« 本 「七三一部隊 -生物兵器犯罪の真実-」 | トップページ | 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 ボリュームある原作をまとめるだけで精一杯 »

2007年7月21日 (土)

「リベリオン」 もっと”ガン=カタ”アクションが見たいぞ

「ウルトラヴァイオレット」のカート・ウィアー作品です。
この監督はこういうディストピア的世界観が好きなんでしょうか。
第三次世界大戦の教訓を生かし、人類はその闘争本能、感情を抑制する薬を発明し、それを服用することが社会的ルールとなっています。
その世界をコントロールする存在が”ファーザー”という人物で、感情抑制を拒否する国民を摘発するのが、”クラリック”というスペシャリストです。
設定は、ナチスをモチーフとした今までのディストピアもので使い古されたもので目新しいことはありません。
新しいのは、”クラリック”が習得している武術”ガン=カタ”。
これは拳銃を使った体術で、カンフーとガンアクションがいっしょになったようなもの。
これがなかなかユニーク。
華麗でありながら、荒々しさもある。
「マトリックス」のように飛んだり跳ねたりという、ダンスのような感じは少なく、どちらかというと「男たちの挽歌」と香港伝統のカンフー(ワイヤーとか使う前の)を合わせたような感じでしょうか。

先に書いたように設定としてはありきたりですので、前半はやや退屈します。
せっかくの”ガン=カタ”のアクションも少ないですし。
後半に入り、主人公プレストン(クリスチャン・ベール)が感情を表しだし、反乱分子と接触しだしたあたりからは多少盛り上がってきます。
見応えあるのはラストの敵との”ガン=カタ”アクション。
超近接距離でのガンアクションがとても新鮮。
銃の引き金をひくのを見越して、相手の銃を持つ手を裁き、銃口をそらすなんていうのがおもしろいですね。
まさにカンフーアクションとガンアクションの融合という感じで。
ストーリーが陳腐だった分、もっと”ガン=カタ”アクションを見せて欲しかったです。

クリスチャン・ベールは無表情で何を考えているかわからない役は似合います。

本作のプレストンは、その後の「バットマン・ビギンズ」や「プレステージ」にも繋がる役だったのでしょうね。

クリスチャン・ベール出演「プレステージ」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「七三一部隊 -生物兵器犯罪の真実-」 | トップページ | 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 ボリュームある原作をまとめるだけで精一杯 »

コメント

由香さん、こんばんは!

由香さんのブログで紹介されていたVD特典、ガン=カタインデックス、そそられます・・・。
買えば何度でも見れるんですよねー。
物欲が・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月22日 (日) 22時11分

こんばんは!
私も最近この映画の感想を書いたのでTBさせて頂きました。
お話は暗くて重苦しい感じはありますが、ベールのガン=カタがカッコ良くて大好きな作品です。
もっとガン=カタアクションが見たくなりますよね~
1度観ても損はないアクション映画だと思います♪

投稿: 由香 | 2007年7月22日 (日) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/15836962

この記事へのトラックバック一覧です: 「リベリオン」 もっと”ガン=カタ”アクションが見たいぞ:

» リベリオン −反逆者− [BLACK&WHITE]
【LIBRIUM】2002年/アメリカ 監督:カート・ウィマー  出演:クリスチャン・ベール、エミリー・ワトソン、テイ・ディッグス、アンガス・マクファーデン 圧倒されました。予想以上によかったです。銃撃シーンに熱... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 22時56分

» リベリオン -反逆者- [Akira's VOICE]
囲まれたが関係ない! ジャキ〜ン,ガチャ,バババ,バ,バーン。 (一瞬の後に残るは一筋の煙) 見たか,これがガン=カタだ! [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 10時43分

» リベリオン ―反逆者― [★YUKAの気ままな有閑日記★]
ドキドキして感想が書けないかも・・・クリスチャン・ベールったらカッコイイ〜〜〜【story】第3次大戦後の世界。絶対的な警察国家は、国民に強烈な精神抑制剤プロジアムを服用させ、絵画や映画、詩集、音楽を奪い取り、違反するものは有無を言わさず処刑していた。感情犯罪取締官・クラリックのプレストン(クリスチャン・ベール)は、国家の為に忠実な任務を遂行していたが、反乱者メアリー(エミリー・ワトソン)の逮捕をきっかけに感情を取り締まる事に疑問を抱き始める。彼の中で生まれた行き場のない感情は、ついに自由を求める戦... [続きを読む]

受信: 2007年7月22日 (日) 19時31分

» リベリオン 反逆者 [りらの感想日記♪]
【リベリオン】 ★★★★☆ DVD ストーリー 近未来、ファーザーと呼ばれる指導者のもと、戦争を回避するために人類はすべての感情を抑制し、規 [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 21時16分

» リベリオン [洋画な日々。]
■監督:カート・ウィマー ■出演者:クリスチャン・ベール エミリー・ワトソン テイ・ディッグス ショーン・ビーン■ストーリー 21世紀初頭に起きた第三次世界大戦で壊滅した世界に生き残った指導者たちは、戦争の根源である人間の感情を徹底的に取り締まる管理国家...... [続きを読む]

受信: 2007年12月24日 (月) 17時49分

» リベリオン [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:リベリオン 制作:2002年・アメリカ 監督:カート・ウィマー 出演:クリスチャン・ベイル、エミリー・ワトソン、テイ・ディグス、アンガス・マクファーデン、ショーン・ビーン あらすじ: 第3次世界大戦後、生き残った指導者たちは戦争勃発の要因となる人間のあらゆる感情を抑止させるべく、精神に作用する薬プロジウムを開発。これを国民に毎日投薬することを義務づけ、徹底した管理国家体制を敷いた。反乱者は、クラリック(聖職者)の称号を持つプレストンを中心とした警察に厳しく処罰される。銃を用いた武... [続きを読む]

受信: 2010年8月 6日 (金) 02時31分

» 「リベリオン」 [ドゥル的映画鑑賞ダイアリー]
お勧め度:★★★★★ 製作年 : 2002年 製作国 : アメリカ 配給 : アミューズピクチャーズ 上映時間 : 106分 監督 : カート・ウィマー 出演 : クリスチャン・ベール 、 テイ・ディッグス 、 エミリー・ワトソン 、 ウィリアム・フィクトナー 、 アンガス・マクファーデン 、 ショーン・ビーン あらすじ 第3次世界大戦後、人間は戦争の根源である「人間の感情」を抑制する薬、プロジウムを開発した。人々は毎日薬の投与を義務付けられ、本や絵画、音楽は一切禁止された。違反者の取り締ま... [続きを読む]

受信: 2010年8月 7日 (土) 05時27分

» 【映画】リベリオン [★紅茶屋ロンド★]
<リベリオン を観ました> 原題:EQUILIBRIUM 製作:2002年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 クリスチャン・ベール主演の近未来SFアクション。 ちょっとマトリックスぽいけど、内容は分かりやすく、難しくないので眠くならずに楽しめます(笑)。 第三次世界大戦後の世界。 人間の感情が、戦争を生み出し、憎しみや怒り、感動の心が世界を支配しないように、感情を抑制されている近未来でのお話。 感情を持つ事を犯罪とし、抑制剤を毎日打たない人間は厳しく処罰される。 感情犯罪取締官... [続きを読む]

受信: 2010年10月29日 (金) 21時22分

» リベリオン [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 コチラの「リベリオン」は、「ウルトラヴァイオレット」のカート・ウィマー監督、クリスチャン・ベイル主演の近未来SFアクションです。設定は、それこそ「ウルトラ・ヴァイオレット」とかなりカブるっつ〜か、まぁ個人的にはこのテの設定って嫌いではないのですが、それで...... [続きを読む]

受信: 2010年10月31日 (日) 11時46分

» DVD 『リベリオン 反逆者』を観た♪ [みはいる・BのB]
WOWOWで見逃した『リベリオン』 DVDレンタルして鑑賞。 なかなか、おもしろいやおまへんか!!! [続きを読む]

受信: 2010年10月31日 (日) 12時33分

» リベリオン-反逆者- [いやいやえん]
クリスチャン・ベール、エミリー・ワトソン主演。ショーン・ビーンも出てますよ。 この作品の架空の銃武術「ガン=カタ」がとにかく格好良い。良い。うん。素早く的確な動きで敵を排除していくのが非常に格好いいと思う。特に後半の戦いなどは実に爽快な気分にさせてくれる。もうコレだけでこの映画成功じゃないかな?巧い役者さんが主演ですので演技面においては安心できるし。 無機質な未来世界。都市国家リブリアでは心を揺り動かす「感情的なもの」は全て禁止され感情抑制薬の服用を義務付けられていた。「感情違反者」... [続きを読む]

受信: 2013年5月31日 (金) 09時36分

» 映画『リベリオン』★タカをくくってた驚異の“ガン=カタ”でカタをつける(*^_^*) [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/3541/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 ココ も。 ちょっと、湿っぽくなりますが ……( ― _ ― )!! すごくショックなことがあると、哀しみに耐えられなくて 心が壊れてしまったように、感情鈍麻になることが、ありますよね …… ..... [続きを読む]

受信: 2013年11月23日 (土) 17時58分

» リベリオン [♪HAVE A NICE DAY♪]
もう何年も前にDVDで観ましたが wowowでやったので又観た 2002年の作品 感情を持ってはいけない 感情を抑える薬を国民に飲ませるという未来のストーリー 趣味は勿論、美しい絵画や音楽、本 オシャレに対しても感情を持ってはいけなくて 見つかると殺されてしまう この...... [続きを読む]

受信: 2016年7月31日 (日) 20時41分

« 本 「七三一部隊 -生物兵器犯罪の真実-」 | トップページ | 「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 ボリュームある原作をまとめるだけで精一杯 »