« 映画検定受けてきました | トップページ | 本 「核爆発災害 そのとき何が起こるのか」 »

2007年5月20日 (日)

「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」 いかにも香港カンフー映画らしい

映画検定のあと、せっかく渋谷方面に来たのでここでしかやってない「恋愛睡眠のすすめ」を観ようと試験会場からダッシュして映画館に行ったら、上映10分前なのに長蛇の列・・・。
またの機会とあきらめて、六本木でこの映画を観てきました(まったく路線が違うけど)。

オープニングタイトルはパラパラとカラフルなコミックがめくられるような入り方。
まるでマーベルです。
というよりパクってないか、これ。
原作は香港の人気コミックなんですね。

僕はアクションものはキライじゃない、というより好き。
子供の頃、特撮ものを浴びるように見て、中学生の頃はジャッキー・チェンがヒーロー。
カンフー、ワイヤーアクション、SFXときたら涎がでます。
カンフー映画でカンフー使いが「ハッ、ハッ、ハッ」と攻撃防御を芸術的に受けるさまにはしびれてしまいます。
さてこちらの映画「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」はアクションシーンは魅せてくれます。
ワイヤーと特撮を上手に使い、マンガチックな派手なアクションシーンで楽しませてくれます。
特殊技術だけだとアニメみたいで味気ないものなのですが、俳優さんも香港の方だからアクションの訓練を受けているのか、やはり動きが美しいのでよりアクションに華があります。
主役の二人、ドラゴンは手技、タイガーは足技がメインで対照的。
特にタイガーを演じていたニコラス・ツェーはかっこよかった。
必殺技(!)ドラゴンドリルは、まさにマンガにでてくるような大技で派手で見応えありましたね。
「見せる」アクションっていうんでしょうか。

さてストーリーの方はというと・・・。
これはちと、いかがなものかと。
キャラクターの描き方がとても大ざっぱでしたね。
ずっと生き別れていたドラゴンとタイガーは巡り会っても、さして盛り上がらず普通に会話してるし。
ドラゴンを愛している(と思われる)悪の組織の美女ローザの扱いも中途半端だったし。
そもそも物語の最初はタイガーが主役のような感じで描いていたのに、いつの間にかドラゴン主役みたいな話になっているし。
龍虎門を作りドラゴンとタイガーの親であるフーフーは行方不明っぽかったので、てっきり敵の親玉が親父という典型的な「スター・ウォーズ」パターンを期待していたら、親父の話には一切触れずただの悪者だったし。
いくらでもドラマとして(クサかろうと)盛り上げるネタはあったろうになあ。
ドラマ部分はけっこうあっさり、淡白。
ま、もともとカンフー映画というのはストーリーなんてあるようでないものだったりするので、香港らしいといえば香港らしいのかもしれないですけれど。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 映画検定受けてきました | トップページ | 本 「核爆発災害 そのとき何が起こるのか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/15142703

この記事へのトラックバック一覧です: 「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」 いかにも香港カンフー映画らしい:

» 武術は正義を守るためにあり [CINECHANの映画感想]
100「かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」(香港)  かつて二人の男が開いた〝龍虎門〟。親と生き別れ、行き場を失った子供たちがここで武術を習いながら暮らしていた。〝龍虎門〟で生まれ育ったタイガー・ウォンはある日秘密結社〝江湖〟一味のチンピラと喧嘩となる。偶然居合わせたターボ・セックもタイガーに加担するが、一味の一人、ドラゴンが昔別れた兄であることをタイガーは知る。  一方、江湖のボス、マーは娘シャオリンとの平穏な生活のため、アジア一の巨大犯罪組織〝羅刹門〟との関係を解消し、引退を...... [続きを読む]

受信: 2007年5月20日 (日) 23時45分

» 「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」 [映画鑑賞検定3級blog]
神奈川上陸決定!というわけで、見に行ってきちゃいました♪ なんで吹き替え版なんだよ〜〜!と、ちょっとイライラ。でも、とりあえず見るのだ。 [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 17時48分

» 「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」(龍虎門 DRAGON TIGER GATE )映画 感想 [Wilderlandwandar]
武侠小説(これやこれ)を読んで、ドラマや映画(カンフーハッスル)等見て、熱が高ま [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 19時45分

» 「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」 [ここなつ映画レビュー]
いや~、実は鑑賞2回目なんです。 もうもう、今年のベスト1にしてもいい位だ! それ程荒唐無稽でハチャメチャで、面白くて、全くためにならない!! 密やかに香港映画のファンを続けてきて良かったです。本当に。 1回目に観た時には、ただただ、忍び笑いが漏れるだけの、 「あれ、あの子こんなことしているよ…」 「あの子頑張ったね~」 「相変わらず、いい男ジャ~ン!」 「出た!俺様節だっ!!」 などなどの感情の変遷で、味わい尽くすことができず。 リベ... [続きを読む]

受信: 2007年5月22日 (火) 09時22分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート [C note]
こちらの作品、うち方面では吹き替え版のみの上映なのです。なんでー?プンプン!吹 [続きを読む]

受信: 2007年5月24日 (木) 00時19分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート☆独り言 [黒猫のうたた寝]
予備知識は映画予告だけ(笑)でも、指差し王子ニコラス・ツェー(PROMISEという映画観ればわかります(爆)出演だし、ありえねーーーーっぽいアクション劇画タッチおもしろそうじゃないですか~っと『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』観てきました。龍虎門で生まれ育... [続きを読む]

受信: 2007年5月26日 (土) 21時32分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート [ともやの映画大好きっ!]
(原題:龍虎門/DRAGON TIGER GATE) 【2006年・香港】試写会で鑑賞(★★★★☆) 香港で35年以上愛され続けている国民的コミック「龍虎門」を映像化したアクション映画。 親と生き別れ、行き場を失くした子供たちが流れ着く道場【龍虎門】。ここで生まれ育ったタイガー・ウォン(ニコラス・ツェー)は、昔生き別れとなった兄から教えられた『武術は正義を守るためにある』という言葉を守り、龍虎門の兄貴分として頭角を現していた。ある日、仲間たちとレストランで食事をしていたタイガーは、無作法なチンピ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 22時09分

» かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート [カノンな日々]
ドニー・イェン、ニコラス・ツェーやショーン・ユーは観たいんだけど正直作品そのものには興味が持てなくて観るのどうしようかなと思っていたんだけど、結局他の映画のついでに観ちゃいました。面倒なのと気楽に観たいという理由で今回はあえて吹替版です。 出演者はドニ....... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 11時58分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート 龍虎門 [まてぃの徒然映画+雑記]
楽しめるカンフーアクション映画。久しぶりの映画鑑賞。3/22以来だから、一ヶ月半くらい観てなかったことになる。ちょっと体調を崩してたってのがあって、映画のあいだ体調がもつか心配だったから。でもこれなら大丈夫!90分と尺も普通(最近だと短め?)だし、なにより頭を...... [続きを読む]

受信: 2007年6月10日 (日) 21時06分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート [りらの感想日記♪]
【かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート】 ★★★☆ DVD(1) ストーリー 正義の象徴と言われる“龍虎門(ドラゴン・タイガー・ゲート)”。 [続きを読む]

受信: 2008年4月26日 (土) 22時53分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート [映画鑑賞★日記・・・]
【DRAGON TIGER GATE:2007/04/14公開】製作国:香港監督:ウィルソン・イップ原作:ウォン・ヨクロン出演:ドニー・イェン、ニコラス・ツェー、ショーン・ユー、ドン・ジェ、リー・シャオラン親と生き別れ、行き場を失った子どもたちが最後に流れ着く場所龍虎門(ド....... [続きを読む]

受信: 2008年12月27日 (土) 23時58分

» 『かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート』 [ラムの大通り]
(原題:龍虎門 Dragon Tiger Gate) ----「天下無敵の<ヤンクアクション>」? ニャによそれ? 「ほんと。なんなんだろうね(笑)。 これは香港で35年以上愛されている 国民的漫画『龍虎門』の実写映画化ということらしい。 この『龍虎門』というのは 親と生き別れ、行き場をなくした子供たちが最後に流れ着く場所。 ここで生まれ育ったタイガー(ニコラス・ツェー)は 子供の頃に別れた兄ドラゴン(ドニー・イェン)と再会。 龍虎門の門下生志望のターボ(ショーン・ユー)とともに、 アジアの巨大犯... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 13時22分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート [B級パラダイス]
アクションにつぐアクションの連続。溜まったストレスが吹き飛ぶようなおもしろさがありました!こういうの大好きでっす! [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 20時13分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート [★YUKAの気ままな有閑日記★]
レンタルで鑑賞―【story】タイガー(ニコラス・ツェー)は、孤児たちが集まる道場龍虎門“ドラゴン・タイガー・ゲート”で育つ。ある日、彼は食事中のレストランで秘密結社“江湖”の連中といざこざを起こす。中でも一番の使い手ドラゴン(ドニー・イェン)の強さに歯も立たなかったタイガーだが、実は、彼こそが長年探し続けていた生き別れた兄だった―     監督: ウィルソン・イップ【comment】       私、これ、大好きっでっす カッコ良くってカッコ良くって脳天パー子状態で観ましたっ  これがこれに原作は... [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 22時25分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート [5125年映画の旅]
最強の格闘家が集う道場「龍虎門」。ここで生まれ育ったタイガーは、ある時秘密結社「江湖」といざこざを起こす。江湖の構成員を次々に蹴散らすタイガーだったが、彼を上回る腕を持った男がタイガーの前に立ち塞がる。この男の正体は、生き別れになったタイガーの兄、ドラ...... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 08時31分

» 映画 【かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」 香港の国民的コミック「龍虎門」を映画化。 おはなし:タイガー(ニコラス・ツェー)は孤児たちが集まる龍虎門“ドラゴン・タイガー・ゲート”で育った。ある日、彼はレストランで秘密結社の連中といざこざを起こす。中でも一番の使い手ドラゴン(ドニー・イェン)には歯が立たなかったが、彼こそが長年探し続けていた生き別れた兄だった。 原作は香港で35年以上愛されている国民的漫画「龍虎門」で、その中から最高のキャラクターとエピソードを抽出したとのこと。さもあり... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 20時05分

» 「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」 [てんびんthe LIFE]
「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」一ツ橋ホールで鑑賞 香港コミックの実写化。どこの国でもみんなコミックの実写化なんですね。でもこれは香港映画そのもので香港以外で実写化したところで何の意味ももたなそうです。とにかく香港アクション映画そのものです。果たして内容があったのかどうだかは私にはわかりませんが、ワイヤーアクション満載のカンフーアクション満載のそしてCGも満載のそんな作品です。 こういう作品は内容があろうがなかろうがかまわないわけで、アクションを楽しめばいいし、主演の3人、ニコラス・... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 22時25分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート試写会 [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
カンフーアクション映画なら、字幕が読めなくとも、言葉が分からなくとも大丈夫だろう・・・ 春休みだし、りょうたと行ける映画をってことで。 予測どおり、家に帰るとゴム製のヌンチャクを振り回すりょうた。 あ・危ないっての・・・・... [続きを読む]

受信: 2008年12月30日 (火) 16時37分

» かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★        (★×10=満点)  監  督:ウィルソン・イップ 出  演:ドニー・イェン       ニコラス・ツェー       ショーン・ユー       ドン・ジエ 、他 ■ストーリー■  最強の名を誇る道場「龍虎門(ド... [続きを読む]

受信: 2009年1月 2日 (金) 05時15分

» かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート(香港) [映画でココロの筋トレ]
ニコラス・ツェーが出てるからとりあえず観とけ。 ってことで「かちこみ! ドラゴン・タイガー・ゲート」を観たよ。 ( → 公式HP  ) 出演:ドニー・イェン、ニコラス・ツェー、ショーン・ユー、ドン・ジェ 上映時間:94分  タイガー(ニコラス・ツェー... [続きを読む]

受信: 2009年7月28日 (火) 17時12分

« 映画検定受けてきました | トップページ | 本 「核爆発災害 そのとき何が起こるのか」 »