« 「エラゴン/遺志を継ぐ者」 三番、四番煎じのファンタジー | トップページ | 「大奥」 「理」と「情」 »

2007年1月 3日 (水)

「スキャナー・ダークリー」 今までで最もディックの臭いがする作品

フィリップ・K・ディックの小説「暗闇のスキャナー」の映画化作品です。
ディックの小説は今までもいくつか映画化されています。

代表的なものをいくつかあげると・・・。
 「ブレードランナー」:リドリー・スコット監督
 「トータル・リコール」:ポール・バーホーベン監督
 「マイノリティ・リポート」:スティーブン・スピルバーグ監督
 「ペイチェック」:ジョン・ウー監督
映像を見ただけでこの監督が撮ったんだ!とわかりそうな個性がある監督の名前が並んでいますね。
まったく個性の異なる錚々たる名監督が映画化したいと考える魅力がディックにはあるのでしょう。
ディックの小説/映画化作品に共通していることは、主人公が自らのアイデンティティの喪失に直面することです。
自分が確かにあったと記憶していること、今見ていることが本当に現実なのか、それは作られた記憶ではないのか、幻覚ではないのか。
現実であるということは、何をもって現実だというのか。
それを保証するものはおそろしく何もないのです。
それこそ「我思う、故に我あり」とでも思わなければ(もしくは深く考えないようにしなければ)、アイデンティティの喪失の危機に直面します。
ディックの作品の登場人物は現実と妄想との間をさまよい、アイデンティティを取り戻そうとします。
そのあたりの虚実の描き方が、名だたる映像人の想像力を刺激するのでしょうか。
虚実の表現には監督のカラーがよく出やすいのか、それぞれの監督のクセが強く出ているように思います。
逆に元ネタとしてはディックのアイデンティティ喪失の物語を基盤としていますが、監督の個性が際立ち、ディックらしい作品というのは今まであまりなかったような気もします。

そこで今回の「スキャナー・ダークリー」ですが、僕は今までで最もディックらしい雰囲気のある作品になっていると思います。
オープニングの次から次へとわき出す虫の妄想。
とってもとってもなくならない幻視のイライラ感は、よくディックの小説の雰囲気を出していると思います。
デジタル・ペイント・アニメーション処理をされている映像もうまく寄与している気がします。
実写だとリアルすぎて気持ち悪い、しかしアニメーションだと現実感がない。
現実と幻視の間という不安感の表現にこの方法は向いていると思いました。

麻薬のおとり捜査を行っているフレッド。
潜入操作をしていますが、あるとき麻薬中毒者の役を演じている自分自身を監視するように命令されます。
監視している自分。
監視されている自分。
それはどちらが本当か。
自分自身を見ている自分。
また監視中のフレッドは常に「スクランブルスーツ」を身につけます。
「スクランブルスーツ」とは、表面をあらかじめインプットされている人間の容姿をランダムに投影するハイテクスーツ。
それを着用しているとき、フレッドは「誰でもなくなる」のです。
もちろん自分自身でもなくなるのです。
麻薬の症状も合わさり、フレッド=ボブは、虚と実が入れ替わる中、自分自身のアイデンティティを失い崩壊していきます。
このあたりがディックの小説の肌合いに最も近いと思います。
監督のリチャード・リンクレイターの作品は観たことがないので、この監督のカラーというのはあまりわからないのですが、今回監督は意図してデジタル・ペイント・アニメーション技術を用い、「自分の個性」を消してディックの臭いを出そうとしたのではないのかと思いました。

リチャード・リンクレイター監督「スクール・オブ・ロック」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「エラゴン/遺志を継ぐ者」 三番、四番煎じのファンタジー | トップページ | 「大奥」 「理」と「情」 »

コメント

jamsession123goさん、こんにちは!

今日「NEXT」を観に行ってしまいましたー。
期待度は低かったのですが、それを下回る出来映えで・・・。
予告の雰囲気からディックの世界ははなから求めていなかったのですが、ただのアクション映画としても出来が悪く・・・。
やっぱり観なくてもよかったなあ。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月 5日 (月) 18時06分

ブログにコメント&TBありがとうございました。
>あちらはアクション映画風になっていそうなので、ディックの原作の雰囲気はでていないだろうなあ。

そうですね。
ディックの世界は、ニコラス・ケイジではちょっと締まらないと思いますね。
NEXTは、jamsession123goも見送ろうと思っています。

投稿: jamsession123go | 2008年5月 5日 (月) 09時31分

jamsession123goさん、こんにちは!

共感していただいて嬉しいです。
最初の虫がわさわさしてくるあたりのトリップ感が、ディックの感じに似ているんですよね。
そういえば「ゴールデンマン」を原作にした「NEXT」が公開中ですね。
あちらはアクション映画風になっていそうなので、ディックの原作の雰囲気はでていないだろうなあ。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月 5日 (月) 07時06分

はじめまして、jamsession123goと申します。
ブログのレビューを読ませていただきました。

>そこで今回の「スキャナー・ダークリー」ですが、僕は今までで最もディックらしい雰囲気のある作品になっていると思います。

この部分は特に共感します。
ディック好きに薦めたい映画ですね。

投稿: jamsession123go | 2008年5月 4日 (日) 19時30分

ちささん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
TBうまくいかないということで、すみません。
どうも時々こうなってしまうんです・・・。

ディックの小説を原作としている映画は、本から受ける印象と違うものが多いですよね。
彼の小説で共通しているのが、自分が本当に自分なのか、そもそも存在しているのかみたいな現実認識の不安定さみたいなものですが、このあたりが名だたる映画作家たちの食指を動かすのでしょうか。
かなり観念的なところなので、それだけそれぞれの監督の作家性みたいのが出やすいのかもしれません。
そんななかではこの作品は最もディックっぽかった気がします。
先日久しぶりにディックの小説を読みました。
「流れよわが涙、と警官は言った」なのですが、ディックのイメージからすると思いのほかロマンティックでびっくりしました。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年2月 4日 (日) 20時25分

はじめまして。
「スキャナー・ダークリー」の感想を探していてこちらに辿り着きました。
リンクレーターが個性を消して作品を作った、というくだりに目からウロコです。「暗闇のスキャナー」のファンという監督ですが、そういえばすごく第三者的な視点から映画を作った気がします。ディック的といわれるクローネンバーグ等が作っても、もっと内容に入り込みすぎて、やはりディックの映画にはならないのかもしれませんね。
他のエントリーも興味深いのでゆっくり拝見させていただきます。
実はTBさせていただこうと思ったのですが、エラーが出て出来ませんでした。みなさんのコメントを伺うと調子の悪い事があるとの事なので、また後ほどチャレンジさせていただきますね。

投稿: ちさ | 2007年2月 4日 (日) 19時09分

プリシラさん>

この映画が今までで一番ディックらしい作品になっている気がしました。
ディックの作品には自分という存在の不確かさというのが通奏低音のようにあります。
「我思う、故に我あり」というデカルトの言葉も、ディックの世界観ではかなり怪しく思われます。
自分があることすら疑わしいという不安感、自分というものがないという不安感みたいなものがこの映画には出ていたような気がします。
原作も是非読んでみてください。
ただ、色々考えてしまうので、エネルギーのあるときに(笑)

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月28日 (日) 21時12分

ワタシはこれ すごくヨカッタんですが 多分あんまり 受けないと思います。キアヌファンには特にw

スクランブルスーツですが 昨日テレビでプレデターを観て ふと あ 何かに似てるなぁ と。で、 スクランブルスーツだ!と。しかし 自分の程度が疑われますね トホホ。

そして ディック原作の映画 全部観てるのですが やはり これが一番 それっぽいなぁと感じました。

投稿: プリシラ | 2007年1月28日 (日) 13時42分

もじゃさん>

僕はずいぶん前ですが、原作を読んでいたんで物語に入りやすかったのかもしれません。
原作は文章でパラノイアっぽい感じを出しているので、読むとヘビーなのだった印象があります。
本作はあのアニメーション表現がパラノイア感を出していて、ディックの雰囲気が出てたなと思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月 8日 (月) 22時49分

hyoutan2005さん>
TB調子悪いようですね、時々うまくいきません。
ごめんなさい。

今「暗闇のスキャナー」を読んでいるんですね。
僕が読んだのは十数年前なので細部はよく覚えていないのですが、あの独特の感覚は残っていて、それがこの映画が一番出ている気がします。
そういえば、最近ディックの作品を読んでないなあ。
あの世界観、クラクラするので読むのにそれなりの覚悟がいるんですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月 8日 (月) 10時11分

こんにちは。TBありがとうございます。
>主人公が自らのアイデンティティの喪失
あ、ホントだ!確かにそうですねぇ。
本作はどうも話に乗りきれなかったなぁ。

投稿: もじゃ | 2007年1月 7日 (日) 02時03分

manimaniさん>

お休みになっちゃんたんですねー。
最後の最後まで展開が動かないですからね。
僕は登場人物の支離滅裂な会話が結構楽しめました。
「暗闇のスキャナー」を読んだのが十数年前なので、細かいストーリーは忘れてしまっているのですが、テイストというか風味は、今までの映画化作品に比べて出ているような感じがしました。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月 6日 (土) 22時31分

starblogさん>

僕も「暗闇のスキャナー」を読んだのは、十数年前です。
ストーリーもほとんど忘れていたのですが、やはりあの独特のテイストみたいなものは強く記憶に残っていました。
本作品をみたら、ディックの臭いを思い出しました。
「アンドロイド〜」の再映画化いいですね!
「ブレードランナー」はディックの映画というより、リドリー・スコットの香りの方が強いですからね。

またよろしくお願いします。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月 6日 (土) 15時58分

はらやんさん、何故かまたTB出来ません。
時々TBできないみたいですが、なぜかなあ。
ディックの原作に最も近い臭いがする・・・、今原作を読んでいるところですが、映画を先に観たせいか、余計に本当にそう思えます。
DVDが出たら、もう一度じっくり鑑賞してみたい作品です。
TBさせていただきました。

投稿: hyoutan2005 | 2007年1月 6日 (土) 14時42分

はじめまして。TBさせていただきました。
なるほど、個性を消すためのロトスコープなのかもしれませんね。ディックの本がそのまま映像になったような感覚を持ちました。

またお邪魔します。

投稿: manimani | 2007年1月 5日 (金) 11時37分

こんにちは。
毎度納得のレビュー、参考になります。

「暗闇のスキャナー」は私のダイスキな小説ですが、よく映像化したな、と感心しました。
デジタルアニメにして正解だったと思います。
映画全体が麻薬による幻覚みたいでした。
スクランブルスーツの表現はちょっと期待と違ったけれど、ディック・ワールドを上手く再現していると感じました。
「ブレードランナー」のときはかなり原作の内容と違っていて驚きました。
別の監督で「アンドロイド・・・」をリメイクなんて企画、あったらいいようなよくないような・・・

投稿: starblog | 2007年1月 4日 (木) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/13322510

この記事へのトラックバック一覧です: 「スキャナー・ダークリー」 今までで最もディックの臭いがする作品:

» 『スキャナー・ダークリー』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
リンクレーター作品としては好み系じゃないけれど、おもしろいSF世界。 今からほんの7年先の近未来、ロサンジェルス郊外のオレンジ郡アナハイム。覆面麻薬捜査官のボブ・アークターは、ドラッグ“物質D”の供給源を突きとめようと、自ら“物質D”を服用し、常習者たちと自宅で共同生活をおくる“おとり捜査”を開始していた。フィリップ・K・ディックのSF小説「暗闇のスキャナー」(77)が原作。実写映像にデジタル・ペインティングを施してアニメーションに変換するデジタルロトスコープアニメーションという技法によって映... [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 13時57分

» スキャナー・ダークリー [★☆ STARBLOG ☆★]
キアヌ・リーブス主演「スキャナー・ダークリー」を見てきた。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 22時29分

» スキャナー・ダークリー [八ちゃんの日常空間]
デジタルロトスコープアニメーションという名称が付いた手法だが商標とか特許とかの関係だろうか。何でも名前を付けて登録するのが商業主義アメリカだからね。 というわけで、この映画は近未来に横行しる麻薬を取り締まる囮捜査官が、その麻薬に溺れてしまう話だが、背景に...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 22時58分

» スキャナー・ダークリー [パフィンの生態]
2006年、リチャード・リンクレイター監督。 キアヌ・リーブスとウィノナ・ライダー目当てに観たが、 実験的な映像が物語に似合っており、切ないラストに胸がしめつけられる☆ 究極のドラッグ”D”を撲滅するため、政府が容疑者の常時監視用に ”ホロスキャナー”を設置している近未来。 覆面麻薬捜査官ボブ・アークター(キアヌ)は、中毒者を装い、 供給源を探っていたのだが・・・。 ボブの同居人役にロバー�... [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 23時29分

» スキャナーダークリー/ A SCANNER DARKLY [我想一個人映画美的女人blog]
大好きなリチャード・リンクレイター監督の最新作{/kirakira/} これまでも『恋人までの距離(ディスタンス)』『テープ』『スクール・オブ・ロック』 など、ジャンルが全くバラバラな作品を撮ってきたけど 今回は『ウェイキングライフ』で試みたロストコープという手法の最新版{/atten/} 全米では夏に公開されたこの作品、気になってたので初日に観てきました〜{/heartss_pink/} 原作は読んでないけど SF作家�... [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 23時48分

» スキャナーダークリー [B級パラダイス]
大変申し訳ないことに私は話の最初から後半ちょい前くらいまで、うつらうつらした状態で観てました(汗)半分夢の世界へトリップしてたようです・・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 08時41分

» リチャード・リンクレイター「スキャナー・ダークリー」(やっちまった) [Mani_Mani]
スキャナー・ダークリーオフィシャルサイト 満を持して観た、P.K.ディック原作「スキャナー・ダークリー」 入場整理番号も一桁台をゲットし、パンフを上映前に買って、しっかり席を確保。 いよいよこのときがきた〜〜っ と意気込んだが、くっそぉ〜〜中盤から、す・睡魔がぁっ!! 必死になって画面に集中するが、ブラックアウト。 きっと目を開けたまま眠っていたに違いない^^; ところどころ断片�... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 11時35分

» スキャナー・ダークリー [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
カッコよすぎ! ビジュアルトリップとしての満足感! 鈴木英人のカセットレーベルが好きで買ってたFMステーションを思い出したw [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 11時51分

» スキャナー・ダークリー(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
変わったアニメにキアヌが出演してるんだもん。 ということで、「スキャナー・ダークリー」を観ました。 ( → 公式HP  ) 出演:キアヌ・リーヴス 、ロバート・ダウニー・Jr 、ウディ・ハレルソン 、ウィノナ・ライダー 、ロリー・コクレイン 上映時間:100... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 13時22分

» 139.スキャナー・ダークリー [レザボアCATs]
自分的には、待ちに待った、リチャード・リンクレイター監督の最新作でした!今回もやっぱり、人を選ぶ作品で、下手に人にオススメは出来ない世界観。まさに、“イチゲンさん、お断り”の、手加減ナシの、リンクレイター・ワールド。下手に“キアヌ”と、“SF”だけで見てし....... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 14時10分

» スキャナー・ダークリー [arudenteな米]
一風替わった表現だが… [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 19時20分

» スキャナー・ダークリー [knockin' on heaven's door]
A Scanner Darkly 「現在から7年後」の近未来。「物質D」というドラッグが蔓延する世界で、自分で自分を監視することになる麻薬捜査官のお話。 気になる監督のひとり、リチャード・リンクレーターの最新作は、実写映像をデジタル・アニメ化した「ロストコープ」なる...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 18時20分

» 【 スキャナー・ダークリー 】 [もじゃ映画メモメモ]
フィリップ・K・ディックの小説の映画化。覆面麻薬捜査官の主人公がドラッグ物質Dの供給源を探るため、おとり捜査を行うSFサスペンス。 画面全体にデジタル・ペインティングを施してあり、3DCGで作ったかの様な絵作りは面白い。俳優そのままでもいいんじゃないかなぁ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 01時58分

» スキャナー・ダークリー [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  現実の闇・自分の闇を直視できるか?   [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 05時59分

» スキャナー・ダークリー [映画、言いたい放題!]
SFといえばこの人、フィリップ・K・ディックの「暗闇のスキャナー」という作品の映画化です。 原作は未読ですが、ちょっと観たいと思っていた映画。 ある方の書き込みで既に公開されていることを知り 慌てて映画館に行きました。 単館上映で整理番号を配っていることを到着し... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 23時25分

» スキャナー・ダークリーを観てきた! [Moving Planet(惑星ブログ)]
先日記事で書いたスキャナー・ダークリー を観てきた! 劇場はシネセゾン渋谷。 まず、ロトスコープという実写をトレースしてアニメに見せる手法は 相当手が込んでいて一見の価値はある。  ただ、観てみて思ったのはぱっと見アニメなんだがなんだかんだ... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 01時47分

» スキャナー・ダークリー [Addicted to the Movie and Reading!]
■ シネセゾン渋谷にて鑑賞 スキャナー・ダークリー/A SCANNER DARKLY 2006年/アメリカ/100分 監督: リチャード・リンクレイター 出演: キアヌ・リーヴス/ロバート・ダウニー・Jr/ウディ・ハレルソン/ウィノナ・ライダー/ロリー・コクレイン 公式サイト ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 21時02分

» スキャナー・ダークリー [ケントのたそがれ劇場]
★★★  ア二メと実写の合体というのか、実写のアニメ化と言うべきか、とにかくこのような映像は初体験である。種明かしは、実写映像へのデジタルペイントだという。それによって、リアルだがオドロオドロしい映像が合成出来たのだ。  舞台背景は近未来。新種のドラッグ『... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 21時52分

» 彼らは遊び方を間違えただけ [CINECHANの映画感想]
268「スキャナー・ダークリー」(アメリカ)  今からほんの7年先の未来。そこでは〝物質D〟というドラッグが蔓延っていた。最終的には左右の脳を分断してしまう最悪のドラッグ。そしてそれを撲滅するため政府は常時監視できるシステムをあらゆる場所に設置していた。  ロサンジェルス郊外オレンジ郡アナハイム。覆面麻薬捜査官のボブ・アークターは〝物質D〟の供給源を突き止めようと、自らも物質Dを服用し、常習者たちと共同生活を送る〝おとり捜査〟を行っていた。  ところが捜査本部へのタレコミにより、彼は...... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 10時16分

» スキャナー・ダークリー [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★        (★×10=満点)  監  督:リチャード・リンクレイター キャスト:キアヌ・リーヴス       ロバート・ダウニー・Jr       ウディ・ハレルソン       ウィノナ・ライダー       ロリー・コクレ... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 15時13分

» 映画「スキャナー・ダークリー」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2007年5本目の劇場鑑賞です。スクール・オブ・ロック」「ビフォア・サンセット」のリチャード・リンクレイター監督作品。SF作家フィリップ・K・ディックの『暗闇のスキャナー』を、「ウェイキング・ライフ」で試みたデジタル・ペインティング手法を用いて映画化した近未来...... [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 23時14分

» スキャナー・ダークリー − 「ワタシ」という存在の耐えられない軽さ [Lost in Australia]
映画館で映画を観よう というわけで 混んでいなかろう という理由と キアヌ・リーブスと ロバート・ダウニーJrと ウィノナ・ライダーが 好き という 理由で スキャナー・ダークリーを観た。 原作のフィリ... [続きを読む]

受信: 2007年1月28日 (日) 13時43分

» スキャナー・ダークリー [とにかく、映画好きなもので。]
 フィリップ・K・ディックの「暗闇のスキャナー」を作品化したもの。実写化した映像にデジタルペインティングのようなアニメーションで描かれていく幻覚とミステリアスな世界。  今から7年後のアメリカでは"物質D"というドラッグが蔓延している。もちろ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 13時42分

» スキャナー・ダークリー [とにかく、映画好きなもので。]
 フィリップ・K・ディックの「暗闇のスキャナー」を作品化したもの。実写化した映像にデジタルペインティングのようなアニメーションで描かれていく幻覚とミステリアスな世界。  今から7年後のアメリカでは"物質D"というドラッグが蔓延している。もちろ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 4日 (日) 13時44分

» スキャナー・ダークリー鑑賞 [Simulacre de illustration]
果たしてディックは映画原作として優れているのか。 彼の小説が映画になるたびにいつも思う事だ。 話の改竄はあたりまえ、人物造形も似て非なる感じ。 いったい関係者は原作のどこが気に入って映画にしているのかと疑問を抱く。 ブレードランナーだって映画が面白かったからこそ問題ないが、テイストはかけ離れている。 映画化作品が多い分、ファンとしては物足りなかった訳です。 そしてやっと昨年、リンクレーターがほぼ原作通りの映画を製作! ファンとしては感無量。 そんな理由で一般人はぶっちぎりで置いてきぼ... [続きを読む]

受信: 2007年2月 5日 (月) 00時09分

» スキャナー・ダークリー [とにかく、映画好きなもので。]
 フィリップ・K・ディックの「暗闇のスキャナー」を作品化したもの。実写化した映像にデジタルペインティングのようなアニメーションで描かれていく幻覚とミステリアスな世界。  今から7年後のアメリカでは"物質D"というドラッグが蔓延している。もちろ....... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 10時03分

» スキャナー・ダークリー [I am invincible !]
A Scanner Darkly 7年後のアメリカ、カリフォルニア、オレンジ・カウンティ。 全ての場所や人が監視されているこの時代にあっても、その目を掻い潜って蔓延する麻薬。 新しいタイプのカプセル型麻薬“物質D”の動向を追うため、潜入麻薬捜査官コードネーム・フレッドはジ..... [続きを読む]

受信: 2008年6月22日 (日) 12時33分

« 「エラゴン/遺志を継ぐ者」 三番、四番煎じのファンタジー | トップページ | 「大奥」 「理」と「情」 »