« 本 「13階段」 | トップページ | 「ロスト・イン・トランスレーション」 思いがロストしてしまうのは・・・ »

2007年1月 8日 (月)

「王の男」 ひとりの人間として見てもらえない息苦しさ

タイトルにある「王」とは朝鮮王朝第10代国王燕山君(ヨンサングン)のこと。
朝鮮半島の歴史の中でも名だたる暴君であったと言われています。
けれどもこの作品の中ではヨンサングンは残酷な振る舞いはしますが、それだけの暴君としては描かれていません。

始め王は玉座に座り無表情で登場します。
その表情には宮廷で行われていることすべてに関して無関心であるようにも感じます。
それは宦官などの官僚、良王であった先代の威光、様々な宮廷の取り決めにより、王という立場である自分が縛られ何もできないことにあきらめてしまっているようにも見えます。
しかしチャンセンとコンギルと芸人一座の、王自身を風刺する劇を見ることにより、表情に笑いが戻ってきます。
それまでの無表情とは異なった、子供のような笑い。
王の周りに居る人々は、ヨンサングンをヨンサングン個人として見ているのではなく、国政を行うためのシステムの一部として見ています。
ですので、王がこうしたいと言ったことも官僚たちは無下に却下していきます。
彼らにとっては自分たちの行いを認めてくれるだけの王がいてくれればいいのです。
そういう中、芸人たちは自分を一人の人としてとらえ、嘲った。
人としてとらえてもらったことが王にとっては嬉しかったのかもしれません。

またコンギルはその美貌のためトラブルに巻き込まれることも多く、兄貴分であるチャンセンの庇護下にずっとありました。
コンギルはチャンセンを慕い、チャンセンもコンギルを大切に思っていたのでしょう。
しかしチャンセンの思いは自分自身を犠牲にする深いもので、それが時としてコンギルにとっては縛りのようにも感じるようなこともあります。
守ってもらえている安心感、信頼感をチャンセンに持ちつつも、束縛されている感じをぬぐい去れません。
チャンセンはもしかするとコンギルを自分だけで所有したいという思いだけだったのかもしれません。

そんなコンギルは王と出会ったとき、同じ束縛された人間の思いを感じたのかもしれません。
また王もコンギルといっしょにいる時だけ、自分自身を解放し、自分らしくいられるということがあり、彼を近くに置きたかったのでしょう。

重臣たちも、そしてチャンセンも二人が一人の人間として考え感じる存在であることを気付きません。
システムの一部、また愛の対象としてだけ、自分の都合によってでしか相手をとらえていません。
それが王とコンギルが感じている息苦しさだったのかもしれません。

結局周囲の人々はそんな二人の気持ちをわかることなく、最後に悲劇が起こります。
劇中では描かれていませんが、あのクーデターのあとヨンサングンは廃主されたということです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「13階段」 | トップページ | 「ロスト・イン・トランスレーション」 思いがロストしてしまうのは・・・ »

コメント

rainさん>

>妙にヨンサングンが一番感情移入しやすいキャラクターでした。
そうですね、僕もそう感じました。
rainさんの記事を読んで、あ、同じように感じた方がいるだなと嬉しくなりました。

また寄らせていただきます。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月30日 (火) 23時05分

TBありがとうございました。

暴君といわれたヨンサングンですが、本作では孤独で自分という人間を認めてもらうことの出来ない空しさや苦悩を抱えた一人の弱い人間に描かれていた事に惹かれました。

投稿: rain | 2007年1月30日 (火) 01時34分

Yu-さん、こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。

韓国の歴史は疎かったので、暴君ヨンサングンの存在も全く知りませんでした。
書いていらっしゃるように、ヨンサングンをただの暴君と描かなかったのが、韓国の人々には新鮮に写ってヒットしたのかもしれませんね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月24日 (水) 21時31分

TBありがとうございました。
ブログを読ませていただきながら、映画のシーンを思い起こし二度三度と楽しませていただいています。

投稿: Yu- | 2007年1月22日 (月) 20時25分

hyoutan2005さん>

「マリー・アントワネット」を昨日観に行き、「大奥」「王の男」と今月は宮廷コスプレもの続きです(笑)。
韓国の歴史はあまり詳しくなかったのですが、十分楽しめました。(チャングムは観てなかったのです)
ヨンサングンは暴君として有名だったのですね。
イ・ジュンギさんを見ていて、僕も松田龍平さんを思い浮かべました。
まさに傾国の美女という感じでしたねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月21日 (日) 16時53分

はらやんさん、こんにちは。
今日は無事にTBできました。(笑
チャングムの誓い完全版が始まったので、この映画との関連を楽しんでいるところです。

ところで、私のブログの名称を少しだけ変えました。大した違いはありませんが。(笑
http://blog.goo.ne.jp/hyoutan2005/e/332887382d31acf0a15b91f89381e61d
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: hyoutan2005 | 2007年1月21日 (日) 15時28分

へーゼル☆ナッツさん>

>チャンセンは、「自分は他の男と違う」って思いながらも
>コンギルをやっぱり独占したかったんでしょう。
僕もそう思います。
コンギルを守ることがチャンセンのアイデンティティだったのかもしれません。
そういう意味ではチャンセンがコンギルに依存したのでしょうね。
あ、これは「鉄コン筋クリート」のクロとシロの関係にも似てますね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月20日 (土) 08時34分

きららさん>

僕はチャングムを観てなかったので、韓国宮廷ドラマは初めて観ました。
内容はイメージしていたものと違っていたのですが、楽しめました。
僕は王の描かれ方が興味深く観てました。
冷酷な面と、子供のような面が同居している王に、祭り上げられている孤独感のようなものを感じました。
韓国の映画もいろいろタイプがあっておもしろいですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年1月20日 (土) 06時54分

はらやんさん、こんにちは(^^)
TBありがとうございました☆
私も「コンギルは王と出会ったとき、同じ束縛された人間の思いを感じたのかもしれません」
これに同感です。自分と似たようなところを見たのでしょうね。
それにチャンセンは、「自分は他の男と違う」って思いながらも
コンギルをやっぱり独占したかったんでしょう。
暴君というには、映画にはあまりその表現はなかったですね。
TBもらいます♪

投稿: へーゼル☆ナッツ | 2007年1月19日 (金) 11時16分

TBありがとうございました!
こちらからうまく貼れないみたいなのでコメントで失礼しますね。

この作品、もともと期待していたのですが、
かなり見ごたえあって、すっごい集中してみちゃいました。
先日「チャングムの誓い」再放送で、ヨンサングンもちゃんと確認できました☆

またよろしくお願いします♪

投稿: きらら | 2007年1月18日 (木) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/13384710

この記事へのトラックバック一覧です: 「王の男」 ひとりの人間として見てもらえない息苦しさ:

» 「王の男」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「王の男」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:カム・ウソン、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン、イ・ジュンギ、他 *監督:イ・ジュンイク 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご..... [続きを読む]

受信: 2007年1月 9日 (火) 16時54分

» 王の男 [skywave blog]
韓国史上最大の暴君、朝鮮王朝第10代の王「ヨンサングン」。 韓国の史実の理解をしていないと、この映画の面白さの半分を、知らないまま終わってしまう、そんな気がしました。(私 [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 21時12分

» 王の男 [八ちゃんの日常空間]
宮崎あおいとの共演が楽しみな、韓国一美男のイ・ジュンギ主演、…って、韓国一は、デュエリストのカン・ドンウォンじゃなかったの? [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 22時24分

» 王の男 [knockin' on heaven's door]
King and the Clown 朝鮮王朝時代の韓国。独裁者として知られた王と旅芸人、対極に位置する者たちの人間模様を色鮮やかな宮廷を舞台に描いた時代劇。 この時代の大道芸人の技をじっくり見せてくれるのも興味深く。宮廷の裏側や陰謀を垣間見る面白さもありつつ、人の...... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 23時08分

» 王の男 (2006) 122分 [極私的映画論+α]
男三人+女一人の愛憎劇ですが・・・ [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 23時25分

» 王の男 [ネタバレ映画館]
 ゲイのためなら、王をも泣かす〜♪ ※玉を綱にぶつけるシーンがあるからといって、窓口で「玉の男」と言わないようにしてください。 [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 00時10分

» 王の男(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】イ・ジュンイク 【出演】カム・ウソン/チョン・ジニョン/カン・ソンヨン/イ・ジュンギ 【公開日】2006/12.9 【製作】韓国 【ストーリー】 固い友情で結ばれたチャンセンとコンギルは、超一流の芸人を... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 00時39分

» 感想/王の男(試写) [APRIL FOOLS]
韓国で猛烈な大ヒットだったという話題作『王の男』12月9日公開。時は16世紀初頭、村一番の芸人コンビ、チャンセン&コンギルは都でひと旗あげようと上京。そこで、まんまと王に気に入られたはいいけど、やがて宮廷内のゴタゴタに巻き込まれていく〜。 王の男 これってBL?って思わせかねないお話。チャンセンとコンギルには相方の域を超えたような絆で結ばれる。感情を言葉にしたりしないけどお互いを見る目がフツーじゃない。そこに、王様が乱入。コンギル溺愛。三角関係できあがり。いらだつチャンセン、戸惑うコンギル、... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 01時20分

» 王の男 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
超一流の宮廷芸人にのし上がった2人が見た、王宮の奥に隠された秘密。16世紀の韓国の宮廷を舞台に繰り広げられる歴史ドラマ。地方から都にやって来て、王の前で芸を披露するまでになる2人の芸人の数奇な運命をたどる。見事な職人芸をみせるのは、本作で大鐘賞主演男優賞に...... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 22時08分

» 『王の男』 [Brilliant Days ]
人前で笑ったことがなかった王様を笑わせ、重用された大道芸人・・ん?どこか違う国のお伽話であったような気もするけれど・・思ったよりずっと見応えある一品でした! これは、見る前に公式サイトなどで勉強してから見るべきでした! タイトルとなった「王」とは、実在した..... [続きを読む]

受信: 2007年1月11日 (木) 22時56分

» 王の男 [パフィンの生態]
予告編を見て、美少年が軸になった愛憎劇なのかと思っていたが、 自由に生きてきた二人の芸人が宮廷に召抱えられ、運命に翻弄される物語。 芸人としての誇りを失わない二人、彼らの芸の見事さ、粋なラストシーンが 心に残る名作☆今まで観た韓国映画で一番感動した☆ 綱渡りの名人で男っぽいチャンセン(カム・ウソン) 女役が得意で美形のコンギル(イ・ジュンギ) 深い絆で結ばれている二人の男。妖艶なコンギルが貴族や王に気に入られ 部屋に呼ばれるた... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 00時20分

» 『王の男』★★・・・ [ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ]
『王の男』公式サイト制作データ;2005韓国/ヘラルド ジャンル;歴史上映時間;122分 監督;イ・ジュンイク  出演;カム・ウソン/イ・ジュンギ/チョン・ジニョン劇場:1/12(金)シネスイッチ銀座◆STORY◆16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセンと相棒の女形コ...... [続きを読む]

受信: 2007年1月19日 (金) 11時11分

» 映画「王の男」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
英題:The King And The Clown 燕山君(ヨンサングン)という暴君な16世紀初頭の実在の王と、一座を逃げ出して漢陽の都にやってきた旅芸人というフィクション設定の、哀しみの愛憎物語 旅芸人一座で幼馴染の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 02時22分

» 王の男(韓国) [映画でココロの筋トレ]
2007年最初の映画は、「王の男」でした! ( → 公式HP  ) 出演:カム・ウソン 、イ・ジュンギ 、チョン・ジニョン 、カン・ソンヨン 上映時間:122分  16世紀の韓国の宮廷が舞台。 地方の旅芸人一座のチャンセン(カム・ウソン)と女形コンギル(イ・... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 10時43分

» 傾城。 [ひょうたんからこまッ!]
『王の男』(2006年・韓国・122分)公式サイト暴君と恐れられた王がいた。彼の心は孤独で猜疑心に満ち、暗い。芸でしか身を立てられない男がいた。自分の胃を満たす事で精一杯な毎日。それでも彼は、明日の夢を共に見る相棒がいた。美しい男がいた。彼は人の心の中を誰よりも深く知る事ができる。そして誰をも、その美しさの虜にしてしまう。出逢うはずの無い三人が出会ったのは、神の意思か。花は散り、... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 15時24分

» 06-65 王の男 [奇跡の人の映画部屋]
鑑賞日 12月13日 感 想 韓国興行収入ナンバー1との事で期待してましたが、鹿児島ではあまりお客が呼べないと判断したらしく上映時間帯が悪く見るのが大変でした。... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 16時37分

» 王の男 [5125年映画の旅]
旅芸人のチャンセンとコンギルは、国一番の芸人を目指して漢陽の都にやって来た。そこで加わった仲間と共に、時の暴君・燕山君を皮肉った芸を披露し彼らはたちまち人気者になる。しかしチャンセル達は王を侮辱した罪で捕まってしまう。チャンセルは「王がこの芸で笑えば侮...... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 18時08分

» 王の男 [映画通の部屋]
「王の男」 KING AND THE CLOWN/製作:2006年、韓国 122 [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 19時35分

» 「王の男」 [the borderland ]
思わせぶりなタイトルと予告編で、王様と芸人のドロドロ三角関係になるんじゃないかと思ってました。それが意外にもあっさりしていて、ヨメさんはがっかりして、私はホッとしてました(^^; 男同士の絡みがなかったのは良かったけど、全てにおいてキレイすぎな気はしますね。 【ネタバレぎみ】 燕山君(ヨンサングン)が暴君ということだったので、どんだけ悪い奴かと期待してたのに、極悪加減がほとんど描かれてない。これは韓国人には当たり前だから省かれたのでしょうが、何の知識もない私には、重臣に抑えられて自由... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 21時59分

» 王の男 [ともやの映画大好きっ!]
(英題:THE KING AND THE CLOWN) 【2006年・韓国】劇場で鑑賞(★★★☆☆) 史上最悪の暴君として韓国で今も語り継がれる実在の王・ヨンサングンをモチーフにした歴史映画。 原作は「爾」という舞台劇。 2000年に初演されて以来、韓国演劇協会の選ぶ最優秀舞台ベスト5、韓国批評家協会選考の年間最優秀演劇賞及び俳優部門の最優秀新人賞、ドンナー芸術協会の2001年度最優秀演劇賞など、数々の賞を総なめにした作品。 16世紀初頭... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 22時23分

» 王の男 [シネマでキッチュ]
(札幌ファクトリー・ユナイテッドシネマにて) 良い映画でしたよお~。 韓国の宮廷を舞台に、悪政で名を馳せる王に認められた二人の芸人のお話。 王に認められたがゆえに巻き込まれてゆく陰謀の渦。 ふたりの芸人チャンセン(カム・ウソン)とコンギル(イ・ジュンギ)がどちらもハマリ役ね~。 それに王と王の側近の重臣を演じる名優2人チャン・ジニョンとチャン・ハンソンは数年来の贔屓の名優さんたちなんです。信頼し... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 22時27分

» ★「王の男」 [ひらりん的映画ブログ]
「オープン・シーズン」に続いて、本日二本目。 なにせ、「109シネマズ」が年末まで、ポイント倍増セール中。 ちょっと得した気分なので、買い物ついでにレンチャンしました。 こちらは韓国で大ヒットした時代劇。 [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 23時51分

» 王の男 [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
公式サイトはこちら。 評価:★9点(満点10点) 2006年 122min 監督:イ・ジュンイク 主演:カム・ウソン イ・ジュンギ チョン・ジニョン カン・ソンヨン 【あらすじ】16世紀初頭、地....... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 01時17分

» 王の男 [シャーロットの涙]
16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセンと相棒の女形コンギル。都で時の王ヨンサングンが、妓生上がりの官女と日夜遊び呆けている噂を聞きつけた2人は、芸人仲間と宮廷を皮肉った芝居を始める。 興行は人気を博すものの、一座は侮辱罪で逮捕されてしまう。重臣に「王を笑わせることができれば、侮辱ではない」と反論したチャンセンたちは、死をかけて王の前で芸を披露する。彼らの芸は王を魅了することができるのか…。goo映画より 芸とはゲイ・・... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 12時05分

» 王の男 [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
韓国の歴史も映画も詳しくないワタクシ。 でも先に歴史概略が頭に入ってたし、自然と話に入っていけました。 宮廷内はなんとなく中国っぽくもあり、 色彩の美しい文化が味わえながらも見ごたえのある感動巨編だった。 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 15時46分

» 『王の男』 [Yuのつれづれ日記]
『王の男』(2005年12月) 韓国で初めて1000万人の観客を動員した映画『王の男』ですが、日本での興行成績が振るわないと心配されているようです。 きょうの映画館はウイークデイにもかかわらず、大勢の人が入っていました。 朝鮮燕山朝時代を題材にした映画ということで、韓国の人の親しみ度と日本人ではだいぶ違うのでしょう。 監督: イ・ジュニク                �... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 20時17分

» 映画:王の男 [駒吉の日記]
王の男@シネマイクスピアリ 「芸人になりたい」 歴史に寓話的なエピソードをエンターテイメント化したかんじ。女装の麗人?コンギルをめぐる三角関係なんですがすばりそーいうシーンはない。でも愛妾ノクスとコンギルは十分色っぽい。 歴史上でも暴君として有名な燕山君... [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 13時02分

» 映画「王の男」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「王の男」 16世紀の韓国の宮廷を舞台に繰り広げられる陰謀と、数奇な運命をたどる二人の芸人を描く。 史上最悪の暴君といわれる燕山君(ヨンサングン)の時代。宮廷をからかった芝居で人気の出たチャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)は王の前で芸を披露し、王が笑わねば死刑だと言い渡される。 主人公の大道芸人コンビは最下層の人間。失うものは何もない彼らだからこそ王や官僚などを痛烈に風刺する生き方も可能なのかもしれな... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 17時18分

» 王の男 [映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ]
●『王の男』2006年12月9日公開。映画チラシでみるとイ・ジュンギって女の子みたい。韓国では大ヒットしたみたい。イ・ジュンギは『日本は私の国、映画終えて行くつもり。親日派!好きだ』(人気になれたのは日本のおかげ の意味合い)と言ってしまい自国の....... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 01時33分

» 宮邸内の欲望と陰謀 [CINECHANの映画感想]
281「王の男」(韓国)  16世紀初頭。〝芸人の王〟と名乗るチャンセンと美青年コンギルは漢陽の都にやって来て、時の王ヨン・サングンを題材とした芝居を行い、大人気を博す。しかし、身分の低い2人は王をからかったとして重臣たちに捕らえられる。チャンセンは王が笑えばからかったことにならない、と言い、王の前で芝居をすることに。果たして王は2人の芝居に大笑い。臣下の反対を押し切り、芸人たちを宮廷に住まわせることに。豪勢な食事など、今まで見たことがなかったようなものばかりの宮廷の生活。しかし、やがて...... [続きを読む]

受信: 2007年1月29日 (月) 00時34分

» 『王の男』   視覚的癒しは‘美’、心の癒しは‘笑’。抗う者達が辿る茨道。 [enjoy! MOVIE☆LIFE]
王の男 オリジナル・サウンドトラック(DVD付)/サントラ ¥2,678 Amazon.co.jp 出演■カム・ウソン、イ・ジュンギ、チョン・ジニョン、カン・ソンヨン 監督■イ・ジュンイク <ストーリー>  16世紀初頭、漢陽にやってきた旅芸人チャンセンと相棒の... [続きを読む]

受信: 2007年1月30日 (火) 01時39分

» 王の男 [愛猫レオンとシネマな毎日]
おもしろかったですね。映画自体、秀作だと思います。 韓国映画の域を越えてました。 ワタシ的には、あの「グエムル」より、はるかに高く評価したいです。 タイトルを見たら、同性愛やドロドロしたものを想像してしまうけど、決して同性愛とかを描いている映画ではな...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 1日 (木) 01時06分

» 王の男 [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
公式サイトはこちら。 評価:★9点(満点10点) 2006年 122min 監督:イ・ジュンイク 主演:カム・ウソン イ・ジュンギ チョン・ジニョン カン・ソンヨン 【あらすじ】16世紀初頭、地....... [続きを読む]

受信: 2007年2月 2日 (金) 11時15分

» 王の男 [愛猫レオンとシネマな毎日]
おもしろかったですね。映画自体、秀作だと思います。 韓国映画の域を越えてました。 ワタシ的には、あの「グエムル」より、はるかに高く評価したいです。 タイトルを見たら、同性愛やドロドロしたものを想像してしまうけど、決して同性愛とかを描いている映画ではな...... [続きを読む]

受信: 2007年2月 2日 (金) 23時15分

» 王の男 [とにかく、映画好きなもので。]
 芸は身を助ける。とは言うものの・・・思わずとっさに取った芸妓が人を笑わす事がある。  漢陽にやってきた旅芸人のチャンセン(カム・ウソン)と相棒のコンギル(イ・ジュンギ)は、町で出会った芸人仲間と宮廷で官女と遊んで暮らしている王を皮肉った....... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 10時02分

» 『王の男』みましたぁ! [韓ドラのたまり場]
『王の男』 (King And The Clown)...2005年作品 チョンジニョン/カムウソン/イジュンギ/カンソンヨン共演 junsanga的評価 ★★★★★(5つ!ともかく私は絶賛!) 【1】時代劇(史劇)になるので、韓国史劇をまったくご覧になったこ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月13日 (火) 12時48分

» 『王の男』みましたぁ! [韓ドラのたまり場]
『王の男』 (King And The Clown)...2005年作品 チョンジニョン/カムウソン/イジュンギ/カンソンヨン共演 junsanga的評価 ★★★★★(5つ!ともかく私は絶賛!) 【1】時代劇(史劇)になるので、韓国史劇をまったくご覧になったこ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月14日 (水) 22時52分

» 『王の男』 (2005)/韓国 [NiceOne!!]
合格発表の日なのでしたが、何かしないと落ち着かないので、こんな映画を観ておりました。今年は全く萌えなかったお正月映画でしたが(今年の自分に限っては逆にそのほうが都合がよかったかもしれません)唯一興味があったのがこれでした。***************...... [続きを読む]

受信: 2007年2月18日 (日) 07時33分

» 「王の男」 [てんびんthe LIFE]
「王の男」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 今年韓国で4人に一人がみたという大ヒット作品。16世紀の韓国の韓国宮廷を舞台に繰り広げられる歴史ドラマ。それまでの記録をトンマッコルが持っていたかなんだかわからないけれど、そんなすごい作品なら早くみようと思っていたのに試写会は全滅するし、土日に用事が入ってみにいけないし、こんな年末の押し迫った時にやっとみに行くことが出来ました。でもね、ちょっと不安が…。あっという間に観客動員だか興行収入だか1位の記録を「グエムル」に抜かれてしまったでしょう。それってどう... [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 15時30分

» 王の男(DVD) [ひるめし。]
それより奥は、見てはならない。 [続きを読む]

受信: 2007年8月13日 (月) 11時48分

» 『王の男』 ('07初鑑賞134・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 11月20日(火) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。{%logo%} [続きを読む]

受信: 2007年12月10日 (月) 00時42分

» 王の男 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『それより奥は、見てはならない。』  コチラの「王の男」は、王が寵愛するモノを呼ぶときに使った呼び名「爾」と言う舞台劇の映画化で、韓国では1,300万人(国民の4人に1人)を動員したとされる12/9公開の映画なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪  韓国の...... [続きを読む]

受信: 2007年12月14日 (金) 23時40分

» ★ 『王の男』 [映画の感想文日記]
2005年、CJE, THE KING AND THE CROWN. イ・ジュンイク監督。カム・ウソン、イ・ジュンギ、ひげを落とせば別所哲也に似ているチョン・ジニョン、カン・ソンヨン、その他出演。  すでに... [続きを読む]

受信: 2008年11月30日 (日) 00時26分

« 本 「13階段」 | トップページ | 「ロスト・イン・トランスレーション」 思いがロストしてしまうのは・・・ »