« 本 「レインツリーの国」 | トップページ | 「(ハル)」 話し言葉と書き言葉 »

2007年6月 9日 (土)

「恋は五・七・五!」 映画見て 自分で一句 詠んでみた

DVDのデザインが「スウィングガールズ」のバッタもんみたいだったので、全く食指が動かなかったのですが、先日観てよかった「かもめ食堂」の荻上直子さんの作品だということを知り、見てみました。
主演は関めぐみさん。
これまた先日DVDで見た「ハチミツとクローバー」のあゆみ役で僕的には好印象だった方です。

他の記事でも書きましたが、僕はこの手の青春ものが好きなんです。
この作品、俳句を扱っているもののストーリーとしては「スウィングガールズ」的な一般的な青春ものと同じような流れなので、これといって新しいという感じはありません。
でも「かもめ食堂」でもでていた荻上直子監督のゆるーいテイストは健在。
俳句大会に出るとはいっても、それほど激しい切迫感は感じられないところが荻上テイスト。
適度なゆるい笑いもおかしい。
ニブい治子(関めぐみさん)にツッチー(細山田隆人さん)が告白するときに、それに乗じて山岸(橋爪遼さん)やマスオちゃん(杉本哲太さん)も思いを叫んでいるところはおかしかったですね。

僕も俳句は年配の方の趣味というイメージがありましたが、映画を観てなかなか奥が深いものだなあと思いました。
こうやってブログなどを書いていると、なかなか自分が思うような文章がうまく書けなかったりしますが、俳句はさらに短い言葉で自分の気持ちを表現するんですよねー。
だからより洗練され、イメージを想起させる言葉になるんですよね。
結構おもしろそうかも。
映画の中の句で、一番気に入った句はツッチーの
「印画紙に 写せぬ君の 笑い声」
青春の切ない感じがよくでているんじゃないかな。
今度自分でも一句ひねってみました。
「離れるを 知って気づきし かの想い」
深い意味は聞かないでね(笑)。

最後に改めてDVDのデザインはいただけない。
何かのマネに見えるデザインは作品の好感度をかえって下げてしまうと思います。

荻上直子監督「めがね」の記事はこちら→

荻上直子監督「かもめ食堂」の記事はこちら→

荻上直子監督「バーバー吉野」の記事はこちら→

関めぐみさん出演「ハチミツとクローバー」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「レインツリーの国」 | トップページ | 「(ハル)」 話し言葉と書き言葉 »

コメント

ミチさん、こんにちは!

僕もこういう青春もの好きです。
劇場ではスルーしていたのですが、荻上監督作品ということでDVDで見ましたが、監督の個性もでていてなかなか良かったです。
主演の関めぐみさんも良かったと思ったら、「ハチクロ」にも出ていたんですねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月21日 (土) 10時05分

はらやんさん、こんにちは♪
TBありがとうございました!
これは劇場で見たのですけど、DVDを見たら本当に『スイングガールズ』のパクリだったので驚きました。
これはわざとだとしてもいただけませんよね~。
俳句甲子園という題材も珍しくて面白かったです。
こういう青春モノは大好きです。

投稿: ミチ | 2007年7月19日 (木) 17時22分

猫姫さん、こんばんは。

「かもめ食堂」をDVDで観賞して以来、荻上監督にはまってしまいました。
こちらの食堂もいろいろと制作された青春もののフォーマットながら、荻上監督らしいテイストがでていましたね。

投稿: はらやん | 2007年7月18日 (水) 20時22分

miyukichiさん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございます。

俳句まじめに読んだことも、詠んだこともないですが、おもしろそうと思いました。
確かにあんな短い言葉に自分の気持ちを込めようとすると、頭使うので、脳も活性化しそうですねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月17日 (火) 23時16分

メビウスさん、こんばんは!

パクリっぽいDVDのジャケットよりも公開時のポスターの方がいいですよねー。
いわゆる「スウィングガールズ」系の青春ものですが、荻上直子監督らしいゆるさがでていましたね。
俳句、まじめにやってみたら楽しいかも。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月17日 (火) 23時09分

こんばんは!いつもありがとうございます!
だめだ、、、TBお返しできません!

荻上の 代表作は こちらでしょ

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007年7月16日 (月) 22時32分

 こんばんは♪
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきました。

 俳句っていいなぁー、って、
 映画観たら思えますよね。
 ちなみに、脳の活性化にもよいらしいです。
 (先日新聞の記事に出てました^^)

投稿: miyukichi | 2007年7月16日 (月) 22時08分

はらやんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

劇場で1回しか観ていなくてDVDの方はチェックしていませんでしたが、このパッケージは確かにモロパクリも良い所ですw一瞬海賊版かと思ってしまいますね(^^;)

でも文科系のスポ根って感じの映画で結構面白かったんですよね♪お約束でベタっぽいところもいっぱいあって楽しめましたし♪

そいえば前に俳句甲子園が地元テレビに入っていた時がありましたが、見てるとだんだんハマッていきますよ(^▽^;)(笑

投稿: メビウス | 2007年7月16日 (月) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/15369128

この記事へのトラックバック一覧です: 「恋は五・七・五!」 映画見て 自分で一句 詠んでみた:

» 恋は五・七・五!(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】荻上直子 【出演】関めぐみ/小林きな子/蓮沼茜/橋爪遼/細山田隆人/高岡早紀/中村靖日/嶋田久作/杉本哲太 【公開日】2005/3.26 【製作】日本 【ストーリー】 治子(関めぐみ)は中々クラスになじめない、いやな... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 21時32分

» 恋は五・七・五!/関めぐみ , 小林きな子 , 蓮沼茜、橋爪遼、細山田隆人 [カノンな日々]
サブタイトルは「全国高校生俳句甲子園大会」。ということで「ロボコン」に続く文化系甲子園、青春学園ストーリー。本作ではタイトル通り恋模様も織り込まれてます。 劇場公開したときに観に行きたかったのに、行けなくて、DVD化を楽しみにしてたら今度は全然借りられない...... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 21時38分

» 恋は五・七・五! [Movie] [miyukichin’mu*me*mo*]
 映画(DVD)「恋は五・七・五! 全国高校生俳句甲子園大会」         (荻上直子:監督)  恋は五・七・五!CDCこのアイテムの詳細を見る  廃校目前の高校に、「わが校の名を残そう」という  校長(もたいまさこ)の意向で  急遽つくられることになった「俳句部」。  なりゆきで入部することになった5人が、  顧問の“マスオちゃん”(杉本哲太)の指導のもと、  「俳句甲子園」を目指す――。  いわゆる「青春ムービー」だけど、  思った以上におもしろく、観入ってしまいました。  まっすぐで... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 22時05分

» 『恋は五・七・五!』 [ラムの大通り]
-----五・七・五って俳句のことだよにゃ。 そんなものが映画になるの? 「鋭い!....ってあたりまえか.....。 この映画は『バーバー吉野』で話題になった 女性監督・萩上直子の新作。 舞台は2年後に迫った統廃合に揺れる、とある高校。 我が校の名を残したいと願う校長は悲観してばかりいられないと、 俳句甲子園への出場を決める。 ところが急ごしらえの俳句部に集まったのは なかば強制的に入ることとなった帰国子女の女子高生・治子、 彼女に憧れるウクレレ少女P子、寡黙な写真部員ツッチー、 外見重視のチアガ... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 23時04分

» 『恋は五・七・五!』:レビュー(バレ無し) [空の色]
『恋は五・七・五!』 公式サイト 監督・脚本:萩上 直子 出演: 高山 治子:関 めぐみ 内海 マコ:小林 きな子 田中 弘美:蓮沼 茜 土山 義仁:橋爪 遼 山岸 実:細山田 隆人 高田 マスオ:杉本 哲太            他… [あらすじ] ある夏の日、土山義仁が通う松尾高校は甲子園出場を掛けて試合の真っ最中。 しかし、チアリーダーの応援もむなしく9回裏に逆転負け…。 松尾高校は甲子園に行けなかったこともあり、統廃合の危機にさらされていた。 学生や教師は松尾高校の名を残すため、躍起になっ... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 17時01分

» 『恋は五・七・五!』 [映画大陸]
 『スウィング・ガールズ』『がんばっていきまっしょい』『ロボコン』などなど最近次々と作られている学園青春映画。  嫌々ある興味の無いことにダラダラと取り組み始めた学生たちが試合で負けた悔しさなどをキッカケにして変貌。嫌だったことに熱心に打ち込み始める。そ....... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 19時26分

» 映画「恋は五・七・五!」 [ミチの雑記帳]
映画「恋は五・七・五!」 ★★★☆ 甲子園といえば高校野球のメッカだが、とにかく「甲子園」と名付ければ高校生たちの熱き戦いを表すことになるらしい。 「ダンス甲子園」もあり、「マンガ甲子園」もあり、そしてこの作品はなんと「俳句甲子園」! ストーリー:統廃合を控えた松尾高校の校長は、なんとか後世に「松尾」の名を残したいと思い、俳句甲子園への出場を決める。5人1組の出場メンバーに選ばれたのは帰国子女の治子、体型が原因でチアリーダー部をクビになったマコ、治子に恋するツッチー、元野球部補欠・山崎、治子に憧... [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 17時18分

» 恋は五・七・五! [何を書くんだろー]
「恋は五・七・五!」評価 ★★★★☆『あらすじ』 夏休みを目前に控えた松尾高等学校は、統廃合の危機に瀕していた。生徒たちは、統廃合反対運動する。反対運動の中を自転車でスルーして、学校に登校する高山治子(関めぐみ)。帰国子女の彼女は、一匹狼気質で日本に馴...... [続きを読む]

受信: 2007年7月23日 (月) 17時15分

« 本 「レインツリーの国」 | トップページ | 「(ハル)」 話し言葉と書き言葉 »