« 本 「偽史日本伝」 | トップページ | 「シリアナ」 複雑化する世界 »

2007年1月 1日 (月)

本 「ステップファザー・ステップ」

宮部みゆきさんのライトな感じのミステリーです。
ショートストーリーの連作になっています。
「今夜は眠れない」の系統でしょうかね。
宮部みゆきさんは「模倣犯」などの重めのミステリーも読み応えあっていいですが、この作品のような軽めのものもおもしろいですね。

直と哲の中学生の双子と、ひょんなことから二人の父親代わり(ステップファザー)をすることになってしまった職業的な泥棒の「俺」のまわりで、毎回事件が起こります。
この作品はミステリーですが、その事件の謎解きに大きなトリックを使っていたり、社会性のあるテーマを取り上げているわけではありません。
どちらかというと、突然双子の親になってしまった主人公「俺」の人情ものといった感じでしょうか。
いつか二人の本当の親が戻ってきたら別れなくてはいけないと、あまり子供たちに愛情を持たないようにする「俺」がかわいい。
結局二人が困るとがんばってしまうのだけれど…。

直と哲の二人の話し方がとってもユニークです。
文節ごとに代わりばんこにしゃべるんですよね。
まさに二人で一人といった感じです。

「ステップファザー・ステップ」 宮部みゆき著 講談社 文庫 ISBN4-06-263285-3

宮部みゆきさんのライトなミステリー「今夜は眠れない」の記事はこちら→

|

« 本 「偽史日本伝」 | トップページ | 「シリアナ」 複雑化する世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/13296687

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「ステップファザー・ステップ」:

» ステップファザー・ステップ 宮部みゆき [苗坊の徒然日記]
ステップファザー・ステップ著者:宮部 みゆき講談社(1993-03-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 中学生の双子の兄弟が住む家に落っこちてきたのは、なんとプロの泥棒だった。そして ... [続きを読む]

受信: 2012年1月 9日 (月) 09時45分

« 本 「偽史日本伝」 | トップページ | 「シリアナ」 複雑化する世界 »