« 「エターナル・サンシャイン」 消しようのない記憶の輝き | トップページ | 本 「サラミス」 »

2007年6月22日 (金)

「監督・ばんざい!」 感じるのは北野監督の苛立ち

この映画を観終わって、映画を見た時に感じたことを反芻してみて、出てきた言葉は「苛立ち」でした。
これは映画を観た僕の苛立ちではありません(いや、観ていて映画には入れ込めない苛立ちは感じましたけど)。
それよりもなにか北野武監督の苛立ちというのをこの作品から感じました。

そもそも僕は北野監督の映画はあまり相性がよくありません。
「世界のキタノ」と称されるほど評価されていますが、いくつか作品を観てもあまりいいなあとか、おもしろいと思ったことがないのです。
僕の中での印象としてはどうも感情移入しにくい肌触り感があります。
うまく言えないのですが、鉄などの金属を舐めてしまった時の苦さというか冷たさというか、そんな感じです・・・(クールとも違う)。
どうも肌合いがあわないんですよね。
今まで観た北野監督の作品で、唯一おもしろいと思ったのは「座頭市」だったのですが、本作品でもこれだけが唯一興行が良かったと皮肉まじりに言われていたので、北野監督の作品の中では毛色の違ったものなのでしょう。
そのようなわけで本作品も観ようかどうか迷っていたのですが、世間であまり評判がよろしくないので、かえって興味を持ちました。
同時期に松本人志監督の「大日本人」が公開されたので、比較してみたくもなりました。

映画としては、本作品は全くおもしろくありませんでした。
まとまりがないというか、散漫というか・・・。
笑えるところがなかったわけではありません。
空手道場のシーンなどであった一連のボケのギャグ(たいこをたたこうとして手を叩いたり、バチをとばしたりの繰り返しのボケなどは往年のビートたけしを思わせる)は、「ひょうきん族」世代の僕は思わず笑ってしまいました。
ただこれはギャグとして受けてしまっただけで、作品としておもしろいということではなありませんでした。

冒頭の話に戻りますが、見終わって感じたのは「苛立ち」でした。
前半の映画を作ろうとしては中途で止めてしまうことの繰り返し。
そこから、北野監督自身が苛立ちを感じているように思いました。
伊武雅刀さんのナレーションで映画を作るときのきっかけ、止めるときのきっかけが語られますが、監督が作りたいというより、こういうのが当たるのではないか、こういうのは受けないみたいなことで始めたり止めたりしているような感じがでていたような気がします。
監督の周りの映画関係者、そして作品を観ている観客がやかましいというか。
なにか北野監督自身が、そういう映画関係者や世間の評価や評判がうっとうしいと感じているような印象がありました。
映画を観ていて笑えたのが、往年のビートたけしのような一発ギャグだったりしたわけで、こういうところに何か北野監督(ビートたけし?)のイキイキとしている感じがしました。
教育上よろしくないとかPTAからやり玉にあがっていたアウトサイダーであったビートたけしの時の方が、現在評価されている監督北野武よりも自由であったと感じているのではないでしょうか。
なにか全編から「世界のキタノ」、日本映画の巨匠として高い評価を受けてしまい、それによって「北野スタイル」として他からの押し付けられてしまった期待によって動かされてしまう、対応してしまうことに対する苛立ちが募ってきたように感じました。
あえてコントのような安い作りにしているのも、大作といったものに嫌気がさして、自分が自由におもしろがってやってたころのようにやってみたいという気持ちのあらわれなのかもしれません。
そんな苛立ち感が、初監督で自由に撮った感のある松本人志さんと好対照な気がしました。

松本人志監督「大日本人」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「エターナル・サンシャイン」 消しようのない記憶の輝き | トップページ | 本 「サラミス」 »

コメント

こたえさん、こんばんは。

北野監督の閉塞感は感じましたね。
こたえさんのようにその閉塞感までの「道筋」を知っていた方がこの映画の意味がわかりやすいかもしれないですね。
「TAKESHI'S」観なきゃですねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月26日 (木) 19時20分

はじめまして。いつもトラックバックありがとうございます。
私は(BLOGお読みになってわかるとおり(^^ゞ) 
むちゃくちゃなキタニスト(北野監督ファン)なので、TAKESHIS'では彼のあまりのさみしさに泣き、
この「監督・ばんざい!」でも閉塞感に苦しんで自らを壊そうとする姿勢に泣きました。
監督いわく、この映画は3部作の2作目。
TAKESHIS'で「ビートたけし」を、
この監督・ばんざい!で「北野武」を、
そして次の作品で「映画」を壊す、とのことですので、
できたらTAKESHIS'をご覧になっていただいたうえで、
次の作品も見ていただければ幸いです。(って私はオフィス北野の回し者ではありません(^_^;)

投稿: こたえ | 2007年7月26日 (木) 00時31分

hyoutan2005さん、こんにちは!

なかなかメッセージを受け止めにくい映画ではありました。
深読みしようとするといろいろ考えてられますが、考えすぎな気もしますし。
あんまり何かを狙って撮った感じは受けなかったですね。
なにかあるのだけれど、まとまらなかった感じはしました。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月14日 (土) 15時19分

こんにちは。
北野監督が次の作品のために作った映画なのでしょうか?
それとも監督自身が純粋に楽しんで作って出来た作品なのか・・・、私にはやはりよくわからない部分が多かったです。不思議な位置の映画です。

投稿: hyoutan2005 | 2007年7月10日 (火) 13時41分

t-higuさん、こんにちは。

僕は「TAKESHI'S」は未見なんです。
あの時も観に行こうか迷ったんですが、結局行かず・・・。
本作は映画として楽しめたとは思わなかったのですが、北野監督がいろいろ悩んでいるように感じました。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年6月24日 (日) 14時48分

おはようございます。

僕は、北野監督の映画はほとんど観たことないのですが、
今まで観た中ではまともなほう(観れる)という感じでした。
といっても、これと「TAKESHI'S」しか観たことないん
ですけどね...(笑)

投稿: t-higu | 2007年6月24日 (日) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/15514697

この記事へのトラックバック一覧です: 「監督・ばんざい!」 感じるのは北野監督の苛立ち:

» 監督・ばんざい! [Akira's VOICE]
自身の作品と,今の邦画界を冷静に見つめて, 蹴りを入れるバラエティムービー。 [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 10時25分

» 監督・ばんざい! [そーれりぽーと]
北野武監督の映画って、どれ一つとして最後まで観た事が無いんですよね。 肌に合わないというか、つまらんというか、面白くないというか。 彼の映画のどこに対してカンヌが評価しているのかさっぱり理解できなくて。 とりあえず話題作の場合は興味も出てくるので、DVDを借りてはみるんですが、やっぱり10分もすると流しながら別の事をしていて、途中で切っちゃう感じ。 今回は、趣向を変えての作品という事なので、違う一面が観れるかと思い『監督・ばんざい!』を観てきました。 ☆なし ここに来て、本年度ワースト1だった『蒼... [続きを読む]

受信: 2007年6月22日 (金) 20時03分

» こわれてます [CINECHANの映画感想]
142「監督・ばんざい!」(日本)  ことの発端はあるギャング映画だった。「二度とギャング映画は撮らない」と得意のギャング映画封印を宣言してしまったキタノ監督。そのため次に撮る映画で悩んでしまった。ギャング映画は封印してしまったが、ヒット作を世に送り出すため、今まで手のつけたことのないタイプの映画を次々と撮影する。  〝小津風人情劇〟ブームに乗った〝昭和30年代作品〟ハリウッド・リメイクもされる〝ホラー〟〝ラブ・ストーリー〟〝時代劇〟果ては〝SF〟まで。  しかしことごとくあり得ない...... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 00時36分

» 【MOVIE】監督・ばんざい! [思いつくままに]
■感想など 井出博士だよ! 映画監督キタノ・タケシが、得意とするギャング映画を自ら封印し、大ヒットを 目指していろんな映画を取りまくる、というお話。撮る映画も小津風映画や忍者 もの、恋愛もの、昭和30年代もの、ホラー、そしてSFと非常に多岐にわたります。 しかし、どれもこれも今ひとつぱっとしないという展開。 今まで、北野武の映画は、「TAKESHI'S」しか観たことがなく、あの映画は私と してはまったく意味不明で、「この監督の映画は合わないかも」なんて思ってま したが、この映画はおバカっぽいとこ... [続きを読む]

受信: 2007年6月24日 (日) 09時09分

» 『監督・ばんざい!』 [アンディの日記 シネマ版]
笑い度[:ラッキー:]        2007/06/02公開  (公式サイト) 満足度[:星:]   【監督】北野武 【脚本】北野武 【時間】104分 【出演】 ビートたけし/江守徹/岸本加世子/鈴木杏/吉行和子/宝田明/藤田弓子/内田有紀/木村佳乃/松坂慶子/大杉漣/寺島進/六平直政/渡辺哲/井手らっきょ/モロ師岡/菅田俊/石橋保/蝶野正洋/天山広吉 <ストーリー> 「暴力映画は撮らない」と宣言してしまった映画監督、キタノ・タケシは次に撮る映画について悩ん... [続きを読む]

受信: 2007年6月26日 (火) 12時36分

» 監督・ばんざい! [5125年映画の旅]
映画監督・北野武は自身の作品の方向性を見失った結果、得意とするギャング映画の封印を宣言してしまった。新たな路線を模索する北野武は、今まで自分が挑戦した事の無いジャンルに次々と挑戦していく。それでも行き詰る北野武は遂に自ら暴走をはじめ・・・・。 世界の北...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 06時54分

» 監督・ばんざい! [It's a Wonderful Life]
前作「TAKESHIS'」で、さんざんイロイロと言われていた 北野武監督。 よほど人の期待を裏切るのが楽しいのか、また同じ系統の 映画をぶつけてきました。なんでもこういうタイプの映画を あと1本作って3部作にするとか。 前作は芸人「ビートたけし」を描いて壊...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 17時00分

» 監督・ばんざい! [いろいろと]
監督 北野武 (第13作目は映画監督北野武を主人公にしたジャンルレス・コメディ) [続きを読む]

受信: 2007年7月 2日 (月) 23時08分

» 惰性からの脱却〜監督・ばんざい! [ひょうたんからこまッ!]
『監督・ばんざい!』(20077年・日本/104分)公式サイト「暴力映画封印宣言!!!」北野監督、原点に返る。監督・脚本・編集:北野 武 音楽:池辺晋一郎撮影:柳島克己 照明:高屋 齋 美術:磯田典宏 録音:堀内戦治 助監督:松川嵩史 編集:太田義則 プロデューサー:森 昌行・吉田多喜男<キャスト>ビートたけし/江守 徹/岸本加世子 鈴木 杏/吉行和子/宝田 明 藤田弓子/内田有紀/木村佳乃 松坂慶子/大杉 漣/寺島 進 六平直政/渡辺 哲/井手らっきょ モロ師岡/菅田 俊/石橋 保 蝶野正洋/天山... [続きを読む]

受信: 2007年7月10日 (火) 13時29分

» 監督・ばんざい! [ダイターンクラッシュ!!]
7月13日(金) 18:45~ シネセゾン渋谷 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフ:1000円 『監督・ばんざい!』公式サイト 「TAKESHI'S」(未見)も評判が芳しくなく、ヒットしなかったが、これも凄いことになっている。 北野武、終わった。 よっぽど、彼のファンという人でないと、この映画にはついていけないでしょう。ギャグが滑る滑る。井出らっきょと共に。 まあ、蝶野と天山のいかにもな「アー!!オイコラ」演技見ることができたから、まあいいか。 あと、劇中劇の... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 03時11分

» ★ 『監督・ばんざい!』 [映画の感想文日記]
2007年。オフィス北野/東京テアトル。  北野武監督・脚本・編集・主演。  数多くの俳優や、俳優以外の有名人が出演するコメディ映画。全く笑えない... [続きを読む]

受信: 2007年7月28日 (土) 22時35分

» 『監督ばんざい!』 [唐揚げ大好き!]
  『監督・ばんざい!』   映画を愛する全人類に捧ぐ   北野映画を劇場で観るのは今回が初めて! ってか北野映画は観てないといった方が良いかもしれない。 初めに観る映画が今まで作った北野映画の既成観念ぶち壊すって趣旨のものだしね。 ある程度、覚悟して観... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 12時55分

» 監督・ばんざい! [ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!]
”Glory to the Film-maker”監督・脚本・編集=北野武。音楽=池辺晋一郎。撮影=柳島克己。美術=磯田典宏。☆☆☆ [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 17時50分

» 【2007-78】監督・ばんざい!(GLORY TO THE FILMMAKER!) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 映画を愛する全人類に捧ぐ ウルトラ・バラエティ・ムービー [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 22時29分

» 監督・ばんざい!☆独り言 [黒猫のうたた寝]
北野武の映画はじめは、なぜか『Dalls』で映像の綺麗さとか構図のよさは認めたけどうーーん、それでって・・・『座頭市』へと続き・・・これは、とってもエンタメしてて好きだったんだけど『TAKESHE'S』でなんとなく、たぶんはずすだろうとスルーして(笑)で、どういうわけ... [続きを読む]

受信: 2007年7月29日 (日) 23時44分

» 「監督・ばんざい!」 お手上げ [『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記]
困った・・・。 感想が書けない・・・。 一応、劇場で見た映画は全部書き残そうと思ったばっかりに、苦しんでます。 とりあえず、見て印象に残ったことだけを書き残しておこうと思います。 ・たけし人形(キタノブルー)がなかなかの力作で、『たけしのお笑いウルトラクイズ』で各種罰ゲームの実験台になるダッチワイフみたいな人形を思い出した。 ・内田有紀がエエ女になってて、千原Jrが心底羨ましいと思った。 ・まずいラーメン屋の用心棒、天山広吉のやけに連発してたモンゴリアンチョップ。 ・鈴木杏が、ようけ出てた。 こん... [続きを読む]

受信: 2007年8月29日 (水) 18時47分

» 監督、ばんざい! [シネ・ガラリーナ]
2007年/日本 監督/北野武 「徹底的な自己破壊は全ての映画監督への挑戦状」 「小津的空間で首を吊る」 「TAKESHI’S」で分裂させた自己を、徹底的に破壊するのが目的で作られた本作。何を撮っても駄目な北野監督が続く序盤。その駄目な作品群は、全てが「○○モノ」というジャンルで称されるものばかりだ。「悲恋モノ」「忍者モノ」「昭和モノ」…etc。それらが撮れないと自虐的に嘆いてみせるものの、これは明らかな「○○モノ」とイージーにカテゴライズされてしまう映画への徹底的な批判。そし... [続きを読む]

受信: 2008年6月21日 (土) 23時34分

» これぞ傑作! 私の映画オールタイムベスト10 (予告編付き) [みつよしのプロダクションノート]
 恥ずかしながら、好きな映画を10本選んでしまいました。  賛否両論を巻き起こしかねないラインナップですが、まあ、「こういう選び方もあるんだね」「今のあなたはそういう気分なんだね」ということでご了承ください。  なお、10作品の並びは原題のアルファベット順で…... [続きを読む]

受信: 2016年9月 7日 (水) 07時12分

« 「エターナル・サンシャイン」 消しようのない記憶の輝き | トップページ | 本 「サラミス」 »