« 「プロヴァンスの贈りもの」 ワインも人生も味わうもの | トップページ | 本 「九十九十九」 »

2007年8月13日 (月)

「DOA デッド・オア・アライブ」 中身はないが美女のアクションは満載

先日、あの話題のブートキャンプをいただきました(会社で異動したので送別会で)。
週末早速テレビを前にビリーにならってエクササイズ。
・・・ミッション、完遂できませんでした。
運動不足なのですね。
前はジムで格闘技エクササイズにはまっていたので、けっこういけると思ったんですけど。
鍛えなければいかんです・・・。
とはいえ、パンチとかキックとか繰り出して汗をかくのは気持ちいいです。
しばらくビリーにお世話になります。

ということで、格闘技気分になったところで本作「DOA デッド・オア・アライブ」をDVDで観賞しました。
原案は日本の格闘技ゲームなんですね。
このゲームはやったことないですが、ご多分に漏れずPSで「ストリートファイター」とか有名なゲームは遊んでましたね。
日本のゲーム原案と言えば「バイオハザード」ですが、ミラ・ジョボビッチ主演だったり大作感ありましたが、「DOA デッド・オア・アライブ」の出演者は知らない人ばかり(知っているのはケインぐらい)。
この映画、ストーリーはほぼなく、キャラクターも深みがないと言ってよく、まさにB級。
冒頭より、日本(らしき場所)がでてきますが、これがなんだかトンデモない。
どこ?中国じゃあないの?という感じですが、これはゲームの世界観なのかな?
のっけからB級度満載の雰囲気でこの映画始まりましたが、美女が格闘技をするのを見せるというのに特化している映画なので、それはそれで割り切っているなあという印象です。
割り切っている分だけ、アクションシーンはてんこ盛りでした。
ワイヤーなどを駆使して、アクションはまるで格闘技ゲームのようです。
「KASUMI WIN!」とかでますからねー。
蹴り上げて宙に浮かせたところを、さらにキックみたいな、コンボ技みたいなのもでていて、昔格闘ゲームやったことがある人ならちょっと嬉しくなるようなシーンもありました。
闘う時もなぜか水着で、男性はさらに嬉しい。
女性のアクションシーンというのはキマっていると美しいですよね。
「イーオン・フラックス」の記事でも書きましたが、僕は好きです、強い女性。

暑くて頭使うのもイヤなこんな時期、たまにはこういうお気楽気分で観れる作品もいいかもです。
音楽はなんだか「チャリーズ・エンジェル」みたいでしたね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「プロヴァンスの贈りもの」 ワインも人生も味わうもの | トップページ | 本 「九十九十九」 »

コメント

もじゃさん、こんばんは。

僕も期待度低かったせいか、思いのほか楽しめました。
強い美女いいですよねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年9月10日 (月) 22時07分

こんにちは。TBありがとうございます。
強い女性、いいですよね。
全く期待せず観に行ったんで、覚悟してたんですが。
いやぁ思っていたよりも格闘アクションが楽しくなかなか楽しめました。まぁストーリーはね...ご愛敬w

投稿: もじゃ | 2007年9月 9日 (日) 18時41分

コブタさん、こんばんは!

けっこうブートキャンプ苦しいです。
土日にやるので、おかげで月曜日は筋肉痛・・・。

この映画、集中力いらず見れるので、こんな暑い時はいい感じです。
見終わると体を動かしたくなりますし。
ブートキャンプ挫折しそうになったら、また見ようかな。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年8月25日 (土) 21時50分

こんにちは!
私もビリー5月からお世話になって幸いな事に今もまだ続いています。でもシェリーになるにはまだまだ遠い道のりなようです。

まだ記事にしはしていませんがコチラ私もお盆休みに鑑賞しました。

あまり深く考えずに、脳天気で楽しむそんな映画でしたよね!
たしかに頭が茹だった暑い夏でも楽しめました。

投稿: コブタです! | 2007年8月24日 (金) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/16102860

この記事へのトラックバック一覧です: 「DOA デッド・オア・アライブ」 中身はないが美女のアクションは満載:

» 強く、美しく、しなやかに [CINECHANの映画感想]
35「DOA デッド・オア・アライブ」(アメリカ)  石狩山脈に城を構える忍一族の王女かすみ。彼女は一年前に城を出て行方不明になった兄ハヤテを探すため城を出ようとする。城を出れば〝抜け忍〟となり、殺されると忠告する護衛のハヤブサの制止も振り切り、城を出るかすみ。そんな彼女に〝デッド・オア・アライブ(DOA)〟への招待状が届く。それは世界最強のファイターたちが己の肉体のみで戦うトーナメントであった。  同じ頃カリスマ・プロレスラー・ティナ、暗殺者で泥棒のクリスティーにも招待状が届く。 ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 23時27分

» 「DOA(デッド・オア・アライブ)」映画感想 [Wilderlandwandar]
「DOA(デッド・オア・アライブ)」原題(DOA Dead or Alive)見 [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 16時13分

» 「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」(龍虎門 DRAGON TIGER GATE )映画 感想 [Wilderlandwandar]
武侠小説(これやこれ)を読んで、ドラマや映画(カンフーハッスル)等見て、熱が高ま [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 16時20分

» ●DOA/デッド・オア・アライブ(DOA: DEAD OR ALIVE) [コブタの視線]
アクション映画は大好きなだけに気になってはいたのですが、公開時期が短かく、結局DVDでの鑑賞になってしまいました。 コチラはご存じ有名アクション映画デット・オア・アライブを映画化にしたもので、映画の味... [続きを読む]

受信: 2007年8月25日 (土) 00時47分

» 「DOA/デッド・オア・アライブ」 [或る日の出来事]
(c) 2006 Universal Studios. All rights reserved. 面白かった〜! 美女がいっぱい! 彼女たちが格闘技で戦う! ただただ、画面に見入って、楽しめばよし。 B級だって? どうやったら、これがA級になるの? B級大... [続きを読む]

受信: 2007年8月30日 (木) 22時18分

» ★「DOA/デッド・オア・アライブ」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の平日休みもシネコン2軒はしご。 2本目は「109シネマズ川崎」で、ケイン・コスギのハリウッド進出作。 でも主役は4人のオネエチャンたち。 [続きを読む]

受信: 2007年8月31日 (金) 00時47分

» DOA/デッド・オア・アライブ [5125年映画の旅]
日本の奥深く、石狩山脈に隠された忍の国。その国の王女・かすみは、行方不明の兄を探すため臣下の反対を押し切って抜け忍となる。抜け忍となったかすみは、真相を解き明かすため兄が失踪した格闘大会『DOA/デッド・オア・アライブ』に参加する。しかしこの大会の裏に...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 06時17分

» DOA/デッド・オア・アライブ (DOA: Dead or Alive) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 コリー・ユン 主演 デヴォン青木 2006年 アメリカ/ドイツ/イギリス映画 86分 アクション 採点★★★ 美女が大好きなたおです。美女が複数だったりすると、なお良しです。カンフーも大好きな私なもんで、美女がカンフーしてたりすると色んなものを投げ打ってでも見入..... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 10時32分

» DOA/デッド・オア・アライブ/デヴォン青木 、ケイン・コスギ [カノンな日々]
コレは「となり町戦争」のついでです、ついで。時間的には「守護神」も観れたんだけど前菜映画だし、何よりこっちのほうが面白そうな予感アリなんだもん。おバカ映画だったらいいなぁとちょっぴり期待しちゃいましたヨ。 出演はその他に、ジェイミー・プレスリー、ホリー....... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 11時24分

» 『DOA/デッド・オア・アライブ』(2006) [【徒然なるままに・・・】]
東シナ海の孤島で、謎の科学者ドノヴァンが主催する”デッド・オア・アライブ(DOA)”が開幕。これは世界最強の格闘家を決めるトーナメント大会なのだ。 女子プロレスラーのティナとその父親、女泥棒のクリスティ、その相棒のマックスらが招待され、優勝賞金1000万ドルを争うことになったが、その中には去年の大会に参加したものの行方不明になった兄ハヤテを探す抜け忍のかすみ、彼女を護衛するために参加した忍者ハヤブサ、更には、掟に従い一族を裏切ったかすみを始末するべく派遣されたくノ一のあやねの姿もあった。 しかし... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 12時26分

» DOA/デッド・オア・アライブ [八ちゃんの日常空間]
DOA: DEAD OR ALIVE [TOHOシネマズ錦糸町/SC6/観賞ポイント使用] 公式サイト 『そのルックスで殺す』 デッド・オア・アライブったって80年代にはやったハイエナジーサウンドのバンドじゃありませんよ!(笑)←バブルでGO!の余韻ではありません。ビデオゲームがベース....... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 15時08分

» 「DOA/デッド・オア・アライブ」 [てんびんthe LIFE]
「DOA/デッド・オア・アライブ」東京厚生年金会館 これまた日本のゲームが原作の実写化。ほとんど期待していなかったけれども予想通り撃沈。たしかに女優さんたちのアクションはキレがあったかも知れないけれど、ストーリーがちっとも面白くないです。格闘技世界一決定戦。サスペンスありというふれこみだけれどちょっと???ワイヤーアクションも多く使われみていて飽きないだろうと思いましたが、主人公が4人だか5人だかいても個性に変化がないのでどうでもいい…って感じですぐに飽きてしまいました。眠気すら襲ってきました... [続きを読む]

受信: 2007年9月 1日 (土) 18時53分

» DOA/デッド・オア・アライブ [eclipse的な独り言 ]
 難しい話ばかり観ていると、頭が痛くなるのでこんなのも。格闘技系ゲームってコン [続きを読む]

受信: 2007年9月 2日 (日) 07時13分

» 【2007-28】DOA/デッド・オア・アライブ(DOA/DEAD OR ALIVE) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
狙った獲物は─ 逃がさない女 男はいつも─ 殺到する セクシーでデンジャラス、 彼女たちは全ての挑戦者たちを そのルックスで─ 殺す 『チャーリーズ・エンジェル』よりセクシーで、『HERO』より過酷な戦い! ... [続きを読む]

受信: 2007年9月 3日 (月) 00時42分

» DOA/デッド・オア・アライブ(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
ゲームにまったく興味なし! のアンマリーです。が、ゲームから映画になったものは大好物。 ということで「デッド・オア・アライブ」を観てきました~! ( → 公式HP  ) 出演:ジェイミー・プレスリー 、ホリー・ヴァランス 、サラ・カーター 、ナターシャ・... [続きを読む]

受信: 2007年9月 3日 (月) 16時43分

» DOA/デッド・オア・アライブ [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2007年2月10日 配給:UIP 監督:コーリー・ユン 出演:デヴォン青木,ジェイミー・プレスリー,ホリー・ヴァランス 鑑賞日:2007年2月10日 MOVIX三郷 シアター9(座席数174) 【ストーリー】 行方不明の兄を探すために...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 21時59分

» デッド オア アライブ 07170 [猫姫じゃ]
DOA デッド オア アライブ DOA: Dead or Alive 2006年   コーリー・ユン 監督デヴォン・青木 ジェイミー・プレスリー サラ・カーター ナターシャ・マルテ ホリー・ヴァランス ケイン・コスギ この監督って、英語は話さないの? しかし、、、アクション撮ら....... [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 03時46分

» D.O.A/デッド・オア・アライブ [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
デンジャラス&ビューティ 最も美しく、 最も危険な女たちが ここに集う 評価:★6点(満点10点) 2006年 86min 監督:コリー・ユン 主演:ジェイミー・プレスリー ホリー・ヴァランス サラ・カーター デヴォン青木 ケ....... [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 00時18分

» 「DOA/デッド・オア・アライブ」 客、男ばっかり! [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
ジャッキー・チェン(バリー・ウォンかも)が、『シティ・ハンター』の1シーンで見せた、格闘ゲーム「ストリートファイター?」を映像化してから13年、ついにその時が来ました! でも、もうゲーム熱とっくに冷めちゃったよ! そのかわり『チャーリーズ・エンジェル』みたいな映画、待望してたよ!! いきなり石狩山脈というアホテロップ(石狩山脈で検索をかけると、半分以上はDOAがらみ!)。 そこには、中国故宮風の建物があって、庭の巨大な赤い鳥居のミスマッチは、格闘ゲームにありがちな背景で製作者のゲームLoveな姿勢... [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 17時53分

» DOA/デッド・オア・アライブ [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★        (★×10=満点)  監  督:コーリー・ユン キャスト:デヴォン青木       ジェイミー・プレスリー       ホリー・ヴァランス       ナターシャ・マルテ       サラ・カーター       ケイン... [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 08時08分

» 【 DOA/デッド・オア・アライブ 】 [もじゃ映画メモメモ]
人気3D格闘ゲームを実写映画化。世界の強豪が集うトーナメントに参加した美女3人の戦いを描くアクション。 頭からビックリします、これどう見ても日本じゃねぇ...。と先行き不安な立ち上がりでしたが、なかなかどうして、対戦アクション・シーンは楽しめましたよ。ス...... [続きを読む]

受信: 2007年9月 9日 (日) 18時36分

» DOA/デッド・オア・アライブ [りらの感想日記♪]
【DOA/デッド・オア・アライブ】 ★★★ DVDストーリー 科学者ヴィクター・ドノヴァン(エリック・ロバーツ)が主催する格闘トーナメント“ [続きを読む]

受信: 2007年12月27日 (木) 20時06分

» DOA/デッド・オア・アライブ(DVD) [ひるめし。]
そのルックスで殺す [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 11時16分

» DOA/デッド・オア・アライブ [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:DOA/デッド・オア・アライブ 制作:2006年・アメリカ/イギリス/ドイツ 監督:コリー・ユン 出演:ジェイミー・プレスリー、ホリー・ヴァランス、デヴォン青木、サラ・カーター、ナターシャ・マルテ あらすじ:行方不明の兄を捜すために北海道の忍者村を去り、抜け忍として追われる身となったかすみ(デヴォン青木)。世界最強のファイターを決めるトーナメント、デッド・オア・アライブに参加することになった彼女は、そこでプロレスラーのティナ(ジェイミー・プレスリー)や女泥棒のクリスティー(ホリー... [続きを読む]

受信: 2010年6月 6日 (日) 01時15分

« 「プロヴァンスの贈りもの」 ワインも人生も味わうもの | トップページ | 本 「九十九十九」 »