« 「渋谷区円山町」 「好き」というその素直な気持ち | トップページ | 本 「ユグノーの呪い」 »

2007年5月 4日 (金)

「ゲゲゲの鬼太郎」 松竹さん、子供向けだと思ってバカにしてない?

予告を観たときからヤバいかなーと思っていたのですが、観に行ってきてしまいました・・・。
ほら、コワいものみたさってあるじゃないですかー。
ブログのネタにもいいかなって(動機が不純だ)。

そんなことで観てきたのですが、やはり予想通りの出来映えでした。
まずは特撮シーンが、今時の映画とは思えないほどのレベルの低さ。
質的には毎週放映している東映の特撮番組の方がよほどレベルが高い。
それに今時CG使えばいいというものではないというのが、わかっていないのではないでしょうか。
ようは想像力を広げ今までに観たことのないような映像を作るときに、手段としてCGを使うんですよね。
CGさえ使えばという発想は、手段が目的化しているように思えます。
カットの作り方などは凝ったところもなく、ほんとうに安易でした。
先日「スパイダーマン3」で見たことのない映像を作ろうとする制作者のこだわりに感心したのですが、それに比べると観ているこちらが恥ずかしいくらいのアイデアのなさでした。
着ぐるみで再現している妖怪もいましたが、これはこれでちゃちい。
こちらも「仮面ライダー」の方がよほどレベルが高いです。
特撮ものが少ない松竹だからか、映像の質的なもの、独創性といったところで相当マイナスポイントでした。
(ある本を読んでいたら、東映も「ゲゲゲの鬼太郎」の映画化を企画していたと書いてありました。
そちらが実現したらどんな作品になっていたのでしょう?)

ストーリーは子供向けでわかりやすい。
逆に言うと大人にはまったくもの足りない。
子供向けと言っても現代の子供は相当レベルが高いので、こんなありきたりなストーリーで満足できるのでしょうか。
鬼太郎に絡んでくる少年がいるのですが、昔ながらの子役のようなベタな演技で興ざめです。
最近は子役でも演技が達者な子がいるだろうに、なんでこんな風にしてしまったのでしょうか。
どうも作り手側に子供向けの映画はこんなものというステレオタイプな見方があったのではないでしょうか。
ウェンツ瑛士さん、どうも鬼太郎に似合わなかったですね。
あの銀髪カツラがどうも。
鬼太郎がハリセンボンを発射してハゲになってしまうギャグも笑いどころなのでしょうが、今時らしからぬ古いギャグで全く笑えず・・・。

悪い点ばかりというのもなんなんで、良かった点を。
まずはねずみ男の大泉洋さん。
ねずみ男のこすっからしい感じがよくでていたと思います。
全体的に笑いがすべっていた作品でしたが、大泉さんの小技ギャグだけは笑わせていただきました。
あと収穫は井上真央さん。
この方はほとんど初めて観たのですが、かわいいですねー。
演技もきちんとしていましたし。
最後はお話に飽きてしまったので、彼女だけを観てました(笑)。

全般的に何か古くさーい一昔前の子供向け映画の感じがする映画でした。
どうも作り手が子供向け映画だからこんなもんって勝手に決めているような安易さを感じてしまって。
最近観た「ナイト ミュージアム」などは子供向けであってもとても丁寧に作っていたのに比べると、なんだか・・・。
実写版の「鉄人28号」もこんな感じだったなあ。
と思って調べてみたら、「鉄人28号」も松竹でした。
だめだなあ、松竹。

続編「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「渋谷区円山町」 「好き」というその素直な気持ち | トップページ | 本 「ユグノーの呪い」 »

コメント

たえさん、こんにちは。

僕、井上真央さんほとんど初めて観たんですよ。
かわいい人だなーと思いまして。
ウェンツくんは二枚目だけにあのちゃんちゃんこ姿には違和感あって・・・。
「妖怪大戦争」の神木くんくらいの年の方だったらイメージ通りだったかもしれません。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月15日 (日) 12時53分

えー…井上真央、良かったですかぁ?
私はかえって出過ぎだし鑑賞後は井上真央が一番印象に残ってしまって嫌な気分になりました。作り手が悪いと思いますが。いくら旬な女優だからってねぇ笑

ウエンツは原作と全く違うけどあれはあれでクールでかっこ良かったです。
共演者も良かったです。
鬼太郎の映画としては、納得いきませんでしたけど。
私は別物として観てました。あれはあれで面白かったです。

投稿: たえ | 2007年7月15日 (日) 09時27分

ヘイさん>

キャスティングは原作の雰囲気をうまくいかしていたと思います。
ねずみ男の大泉さんの小ネタギャグは子供が好きそうなものでしたね。
脚本、映像は最近の映画の中では高いレベルとは感じませんでした。

投稿: はらやん | 2007年5月10日 (木) 22時42分

全然バカにしてないですよ。脚本はしょぼいですが、子供も大人も大満足。中くらいの世代が偉そうに不満言ってたかな。そんな感じ。

投稿: ヘイ | 2007年5月 8日 (火) 03時05分

ノラネコさん、こんばんは!

>「子供向けに作る」という事は「適当に作る」のとは断じて違う。
その通りですよねー。
どうも作り手側に子供向けだからこの程度でいいやというような気持ちがあるのが透けて見えるようで。
「ナイト ミュージアム」なんかは内容はわかりやすい子供向けのストーリーでも、十分に大人でも楽しめましたものね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年5月 5日 (土) 18時36分

こんにちは。
バカにしてますね。
してなければこれほど手抜きの内容には出来ないでしょう。
コスプレショーは20分で飽きました。
後はひたすら退屈でした。

投稿: ノラネコ | 2007年5月 5日 (土) 09時19分

たいむさん、おはようございます!

京極さん、お薦めしていたんですかー。
ココロの師匠、水木さんがらみだからけなすわけにもいかなったんでしょうか。
こんなものだろうと予想通りでしたが、それを下にいく出来だったので、なんとも・・・。
救いは脇のキャスティング。
これは良かった。
うまくキャラにあった人をよく見つけてきたと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年5月 5日 (土) 06時41分

くまんちゅうさん、こんばんは!

>ここまでくると主役や内容はどうでも良くなってくるから不思議です。
確かに脇の配役は、原作に合っている絶妙さがありましたね。
お話はどうもという感じでしたが・・・。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年5月 4日 (金) 23時47分

はらやんさん、こんばんは。
>「仮面ライダー」の方がよほどレベルが高いです。
(爆)子供だましは多数あるけれど、電王のほうがよっぽどだという意見、賛同いたします(笑)

予想通りであり、予想以上に笑えなかったのが一番痛かったかなぁ・・・でした。

投稿: たいむ | 2007年5月 4日 (金) 22時05分

どうもこんばんは、TBありがとうございます
こちらからもTB送ったんですが、もしかしたら反映されていないかもしれないのでアドレス残しておきました。↑
同じ様な動機で見てこられたようですね、一応押さえておかなきゃと思ってみてきました。
ねずみと猫娘とババアとジジイの嵌りように感服いたしました。後目玉おやじも、、、まあ他はどうでもいいです。

投稿: くまんちゅう | 2007年5月 4日 (金) 22時01分

りらさん、こんばんは!

大泉洋さんのねずみ男は良かったですねえ。
小狡くって小心者な感じがでていましたよ。
「息くせぇー」
は子供ウケしそうな感じがしました。
ウェンツくんは微妙・・・。
でかいですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年5月 4日 (金) 21時03分

はらやんさん、こんばんは♪
TB&コメントありがとうございました(^^)
この鬼太郎、大泉洋がすっごいハマリ役でしたね~。
結構、楽しんだんですけど、鬼太郎がちょっとイメージ
じゃなくて違和感がありました。
左目があったり、ゴツかったり(笑)
そのへんが少し残念でした~。

投稿: りら | 2007年5月 4日 (金) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/14949379

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゲゲゲの鬼太郎」 松竹さん、子供向けだと思ってバカにしてない?:

» ゲゲゲの鬼太郎 [Akira's VOICE]
モノを盗んではいけません。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 18時21分

» ゲゲゲの鬼太郎 実写版 [りらの感想日記♪]
【ゲゲゲの鬼太郎 実写版】   ★★★☆ 2007/04/23 試写会(10) ストーリー 妖怪世界で目玉おやじ(田の中勇)や猫娘(田中麗奈 [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 19時47分

» 「ゲゲゲの鬼太郎」みた。 [たいむのひとりごと]
京極さんが奨めるなら観ようかな?・・・といった程度での鑑賞。ウエンツ君は本当は苦手。大泉洋も最近ちょっとダメ。水木先生が(ウエンツ君が)「もう少し背が高かったら断っていた」というくらいのイケメンな鬼太郎。見た目は似合っていたから可もなく不... [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 22時06分

» 感想/ゲゲゲの鬼太郎(試写) [APRIL FOOLS]
ムショ〜に気になって仕方なかった『ゲゲゲの鬼太郎』4月28日公開。ストーリーは割愛。うん、コスプレ映画で、なんだか可笑しかったのじゃ〜。 映画「ゲゲゲの鬼太郎」公式サイト 実写、着ぐるみ、VFXを駆使してゲゲゲワールドを構築。で、キャストがいいんだよねー。大泉洋のねずみ男がもろハマりで、室井滋の砂掛けばばあも上手い。田中麗奈はそもそも猫娘顔だからオッケー。間寛平の子泣きも、アリ。目玉のおやじはもちろんCGで、オリジナル同様に田の中勇さんが声を担当してくれたおかげで超安心。ヒロインの真央ちゃん... [続きを読む]

受信: 2007年5月 4日 (金) 22時40分

» 「ゲゲゲの鬼太郎」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ゲゲゲの鬼太郎」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *実写映画 *キャスト:ゲゲゲの鬼太郎(ウエンツ瑛士)、三浦実花(井上真央)、猫娘(田中麗奈)、ねずみ男(大泉洋)、子なき爺(間寛平)、砂かけ婆(室井滋)、輪入道(西田敏行)、天狐(..... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 06時07分

» ゲゲゲの鬼太郎・・・・・評価額800円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「忍者ハットリくん ザ・ムービー」のチームが二匹目の泥鰌を狙って立ち上げた企画だというので、観る前から大体ノリはわかっていたし、正直内容にはあまり期待せずにコスプレショーのつもりで観にいった。 結果的に漫画の... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 09時17分

» 『ゲゲゲの鬼太郎』 [映画館で観ましょ♪]
ドラマの「ちびまるこちゃん」は子供たちが大きくなったことで 3年4組ごと全部入れ替えてしまいましたね。 「ハリー・ポッター」はそうしないで、それぞれの成長をそのままに シリーズを続けています。 こ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 10時19分

» 『 ゲゲゲの鬼太郎 』 [やっぱり邦画好き…]
映画 『  ゲゲゲの鬼太郎 』   [劇場鑑賞] 2007年:日本 【2007年4月28日公開】[ 上映劇場  ] 監督:本木克英 脚本:羽原大介 原案:水木しげる 【キャスト】 ウエンツ瑛士 井上真央 田中麗奈 大泉洋 間寛平 利重剛 橋本さとし YOU 小雪 内田流果 神戸浩 中村獅童 谷啓 室井滋 西田敏行 公式サイト [声の出演] 田の中勇 柳沢慎吾 伊集院光 石原良純 立川志の輔 デーブ・スペクター きたろう 石井一久 安田顕 ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 14時56分

» ★ゲゲゲの鬼太郎★ [CinemaCollection]
日本が世界に誇るオリジナルキャラクター‘妖怪’がスクリーンを席巻する上映時間103分製作国日本公開情報劇場公開(松竹)初公開年月2007/04/28ジャンルファミリー/アドベンチャー/ホラー【解説】水木しげるの国民的人気妖怪マンガを実写映画化したファンタジー・エンタ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 5日 (土) 17時34分

» 『ゲゲゲの鬼太郎』 [唐揚げ大好き!]
  『ゲゲゲの鬼太郎』   ニッポン、ゲ・ゲ・ゲ!   『妖怪大戦争』や『どろろ』など、妖怪モノ×芸能人って相性が良いんですかネェ・・・。 まぁ、物の怪って個性的だし、この妖怪をあの人がやったらみたいに考えると面白い・・・。 実際出ていた俳優さんは面白か... [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 04時50分

» ゲゲゲの鬼太郎 [B級パラダイス]
あまり期待しないで観に行ったのですが、意外や意外けっこう楽しめました〜。ま、こういうモノだと思ってみれば悪くないんじゃないかと。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 09時20分

» 『ゲゲゲの鬼太郎』・劇場 [しましまシネマライフ!]
今日は『ゲゲゲの鬼太郎』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★☆☆☆》 今日は234席の劇場で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 14時13分

» 【2007-61】ゲゲゲの鬼太郎 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
それは─ 無数の怨念を秘めた─ 妖怪石 その石を手にした姉弟 そして待ち受ける恐るべき罠 タイムリミットは満月の夜 最凶の石を巡る 最大の戦いが始まる 鬼太郎史上、最大のピンチ! ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 15時57分

» ゲゲゲの鬼太郎 [欧風]
昨日は映画の日で、千円でしたが、皆さんなんか観ましたか~? 私はGW帰省中で、ヒマMAXなんで、当然ながら観ましたよ~。近所の109シネマズ富谷へ。車で15分位ですが、やっぱり近くていいね~。 今回観たのは「ゲゲゲの鬼太郎」。アニメをよくやってましたが、今回は実写ですよ。 あまりに有名なんで、話は省略。 感想としては、面白かったですよ~(^_^)。各妖怪、みんなピッタリな感じなのが良かった。特にネコ娘の田中麗奈とねずみ男の大泉洋はそのまんま(東国原でなく)でしたからね(^-^... [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 18時19分

» 『ゲゲゲの鬼太郎』今と昔 [描きたいアレコレ・やや甘口]
映画を観る前に、たまたまアニメのほうを観ました。 あら、可愛い。鬼太郎がぐっとキュートに。 OPは、ビートとドスが利いています。 熊倉一雄から変わったのは、泉谷しげる。なかなかイイです。 映画のOPは、ふ... [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 22時30分

» 油揚げを供えなければ [CINECHANの映画感想]
113「ゲゲゲの鬼太郎」(日本)  ゲゲゲの森で暮らす鬼太郎。目玉のおやじ、猫娘、子なき爺、砂かけ婆らとのんびり暮らしていた。  ある日妖怪ポストに投函された手紙が鬼太郎の元に届く。父と高校生の姉・実花と団地で暮らす小学生の三浦健太からの手紙だった。  同じ頃地下深く厳重に封印されていた〝妖怪石〟が突然消えてしまう。妖怪の幾千年もの怨念が宿った恐るべきパワーストーン。ひょんなことからその石は健太の手元へ。  石のパワーを得て、妖怪世界、人間世界を手中にしようとする妖弧族の空弧たちが...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 7日 (月) 01時10分

» ゲゲゲの鬼太郎 [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 日本  ファミリー&アドベンチャー&ホラー  監督:本木克英  出演:ウエンツ瑛士      井上真央      大泉洋      目玉の親父(CG) 妖怪世界で目玉おやじや猫娘たちとのんびり暮らしていた鬼太郎。そんな 鬼太郎のもとに人間界の小学生・健太...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 15時47分

» ゲゲゲの鬼太郎☆独り言 [黒猫のうたた寝]
むかぁしの野沢雅子さん吹替えの頃から鬼太郎は、再放送もいっぱいあったしこれが実写になるなんて・・・ねぇ~~~最近のアニメの実写化って、ほんっと凄いなぁ~でも、いいか、どうかは別(笑)『ゲゲゲの鬼太郎』観てきました。オープニングの月とお墓と、鬼太郎の家はね... [続きを読む]

受信: 2007年5月 8日 (火) 22時36分

» ゲゲゲの鬼太郎 [空想俳人日記]
触れたら 信じるよ 妖怪でも   ぶっちゃけ正直言わさせてもらいますれば、これは感動とも驚愕とも程遠い作品でございました。というのも、一応妖怪物でありますれば、昨年だか一昨年だか一世風靡した(かどうかは人それぞれですが、私はそれなりに感動した)「妖... [続きを読む]

受信: 2007年5月 9日 (水) 11時28分

» 『ゲゲゲの鬼太郎』 [アンディの日記 シネマ版]
笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]            2007/04/28公開  (公式サイト) 恐怖感[:冷や汗:] 世界観[:おばけ:][:おばけ:][:おばけ:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】本木克英 【脚本】羽原大介 【原作】水木しげる 【時間】103分 【出演】 ウエンツ瑛士/井上真央/田中麗奈/大泉洋/間寛平/利重剛/橋本さとし/ YOU/小雪/内田流果/神戸浩/中村獅童/谷啓/室井滋/西田敏行/ (声の出演) 田の中... [続きを読む]

受信: 2007年5月10日 (木) 02時44分

» ゲゲゲの鬼太郎 07-32 [ぺ・四十の映画部屋]
鑑賞日 5月1日 感 想 意外と(失礼)良く出来た映画で面白かったです。前評判が高かった”ねずみ男”は絶品(!)で、少々小顔で手足の長い”猫娘”も良かったです。”大天狗裁判長”もハマリ役かと思... [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 11時43分

» ゲゲゲの鬼太郎 [ちわわぱらだいす]
一応話題作はチェックbv(*'-^*)bぶいっ♪ お話の内容は普通~だけど。 ま、豪華キャストってことで(≧∇≦)b OK もちろんうさぎのハートを射止めたのはウエンツではなくて。。。 かわいいきつねちゃ~~~ん#63899; 田中麗奈の細いこと。。。いったい何歳なんだろ..... [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 12時44分

» ゲゲゲの鬼太郎 07112 [猫姫じゃ]
ゲゲゲの鬼太郎 2007年   本木克英 監督  水木しげる 原作ウェンツ瑛士 井上真央 田中麗奈 大泉洋 室井滋 間寛平 小雪 中村獅堂 YOU 西田敏行 谷啓 田の中勇(声) 利重剛 橋本さとし もうこの、キャスティングよねぇ、、 たまたま題名が「ゲゲゲ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 21時27分

» ゲゲゲの鬼太郎 [いいかげん社長の日記]
昨日は午前中会社をさぼって「ゲゲゲの鬼太郎 」。 だって、「映画サービスデー」だったんだもん。 連休のハザマだし、もっと空いてるかと思ったけど、「UCとしまえん 」はそれなりの人。 「スパイダーマン3 」の公開日だから? 以外に子供が多いのにビックリ。昨... [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月) 08時11分

» ゲゲゲの鬼太郎 [シネ・ガラリーナ]
2007年/日本 監督/本木克英 <梅田ブルク7にて鑑賞> 「大泉洋、ひとり勝ち」せっかくこれだけの妖怪を配して、有名漫画を実写化したんだもの。主人公の鬼太郎自身がいちばんなりきれてなくてどうする!ウエンツくん、もっと開きなおらなきゃダメですよ。その点、大泉洋はエライ。前半物語を引っ張るのは、ほとんど大泉洋のネズミ男が面白いからであり、これがなかったら、寝てたね。それから、猫娘の田中麗奈の脚線美に釘付け。足が細い!彼女のパートは、100%コスプレです。これだけのミニスカートをはきこなせるとは... [続きを読む]

受信: 2007年5月14日 (月) 22時27分

» ゲゲゲの鬼太郎 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ 現代風味のコスプレ・ゲゲゲに大満足!  [続きを読む]

受信: 2007年5月15日 (火) 00時14分

» ゲゲゲの鬼太郎 感想 [Ondul Blog ver.2.07]
今ウエンツ様の歌きいてるお!すごくいい曲だよね!おぼえやすいからカラオケのレパにすぐに増えそう!鬼太郎を機にウエンツ様の素晴らしさを再確認できたきがしますww誘ってくれてまりがとねw感想はちょいと辛口ですよーw※以下バレあり ・主題歌の、ゲ・ゲ・ゲゲゲの....... [続きを読む]

受信: 2007年5月16日 (水) 13時01分

» 「ゲゲゲの鬼太郎」観てきました。 [よしなしごと]
 テレビアニメを観ていたのは何歳くらいの頃だったかなぁ?あの懐かしのゲゲゲの鬼太郎の実写版映画ゲゲゲの鬼太郎を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2007年5月17日 (木) 00時41分

» ゲゲゲの鬼太郎 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。<新宿ミラノ2>監督:本木克英原作:水木しげる脚本:羽原大介言わずと知れたビッグネーム漫画の初実写映画化作品。面白かったです。前半は。鬼太郎の世界を、今の技術で実写化するとこうなるんだなぁって感心しましたし、なによりねずみ男と猫むすめが秀逸で。... [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 22時23分

» 映画:ゲゲゲの鬼太郎 [駒吉の日記]
ゲゲゲの鬼太郎(シネマイクスピアリ) 「おい、鬼太郎」 ストーリーはテーマパーク建設絡みから強力な魔力の妖怪石へ。でもどっちも妙に中途半端な印象です。なんで三浦父をテーマパーク建設の関係者にしなかったんだろう??? テーマパークについて、天狐サマ(小雪)... [続きを読む]

受信: 2007年5月25日 (金) 22時02分

» ゲゲゲの鬼太郎 [めるる村]
  ゲゲゲの鬼太郎 アッキー評価 ☆☆ 招待券で行ってきました ウエンツの鬼太郎、かっこよかったです アニメのイメージと全然違う〜特に上手いと思った妖怪は、ねずみ男・猫娘・砂かけババアちょっとストーリーが読めすぎたなぁ〜子供向けストーリー妖怪世界で父親...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 2日 (土) 13時20分

» 『ゲゲゲの鬼太郎』 [Mooovingな日々]
人間と幽霊族のハーフである鬼太郎は悪い妖怪が人間社会で悪さしないよう見守っている。ある日目玉おやじや猫娘たちとのんびり暮らしていた時、人間界の小学生の三浦健太が助けを求める手紙を妖怪ポストへ投函した。健太の住む団地ではテーマパーク建設反対運動をしていたが、不気味な妖怪たちが出現して住民達を怖がらせていた。この手引きをしていたのがねずみ男だった。さらに地下深くに封印されていた「妖怪石」がねずみ男によって盗み出されてしまう。ひょんなことでその石は健太の父の手に。鬼太郎は邪悪な妖怪たちから石を守るため..... [続きを読む]

受信: 2008年5月29日 (木) 20時19分

» 『ゲゲゲの鬼太郎』('08初鑑賞76・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 6月2日(火) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2008年6月15日 (日) 16時05分

» ゲゲゲの鬼太郎 [rambling rose]
ウェンツ君が主演って事からして・・ [続きを読む]

受信: 2013年4月 1日 (月) 20時51分

« 「渋谷区円山町」 「好き」というその素直な気持ち | トップページ | 本 「ユグノーの呪い」 »