« 「大帝の剣」 男の子が好きなものがてんこ盛り | トップページ | 本 「銃・病原菌・鉄」 »

2007年4月 8日 (日)

「ベッカムに恋して」 若者たちが越えていく通念の壁

先日観たオムニバス映画「パリ、ジュテーム」の中でも好きな一遍「セーヌ河岸」のグリンダ・チャーダ監督の作品を観ました。
少年少女がいくつかの障害を越えて自分の夢を叶えようとする物語、好きなんですよね。

主人公はイギリスで暮らすインド系イギリス人の少女、ジェス。
サッカーに恋し、そしてコーチであるアイリッシュの青年に恋します。
インドの文化では女の子が素足を出して人前にでるというのははしたないこと。
そして白人の男性とつき合うのももってのほかなことになるわけです。

人は人を、知らず知らずのうちに型(タイプ)をはめて見てしまいます。
男性か女性か、イギリス人かインド人か。
ジェスは試合中相手にパキスタン人と言われひどく怒ります。
インドとパキスタンは長年対立しており、二つの国の人の間では複雑な感情があります。
ただイギリスの人から見ると見た目の違いはほとんどわからないはずです。
イギリスにおいても、イングランド、アイリッシュというのは見た目ではわからないかと思います。
そこにあるのは歴史なものや文化的なものによって形作られた、自分たちや他者の概念化された型(タイプ)なんですよね。
そしてその型(タイプ)にあるイメージや概念をはめ込み、相手をそうあるべき、そして自分たちもかくあるべきだと思いがちです。
女性はサッカーをするのははしたない。
インド人はクリケット(英国の伝統的スポーツ)にはふさわしくない。
身近なことでも、「この人は血液型がA型なのにいいかげんなんだねー」なんてこともよく言いますよね。
そういう型にはめた見方というのは、個人それぞれの才能や能力とは全く関係ないことなのですよね。
けれども社会で通念とされてしまっているようなことは、なかなか個人でその通念を否定することは難しい。
そしてその通念を守っているのが、若い頃はそういうことに反対していた大人だったりするわけです。
曰く自分も若い頃はたいへんだったが我慢したというようなことです。
それでも若い子たちが思いをあきらめず、少しずつでも通念の壁を壊して、悩みながらも前進していく姿は見ていて清々しかったです。
お話の中には、そのような民族や性別の通念以外にも、ホモセクシュアルやレズビアンに関する見方など他のツ年の壁がとりあげられていました。
ただそれらもあまり仰々しくではなく、さりげなくとりあげられているのであまり重々しくは感じないのがかえって良いかなと思いました。

お話はこのような青春成長ものとしてはオーソドックスな展開ではありましたが、もともとそういう話が好きなので(笑)いい印象で見終わりました。
ただ時間はお話に対して全体的に長くもたもたしていた感もありました。
「パリ、ジュテーム」とこの作品しか見たことないのですが、この監督さんは短めの作品のほうが上手なのではと感じたりもしました。

グリンダ・チャーダ監督の短編が入っている「パリ、ジュテーム」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「大帝の剣」 男の子が好きなものがてんこ盛り | トップページ | 本 「銃・病原菌・鉄」 »

コメント

ミチさん、こんばんは!

邦題がいまいちだったのでスルーしてましたが、「パリ、ジュテーム」で好きな作品(セーヌ河岸)を取ってた監督さんだったので、観てみたらおもしろかったです。
イギリスにおけるインド系の人の立場みたいなのは「セーヌ河岸」にも通じますね。
キーラはほんとに細い、少年のようです。
こういうお転婆娘は似合いますね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年7月31日 (火) 20時33分

こんにちは♪
TBありがとうございました。
今をときめくキーラですけど、この頃はまだブレイク前の初々しさがありましたね~。
インド系の方々の生活文化などが分かって面白かったです。

投稿: ミチ | 2007年7月31日 (火) 19時00分

にゃんこさん、コメントありがとうございます!

キーラ・ナイトレイはこの作品みたいな勝ち気なお転婆娘が似合いますよね。
僕は最初に彼女を見たのは「パイレーツ・オブ・カリビアン」だったでしょうか。
こちらもお転婆娘ですよね。
「パリ、ジュテーム」もDVDでたら、是非ご覧になってくださいね!

投稿: はらやん(管理人) | 2007年4月21日 (土) 22時32分

こんばんは~
あまりにもなつかしくって、コメントだけ(笑)
この映画2003年公開時に観ました。
キーラ・ナイトレイとはじめて出会った作品です。
あのとき、ほんっと目を惹かれたんだけど
こんなにメジャーになるなんてね~
作品的にも、好きな青春成長モノストーリーで
好きな路線でしたし。
当時はblogじゃなかったので、感想は昔のHPですが。
『パリ・ジュテーム』まだ未見なのですが公開予定ないので
こちらはしかたないけどDVD待ちですね^^;

投稿: にゃんこ | 2007年4月21日 (土) 21時19分

ヨメさん、こんばんは。

さわやかな映画でしたよね。
主演の女優さんは、普通っぽいところがあって、等身大な感じがでてたような気がします。
キーラ・ナイトレイはやはりお転婆娘が似合いますよね。
同じ監督さんが一編を撮っている「パリ、ジューテム」も良かったですよ。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年4月14日 (土) 20時44分

こんばんわ。
TBさせていただきました。
ありがちなストーリー展開でしたが、イギリスの文化的背景なども絡めてあってなかなか楽しめました。やっぱり鑑賞後のスッキリ感がいいですね。
「パリ、ジュテーム」はまだ観れていないのですが良さそうですね。
チェックしたいと思います(^-^)

投稿: ヨメ | 2007年4月12日 (木) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/14605978

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベッカムに恋して」 若者たちが越えていく通念の壁:

» 「ベッカムに恋して」 [大きな栗の木の下で]
2002年 イギリス 監督:グリンダ・チャーダ 出演:パーミンダ・ナーグラ、キーラ・ナイトレイ 【内容】 ジェス(パーミンダ・ナーグラ)は、サッカーとベッカムを愛するインド系の少女。地元の女子サッカー・チームのエース・ストライカー、ジュールズ(キーラ・ナイトレイ)か..... [続きを読む]

受信: 2007年4月12日 (木) 00時34分

» ベッカムに恋して (Bend It Like Beckham) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 グリンダ・チャーダ 主演 パーミンダ・ナーグラ 2002年 イギリス/アメリカ/ドイツ映画 112分 ドラマ 採点★★★★ 行きつけだったインド料理店はナンもカレーも絶品で、しかも値段がお手頃の素晴らしい店だった。全員がインド人である店員の接客態度も良かったのだが..... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 11時45分

» DVD「ベッカムに恋して」 [ミチの雑記帳]
DVDにて「ベッカムに恋して」★★★ ストーリー:サッカーとベッカムが何よりも好きなジェス(バーミンダ・ナーグラ)はインド系イギリス人の女の子。ある時地元の女子サッカーチームのエースストライカー、ジュールズ(キーラ・ナイトレー)に見込まれ勧誘される。 サッカー大好き少女達の青春物語で、軽く楽しめる作品。 今をときめくキーラ・ナイトレーが主演だと思っていたら、インド系のバーミンダ・ナーグラが主演。サッカーシーンもたっぷりあるけれど、ロンドン郊外に住むインド人の暮らしぶりなども興味深く描かれる。移民... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 18時58分

» 愛すべきサッカー映画 [ロッタのひなたぼっこ]
世間がワールドカップに沸いてるのに、なんだか4年前ほど盛り上がれないな~(^-^; でも、サッカーにまつわる面白い映画を以前に観たことがあるので、ご紹介。 2本とも偶然にも、サッカー発祥の地、イギリス映画です。 『ベッカムに恋して』は、公開当時その題名から「ベッカムのミーハー映画」という印象を持たれてしまった映画。でも中身は、全然違います(笑) 主人公は、インド系イギリス人のジェス。彼女は、男の子と混ざってもひけを取らないほど、サッカーが上手で、ベッカムが大好きな普通の女の子。 彼女は... [続きを読む]

受信: 2007年7月31日 (火) 21時59分

» 『ベッカムに恋して』 [この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!]
ベッカムに恋して すでにDVDで見ていましていたが、 ちょうどW杯なのでサッカー映画もいいかな...と。 ベッカムのフリーキックでベスト8進出も決まった事だし...。 女子サッカーが題材の青春映画ですが、 やはり目がいくのは主人公よりキーラ・ナイトレイかな~? キ..... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 12時49分

« 「大帝の剣」 男の子が好きなものがてんこ盛り | トップページ | 本 「銃・病原菌・鉄」 »