« 「リベリオン」 もっと”ガン=カタ”アクションが見たいぞ | トップページ | 「魔笛」 オペラを全く知らないのに・・・ »

2007年7月22日 (日)

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 ボリュームある原作をまとめるだけで精一杯

「ハリー・ポッター」、小説も映画もだんだん惰性で追っかけているようになってきました。
でも今更止められないし、ということで見てきました。
なんだか映画を観てみても最初の頃のような興奮がないというか・・・。
「炎のゴブレット」はほとんど印象に残っていないんですよね。
原作小説が回を追うごとにボリュームアップしていくので、それに対応する映画の方はなかなかたいへんだと思います。
エピソードはうまく間引いてまとめあげなくてはいけないですし、新キャラクターも出てくるので、そのあたりの描き方も薄くなってはいけないですし。
「ハリー・ポッター」シリーズはなるだけ原作に忠実にあることを意識しているようで、小説の映画化作品にあるような映画独自の設定などは極力廃しているようです。
本作も原作のエッセンスをまとめあげる苦労が窺えました。
いくつかの原作のエピソードについてはまるまるなくなっていたり、かなり端折られています。
うろ覚えですが、原作では最後の予言は確かトレローニー先生の予言だったと思いますが、映画では説明なかったですね。
トレローニー先生は占い・予言の担当であるにも関わらず普通はほとんど予言などできないのですが、この
大事な予言をしたからこそダンブルドアが学校においておいたんだと思いましたが。
そのためアンブリッジ先生に追い出されそうになるエピソードもちょっと説明不足な感じになってしまいました。
あとネビルがもっと原作では活躍していたような気がしたんですけど。
あまり優秀ではないネビルが必死に練習を重ねて最後ハリーと一緒に魔法省へ乗り込むエピソードは好きだったんですよね。
映画ではあまり存在感なくて、残念でした。
このように苦労はとても感じたりするのですが、前半はやはり進みが遅い感じは否めません。
キャラクターに関してもハリー以外のキャラクターについては今回はあまり深堀できていなかったですね。
でも原作のボリュームを考えると仕方がないですかね。

後半ハリーたちダンブルドア軍団が魔法省に乗り込んで行ってからの映像はなかなか見応えありました。
次々に予言の水晶玉が破裂していくビジュアルは美しく、そして迫力があったように思います。
ダンブルドアと名前を言えないあの人との一騎打ちも、さすがベテランの魔法使い同士の戦いといった迫力ありました。

新キャラクターのルーナは原作通りの不思議ちゃんでした。
ぱっと見はかわいらしいんですけど、なんだか不思議な雰囲気で。
アンブリッジ先生も嫌みな感じがよく出ていました。
このシリーズのキャスティングは原作のイメージから外れることはないのが、スゴいです。
そういえばアンブリッジ先生の部屋には猫の写真がたくさん貼ってありましたね。
「あるスキャンダルの覚え書き」のバーバラ曰く、「独身女には猫はかかせない」でしょうか。

原作では「謎のプリンス」でハリーは初恋の相手チョウとは別れ、ジニーとおつきあいをするようになります。
本作「不死鳥の騎士団」も見ていると、ハリーがチョウのことを気にしている様子を、後の方でジニーが気にしているような描写もありました。

全体的に見ると原作の雰囲気を大事にして何とかまとめあげた作品でしょうか。
「アズカバンの囚人」ほどの監督のクセは感じないですね。 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の記事はこちら→ 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の記事はこちら→ にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「リベリオン」 もっと”ガン=カタ”アクションが見たいぞ | トップページ | 「魔笛」 オペラを全く知らないのに・・・ »

コメント

奈緒子さん、こんばんは!

ハリーたちもどんどん大人になっていきますよね。
次の巻では、ハーマイオニーはハーマイオニーでいろいろありますよ。
ハリーとハーマイオニーはもう男女を越えた親友なんでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年11月 3日 (土) 18時08分

>原作では「謎のプリンス」でハリーは初恋の相手チョウとは別れ、ジニーとおつきあいをするようになります。

私は原作を読んでいないのですが
ハーマイオニーちゃんとの仲が気になっていたけど
次作では、そんな恋模様があるんですね~。
楽しみです♪

投稿: 奈緒子 | 2007年11月 2日 (金) 14時53分

風情♪さん、こんばんは!

原作のこの巻はネビル活躍していたので、映画はちょっと残念でしたね。
ただの周辺キャラじゃなくて、彼の存在も伏線だったのねーと感心したりしたのですが、映画はただのお友達で、ちょっとかわいそう。
もっとね、活躍して欲しかったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年8月15日 (水) 22時59分

こんにちは♪

ホント、原作も映画ももはや【惰性】以外の言葉が
見つからんですね。でも何だかんだ言っても悔しい
けれど本シリーズが好きだから困ったもんですよ。

ネビルの存在はかなり大きいんです。ロン&ハーマ
イオニー以外の仲間の中じゃシリーズ通して露出が
高いし、彼の血統に背負ってる過去も申し分なしで
すからね。と隠れネビルファンとして彼のアピール
させていただきました♪ (゚▽゚)v

投稿: 風情♪ | 2007年8月14日 (火) 11時11分

あかん隊さん、こんにちは!

キャラクターはほぼ原作のイメージがでていたと思います。
ただエピソードはずいぶん端折られていますけれども。
本作くらい物語の終盤にになると今までのキャラクターがたくさん出てくるので、映画的にはすごいキャストになっていますよね。

ニフティ、いまいち調子がよくないですよね。
頻繁にメンテしているのに、なかなかこちらもTBできないことがあります・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年8月13日 (月) 15時33分

原作を読んでいないのですが、なんとなく、意味ありげな登場人物たちの扱いには、想像できるものがありました。ほぼ原作どおりなんですね。(^^;)
このお話、映画であらすじを追っている程度です。読むなら原書を…と無謀にも思っています。TBの調子(ニフティ同士なのに)が悪く、もしかしたら、重複するかもしれません。お許しください。

投稿: あかん隊 | 2007年8月13日 (月) 09時19分

コブタさん、こんばんは!

ハリーも思春期で反抗期だからか、ちょっと性格ひねてきましたよね。
自信がですぎちゃっている感じ?
でも僕も気になるので最後までこの物語につき合っちゃうと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年8月12日 (日) 22時08分

たしかに 正直言って、、原作読むのも辛くなってきますよね。

私からみて、、 ハリーの性格がどんどん悪くひねくれていき魅力を感じないことが、なんとも読む気を失せさせているようです。
でも ここまできたら、、ついついラストまで読んでしまうのでしょうね~

投稿: コブタです! | 2007年8月12日 (日) 21時07分

ミチさん、こんばんは。

キャストはみんな大人になってきましたねー。
ウェズリーの双子の兄弟がとてもノッポになっていて!
あれだけのボリュームがあるので、映画にまとめるのはたいへんですよね。
最後の魔法合戦は今までで一番迫力あったかも。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月28日 (土) 14時49分

こんにちは♪
大人気原作シリーズを全て映画化することの難しさを感じますね~。
最初はイメージどおりだったキャストも、回を追うごとに原作以上に見かけが大人になってますし。
のりかかったシリーズなので、私も原作・映画ともに追いかけています(笑)
映画にはいつも少々の不満がありますが、原作があまりにも膨大すぎるので仕方ないかな。

投稿: ミチ | 2007年7月28日 (土) 09時32分

たいむさん、おはようございます。

原作読んでいると好きなエピソードがなかったりして、ちょっとがっかりなところもありましたが、なんとかまとめあげていたのはスゴいです。
水晶玉の説明はもっとした方が良かったかな。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月28日 (土) 07時26分

こんにちは。
やや足りない感は否めないものの、原作のボリュームを考えれば、こんなものでしょうか。よく出来ていたと思います。
>水晶玉が破裂し
映像的には美しかったし迫力あったのだけど、「誰かのための予言が...」なんて考えちゃう私でしたw

投稿: たいむ | 2007年7月27日 (金) 18時08分

あんさん、こんばんは!

あんさんがブログで書かれていた「英国は”ばあさん名優”の宝庫である?!」 は確かにそうですねー。
「クィーン」といい「あるスキャンダルの覚え書き」といい。
原作のネビルのエピソードは好きだったんですよねえ。
ごっそり削られてたので、ちょっとがっかりでした。
不思議ちゃんルーナは、イメージぴったりでした!

投稿: はらやん | 2007年7月26日 (木) 20時53分

カオリさん、こんばんは。

原作、長い上に重いですからねー(電車の中で立って読むのは苦行です)
原作の方はますます話がダークになっていってますね。
最後はハッピーで終わって欲しいですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月26日 (木) 20時48分

ノラネコさん、こんばんは。

原作がかなり要素が多いので、この作品は映画化はなかなかたいへんですよね。
よくまとめあげたというべきなんでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月26日 (木) 18時58分

こんにちは。
原作読んでらっしゃるんですねえ。私は秘密の部屋以降読んでないんですが・・・(だんだん分厚くなってるし)、映画は惰性で見てます。まあ、やはり最後は気になるので。
私も前作はあまり覚えてなかったんで、ちょっと苦労しました。
結末はどうなるのかな・・・せめて明るい未来で終わってほしい・・・。

投稿: カオリ | 2007年7月26日 (木) 11時11分

原作をまとめるだけで、精一杯!なんでしょうね。
監督は、全部のエピソードを入れると7時間位になる、と言ってました。
最後の作品は、3時間を超すかもしれませんね(笑)

ネビルは、原作では重要人物ですよね。
トレローニ先生のエマ・トンプソンもちょっとだけ出演だし。
マクゴナガル先生もルーピン先生もマッド・アイ先生も、ちょっとだけ!でしたね。贅沢〜。

投稿: あん | 2007年7月24日 (火) 10時57分

相変わらずこのしいリーズを纏めるのは難しいですね。
それでも、今回はまずまず手堅く纏めていたと思いました。
ところで、はやらんさんは東京の方ですか?
実は8月5日に私の友人のプロデュースした映画の完成披露試写が行われるのですが、ご都合がよろしければはやらんさんをご招待してもよろしいでしょうか?
私はスタッフではないのですが、贔屓目無しで素晴しい作品なので、日ごろお世話になっているブロガーさんたちをお誘いしています。
当日は舞台挨拶などのイベントもあります。
出来ましたら私のブログの管理人メール「noraneko285@hotmail.co.jp」からお返事いただけると幸いです。

投稿: ノラネコ | 2007年7月22日 (日) 23時45分

JoJoさん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

原作は上下巻でけっこうボリュームあるので、なかなかまとめるのに苦労しているなあという感じはしました。
原作未読の方はちょっと唐突なところもあったかもしれませんね。
原作はまわりのキャラクターのエピソードがもっとあるので、楽しいですよ。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月22日 (日) 19時04分

こんにちは!いつもTBさせていただいているJOJOです、ご挨拶は初めてです、よろしくお願いいたします!

この作品、わたしは原作未読なのですが、これまでと違い、本作は、理解しにくいところがあり、初めて原作を読んでチェックしたいな、と思いました。原作の方が、もっともっと深みがありそうですね!それでも、内容も映像も前作と比べると、段違いに面白かったです。

ハリーはジニーとお付き合いをするようになるんですか?これはいいことを聞きました!ジニーの片思いが成就するんですね!!

投稿: JoJo | 2007年7月22日 (日) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/15842906

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 ボリュームある原作をまとめるだけで精一杯:

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」★★★★ [JoJo気分で映画三昧!+α]
'07年製作、監督デヴィッド・イェーツ 主演ダニエル・ラドクリフ 共演ルパート・グリント、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、マイケル・ガンボン、ゲイリー・オールドマン他による世界的大ベストセラー児童文学の映画化。 孤独を噛み締める夏休みを終え、退...... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 17時34分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団/ダニエル・ラドクリフ [カノンな日々]
先行上映の初日に鑑賞になったけど特に意気込んでるわけでなくてこの連休に観るんだったら初日の土曜日がましかなと思ったからです。東京は明日台風の直撃になりそうだったし。それでもシネコンは子供がうじゃうじゃいて騒々しいやらゴミ散らかし放題やらで大変でした。 ....... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 18時04分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [そーれりぽーと]
ブログ版“そーれりぽーと”を書き始めてから、もう2年半以上にもなるのというのに、原作ファンな『ハリー・ポッター』シリーズの映画レビューを書いていません。 前々作『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の記事は、ブログ化前の転載だし、前作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は休止期間中につき★を付けただけで記事を書かず。 という訳で、今回は気合を入れて最新作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を観てきたのですが…。 ★★★★ ちなみに1と2は★3.5個、3と4は★4個。 4.5個付けようと思いましたが... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 18時25分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Akira's VOICE]
オーダー,愛と友情の魔法! [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 18時36分

» ハリーポッターと不死鳥の騎士団/Harrypotter&theorderofthe Phoenix [我想一個人映画美的女人blog]
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} とくにファンでもないのに、公開されると必ず観てしまうシリーズ{/shootingstar/}ハリーポッター第5弾 しかも、なぜか先行で観てきました☆ 観てて一番感じたのは「面白い!」ってことじゃなく、 子供の成長は早い!!ってこと。 ... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 19時17分

» 先行ロードショーにて ハリーポッターと不死鳥の騎士団 観てきました (音声鳴ります注意) [よしなしごと]
 今年一番の大本命(?)ハリーポッターと不死鳥の騎士団を先行ロードショーにて観てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 19時17分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
台風による大雨、次男が蜂(?)に刺されて左手がグローブ・・・という悪条件の中、先行上映へ―吹き替え版です【story】ホグワーズ魔法魔術学校の5年生で15才になったハリー(ダニエル・ラドクリフ)は、ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)が甦った事実が全く信じられていない事に驚く。ダンブルドア校長が勢力を伸ばす為に広めた陰謀だと魔法省が決めてかかっていたのだ。ホグワーズを監視するために送られた新教師ドローレンス・アンブリッジは、厳しく生徒たちを取り締まり、魔法も教えようしない。ハリーとロン(ルバート・... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 19時29分

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」映画感想 [Wilderlandwandar]
結局待ちきれないで、先行上映を見てきました「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」 [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 20時02分

» [Review] ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Diary of Cyber]
世界を席巻し、多くの人を魅了し続けてきた『ハリー・ポッター』シリーズの映画化も、いよいよ5作目。第4作『炎のゴブレット』から急に大人びてきたダニエル・ラドクリフ君達も、もはや外見だけでなく内面も大人に成長しているように見えました。 けれど、内面が大人になってきたからこそ重く圧し掛かる苦悩や挫折。それに対する責任。彼らにとっては大人になることは今か今かという風に心待ちにしてきたものの、いざ大人になってみると、「もうあの頃には戻れないのか……」と思うかもしれません。子供だっ... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 20時04分

» 激突!!ポケモンVSハリー・ポッター [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 3連休の土曜日から「劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」(長っ)が公開されました。 そして、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」も20日からの上映に先駆けて3日間の先行上映が....... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 22時15分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Diarydiary! ]
《ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団》 ネタバレありますので原作は未読だけど映画 [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 22時37分

» 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』鑑賞! [★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!]
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』鑑賞レビュー! 画像をクリックで別窓拡大〜! ドル箱シリーズ「ハリー・ポッター」第5作 今回の監督はイギリスTV界出身の ★デビッド・イェーツで 本作が長編映画デビュー 脚本家も初めて変わり ★『コンタクト』の マイケル・ゴールデンバーグが担当する ★出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ★review!★ 早くも第5弾となった本作! 魔法学校の5年生になったハリーは ... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 23時02分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団・・・・・評価額1450円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
少年時代の終わり・・・ このシリーズ、毎回思うのだけど、子供の成長って本当に早い。 第一作の「賢者の石」なんて、ついこの間の事のように思っていたが、主人公たちはもう別人の様だ。 ハリーやロンはすっかり逞しい若者... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 23時41分

» 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 [唐揚げ大好き!]
? 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』   これからお前は[すべて]を失う   ハリー・ポッターシリーズもこれが5作目、あんなに可愛かったダニエル・ラドクリフ君も青年になってしまいました。 ロン役のルパード・グリントも成長したし、ハーマイオニー役のエマ・ワト... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 04時11分

» ハリーポッターと不死鳥の騎士団 [○o。1日いっぽん映画三昧。o ○]
「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」です。 ホグワーツでは「闇の帝王」ヴォルデモートが蘇った事実が全く知られていなかった [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 10時50分

» 映画:ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 先行上映 [駒吉の日記]
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 先行上映(シネマイクスピアリ) 「守るべき価値のあるもの」 プレミアも国フォの試写会もダメだったので先行上映で鑑賞。 原作は読み終えたときショックで再読できなかった・・・(例えるならスター・ウォーズでダースベ... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 14時49分

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ、他 *監督:デヴィッド・イェー..... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 19時40分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [りらの感想日記♪]
【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】 ★★★☆ 2007/07/09試写会(16) ストーリー ホグワーツ魔法学校の5年生に進級したハリー( [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 20時05分

» ハリーポッターと不死鳥の騎士団 [Lovely Cinema]
2007/アメリカ 監督:デイビッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)    ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)    エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)    ヘレナ・ボナム=カーター(ベラトリックス・レストレンジ)    ロビー・コルトレーン(ルビウス・ハグリッド)    ウォーウィック・デイビス(フリットウィック先生)    マイケル・ガンボン(アルバス・ダンブルドア)    ゲイリー・オールドマン(シリウス・ブラック) ち... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 21時27分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [MOVIE-DIARY]
今日はハリー・ポッターと不死鳥の騎士団を観てきました〜(^O^) ホグワーツの5年生として学校に戻ったハリー、しかしそこではヴォルデモートが蘇った事実が、まったく知られていなかった。 ファッジ魔法大臣は、ダンブルドアが魔法大臣の地位を横取りするために“ヴォルデモートが復活した”と嘘をついているのではないかと恐れていたのだ。 しかもファッジは、ダンブルドアと生徒たちを監視するために「闇の魔術に対する防衛術」の新教師としてドローレス・アンブリッジを送り込んできた。 だがアンブリッジに... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 23時19分

» ピアノの森 [MOVIE-DIARY]
今日はピアノの森の試写会でした(^^) 田舎町へ転校してきた雨宮修平(アマミヤシュウヘイ)は、ピアニストを夢見る小学5年生。 早速ガキ大将に目をつけられた所を同級生の一ノ瀬海(イチノセカイ)に救われる。 放課後、修平を学校近くの“ピアノの森”に誘う海。 森にはグランドピアノがあったが、修平が弾こうとしても音が出ず、何故か海にだけ弾く事ができる。 自由にピアノを弾く海の奏でる音色に、激しく心を揺り動かされる修平。 修平から海の事を聞いた音楽教師・阿字野(アジノ)は森に入り、海のピ... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 23時26分

» ハリーポッターと不死鳥の騎士団 [描きたいアレコレ・やや甘口]
今回、大活躍のアンブリッジ先生(イメルダ・ストーントン)『ヴェラ・ドレイク』でも堕胎ばあさんを熱演していた...いやはや、英国は”ばあさん名優”の宝庫である?! スタイルは最悪、性格は邪悪。強そうじゃないのに... [続きを読む]

受信: 2007年7月24日 (火) 10時46分

» ★ハリーポッターと不死鳥の騎士団(2007)★ [CinemaCollection]
HARRYPOTTERANDTHEORDEROFTHEPHOENIXこれからお前は[すべて]を失う上映時間138分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2007/07/20ジャンルファンタジー/アドベンチャー【解説】魔法学校で学ぶハリー・ポッターとその仲間たちの成長と活躍を描...... [続きを読む]

受信: 2007年7月25日 (水) 22時59分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
ハリーの本当の秘密、解禁って、、、。それよりダンブルドア校長の本気の魔法力に正直ビックリ! 評価:★6点(満点10点) 2007年 138min 監督...... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 00時15分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [とんとん亭]
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 2007年 英/米 ★★★★★ こりゃ、満点でしょ。 原作ファンから観たらどうなのか、わかりませんが、(かなり端折っている筈 ですから^^)今回観るのにあたって、今までの4作をおさらいしました。 全編通じ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 06時13分

» 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 [映像と音は言葉にできないけれど]
前作、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』では品川のアイマックス・シアターのドデカイ立体画面で観て大満足しました。 [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 06時19分

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」子供には難しく、大人には... [soramove]
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ主演 デヴィッド・イェーツ 監督、2007年、イギリス ハリーも随分と大人になりました。 子供っぽく見せようと丸メガネと前髪おろしで なんとか誤魔化してるけどね。 規律に厳しい女性の...... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 17時56分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [まぁず、なにやってんだか]
とても楽しみに待っていた「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を息子たちと観てきました。 原作を読んだのはかなり前なので、だいぶ内容を忘れたままでの鑑賞です。 面白かったぁ。 あれだけのボリュームのある本を映画にまとめたので、原作を読んでいないとわかりにくいかもしれませんが、映画を観ながら勝手に自分で内容を補完しているせいか、大満足です。 迫力のある映像で、特に箒に乗って夜の街を飛行するのはとても美しく、鳥肌が立ちました。 ハリーが昔のことを回想するシーンで、小さい頃のハリーや友... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 19時33分

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を観る [紫@試写会マニア]
ついについに観られることに感動すら覚えます。 とうとうハリポタ・シリーズ第五弾「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の公開です。 7/20のロード・ショウを前に先行ロードで鑑賞してきました。 毎回(このレビューを書く時は)そうなのですが、この「ハリポタ・シリーズ」に関しては、自己中満載、ネタばれ上等・あらすじナシの上に個人的に気持ち入り過ぎ、なのでネタばれ希望しない方、また原作未読の方・シリーズ作品未鑑賞の方は「何のこっちゃ?」というこのがありましてもご了承下さいませ。 当然(!?... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 20時08分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Big Screen]
○HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX ○2007年・イギリス/アメリカ[◆◆◆◆◇◇4/6] ○ファンタジー/アドベンチャー・2007/07/20公開ワーナー ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 賢者の石 (2001) 秘密の部屋 (2002) アズカバンの囚人 (2004) 炎のゴブレット (2005) に 続く第5作目 ハリーは、マグル(人間)の前で魔法を使い魔法省で裁かれることに・・・裁判で証言したダンブルドア校長はヴォル... [続きを読む]

受信: 2007年7月26日 (木) 23時27分

» 「 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団/ HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE  」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】 7月20日(土)公開 監督 : デヴィッド・イェーツ [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 00時30分

» ★「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 [ひらりん的映画ブログ]
ハリポタシリーズの何作目だっけ??? 5作目だそうで・・・一応全部見てるので、見ないわけにはいきませーーん。 だんだん、ファンタジーとは呼べない展開になってきてるけど・・・ ... [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 03時39分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [eclipse的な独り言 ]
 台風の中、観てきました。私は興奮、面白かったです。でも原作のファンの妻は不満 [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 05時34分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画館) [ひるめし。]
ハリーの本当の秘密、解禁。 [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 13時49分

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(先行)みた。 [たいむのひとりごと]
タイトルは、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」というよりも、「ハリー・ポッターとダンブルドア軍団」の方が内容に沿っているんじゃない?・・と思う次第。どんどんと長編化した原作であり、ハリーを中心に映... [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 18時02分

» ハリポタ不死鳥の騎士団&銀魂&疾風伝 [別館ヒガシ日記]
銀魂は団子大食いで神楽の食い方は凄かったし色々と笑う所も多かったし 疾風伝はテマリ達が向いヒルコが若く三代目の風影を傀儡にした ハリポタ騎士団は先週の土曜に観賞し朝9時で客は約40人ぐらいで 内容は最初のハリー襲われシリウス家で裁判でルーナ登場まで良く ネビ... [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 21時48分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団☆独り言 [黒猫のうたた寝]
『西遊記』を観た後、勢いがついて(笑)夜の23:10~スーパーレイトショーで鑑賞です。あ、ただし吹替え版ですが^^;まぁ、頭働いてないから、字幕読むのも面倒だし(ぉ『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』観てきました。(そう、あの台風の日なのよね~^^;;;... [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 21時59分

» ハリーポッターと不死鳥の騎士団 [愛猫レオンとシネマな毎日]
ハリーポッターシリーズの最新作です。今回は、5作品目。 もちろん、今までの4作品全て見てますが、今回は期待してました。 今度の監督さんは、イギリスのテレビ界で、多くの賞に輝いているデイビット・イェーツ。 シリーズでは、前回のマーク・ニューウェル監督と同...... [続きを読む]

受信: 2007年7月27日 (金) 23時24分

» 映画 【ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団】 [ミチの雑記帳]
先行上映にて「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 世界的ベストセラー小説「ハリー・ポッター」シリーズの映画版第5弾。 今回の監督はデヴィッド・イェーツ。 原作を読んだのはかれこれ3年前なので細かい部分は忘れており、原作との比較ナシで映画を鑑賞。 ハリーもホグワーツ魔法魔術学校の5年生。前作でヴォルデモート卿が復活し、とうとうシリーズもクライマックスにさしかかる。これまでのハリーの映像がところどころに差し挟まれ、身体も心ももはや子供ではないハリーの成長に目を見張ると共に、彼が受け入れねばならない... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 09時29分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [Extremelife]
魔法学校で学ぶハリー・ポッターとその仲間たちの成長と活躍を描く人気シリーズ第5弾。今回5年生となったハリーは、恐るべき因縁と向き合いながら、復活した宿敵ヴォルデモート卿の脅威に立ち向かう。監督はこれまでイギリスのTV界を中心に活躍してきたデヴィッド・イ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 12時35分

» ★★★「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」ダニエル・ラドクリ... [こぶたのベイブウ映画日記]
今回の杖ふりコンテスト!優勝はシリウスおじさん!流れるような杖さばきが美しく、とってもスマート♪オススメの一品は、アンブリッジ先生の動くネコ皿!あんなのが家にあったらニャーニャー楽しいかも〜♪ホグワーツ魔法学校の食堂がこれまた美味しそうで、ハリーのおい...... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 17時16分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [八ちゃんの日常空間]
それにしてもまぁ、回を重ねるごとに面白くなってきますね〜。そりゃ、年齢も上がるし、闇との戦いを描いたファンタジーですからねぇ。 フリーパス観賞12本目、本年度劇場観賞170本目です。... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 23時29分

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 [森の中の一本の木]
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 - goo 映画 映画館にて、先行ロードショーで観てまいりました。  はっきり言って、今年の夏のハリー・ポッターは子供向けファンタジーではないと思います。  一作目から三作目に感じた、このままどこかのテーマパークに持っていき、アトラクションの一つを体験するような、そんな楽しさを期待していったら、少しガッカリするかも知れません。  ―善と悪― ひつとのなかに混在するもの。テーマははっきりと分かりやすいがストーリ... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 01時22分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [5125年映画の旅]
封印を破って邪悪な魔法使い・ヴォルデモートは復活した。しかし魔法省はヴォルデモートを恐れるあまりその事実を認めようとはしなかった。一方ホグワーツでは、魔法省から派遣された新教師アンブリッジが内部向上を謳って学園を掌握し始める。ハリー達はアンブリッジに隠...... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 07時43分

» ハリーポッターと不死鳥の騎士団 [読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)]
 観て来ました、「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」。シリーズ第5作目である。 ついこの間、テレビで「ハリーポッターと秘密の部屋」を放映していたこともあり、まず第一に思ったのは、「みんな大きくなったね〜!!」と言うことである。この後、完結するまでには、ま...... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 10時09分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [悠雅的生活]
守護神よ、来たれ! [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 20時01分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [映画通の部屋]
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 HARRY POTTER AND THE [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 20時07分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [ちわわぱらだいす]
やっと。。。やっと行くことが出来ました#63899; 台風で邪魔をされ・・・満員で見ることが出来なった。。。 3日目にして。。。やっと♪ すごかったですよぉ~ 久々の満員。 久々に端っこで見たわ。。。 感想ですか・・・ あ・・・ら。。。   続くのね。。。..... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 23時38分

» ハリーポッターと不死鳥の騎士団 ~HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX(ネタバレ) [朝靄の中のにんじん畑で]
監督:デイビット・イェーツ、脚本:マイケル・ゴールデンバーグ、原作:J・Kローリ [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 00時13分

» ハリーポッターと不死鳥の騎士団 ~HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX(ネタバレ) [朝靄の中のにんじん畑で]
監督:デイビット・イェーツ、脚本:マイケル・ゴールデンバーグ、原作:J・Kローリ [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 01時04分

» ハリーポッターと不死鳥の騎士団 [シネ・ガラリーナ]
2007年/アメリカ 監督/デヴィッド・イェーツ 「もっとメリハリのある脚本を!」 私はハリーポッターシリーズは全部見ているのだけど、原作はひとつも読んでいない。元々ファンタジー小説が苦手ということもあるけど、これは映画シリーズとして楽しもうと決めたからである。原作のある映画って、どうしても「原作と比べると…」という考えに及ばずにはいられない。それは原作ありきの映画には避けて通れない宿命のようなもの。だから、このシリーズはそれを一切放棄して観ているというわけ。 ところが。 原作... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 14時42分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [C note]
先日テレビで、「ハリポタ4時間スペシャル」とか言って2作目『秘密の部屋』を夕方 [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 19時54分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [★Shaberiba ★]
ハリーにある額の傷の謎は〜!?「14年待ったからまた待つよ!!」 あぁぁ・・そうですか(泣) 友達に誘われて先行上映を見にいってきました。ハリーもホグワーツ魔法魔術学校の5年生。子供向けとはいえ、大人でも充分楽しめる作品になってきました!!でも前作くらいは見ておかないと・・やばいとは思います(笑) 今回私をワクワクさせたのは魔法の国の入り口がいっぱいあったこと(笑)そしてハリーの仲間がふえたことです♪名ずけて「ダンブルドア軍団」みんなで魔法を学んでる様子はハリーがすっごく楽しげだったせいもあ... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 20時24分

» [映画]ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [落とし穴には気をつけろ!]
どんどんダークになっていくハリー・ポッター5作目であります。 前作で闇の帝王が復活したのに、魔法省はそれを認めず、ハリーとダンブルドアを嘘つき呼ばわりします。そして登場、ドローレス・アンブリッジ。魔法省からホグワーツを管理するために送り込まれた新しい先生です。 今回は殆どこのアンブリッジ先生に引っ掻き回されるホグワーツと、それに負けずに内緒で闇の魔術に対する防衛術を勉強するハリー達の話が中心でした。アンブリッジ先生の嫌味なこと嫌味なこと 原作よりは可愛らしい容姿だったけど、その分、カマトトっぽさ... [続きを読む]

受信: 2007年7月30日 (月) 22時40分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー]
ひたすらダークサイドへ突き進むストーリー:ヴォルデモートの手下「死喰う人」と戦ったハリー、ホグワーツの5年生として学校に戻ったが仲間はヴォルデモートが蘇った事実を半信半疑だ。ファッジ魔法大臣は、ダンブルドア校長が魔法大臣の地位を狙っているため、ヴォルデモートが復活したと嘘をついていると疑う。そしてファッジは、防衛術を封じ込めるために、新しい教師であるドローレス・アンブリッジを送り込む。防衛術を自分たちで守りぬき、戦いの準備をするべく、ハリーを中心として少数の生徒とともに「...... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 00時17分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団−(映画:2007年85本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント、エバナ・リンチ、ジェイムズ・オリバー・フェルプス、ケイティー・ラング、ヘレナ・ボナム=カーター 評価:87点 公式サイト (ネタバレあります) 相変わらず楽....... [続きを読む]

受信: 2007年8月 4日 (土) 00時28分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団★ピンクの性悪おばさん! [銅版画制作の日々]
   7月20日、MOVX京都にて鑑賞。夏休みに入ると、込むだろうと思い早速行きました。だけど鑑賞して、もう随分時間が経ってしまいました。記事を書きながら、映画を振り返ることに・・・・。 ハリー役のダニエル君、すっかり大きくなっちゃいました。シリーズ5作目、新たな局面を迎えるわけですね。5年生になったハリーや友人たちも、もう子どもではなく、大人として試練に立ち向かい、決断をくだし・・・その結果に責任をもたくてはならないのです。 ピンクを着た悪魔というより、ピンク... [続きを読む]

受信: 2007年8月11日 (土) 20時10分

» ●ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX) [コブタの視線]
このシリーズも早いもので第5弾、シリーズを通して成長していく子供たちの姿に本当に驚かされますよね〜。 一部、 想定外に身長が伸びてしまったりでイメージとズレてきていても、それでも頑張っている姿は、映画の内容以... [続きを読む]

受信: 2007年8月12日 (日) 21時04分

» ハリポタ5 07163 [猫姫じゃ]
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団Harry Potter and the Order of the Phoenix 2007年   デイビッド・イェーツ 監督  J・K・ローリング 原作ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ヘレナ・ボナム=カーター ロビー・コルトレーン ワーウ...... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 04時26分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [cococo]
タイトル入力も怪しげなほど、適当に思っているハリー・ポッター。一応、観ておいた。 [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 09時19分

» 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 [たーくん'sシネマカフェ]
最近、大型洋画は金曜公開が多くなってきましたね。通常公開初日に「ハリポ第5弾」鑑賞☆原題:HARRYPOTTERANDTHEORDEROFTHEPHOENIX監督:デビッド・イェーツ 原作:J・K・ローリング 出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリン...... [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 21時46分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 イギリス&アメリカ  ファンタジー&アドベンチャー  監督:デヴィッド・イェーツ  出演:ダニエル・ラドクリフ      ルパート・グリント      エマ・ワトソン      ゲイリー・オールドマン 【物語】 ホグワーツ魔法学校の5年生に進級したハリー...... [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 11時06分

» ダニエル・ラドクリフの似顔絵。「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」「トランスフォーマー」 [「ボブ吉」デビューへの道。]
●「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 原作も未読、映画も「賢者の石」・「秘密の部屋」を流し観ただけで、 いきなり「不死鳥の騎士団」を観たのは、やはり無理があった(笑) 大体、ポッター(ダニエル・ラドクリフ)のファースト・キスの相手も、 ずっとハーマイオニー(エマ・ワトソン)だと思ってましたから・・ お恥ずかしい限りです(汗) でもハーマイオニーは、ポッターの事が好きなんだと感じたんですが、 どうなんでしょうか(あくまでも原作未読者の言う事ですから) 物語の詳しい展開は書けない分、似顔絵を頑張っ... [続きを読む]

受信: 2007年8月14日 (火) 20時08分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 〜劇場にて〜 [三日月のしっぽ。]
  ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団・・・評価  4   5→かなり面白いっ   4→面白いっ   3→ふつーかな   2→まぁまぁ   1→イマイチ ■STORY■ ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になったハリー... [続きを読む]

受信: 2007年8月16日 (木) 16時21分

» ハリーポッターと不死鳥の騎士団 [ふぴことママのたわ言]
シリーズの5作目。 ちょっとネタバレ、あります。 ずっとみているので、観ておこうという感じですね。 映画を観続けているか、原作を読み続けていないと 登場人物が多いのでわかり辛いです。 ところで子どもたちの成長が早くて、 毎回びっくり。{/cat_5/} 今回は、ドローレス・アンブリッジが強烈でした。 なんともいや〜なピンクずくめのおばさん。 私は、彼女の部屋に飾られている絵皿が猫だったので、 思わず目がいってしまいました。{/face_tehe/} ホグワーツ関係者は、長毛好きなのでしょうか?... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 09時05分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [何書☆ねくすと]
 評価:☆      ジェダイVSシス度:75%  評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ :観ちゃいけない) 『あらすじ』  「あの人」の復活を確信した... [続きを読む]

受信: 2007年9月 4日 (火) 18時05分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [メルブロ]
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 179本目 上映時間 2時間18分 監督 デヴィッド・イェーツ 出演 ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ヘレナ・ボナム=カーター ロビー・コルトレーン レイフ・ファインズ 評価 7点(10点満点) 会場 ....... [続きを読む]

受信: 2007年9月 5日 (水) 23時50分

» ハリーは全てを失うか? [CINECHANの映画感想]
223「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」(アメリカ)  ホグワーツの5年生となるハリー。しかし、彼は目の前でヴォルデモートによって殺されたセドリックのことで苦しんでいた。魔法省ではヴォルデモートの復活は真実ではなく、魔法大臣のファッジはホグワーツのダンブルドア校長が魔法大臣の地位を横取りするための嘘だと恐れる。そこでダンブルドアとホグワーツの生徒を監視するため「闇の魔術に対する防衛術」の教師としてドローレス・アンブリッジを送り込む。  彼女の教える防衛術は全く実戦的にあらず、ロンとハ...... [続きを読む]

受信: 2007年9月15日 (土) 12時08分

» 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 [映画館で観ましょ♪]
ヴォルデモート復活! 大人たちの過去から引きずるアレコレに巻き込まれ悩み苛立つハリー。 ハリーが大人になるに連れ、悩みも深く深刻になっていきます。 ロンやハーマイオーニーだけでなく、 友達から共に戦う仲... [続きを読む]

受信: 2007年9月21日 (金) 14時33分

» 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 [或る日の出来事]
ハリポタ第5弾。 ヴォルデモート卿が復活したことを信じようとしない魔法省。 ホグワーツ魔法魔術学校には、ドローレス・アンブリッジ(イメルダ・スタウントン)が赴任、彼女は魔法省の官僚である魔女で、ハリー(ダニエル... [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 08時02分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [ぶっちゃけ…独り言?]
6点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) 例によって原作未読なまま観ました。 ぶっちゃけ、前作がイマイチだったので期待値も低目で・・・ 取り敢えず先に前作までのワタクシ的満足度です。 『ハリー・ポッターと賢者の石』6点 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』6.5点 『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』7.5点 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』5点 てわけで、これを踏まえての今作、ぶっちゃけマズマズって感じでした。 いやまぁ、いちおー満足ボーダーラインには達してますけどね。 ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 02時34分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [シュフのきまぐれシネマ]
ハリーポッターと不死鳥の騎士団 (吹き替え版)8/15@MOVIX亀有 “暑い”じゃなく“熱い”という字の方がしっくりくるクソ暑さですが皆様如何お過ごしでしょうか? 秋の声も聞こえ始めた今日この頃。暦の上では秋だもの、秋はそこまで来てるわ!もうちょっ... [続きを読む]

受信: 2007年10月 8日 (月) 21時54分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [knockin' on heaven's door]
Harry Potter and the Order of the Phoenix 原作は完結した『ハリー・ポッター』シリーズも映画化第5作目になりました。思春期まっさかりのハリーと仲間たちは、ホグワーツ魔法学校の5年目を迎える。 ヴォルデモートの復活に伴い、ハリーと仲間たちは「不死鳥の騎...... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 16時06分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『これからお前は[すべて]を失う』  コチラの「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」は、いよいよ7/20に公開となった"ハリー・ポッター"シリーズの第5弾となる最新作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪とは言っても、既に先週の先行上映でご覧になられてる方も...... [続きを読む]

受信: 2007年10月15日 (月) 23時23分

» 『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007) [【徒然なるままに・・・】]
2001年に公開された『ハリー・ポッターと賢者の石』から6年。もっと早いペースで映画化してくれるかと期待していたけれど、これでようやくシリーズも5作目となった。 おかげで出演者も大きく成長。 眼鏡と額の傷がなければ、最早ダニエル・ラドクリフはハリーと認識し辛くなってきているし、美少女過ぎないところが魅力のはずのハーマイオニーも、演じるエマ・ワトソンがすっかり綺麗になってしまったので段々とギャップが・・・。 ネビル役のマシュー・ルイスは既にドジないじめられっ子のイメージは払拭しているし、ロンの妹... [続きを読む]

受信: 2007年10月28日 (日) 15時06分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [たにぐちまさひろWEBLOG]
“考えよう、どれだけ似ているかではなく、どれだけ違うかを。” “ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団”を観てきました。(H19.8.26(日)夜 テアトル・サンクにて鑑賞) 闇の帝王復活の報を信じようとしない魔法省は、一連の騒動をダンブルドアの陰謀と断じ、ドローレス・アンブリッジ次官を監視役として、ボグワーツ魔法学校に送り込む。 ドローレスは、生徒達に防衛術の学習を禁じたため、ハーマイオニーの発案で密かにダンブルドア軍団を組織。ハリーが先生役となり、ヴォルデモート卿と戦うための魔術を学ぶが... [続きを読む]

受信: 2008年1月 2日 (水) 20時23分

» ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [のほほん便り]
世界的に話題になった「賢者の石」の頃は、映画館で観た気がするのですが… いつのまにか、苦手意識がついて… ごめんなさい状態。 でも、久々に見ると、「少年少女モノ」というより、「ライトノベル」な感覚で気楽に見られたせいか、なかなかに面白かったです。 でも、お馴染みの顔ぶれが懐かしくて、レビュラー・メンバーの成長が嬉しくて、ちょっと暗くて悲劇性もあるのが、印象的だったかな? ハリー・ポッター祭りな、この機会。偏見をとって、見届けてみようかな?と思ってしまったのでした。     (... [続きを読む]

受信: 2016年6月 6日 (月) 13時22分

« 「リベリオン」 もっと”ガン=カタ”アクションが見たいぞ | トップページ | 「魔笛」 オペラを全く知らないのに・・・ »