもしれません。
(その割に、まったく進歩していませんが・・・)。

最後にユイの父親役が登場したとき、てっきり板尾創路さんだと思ってました。
世良公則さんだったのね・・・。
似てません?

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「九十九十九」 | トップページ | 「ベクシル -2077 日本鎖国-」 何故3DCGリアルアニメーションなのか? »

コメント

こーいちさん、こんばんは!

なんだか女性監督の映画って空気の感じがちがいますよね。
確かにやわらかい感じあります。
新垣結衣さんは、きれいだけれど遠い感じではなく近しい感じがする女の子ですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年8月27日 (月) 22時36分

こんばんは♪
いつもTBありがとうございます!
僕もこの映画は悪くないって感じだったんですけど
新垣結衣ちゃんが可愛かったので満足でしたw
女性監督が撮った作品ってなんだかやわらかくて
空気感が違いますよね~

投稿: こーいち | 2007年8月27日 (月) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/16159962

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋するマドリ」 「捨てるもの」と「とっておくもの」:

» 『恋するマドリ』舞台挨拶@渋谷シネクイント [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
真夏の舞台挨拶2本立て2本目のレポートは、「Francfranc」15周年記念作品、新垣結衣・松田龍平・菊地凛子出演の『恋するマドリ』。渋谷の街もマドリ一色。『パパとムスメの7日間』に出演中のガッキー!!!を生で見てきちゃいました。しかも時価8000円の2列目・・・先行で...... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 14時21分

» 感想/恋するマドリ(試写) [APRIL FOOLS]
ガッキーに、にっこり。『恋するマドリ』8月18日公開。ユイは、初めての一人暮らし。期待と不安を抱え入った新居。上の階にはちょっと気になるオトコ・タカシ。借りた部屋の元住人アツコはカッコいいアネキ。楽しい新生活、と思ったらこの2人って元恋人!? ど、どうしよ…。 映画「恋するマドリ」公式サイト んもう、ガッキーが可愛過ぎる! 演技は可も不可もないけど規格外の美少女っぷりで、もうそれだけでお釣りくるよ。って、映画の中身はなんてことない青春の1ページ。女の子の小さな恋のメロディです。箸にも棒にもか... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 19時09分

» 恋するマドリ 舞台挨拶付き試写会 [よしなしごと]
 いつもお世話になっているKさんに誘われて恋するマドリの試写会に行ってきました。しかもこの試写会、な・な・なんと!舞台挨拶付きです!さらにKさんが前から3列目というとんでもなく良い席を確保しておいてくれて、新垣結衣ちゃんが、菊地凛子が、大九明子監督が目の前です!ただ残念なのが、僕らの席は右側。パーソナリティは向かって下手(左側)、監督や出演者は上手(右側)という配置なので、監督や出演者はステージに向かって左を向いて話すんです。すると僕らは後頭部から左顔しか見られないので、ちょっと残念でした...... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 23時43分

» 『恋するマドリ』。。。 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2007年:日本映画、大九明子監督&脚本、新垣結衣、松田龍平、菊池凛子共演。 正直言って、イマイチ。(^-^; [続きを読む]

受信: 2007年8月23日 (木) 01時23分

» 恋するマドリ/新垣結衣、菊地凛子 [カノンな日々]
新垣結衣さんを最初に知ったのはたぶんNTTのCM。雰囲気のいい子だなぁと思っていたら、ポッキーのCMでいい意味で衝撃受けました。世間的にもこれで大ブレイク?彼女が出演していたドラマはほとんど見てないんだけど「ドラゴン桜」にも出てたのね?そーいえばそんな記憶あるか...... [続きを読む]

受信: 2007年8月26日 (日) 21時28分

» 『恋するマドリ』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]          2007/08/18公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】大九明子 【脚本】大九明子 【原案】筧昌也 【主題歌】新垣結衣 『メモリーズ』 【出演】 新垣結衣/松田龍平/菊地凛子/中西学/ピエール瀧/江口のりこ/矢部太郎/廣田朋菜/マリエ/十貫寺梅軒/有福正志/アブドーラ小林/関本大介/マンモス佐々木/伊東竜二/谷口裕一/KABA.ちゃん/伊与久直人/中原淳/佐野元哉/中村純子... [続きを読む]

受信: 2007年8月27日 (月) 00時37分

» 椅子もニッコリ、私も・・・ [CINECHANの映画感想]
213「恋するマドリ」(日本)  美大生のユイは姉と二人で暮らしていたが、姉ができちゃった婚。ユイははじめての一人暮らしのために引越しをする。元の部屋に忘れ物を取りに行くと、新しい住人は大人の女性アツコ。しかもアツコの元の部屋はユイの新居と判明し、運命的な関係に。  もう一人。バイト先で出会った男性はユイのすぐ上の住人のタカシ。取っつきにくいところもあるが、仕事に取り組む姿勢にユイは次第に惹かれていく。  アツコには同姓としての憧れ、タカシには恋心を抱き始める。  しかい、アツコに...... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 01時37分

» 恋するマドリ [何書☆ねくすと]
 評価:○      で?度:62%  評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ :観ちゃいけない)  『あらすじ』  姉とのささいなケンカから余儀なく一... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 12時55分

» 映画:恋するマドリ [駒吉の日記]
恋するマドリ(シネクイント) 「ニッコリいす」 映画の日、メジャー系で観たいのは大体みたから・・・単館系で「ブラック・スネーク・モーン」「オフサイド・ガールズ」「恋するマドリ」「ショートバス」のどれにしよう?夕方たらたら出かけたら1番目は最終回立ち見もいっ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 3日 (月) 18時01分

» 恋するマドリ [hinemosu*theater* ]
ー初めての一人暮らし。偶然が運命の出逢いを運んでくれた。ー ☆cast-------------------------------------- 新垣結衣 松田龍平 菊地凛子 中西学 ピエール瀧 ☆crew------------------------------------ 監督:大九明子 音楽:スネオヘアー ☆ストーリー-------------------------------... [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 23時34分

» 恋するマドリ~ほっこりと良作 [シネマでキッチュ]
「恋するマドリ」 マドリは間取りのことなのね~。 映画のはじめ、タイトルバッグにお部屋の間取りがあってそこに家具や窓などが描かれていく・・・ 子供の頃、間取りの絵を描くのが好きだったのを思い出した。 画面の端々からほわんとした空気が溢れてくるのが気持ちよい。 一人暮らしの若い人たちのお部屋の中は普通に質素でラク~うな雰囲気、それでいて個性がほわんとにおう。 美大生役の新垣結衣、若い研究者の松田龍... [続きを読む]

受信: 2007年10月 3日 (水) 22時48分

» #127.恋するマドリ [レザボアCATs]
新しい部屋に引越ししてワクワクする気持ちとか、ちょっとづつお部屋をかわいくしてこう、ってほっこりする気持ちだとか、そういうのがすごく伝わってくるのが、みずみずしくて爽やかな印象のこの作品。... [続きを読む]

受信: 2007年12月28日 (金) 18時40分

» 『恋するマドリ』 [映画大陸]
 『恋するマドリ』を一言で評するならば、これしか僕には思い浮かびません。  新垣結衣ちゃんがあまりに可愛すぎる!  この一文で全てを語りつくせたのではないでしょうか。  ★★★  2007 #69 ↓少しでも心に響くものがあるようでしたらクリックを↓ ....... [続きを読む]

受信: 2007年12月29日 (土) 14時41分

» 「恋するマドリ」 [日々のつぶやき]
監督:大丸明子 出演:新垣結衣、松田龍平、菊池凛子、中西学、内海桂子 「姉の結婚で初めての一人暮らしをすることになった美大生のユイは、前の家に忘れ物を取りに行き新しい住人アツコと知り合いになる。そして偶然なことに、彼女はユイの新居の前の住人だった... [続きを読む]

受信: 2008年4月29日 (火) 21時33分

« 本 「九十九十九」 | トップページ | 「ベクシル -2077 日本鎖国-」 何故3DCGリアルアニメーションなのか? »