« 本 「ステップファザー・ステップ」 | トップページ | 本 「悪の読書術」 »

2007年1月 2日 (火)

「シリアナ」 複雑化する世界

中東のオイルマネー、利権に関与するアメリカ政府、アラブの王国、オイルカンパニー、弁護士、テロリストなどがそれぞれの思惑に従い、行動し、関係していく模様を描くドラマです。

物語の中盤になるまで、どのような展開になるのかわからないので、観ていてとてもフラストレーションがたまります。
登場人物が多く、またさまざまな場所でそれぞれ物語が進行していくので、全体像が把握しにくいですね。
最後にはそれらがすべて繋がっていることがわかってくるのだけれども、観ていて油断しているとなんだか訳がわからなくなってしまいます。
この映画の登場人物にはわかりやすい記号は貼られていません。
この人はイイモノ、あの人はワルモノといったような。
なんでも最後には解決してしまう主人公や、すべてを計画している黒幕のような人物もいません。
登場人物たちは自分がいる状況の中、自分の信念や主義や欲望に従い行動します。

命令によって不法な武器取引や暗殺を行うCIAのエージェント、ボブ。
テロとの戦いなどという信念はこの人物には感じられません。
淡々と与えられた命令に従って職務を遂行していき、拷問にも耐え抜きます。
けれども使い捨ての駒のように切られ、そしてナシール王子の暗殺が再び計画されたことを知った時、彼は再びベイルートに向かいます。
その行動には正義といったものは感じられず、自分を裏切った組織への当てつけのようにも見えました。

スイスのエネルギー・アナリスト、ブライアンはアラブの石油王のパーティに家族で招かれた時に、事故で息子を失うという悲劇に見舞われます。
しかしその時にアラブの王国の第一王子ナシールと知り合い、彼が改革派であることを知ります。
いつしかブライアンは王子のブレーンの役割のようになり、自分の考えが実現し、社会を変えることができそうな快感を味わいますが、その時彼は死んだ息子のことをすでに忘れてしまっています。

ナシールはアラブの石油産油王国の第一王子、そして次期王座を弟と争っていました。
ナシールは閉鎖的で伝統的なアラブ王国の体質を変えたいと願っていますが、アメリカによる頸城から離れようとするためにテロも厭いません。
ブライアンはそんな彼を進歩的で尊敬すべき人物とみますが、アメリカは彼を自国にとって危険な人物だとみなします。

その他にも様々な登場人物が自分の思惑で動きます。
弁護士で野心家のベネットは、企業合併を成立させるために司法省との取引に応じ、生け贄として自分の上司をも捧げます。
パキスタンからの出稼ぎ労働者ワシームは突然の解雇により職を失ったとき、真摯に自分たちの教義を語るイスラム過激派の組織に影響されていきます。

ラストは救いのない結末で、正義は必ず勝つといったようなお気楽なことはいっさい語られず、冷徹なまでに陰謀の勝利になります。
そもそも正義とはなんなのか。
アメリカ側から見たら、アメリカの利益を追い守るのが正義でしょう。
イスラム側から見れば、自分たちの仕事や信教の自由を守るのが正義でしょう。
そして登場人物たちは自分たちの正義を貫くためには、悪いことに手を染めることも厭いません。
人や国が自信の欲望や主義によって行動していく様子に暗澹たる気持ちになります。
しかしすべてをコントロールしている人物もこの映画にはでてこない。
それだけ世界が複雑化し、人間自身でもコントロールできないほどに世界は絡み合い不安定な状態になってしまっているのかもしれません。
そういう意味ではわかりにくい序盤は、複雑化した世界を描いていると言えるかもしれません。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「ステップファザー・ステップ」 | トップページ | 本 「悪の読書術」 »

コメント

mezzotintさん>
TBうまくいかないということで、申し訳ないです。

内容複雑でしたねー。
僕はDVDで観たのですが、半分くらいまでいってからわからなくなり、もう一回最初から見直しました。
救いのない結末ですが、へたなハッピーエンドよりもリアルさがでていたような気がします。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月13日 (土) 22時55分

はらやんさん
TBどうもですm(__)m
やはりお返しのTBできず・・・(T_T)/~~~
シリアナ、懐かしい映画です。
ジョージ・クルーニーが体を太らせて、臨んだ映画
でしたね。現代の状況をリアルに映像化!
ちょっと複雑なもんで、困りました^_^;

投稿: mezzotint | 2007年1月 8日 (月) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/13307172

この記事へのトラックバック一覧です: 「シリアナ」 複雑化する世界:

» 映画「シリアナ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Syriana シリアナとは、シリア・イラン・イラク三国の民族統一による中東再建プロジェクトの名称らしい。・・石油をめぐる陰謀のドキュメンタリー的物語。 CIA諜報員ボブ・バーンズ(ジョージ・クルーニー)がテヘランで武器商人の乗る車を爆破、予告編で... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 02時53分

» シリアナ [迷宮映画館]
テヘランで潜入中のCIA職員ボブ。武器商人の抹殺に成功する。武器商人に売るミサイル二機を用意し、それを利用して処理する予定だったが、ここで手違いが・・・。一機を行方不明にしてしまう。ミサイルを手に入れたのはペルシア人ではない。どうやらアラブ人の手に渡ったようだ。テロの組織に渡ることはないのか??ボブの犯した大きなミス。 アメリカ国内では大手の石油カンパニー・コネックス社が、小規模の石油会社キリーンと合併の話を進�... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 09時44分

» シリアナ [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
これは予備知識がないと厳しい。 予習していったけれど、やっぱり むむむ?? ってなっちゃいましたよ(汗 [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 04時22分

» 「シリアナ」僕には難しすぎた。。。 [よしなしごと]
 見ようか見まいかずっと迷っていましたシリアナ。アカデミー賞最優秀助演男優賞受賞(ジョージクルーニー)などの賞を受賞・ノミネートされたこともあり、さらにポイントがたまって無料で見られることもあり、見ることにしました。... [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 23時48分

» シリアナ・・・・・評価額1200円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
タイトルの「シリアナ」とは、日本語にするとちょっと淫靡な響きがあるが(笑)、これは元々アメリカの政府筋が使い始めた言葉で、イラン・イラク・シリアの三国が一つの統一国家になった場合の仮称。 元々民族的に近いイラ... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 22時12分

» シリアナ(2005年) [勝手に映画評]
タイトル シリアナ ---感想--- 2006年アカデミー最優秀助演男優賞受賞(ジョージ・クルーニー)、ゴールデン・グローブ賞最優秀助演男優賞受賞(ジョージ・クルーニー)受賞作品。元CIA諜報工作員ロバート・ベアの著書「CIAは何をしていた?」を下に作られた。ベアは、CIAの中東地域による作戦本部の幹部を務めており、その頃の経験を著書に描いている。 CIA、石油産業、産油国の王族達・・・、様々な要素が複雑... [続きを読む]

受信: 2007年2月17日 (土) 09時42分

» シリアナ [シネ・ガラリーナ]
2005年/アメリカ 監督/スティーブン・ギャガン 「部外者は誰もいない」アカデミー賞に輝く『トラフィック』のスタッフが集まり、アメリカ当局とアラブの王族、イスラム過激派テロリストの石油をめぐる黒い関係を描いた問題作。 物語を複数の地点で同時進行させ、観客は俯瞰で眺めながら問題の本質に迫る、という映画が非常に多くなっている。私がこの手法の映画で一番最初に出会ったのが、本作の監督が同じくスティーブン・ソダーバーグと作った「トラフィック」であった。その後非常にパーソナル物語を織り込み... [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 (金) 18時05分

« 本 「ステップファザー・ステップ」 | トップページ | 本 「悪の読書術」 »