« 「キサラギ」 傑作ワン・シチュエーション・コメディ | トップページ | 「フィレーネのキライなこと」 「ごめんね」という言葉 »

2007年7月 8日 (日)

「必殺仕事人 2007」 正統な続編

久しぶりの「必殺仕事人」です。
親が時代劇好きということで、小さい頃から時代劇はよく観ていましたが、特に「必殺」シリーズは好きでした(変な子?)
物語がある程度パターン化されてますし、悪い奴は絶対やっつけられるし、最後の殺しのシーンはヒーローもののラストの戦いみたいなものなので、子供的にも観ていて楽しかったのかもしれません。

さてさて新しい「必殺仕事人」についてです。
新しいということですが、仕事人の物語のフォーマットはほとんど変わっていません。
新しさを出すために、変にいじって欲しくなかったので、この点は嬉しい。
最初の事件は悪徳商人と強欲侍の「お主も悪のよォ」、そして町娘の「ご勘弁を」の帯回しと時代劇の典型パターンを踏襲してくれます。
あっさりとこの悪者は仕事人に殺られてしまいますが、それが後半の事件に関わっていく・・・。
時代劇フォーマットをきちんと踏みながら話を膨らませているので、年配の時代劇ファンでも十分ついていける親切構造でしたね。

嬉しいのは中村主水(藤田まことさん)が出ていること。
やっぱり仕事人は主水がいないとね。
せんさん、りつさんもご健在で嬉しゅうございました。
でもうまく渡辺小五郎(東山紀之さん)に引き継ごうとしている制作側の意志は感じます。
そのあたりは上手にやっているのではないでしょうか。
東山さんも昼行灯のぼーっとしたときと、仕事人の顔になりきりりとした時の落差がしっかり出ていました。
中村主水の後任として、今後も観てみたいです。
元締めのお菊役の和久井映見さんも良かった。
粋な感じの仕草がよくて、なんというか世間のいろいろなところを見てきた感じがして、庶民の苦しみをわかっているような懐のある女性という感じが出てましたね。
悪役の方々も豪華なキャスティングで、さすがスペシャル版でありました。

ラストの殺しのシーンで、トランペットの音とともに平尾昌晃さん作曲のテーマが流れると鳥肌が立ちます。
今までのシリーズの音楽を混ぜて使っていましたね。
中村主水のテーマもしっかり使ってくれていたので、嬉しい。
最近の流れか全編ビデオの撮影のようなので、殺しのシーンは昔ほど明暗がはっきりとした感じには見えなかったのが残念ではありました。
ビデオはどうしても暗いところが真っ黒にはならないんですよね。
もう少しここはなんとかして欲しかったところです。
絵師の涼次、源太の殺しの技はややひねり過ぎな感じもしました。
やはり三味線や簪を越えるアイデアはなかなか厳しいかなあ。

絵師の涼次と玉櫛の関係、源太と作太郎の関係などまだまだ膨らませそうな設定もたくさんありました。
小五郎と嫁姑の関係も中村家の跡を継げるような面白さがあります。
これは十分シリーズ化できますよね。
今回のスペシャル版はパイロット的な役割なのかも。
もう秋のドラマで計画しているのかな。

「必殺仕事人 2009」の記事はこちら→

|

« 「キサラギ」 傑作ワン・シチュエーション・コメディ | トップページ | 「フィレーネのキライなこと」 「ごめんね」という言葉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/15687786

この記事へのトラックバック一覧です: 「必殺仕事人 2007」 正統な続編:

» 必殺仕事人2007 [ブラックうさぎの日記]
金曜日はハリソン・フォードの「逃亡者」、土曜日は藤田まことの「仕事人」とわたし好みのキャストが続いた 「仕事人」は世代交代だねヒガシの「仕事人」だったよ。 仕事もヒガシが親玉を殺ったし最後の場面もヒガシだし新しいムコ殿の誕生だね★ 新しい仕事人たちはそれぞれ過去があるけど二時間スペシャルで二人分描くのは無理だったね★ キャストも若い人たちを見ると違和感。わたしの中では「仕事人」は昔の作品なの。なのに顔のパーツが大きいと言うか、普段茶髪だよねえと言うか、今風の顔なんだよねえ。だから違和感。 「スパイ大... [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 00時57分

» 必殺仕事人2007 [TV雑記]
おなじみのテーマソングにのって、我等が中村主水が帰ってきました。 しかも今回は東山、松岡、大倉のジャニーズ三世代を引き連れてきました。 そう、まさしく「J代劇」と呼ぶにふさわ……あ、あまり良い表現じゃあありませんでしたね。...... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 02時03分

» 必殺仕事人2007 [映画鑑賞★日記・・・]
監督:石原興出演:東山紀之、藤田まこと、大倉忠義、松岡昌宏、原沙知絵、和久井映見、野際陽子オフィシャル・サイト→http://www.asahi.co.jp/hissatsu2007/晴らせぬ恨み、晴らします・・・  ↑恨み晴らしたい人はポチッと?... [続きを読む]

受信: 2007年7月24日 (火) 09時59分

« 「キサラギ」 傑作ワン・シチュエーション・コメディ | トップページ | 「フィレーネのキライなこと」 「ごめんね」という言葉 »