« 「LOST シーズン2」 自己による自己の呪縛 | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」 大風呂敷の広げすぎ? »

2007年5月26日 (土)

「海でのはなし。」 人間は考える葦である

NHKで放映しているのがとっても意外なバラエティ「サラリーマンNEO」の脚本も担当している大宮エリーさんの脚本・監督作品です。

主人公の楓も博士も、いまどきめずらしい生き方がマジメなタイプです。
宮崎あおいさん演じる楓は、父親の浮気を知ります。
実直な楓はそんな父親が許せないと思いますが、実は自分の母親の方が愛人であったことを知り、ショックを受けます。
そして前から慕っている年上の西島秀俊さん演じる博士(ひろし)に相談し、なぐさめて欲しいと思いますが、彼は優しくしてくれるものの、彼女を女性として扱い抱きしめることを拒否します。
博士は博士で人と深く付き合うことに対し、臆病な生き方をしている男性だったのです。

この映画のレビューだと楓の話を書くのが普通だと思いますが、僕自身は博士への共鳴度が高かったのでそちらの方を書いてみます。
僕もあまり人付き合いに積極的なほうではないのですね。
そういうことを僕を知っている人に言うと「冗談言って」みたいなことを言われるのですが、けっこう人と深くつき合うのに尻込みしてしまうきらいがあります。
「傷つくのが恐いから、淡々と生きていく」といったことを博士が言っていたかと思います。
なんかわかるんですよね。
でもそんな自分もいやだったりして。
博士はたまに帰った実家で、久しぶりに会った両親の生き方に幻滅しながらも、それに役に立てない自分にもげんなりします。
「なぜ子供である自分を頼らない?」と言いますが、それまで自分から親に頼れとも言っていなかったのだろうなと思います。
そういうころに負い目を感じていたりもして。
幸い僕の親は健康に暮らしていますが、離れて暮らしているためなにも面倒も見れていないし、まだ身を固めていなかったりするので、負い目を感じて足が遠のいたりもします。
そんな自分の状況が博士の描かれ方と妙に共感があったりしました。
「自分の生きている意味を見つけるためにあがいている感じだ」
とも言っていたかと思いますが、まさに自分もそんな感じですね。

楓は(彼女が思う)不純な行為で生まれた自分が、そもそも原罪を背負っていると言います。
自分の存在自体を否定しようとするんですよね。
でも博士はパスカルの言葉「考える葦」を引き合いに出し、人は考えること、感じることゆえに無限の可能性があると言います。
ああ、そうだよなとここも共感したところでもありました。

宮崎あおいさんは相変わらず上手ですね。
印象深かったのは、朝方の車の中のシーン。
父親の浮気にショックを受けた自分のことを博士がなぐさめてくれるのが、とても楓にとっては嬉しい。
楓はそのまま自分の気持ちを博士に伝えます。
けれども博士は困ったような表情を浮かべる。
その間はほぼ1カットだったと思うのですが、あおいさんの表情が笑顔から不安そうな表情に変わっていくところがとても上手。
彼女の心臓がばくばくいって、そして血が流れるのが止まりそうになるような思いというのが伝わってきました。
博士演じる西島さんはこういう無表情な役、合っていますよね。
ただ感情がないわけではなくて、その感情を表現できていない感じというのを、西島さんも上手に演じていたのかと思います。
はじめは言葉があまり棒読みっぽかったので、こんな下手だったっけと思ったのですが、狙いだったのかもしれません。

ラストシーンの博士が楓を抱きしめるシーン、良かったです。

あ、菊池凛子さんもでてましたねー。

宮崎あおいさん主演「初恋」の記事はこちら→

西島秀俊さん出演「大奥」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「LOST シーズン2」 自己による自己の呪縛 | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」 大風呂敷の広げすぎ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/15212360

この記事へのトラックバック一覧です: 「海でのはなし。」 人間は考える葦である:

» 誰も知らない二人だけの国 [CINECHANの映画感想]
3「海でのはなし。」(日本)  ごく普通の家庭で両親の愛を一身に受けて育った女の子、楓。彼女には大事の思える人がいた。大学の非常勤講師をしている博士(ひろし)。彼はちょっと年上で、とぼけた事ばかり言っている。楓にとっては近くて遠い存在。しかし、恋というわけでもなく、もっと深いところで繋がっているような感じがする。  ある日楓は自分たちの家族について衝撃的な真実を知る。傷ついた彼女は向かったのは博士のところ。  一方博士も他人とはあまり関わりを持たずに生きてきた。その方が楽だったから。...... [続きを読む]

受信: 2007年5月27日 (日) 12時59分

» 海でのはなし。 [映画と本の『たんぽぽ館』]
作用と反作用。それぞれのベクトルが重なるとき。 * * * * * * * * * これは71分と、コンパクトにまとまった作品でしたね。 CMディレクター大宮エリーの映画監督初挑戦の作品ということです。 それも、スピッツの曲をイメージして、ということなので...... [続きを読む]

受信: 2013年6月14日 (金) 20時36分

« 「LOST シーズン2」 自己による自己の呪縛 | トップページ | 「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」 大風呂敷の広げすぎ? »