« 「スキャナー・ダークリー」 今までで最もディックの臭いがする作品 | トップページ | 本 「数学的にありえない」 »

2007年1月 4日 (木)

「大奥」 「理」と「情」

女同士のドロドロしたドラマは本当は好きではないのですけれど・・・。
テレビシリーズの「大奥」も全く観ていないのですけれど・・・。

「功名が辻」で好演していた仲間由紀恵さんの着物姿が再び観たくって、それだけで行ってきました(正直)。

仲間由紀恵さん、きれいですねー。
さすが「きれいなお姉さん」です。
仲間さんは「TRICK」のようなおとぼけキャラでもいいですが、「功名が辻」の千代や本作の絵島のように賢女というのもとても似合います。

ということでもともとは不純(?)な動機で観に行ったので、ストーリーの期待度全くなしだったためか、なかなか楽しめました。
女同士のドロドロとしたドラマは苦手と書きましたが、観てみれば権力闘争・陰謀の話で、今までにも邦画でよくあった政治・経済ドラマの女性版みたいなものだったので、あまり拒否反応は起こりませんでした。
「金融腐食列島 呪縛」等とかそうですが、こういった集団の闘争・陰謀劇は東映テイストみたいなものなんでしょうか。

話の元になったのは、江戸時代に実際にあった「絵島生島事件」というもの。
大奥の風紀の乱れが問題となり、死罪までが出た事件だそうです。
内容は映画の中で描かれていますが、事件は大奥で権勢を誇っていた月光院派に対しての天英院派の陰謀ではないかという説もあります。
映画はその陰謀説を基に作ったお話しになります。

この映画を観ていて、権力争いの陰謀劇よりも、絵島という女性についてのキャラクターについていろいろ思いました。
大奥は、他人への嫉妬、権力への欲望、愛の独占などのドロドロした感情が渦巻く「情」の世界です。
その中で派閥の関係を差配していく役割を担うのが御年寄絵島です。
その役割をこなすには高度なバランス感覚が必要で、そういう意味では絵島は「情」の大奥の世界で「理」で生きている人物だと言えます。
しかしそのためには絵島は自然と自分の「情」に蓋をして、それらに流されぬよう無意識に囲いを作っていかなければなりませんでした。
始めは自分が使える月光院が間部への愛に殉じてまで貫こうする気持ち、その愛を独占したいという気持ちを、絵島はそうであろうと頭で(理で)わかっていても、心では(情では)わからなかったのでしょう。
しかしその「情」はなくなったのではなく、囲いをされていただけで、生島との出会いでその囲いに穴が開きます。
「あなたは囲いの外に出ていても、屏風をたてたままだ」
と生島は絵島に言います。
「情」はあってももうまく表現できない、「情」に流されてしまえない人というのはいます。
けれどもその「情」に流され、そしてその「情」が通じたと感じたとき、絵島は喜びを感じたのでしょう。
たった一夜だけだったとしても、大切な一時。
絵島も言っていたように、そういう一時があるだけでも甲斐のある人生と言えるのかもしれません。

最後に生島役の西島秀俊さん、こういう気持ちを読ませない役が上手ですよね。
「アンフェア」等でもそうでしたが、最後までこの人は本当に信じられるのかと思いドキドキしてしまいます。

仲間由紀恵さん主演の大河ドラマ「功名が辻」の記事はこちら→

西島秀俊さん出演「海でのはなし。」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「スキャナー・ダークリー」 今までで最もディックの臭いがする作品 | トップページ | 本 「数学的にありえない」 »

コメント

Cartoucheさん>

僕はテレビシリーズをまったく観てなかったのですが、けっこう楽しめました。
あまりドロドロしてなくて見やすかったです(笑)。
仲間さんはああいう理性的な役も合いますし、「TRICK」のようなとぼけた役も上手ですよね。
追記の件、全然かまいませんので、よろしくお願いします。
お気遣いいただいてありがとうございます。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月17日 (水) 19時48分

はじめまして。Cartoucheです。TBありがとうございました。
こちらの記事拝見して、とてもナットクしました。
そうでした。絵島は、それまで理で生きてきたから月光院さの気持ちもわからなかったのですよね。それが生島と出会い。。
「あなたは囲いの外に出ていても、屏風をたてたままだ」
これも重要なセリフだったのでした。
この部分を記事にしていなかったので、追記で書かせてもらってもいいでしょうか。もりとんお名前は入れさせていただきます。

投稿: Cartouche | 2007年1月13日 (土) 17時16分

ミチさん>

金魚は打ち掛けの柄にもなっていたり、キーアイテムになっていましたね。

>陰謀の実行部隊である宮路(杉田かおる)は女の愚かさ、哀しさ>も感じさせる演技が光る。
杉田かおるさん、印象的だったですねー。
テレビシリーズ観てなかったんですが、杉田さんは「大奥」初めての出演だったんですね。
何となく杉田さんは「大奥」イメージだったりしたので、意外でした。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月 9日 (火) 22時52分

ケントさん>

衣装、セットとお金をかけた感じがでてましたね。
江島生島事件は恥ずかしながら全く知りませんでした。
門限破っただけで、死罪なのですねー。
浅野ゆう子さんの役は敵対グループでしたが、一人だけ冷めたスタンスでいましたね。
登場人物多いわりには、その役柄の性格がうまく見えていたように思いました。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月 8日 (月) 17時46分

たいむさん、こんばんは。

ドロンドロンは苦手なので、僕としてはこのくらいがちょうど良かったです(笑)。
「上様、おなーりー」のところは、気合いがはいっていて豪華でしたね。
西島さんの無表情さはほんとは何考えているのかわからんという感じで、最後までヤキモキしました。
屋形船の後でも、ほんとは芝居じゃないの?と勘ぐってました(「アンフェア」のせいか?)

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月 7日 (日) 21時13分

ゆんた☆さん>

完成披露試写会いらっしゃったんですねー。
うらやましいです!
僕はテレビシリーズは観ていなかったのですが、けっこう楽しめました。
ドロドロより恋愛もののテイストが強かったからかな。
あの奥女中三人組は「大奥スリーアミーゴス」と言われているんだとか。
あとで知りましたけど、なるほど・・・。

そうそう劇場で「アンフェア」の予告が始まってますね。
こちらはテレビシリーズをドキドキしながら観てたので、とっても期待しています。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月 7日 (日) 20時24分

遅ればせながら、あけましておめでとうございます♪
仲間ちゃん、キレイでしたよね~。
大河ドラマの千代に通じる賢さが見られて嬉しかったです。
ラブシーンは仲間ちゃんとしてはあれがギリギリでしょうか(笑)
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: ミチ | 2007年1月 7日 (日) 09時43分

こんばんは、ケントです。TBお邪魔します。
確かに「豪華絢爛」出来不出来はともかく、かなりの製作費と広告宣伝費をかけて、東映の威信を賭けた一作という感じがしましたね。
面白い映画であることは確かですが、ただ女性映画なので、男性にはなかなか感情移入出来ないでしょうね。
浅野ゆう子の会話は少なかったが、一番貫禄ありましたね。

投稿: ケント | 2007年1月 6日 (土) 23時21分

はらやんさん、こんばんは。
TVドラマは長い分だけドロンドロンですが(笑)、さすがに映画は尺の問題もあって控えめでしたね。
>情と理
なるほど、まったくそうですね。ある意味「巫女」のような「絵島」でしたし。
生島の男気もカッコよかったけれど、上様がなんとも可愛らしく、最後の裁量(わがまま?)には涙が出そうでした。

投稿: たいむ | 2007年1月 5日 (金) 22時12分

こんばんは。
TBありがとうございました!
テレビシリーズに比べると、さらっとしてたような気も
しますが、それなりに楽しめました♪
私も生島役の西島さんはああいう役が
似合うな~って思いましたー

そうそう、「アンフェア」といえば、もうすぐ映画がありますが、
どんな感じになるんでしょうね~

投稿: ゆんた☆ | 2007年1月 5日 (金) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/13331428

この記事へのトラックバック一覧です: 「大奥」 「理」と「情」:

» 大奥 [小部屋日記]
(2006/日本)【劇場公開】 監督 :林徹 出演:仲間由紀恵/西島秀俊/井川遥/及川光博/杉田かおる/麻生祐未 命をかけて守りたいもの それは愛する人への思いだった・・ ●ストーリー● 徳川家七代将軍家継の世、大奥では先代将軍の正室・天英院(高島礼子)と将軍の生母・月光院(井川遥)が熾烈(しれつ)な女の闘いを繰り広げていた。若くして大奥一の実力者となった絵島(仲間由紀恵)は、月光院の信頼が厚かったため、天... [続きを読む]

受信: 2007年1月 4日 (木) 22時46分

» 大奥 [Akira's VOICE]
憎しみ嫉妬に打ち勝つのは永遠の愛情! [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 10時48分

» 大奥 [花ごよみ]
大奥のスキャンダル 「絵島生島事件」を下地にして、  ストーリーが進展していきます。  大奥といえば女対女のバトル、 そして今回はプラス 悲しい愛の物語。  どちらかというとラブストーリーの方に 重きを置いています。 大奥総取締の絵島(仲間由紀恵)が  月光院(井川遥)を命を賭けて守り通す。   絵島(仲間由紀恵)の潔さが、  いつもの大奥の、  ドロドロの展開の方向を変えています。 絵島と生島、二人の真剣な恋愛。  ... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 12時06分

» 大奥/仲間由紀恵、西島秀俊 [カノンな日々]
おなご というものは おなごを うらぎる もので ございます フジTVお得意の大量宣伝作戦にかかってしまったわけではないんですけど、これだけの顔ぶれがスクリーンで観られると思ったら、やっぱりそそられちゃいますね。物語の中での妖艶な女たちの戦いはもちろんな....... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 16時26分

» 映画 「大奥」 [ようこそMr.G]
映画 「大奥」 を観ました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 17時57分

» 大奥 [パフィンの生態]
テレビ版ほど女たちの嫉妬や憎悪を前面に出さず、閉ざされた世界に生きる 女の悲恋を描いた娯楽映画。絵島生島事件を大胆に脚色してあり、驚きつつも 引き込まれた☆ 時は七代将軍・家継の時代。 先代将軍の正室・天英院(高島礼子)と取り巻きたちは、 将軍の生母・月光院(井川遥)の生まれが卑しいと蔑んでいた。 そのような状況下、大奥総取締・絵島(仲間由紀恵)は、 月光院が幼い家継の後見人・間部(及川光博)に想いをよせるのを見逃していた。... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 20時37分

» 大奥(映画館) [ひるめし。]
最悪の地獄。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 20時45分

» 試写会のススメ (17) ~大奥 - 完成披露試写会~ [ゆんた☆の観劇・鑑賞・旅日記]
まさに豪華絢爛、『大奥』完成披露試写会に行ってきました☆場所は東京国際フォーラム [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 22時04分

» 「大奥」みた。 [たいむのひとりごと]
フジ系のTVシリーズを見ていたこともあって観ることにした。(「第一章」が一番好きかな?「華の乱」はハヌケ) それらシリーズ3作での登場人物が、役柄を変えて登場しているのでわかっちゃいるけど少々混乱しそうになった。(以下若干内容に触れます)... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 22時09分

» 大奥 [Diarydiary! ]
《大奥》 2006年 日本映画 テレビの人気シリーズの映画化。大奥最大のスキャ [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 22時35分

» 「大奥」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「大奥」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:仲間由紀恵、西島秀俊、井川遥、及川光博、杉田かおる、中山忍、鷲尾真知子、山口香緒里、久保田磨希、木村多江、麻生祐未、松下由樹、浅野ゆう子、高島礼子、柳葉敏郎、岸谷五朗、藤田まこと、北..... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 22時41分

» 「大奥」完成披露試写会 [Thanksgiving Day]
東京国際フォーラムで行われた、映画「大奥」の完成披露試写会に行ってきました!! 今回は完成披露試写会ということで、上映前に舞台挨拶があったんですけど、さすがフジテレビ、演出もかなりかっこよかったですよ!! 舞台挨拶のメンバーも豪華で、仲間由紀恵、高島礼子....... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 02時47分

» 映画「大奥」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
中奥と大奥の渡り廊下「御鈴廊下」にフジテレビ系列の女子アナウンサーを全国から集めてズラリと並べた、粒ぞろいの美人ばかり、でなくとも見事ではある 時代は18世紀、江戸幕府も百年を過ぎ、町人文化の花開いたころ、中奥(まつりごと)にも大奥にも対立は激化していた... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 02時51分

» 大奥 [ネタバレ映画館]
それでもぼくはやってない! [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 07時40分

» 大奥 [吾輩はナマケモノである。]
正月らしく『大奥』観てきました。 いや〜金かかってる映画です。着物、内掛の豪華なこと。 良い“目の保養”これだけでも観る価値があったと思える作品でした。 大奥と中奥、それぞれの権力争い。 諸説ある絵島生島事件を、絵島(仲間由紀恵)と生島(西島秀俊)が権力争いに巻き込まれながら、純愛を貫いた・・・・と描いています。 年末にTVでやっていた「大奥〜もうひとつの物語」で、しっかり予習してから観たので、分... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 11時00分

» 大奥 [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年12月23日 配給:東映 監督:林徹 出演:仲間由紀恵,井川遥,及川光博 鑑賞日:2006年12月18日(完成披露試写会) 東京国際フォーラム ホールA(座席数5,012) 【ストーリー】 時は正徳2年、第7代将軍・家継の時...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 14時55分

» 『大奥』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某出版社で当選した 『大奥』の完成披露試写会に行ってきた。 [上映前、スタッフとキャストによる [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 18時18分

» [Review] 大奥 [Diary of Cyber]
実はテレビドラマの方は一度も観たことが無く、今回が『大奥』初観賞です。まぁ、テレビドラマの方を敬遠していた理由として、女性のドロドロとした仁義無き愛憎劇が苦手だった、というのがあります。『愛のソレア』観てたクセにな(時たまだけど……)。 でも結局それは単なる僕の食わず嫌いなだけであって、 実は何気にこーゆーの好きかもしれない! と思ってしまいました。 とはいうものの、個人的にこの系統のドラマは、たまに観るのが面白いと思いました。昼メロも、たまに観る(つ... [続きを読む]

受信: 2007年1月 6日 (土) 22時30分

» 大奥 [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
最悪の地獄。 評価:★7点(満点10点) 2006年 126min 監督:林徹 主演:仲間由紀恵 西島秀俊 井川遥 及川光博 杉田かおる おい、オメーら!大奥総取締をナメんなよ!   ....... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 00時08分

» 【劇場映画】 大奥 [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 7代将軍・徳川家継の時代。将軍といえども、まだ幼い家継に代わって実権を握っていたのは、能役者から側用人に成り上がった間部。しかも間部は、6代将軍・家宣の側室で将軍生母である月光院とも恋仲に。だが2人の秘密の関係は、先代将軍の正室ながら子をなせず、自分より権勢を誇る月光院を目の敵にしている天英院の知るところに。天英院はこのスキャンダルを暴露するため、まずは月光院派の大奥総取締・絵島を罠にはめ…。(goo映画より) 映画版大奥を観てきました。TV版ファンの人には女のどろどろした部... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 08時02分

» 大奥 [skywave blog]
まさに「豪華版2時間ドラマ」の映画版です。 ドロドロの女たちの闘いの狭間に咲く、極上のラブストーリとのことなのですが、ちょっと?? まあ、予告編の雰囲気通りというか、 [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 09時06分

» 大奥 [Good job M]
公開日 2006/12/23監督:林徹出演:仲間由紀恵/井川遥/及川光博/杉田かおる/松下由樹/浅野ゆう子/高島礼子 他【あらすじ】時は、七代将軍・家継の時代。大奥では、先代将軍の正室・天英院と、将軍の生母・月光院の間で熾烈な女の闘いが繰り広げられていた。若くして大奥...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 09時22分

» 映画「大奥」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「大奥」 三度のテレビシリーズを経て初の映画化。大奥史上最大のスキャンダル“絵島生島事件”を題材にした愛憎絵巻。 徳川家七代将軍家継の世、大奥では先代将軍の正室・天英院(高島礼子)と将軍の生母・月光院(井川遥)が熾烈な女の闘いを繰り広げていた。絵島(仲間由紀恵)は、庶民出身ながらその聡明さで月光院の信頼も厚く大奥総取締に昇格した。 権力の表舞台に立つ老中や側用人と、裏舞台にいる大奥の女達がそれぞれに�... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 09時41分

» 大奥 (2006) 126分 [極私的映画論+α]
 今年の初映画です(笑) [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 09時53分

» 「大奥」 [みんなシネマいいのに!]
 まあTV番組の映画化はある程度の集客も読めるところもあるので、映画会社として [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 09時56分

» 映画「大奥」を観て [とみのひとりごと]
1年間、大河ドラマ「功名が辻」で楽しませてくれた、仲間由紀恵さんへのご祝儀、という気持ちで観に行った。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 11時23分

» 大奥 [UkiUkiれいんぼーデイ]
おなごというものは   おなごを裏切るものにございますのえ〜           おぉぉ〜こわぁ〜。。。 でもね、このセリフがめっちゃ気に入りましたわ(´qp`*) 家に帰ってから何回も言いました〜♪ なんたって、最近セレブ婚を果たし、10年続いた所ジョージのキャラクターだった年末ジャンボ宝くじのCMもゲットし、今や幸せいっぱいの井川遥を、行かず後家。。。いや、婚期が遅れていらっしゃる方々が イビる、イビる!!! 私、2003年から始まったフジのTVドラマは一度も... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 11時26分

» 人気テレビドラマの劇場版スペシャル『大奥』(2006年20本目) [ON THE ROAD]
     フジテレビの人気ドラマ『大奥』の映画化。 (あらすじは大奥 - goo 映画を参照してください) テレビの方は三代将軍家光の春日のつぼねの時代から、 永遠に続く幕府内の権力闘争を女の世界から描いていて とても見応えのあるドラマで3回シリーズで放送されているが どれも高視聴率を記録している。 今回の映画では七代将軍徳川家継の時代。 数ある実話の大奥スキャンダルの中でも最も有名だといわれる 『絵島生島事件』を取上げている。 大奥はその特殊な環境から今まで�... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 12時12分

» 大奥 [Lovely Cinema]
2006/日本 監督:林   徹 出演:仲間由紀恵(絵島)    井川 遙(月光院)    高島礼子(天英院)    木村多江(法心院)    松下由樹(蓮浄院)    浅野ゆう子(滝川)    杉田かおる(宮路)    及川光博(間部詮房)    西島秀俊(生島新五郎) 堅苦しい挨拶に小股で畳の上を歩くしぐさ・・・ わたしには絶対できない![:汗:] 奥女中の“スリーアミーゴス”があってるかもしれない[:たらーっ:] 以下、ネタバレ感想... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 17時48分

» 大奥 [とんとん亭]
「大奥」 2006年 日 ★★☆ う~ん、これは期待ハズレですね。 「大奥」と言えば、TVドラマシリーズは欠かさずに観ていたのですが毎回気に なって観るくせに「つめが甘いよなぁ」と思っていましたが映画も甘かったです。 「大奥」と言えばそのドロド...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 19時33分

» 大奥 [BLACK&WHITE]
2006年 監督:林徹  脚本:浅野妙子 出演:仲間由紀恵、井川遥、及川光博、岸谷五朗、西島秀俊、杉田かおる 柳葉敏郎、松下由樹、久保田磨希、鷲尾真知子、浅野ゆう子、高島礼子 新春劇場鑑賞にふさわしい豪華キャスト、 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 22時03分

» それは女たちの欲望と陰謀 [CINECHANの映画感想]
283「大奥」(日本)  第7代将軍家継の時代。大奥では将軍の生母・月光院と先代将軍の正室・天英院との間で熾烈な女の闘いが繰り広げられていた。大奥総取締・絵島は月光院の信頼は厚かったが、その分天英院派の不満の矛先となる。そんな折、天英院の耳に、月光院と家継の後見人・間部詮房の許されぬ恋の噂が入る。この機を逃さぬ天英院は、間部を忌み嫌う老中らと結託し、ある策略を巡らそうとする。... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 01時27分

» 試写58 「大奥」 [河童屋。]
2006 /126分 12月23日(土)より公開 オフィ ⇒ http://www.oh-oku-movie.jp/site01.html [監督] 林徹 [出演] 仲間由紀恵、西島秀俊、井川遥、及川光博、杉田かおる、麻生祐未 [解説] 江戸城大奥を舞台に繰り広げられる女たちの愛憎劇を描いた時代劇「大奥」が、三度のテレ..... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 03時19分

» 大奥 [5125年映画の旅]
時は七代将軍・家継の時代。大奥総取締・絵島は、将軍の生母・月光院の腹心として慕われていたが、そのために月光院を目の堅きにする天英院派から嫌われていた。天英院は、絵島を落としいれ、そこから絵島もろとも月光院を失脚させようと画策する。 大ヒットドラマ『大奥...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 06時51分

» 『大奥』 [唐揚げ大好き!]
? 『大奥』 ? 大奥史上最大のスキャンダル「絵島生島事件」を完全映画化!! ? 「おおぉくでふぁ・・・」と岸田今日子さんのナレーションで始まっていたフジのドラマ『大奥』。 それから20年経って今の『大奥』が始まり、そして映画化と進化していった訳ですが、やっ... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 10時06分

» 【劇場鑑賞141】大奥 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
女子(おなご)というものは、 女子(おなご)を 裏切るものにございますのえ〜ぇ(o ̄∇ ̄) [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 16時51分

» 大奥 [sigh.]
よく出来ていました。…からこそ、もっとじっくり観たかった感もあります。 [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 17時38分

» 大奥 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
激しく燃え上がる恋の炎、そして禁断のハーレム・・・大奥に渦巻く、女同士の壮絶な情念と意地のぶつかり合い。物語は激しく、狂おしく、愛おしく、劇的な結末に向けて走り出す__。 時は正徳2年、第7代将軍・家継の時代。将軍と呼ぶにはあまりにも幼い将軍を巡って、江...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 8日 (月) 22時54分

» 『大奥』★★★★・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ]
『公式サイト』制作データ;2006日本/東映 ジャンル;時代劇上映時間;126分 監督;林徹  出演;仲間由紀恵/井川遥/及川光博/杉田かおる/松下由樹/浅野ゆう子/高島礼子 劇場:12/26(火)丸の内TOEI◆STORY◆7代将軍・徳川家継。まだ幼い家継に代わって実権を握っ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 11時44分

» 大奥 [いろいろと]
江戸城大奥を舞台に繰り広げられる女達の 愛憎劇を描いている。 3度のTVシリーズ [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 15時21分

» 大奥 [八ちゃんの日常空間]
これまで多くの文学、芝居などで取り上げられてきた「絵島浮島事件」をモチーフに近代最大のハーレム「大奥」の女のサガと女の欲望と女の権力を描いた絵物語です。仲間由紀恵って、あまり好きな顔立ちじゃないんだけど、日本髪にしたら結構麗しいじゃないですか!... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 23時30分

» ★「大奥」 [ひらりん的映画ブログ]
今年初の劇場鑑賞レンチャンの2本目。 ドロドロ気味の時代もの・・・という印象のタイトルで・・・ フジテレビのテレビシリーズも見てませんでした。 とりあえず、時間が合ったので、鑑賞しちゃいました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 02時48分

» *大奥* [Cartouche]
{{{    ***STORY***             2006年  日本    7代将軍・徳川家継の時代。将軍といえども、まだ幼い家継に代わって実権を握っていたのは、能役者から側用人に成り上がった間部。しかも間部は、6代将軍・家宣の側室で将軍生母である月光院とも恋仲に。だが2人の秘密の関係は、先代将軍の正室ながら子をなせず、自分より権勢を誇る月光院を目の敵にしている天英院の知るところに。天英院はこのスキャンダルを暴露するため、まずは月光院派の大奥総取締・絵島を罠にはめ…。       ..... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 17時07分

» 大奥 [そーれりぽーと]
あのテレビドラマ『大奥』が映画に! しかもギャラトップ女優の仲間由紀恵主演! なんて、ストーリー云々よりもお祭り気分で劇場版『大奥』を観て来ました。 ★★★ こちらもロードショー当日に観た後、年末特番のアナザーストーリーと併せて書こうと放置しっぱなしでした。 申し訳ない。 アナザーストーリーは大して面白くなかったので割愛しますw これぞこの正月のお政り映画。もといお祭り映画決定版。 って、もうとっくに正月終わっ... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 20時34分

» 大奥 [HIROMIC WORLD]
木曜日の1本は「大奥」 TVドラマシリーズの劇場版。TVドラマシリーズが好きだっ [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 21時29分

» 「大奥」 [古今東西座]
実は『硫黄島からの手紙』を新宿ミラノ座に観に行ったのだが、劇場に近づくと若い女性がわんさかいた。嫌な予感的中で、『鉄コン筋クリート』の初日で舞台挨拶でもあった様子。ミラノ座のメインの大スクリーンは『鉄コン』に奪われ、『硫黄島』は地下の劇場に追いやられていた。なんか気に入らず、『硫黄島』を取りやめ『大奥』を観ることにした。余談だが『父親たちの星条旗』もミラノ座に観に行ったらメイン劇場は『手紙』で、やはり地下の劇場に追いやられていたのが気に入らず、他の映画にしたのだった。どうもミラノ座とは相性が悪い。 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 22時32分

» 「大奥」絢爛豪華30kgの着物だけど、ストーリーは軽め [soramove]
「大奥」★★★ 仲間由紀恵、井川遥 、高島礼子 、浅野ゆう子 、高島礼子 出演 林徹 監督、2006年 大奥の大広間を50人くらいの きらびやかに着飾った女達が歩くとき 着物のすそと畳が擦れて 「キュッ、キュッ」と音がして 昔の今は無い大奥をそんなところで...... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 09時35分

» 大奥 [えいがのひ]
映画『大奥』 TVドラマはほとんどの話数を見ていたので、同じBGMが流れると つい懐かしくなってしまう。 キャストも時代ごとの大奥の出演者が勢ぞろいって感じで、オールメンバー。 TVでは絵島役をやっていた女優さんが、今度は陥れる側となって顔を出して いるのも笑えたけど。友情出演もすごく多いし。 でも内容は、絵島生島事件が起きてからの様々な暗躍が多いのかと思ったら、 実際に起きてしまえば大した動きもなく、�... [続きを読む]

受信: 2007年1月15日 (月) 01時44分

» 『大奥』 [C'est La Vie]
朝一のバスで日立へ。まっすぐ実家に帰らなかったのは高校の友達に4ヶ月振りに再会するため。4ヶ月のブランクを感じさせないテンション&トークで盛り上がった後、タダ券をもらったので相賀館で大奥を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2007年1月17日 (水) 19時41分

» 『大奥』 ('07初鑑賞1・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 1月2日(月) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:05の回を鑑賞{%diacritic_a%} [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 00時46分

» 「大奥」の試写会へ行ったのそ [のそのつぼやき]
 月曜日は、のそ母と「大奥」の試写会へ行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2007年1月18日 (木) 12時27分

» 大奥(ネタバレあり) [エミの気紛れ日記]
『江島』が『絵島』で発表されたときから キャストが発表されたときから 予想はしてましたよ。 その予想を超えてくれてありがとう!! [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 01時26分

» 『大奥』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『大奥』鑑賞レビュー! 最悪の地獄。 史上最悪のスキャンダル! ★review★ 2003年から3作のシリーズになった TV版時代劇『大奥』は未見ですが ストーリーが7代将軍・家継の世でしたので 何の問題も無く楽しめたyo〜! 何度も本作のCMで耳にタコができるくらい 聞きますた〜高島礼子演じた "天英院"のこの台詞です ↓  ↓  ↓  ↓ おなごというものは おなごを裏切るものにございますのぇ〜 大奥最大のスキャンダル★『絵島生... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 22時14分

» 「大奥」 [てんびんthe LIFE]
「大奥」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 昨日も今日も予定が大幅に狂い、土日で2本と思っていた映画も1本に終わりました。それも予想外にこの作品。昨日も夕方から出かけようと思いながら行きそびれ、今日も豊洲には来ていたのに駐車場に入るのに時間がかかり、ランチしている間にどんどん時間が過ぎ、開映の狭間のいなってしまいこの作品以外にみられる作品がありませんでした。チケットは持っていたので良いのですが。 お正月の大本命といわれたこの作品ですが今まで「大奥」というドラマすらみたことがありません。小さい頃... [続きを読む]

受信: 2007年1月27日 (土) 19時05分

» 劇場鑑賞「大奥」 [日々“是”精進!]
「大奥」を鑑賞してきました3つのシリーズがいずれも高視聴率を記録した時代劇の最終章となる劇場版。時代は7代将軍・家継のころ。大奥史上最大のスキャンダルといわれる「絵島生島事件」を軸に、閉ざされた園、大奥に生きる女たちの愛憎を描く。ちなみに、絵島生島事件...... [続きを読む]

受信: 2007年12月24日 (月) 12時28分

» 映画「大奥 」奥で起こったことは他言無用 [soramove]
「大奥 」★★★☆ 二宮和也、柴咲コウ、堀北真希、玉木宏、倍賞美津子、竹脇無我、和久井映見、阿部サダヲ、佐々木蔵之介出演 金子文紀監督、116分 、2010年10月1日公開、日本,松竹,アスミック・エース (原題:男女逆転「大奥」)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「男ばかりが罹る疫病が発生し、男子が激減、 二宮和也が演じる貧乏旗本の長男、水野祐之進は、 家のため大奥に奉公へ上が... [続きを読む]

受信: 2010年10月12日 (火) 07時15分

» 大奥(2006) [映画と本の『たんぽぽ館』]
西島さんが出るなら、恩怨渦巻くドロドロの世界だって・・・ * * * * * * * * * * おっと、これも西島秀俊カテゴリでいいんですか? もちろん!  今までこれを観ていないのが不思議なくらいでした。 というか「大奥」は苦手だったんだよね〜。 そ...... [続きを読む]

受信: 2013年12月28日 (土) 19時39分

» 大奥 [本と映画、ときどき日常]
監督 林徹 出演 仲間由紀恵     西島秀俊     及川光博 時代劇はあまり観ないほうなんだけど、今回は豪華なキャストにつられて観てみました。 お局様達が逆美人局で仲間由紀恵を陥れ失脚させようとするお話。 思いのほか?とても面白く観ることができました...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 3日 (木) 12時11分

« 「スキャナー・ダークリー」 今までで最もディックの臭いがする作品 | トップページ | 本 「数学的にありえない」 »