« 「遥かなる大地へ」 トムとニコールのひとつ屋根の下 | トップページ | 本 「偽史日本伝」 »

2006年12月30日 (土)

「デート・ウィズ・ドリュー」 押しの弱い「電波少年」

「華氏911」や「スーパーサイズ・ミー」等、最近ドキュメンタリー映画もよく公開されるようになりました。
「スーパーサイズ・ミー」はモーガン・スパーロック監督などは自分自身の体を使い(文字通り命をかけて)作った、過酷かつ毒のあるユーモアたっぷりのドキュメンタリーでした。
まさにセルフ「電波少年」といった感じ。

そういったセルフドキュメントの流れのこの作品「デート・ウィズ・ドリュー」です。
限られた時間、限られたお金の中でアイデアを振り絞り、なんとか憧れのスター、ドリュー・バリモアとのデートを実現しようとするドキュメンタリーです。
僕はこういうオバカなアイデア好きなので、けっこう期待して観に行きました。

監督兼主演はブライアン・ハーズリンガー氏。
テレビのクイズ番組で得た賞金を元手に、なんとかドリューと会おうと奮闘します。
けれども、ブライアンの打つ手は思いのほか正統派。
マジめにコツコツ知り合いをあたってドリューとのコネクションを探し、平行して自分の魅力度アップを図ります。
「華氏911」や「スーパーサイズ・ミー」のような毒を期待していたのですが、それほどではなく・・・。
マイケル・ムーアには「そんなに体制と張り合って大丈夫か」とハラハラし、モーガン・スパーロックには「死んじゃうんじゃないの、無理すんな」とドキドキしたりしたものですが、そういった切羽詰まった感はブライアン氏にはありません。
ブライアン氏、なんというか楽観的というのでしょうか、先にあげた二人のような「世間に物申す」といった主張はないんですよね。
そこらへんがセルフ・ドキュメントの割に体当たり感がヨワくて、作品全体も押しが弱く感じた気がします。
電波少年のなすびの方が展開にドキドキしたなあ(古い?)。

最後にドリューに会えるかって?
それは観てのお楽しみです。

ドリュー・バリモア主演の「ラブソングができるまで」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「遥かなる大地へ」 トムとニコールのひとつ屋根の下 | トップページ | 本 「偽史日本伝」 »

コメント

ペトロニウスさん、こんにちは。

僕もこの作品は「バカなこと考えるなあ、おもしろそう」と思って観に行きました。
発想は面白かったですよね。
もっとあっと驚くようなアイデアがあるのかと思ったらそうでもなかったので、やや残念。
ただドキュメンタリーですからね、現実的なのかもしれないです。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年8月13日 (月) 15時00分

TBありがとう。きさらぎ凄い気になっています。・・・時間ないのですが、何とか見れるように努力したいです。またいろいろ教えてくださいね。

ちなみに、ドキュメンタリーなのに「主張がない」というのは、同感。確かにダレているもんね。ただ、それだけダメな点がありつつも、受けたり、広く公開されたのは、やっぱりコンセプトがいいからでしょうねー。

投稿: ペトロニウス@物語三昧 | 2007年8月13日 (月) 08時27分

こんばんは!

ほんと楽観的な人でもありました。
デートよりも就職さがしのほうがドキドキしました。^^ゞ
ネットの力は大きかったですね。
ドリュー・バリモアだから成り立った映画でもあるかな。

TBどうもありがとうございました!

投稿: アイマック | 2007年3月13日 (火) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/13264233

この記事へのトラックバック一覧です: 「デート・ウィズ・ドリュー」 押しの弱い「電波少年」:

» 「デート・ウィズ・ドリュー」 [古今東西座]
「30日間でドリュー・バリモアとデートを実現する」だけのために撮られた映画。普通ドキュメンタリーって「社会を告発する」とか「厳しい現実を見つめる」など、いわゆる問題作となるケースが多い。マイケル・ムーアの映画などはその典型。でもこの作品はそんな志の高さなんてかけらも無く、ただ自分の私利私欲のためだけに作られたゆる~いドキュメンタリー。 この映画の監督件主役のブライアン・ハースリンガーは6歳の時に『E.T. 』を観て以来、ドリュー・バリモアの大ファン。そんなブライアン君は現在失業中で生活は苦しいが、テ... [続きを読む]

受信: 2006年12月30日 (土) 19時53分

» でーと! [*ひとりだち日記*]
@1:05⇒ 携帯から投稿したんであれだったんですが、 今見てみると下の写真すごいですね。 どっかの劇団みたい。 今日はやっと『デート・ウィズ・ドリュー』見てきました。 おもしろかったー{/hiyo_en2/} ドリューは気さくで可愛いです{/hearts_pink/} 男の人も楽しい人でした。 2006年の映画もこれで見納めですね。 何本見たかなあ。途中までは手帳に書いてたんだ�... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 01時18分

» デート・ウィズ・ドリュー [HIROMIC WORLD]
2007年の1本目は「デート・ウィズ・ドリュー」 1月2日。記念すべき今年の最初 [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 23時27分

» デート・with・ドリュー~リスクを冒せ! [Osaka-cinema-cafe]
やまさん的には、昔、南野陽子、今、松下奈緒。 是非とも会いたいと憧れの女性。 普通の一般人が憧れの人に会うなんて至難の業。 もし皆さんが、1ヶ月と多少のお金を渡されたら、 実行に移しますか? こんな無謀とも思えることにチャレンジした男が いました。 ブライアン・ハーズリンガー。 映画「デート・with・ドリュー」 ブライアン・ハーズリンガー、現在27歳。 休職中で彼女なし。 この先どうしたらいいのか、人生を考えた時、 ある行動を思いついた。 こないだのクイズ... [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 04時11分

» 「デート・ウィズ・ドリュー」 [てんびんthe LIFE]
「デート・ウィズ・ドリュー」東京厚生年金会館で鑑賞 自分が出演したクイズ番組の賞金$1100を使って、期限付き30日の間にド素人の青年が女優ドリュー・バリモアにデートをしてもらおうとあらゆる手段を使ってチャレンジするドキュメンタリー。やらせのようなやらせじゃないような変なドキュメンタリー。賞金の$1100の中からビデオカメラも自分たちで購入し映しまくります。この主人公で監督のブライアン君、しゃべるしゃべる。機関銃のよう。全くとまらない。結局自分たちで自主上映するような作品をここまで持ってきてし... [続きを読む]

受信: 2007年2月20日 (火) 09時26分

» 感想/デート・ウィズ・ドリュー(試写) [APRIL FOOLS]
笑えるへんてこドキュメンタリー登場! ハリウッド女優ドリュー・バリモア好きの一般男子が、クイズ賞金の1100$を元手に、30日の期間内にドリューにデートをしてもらう、って計画。その様を自分で録っちゃったドキュメンタリー作『デート・ウィズ・ドリュー』12月16日公開。ドリュー大・大・大好きブライアン君は、リアルHWセレブリティのドリューとデートできるのか!? イロモノだなーと訝しんでたけど、オモロカッタ! デート・ウィズ・ドリュー つまるところ『電波少年』的アポナシ企画なわけ。ロクなつてもない... [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 07時58分

» デート・ウィズ・ドリュー [5125年映画の旅]
無職で平凡な男ブライアン・ハーズリンガーは、クイズ番組で賞金1100ドルを手に入れる。「このお金で一月安泰に暮らすよりも自分の夢にこのお金を賭けたい」と思い立ったブライアンは、憧れの存在ドリュー・バリモアとデートするために冒険の旅に出発する。 ドリュー...... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 07時00分

» マイ・デート・ウィズ・ドリュー [Lost in Australia]
どんな夢でも ないよりまし! この映画 説明すると とっても簡単。 映画監督になりたいものの 現在無職のブライアン。 クイズショーで得た賞金 1,100ドルを生活費に充てる代わりに 子供のときからの憧... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 18時49分

» デート・ウィズ・ドリュー/ My Date with DREW [我想一個人映画美的女人blog]
カネなし!コネなし!仕事なし{/ee_1/}ついでにカノジョなし! そんな一般人が憧れのハリウッド女優とデート{/heart_pink/}という夢を実現するべく、 あの手この手で奮闘☆ これは、そんな彼の全行動を記録したドキュメンタリー映画。 映画ファンなら1度は夢見る?好きなハリウッドスターと会うこと{/kirakira/} 会うどころか、"デートする"という夢を叶える為にTVのクイズ番組でゲットした賞金、 1100ド�... [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 09時40分

» デート・ウィズ・ドリュー [丼 BLOG]
(07年3月鑑賞)シネテリエ天神 「一生懸命って全然カッコ悪い事じゃない。そして思いつきだ... [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 06時11分

» デート・ウィズ・ドリュー [HIROMIC WORLD]
2007年の1本目は「デート・ウィズ・ドリュー」 1月2日。記念すべき今年の最初 [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 21時50分

» デート・ウィズ・ドリュー [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
30日間限定、予算はたったの$1,100.憧れのハリウッドスター“ドリュー・バリモア”とデート出来るのか?!。ハリウッドスターとデートすること。そんな壮大な夢に挑んだ“一般人”がいた――。『チャーリーズ・エンジェル フル・スロットル』などで知られるドリ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 01時00分

» デート・ウィズ・ドリュー [小部屋日記]
My Date With Drew(2005/アメリカ) 【劇場公開】 監督:ブライアン・ハーズリンガー/ジョン・ガン/ブレット・ウィン 出演:ブライアン・ハーズリンガー/ドリュー・バリモア/エリック・ロバーツ/コリー・フェルドマン 一般人がハリウッドスターにデートを申し込む!! 人生最大のチャレンジに挑む男の物語。(^∇^) ●ストーリー● お金も仕事も恋人もないブライアン(ブライアン・ハーズリンガー)は、ゲーム番組で賞�... [続きを読む]

受信: 2007年3月13日 (火) 23時38分

» デート・ウィズ・ドリュー [小部屋日記]
My Date With Drew(2005/アメリカ) 【劇場公開】 監督:ブライアン・ハーズリンガー/ジョン・ガン/ブレット・ウィン 出演:ブライアン・ハーズリンガー/ドリュー・バリモア/エリック・ロバーツ/コリー・フェルドマン 一般人がハリウッドスターにデートを申し込む!! 人生最大のチャレンジに挑む男の物語。(^∇^) ●ストーリー● お金も仕事も恋人もないブライアン(ブライアン・ハーズリンガー)は、ゲーム番組で賞�... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 12時59分

» デート・ウィズ・ドリュー [八ちゃんの日常空間]
これはドキュメンタリー映画です。決してフィクションのラブコメではありません。 誰もがあこがれる夢、スターと会えたら…。スターと恋に落ちたり…なんていう物語や映画はこれまでもありますが、これは、そんな現実味のない夢を本当に実現させてしまった青年のセルフドキ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月14日 (水) 23時16分

» デート・ウィズ・ドリュー(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
ドリューとデートしたい! という一般のパッとしない男性のデートできるかな?ドキュメント。 へー、どうやってドリューにたどり着くのかなー? ってことで観てきました。 「デート・ウィズ・ドリュー」( → 公式HP  ) 出演:ブライアン・ハーズリンガー... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 00時11分

» 【デート・ウイズ・ドリュー】 [NAO−C☆シネマ日記]
 ドリュー・バリモアとデート出来るのか??{/heartss_pink/}{/kaeru_en1/}{/heartss_pink/} 子供の頃から大好きなドリュー・バリモアとデートしたい! そんな熱血男ブライアンの汗と涙の全記録! ドキュメンタリー制作の費用はクイズ番組で得た賞金1100ドル 期間は30日(ビデオカメラの保障期間 30日以内に返せば料金が戻るらしい) 彼のおバカで無謀なチャレンジは成功するのか?... [続きを読む]

受信: 2007年3月16日 (金) 07時49分

» 「デート・ウィズ・ドリュー」 [ひらりん的映画ブログ]
タイトルが面白そうだったので、劇場公開時に観ようかな・・・ っと、一瞬迷った作品。 やっと、見る順番が回ってきました・・・。 [続きを読む]

受信: 2007年10月 5日 (金) 03時35分

» 『デート・ウィズ・ドリュー』('08初鑑賞40・WOWOW) [みはいる・BのB]
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 3月22日(土) WOWOWのSD放送を録画で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2008年5月 6日 (火) 12時53分

» 映画『デート・ウィズ・ドリュー』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:My Date with Drew 『E.T.』の子役で出演していた彼女に憧れてファンとなり、映画業界に入るも、これといった仕事も無く恋人に捨てられ、そこから一念発起なドキュメンタリー・・ ドリュー・バリモアといえば、「25年目のキス」「50回目のファースト・キス」「2番目... [続きを読む]

受信: 2008年5月 8日 (木) 00時29分

» 『デート・ウィズ・ドリュー』 2004年・アメリカ [おきらく楽天 映画生活]
『デート・ウィズ・ドリュー』を観ましたドリュー・バリモアにあこがれる普通の男が、彼女とデートするために奔走し、その過程をビデオに収めたドキュメンタリーです>>『デート・ウィズ・ドリュー』関連原題: MYDATEWITHDREWジャンル: ドキュメンタリー/コメディ上映...... [続きを読む]

受信: 2010年2月 3日 (水) 23時30分

« 「遥かなる大地へ」 トムとニコールのひとつ屋根の下 | トップページ | 本 「偽史日本伝」 »