« 「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間 | トップページ | 本 「破裂」 »

2006年12月17日 (日)

本 「図書館内乱」

有川浩さんの「図書館戦争」が好評だったようで、シリーズ化になりました。
僕が「図書館戦争」を手に取ったのは、書評等で話題になる前でした。
いつものごとく本屋を流していたら、不思議なタイトルが目に入りました。
「図書館?」
「戦争?」
意外な言葉の組み合わせで興味をひくところなどは、タイトル付けがうまいですね。

読んでみるとかなりおもしろい。
難解なミステリーと違い読みやすさはライトノベルのよう(ほめ言葉デスよ)。
その割に「何故図書館が武装組織を持つように至ったのか」など設定は、綿密に組み立てられていました。
このあたりの設定が薄っぺらいとなかなかこのような世界に入り込めないものなのですが、とてもきちんとしていました。
登場人物も魅力的。
メインは主人公郁と、その上司堂上のラブコメタッチの関係が軸になってます。
周りの人間も一癖二癖あるキャラクターで、読み終わったときは「ああ、終わってしまった」と、この登場人物と別れるのが寂しい感じがしました。

けれども。
好評により第二弾「図書館内乱」が発売。
みんな郁たちのその先が知りたかったのでしょうね。
「図書館戦争」がさきほどの二人が軸だったのですが、今回の「図書館戦争」はその周りの人々、小牧教官、郁の同期の柴崎、手塚などにスポットがあたり、よりそのキャラクターの魅力が描かれます。
小牧教官のエピソードとかふんわりと甘酸っぱくて良かったです。
もちろん、郁と堂上のやきもき関係も継続。
最後にちょっと動きもあり・・・。
次回作が待ち遠しくなりますね。

キャラクター的にも映像化向きのお話。
どこかでアニメ化など進んでいるんでしょうねえ。

図書館戦争シリーズ「図書館危機」の記事はこちら→ 図書館戦争シリーズ「図書館革命」の記事はこちら→ 図書館戦争シリーズ「別冊 図書館戦争Ⅰ」の記事はこちら→ 図書館戦争シリーズ「別冊 図書館戦争Ⅱ」の記事はこちら→ アニメ版「図書館戦争」の記事はこちら→

「図書館内乱」 有川浩著 メディアワークス ハードカバー ISBN4-8402-3562-7

|

« 「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間 | トップページ | 本 「破裂」 »

コメント

はらやんさん、こんばんは!
いつもお世話になっております。
この度はTB&コメントどうもありがとうございましたhappy01

このシリーズは人気が高いようですね~
私は少々世界観に違和感を感じてしまったのですが、シリーズを追うごとにどんどん面白くなる―と聞いたので、先も知りたくなってきました(笑)
何といってもキャラクターが魅力ですよね~
郁と堂上のその後はとっても気になります!
続編では他のキャラクターも詳しく描かれるようで、、、個人的に小牧さんが好きなので(笑)、やっぱり読まなくちゃーですね♪

投稿: 由香 | 2008年7月27日 (日) 23時56分

ミチさん、こんにちは。

有川浩さんの作品は読みやすくて一気に読めて、それでいて十分楽しませてくれますよね。
図書館隊という設定もなかなかのアイデア。
4作目で終わりとは寂しいですねー。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年10月14日 (日) 14時29分

こんにちは♪
TBありがとうございました。
引き続きシリーズ第3作も読みました。
有川浩さん、絶好調~って感じです。
第4作でシリーズが終わってしまうなんて寂しい気がします。

投稿: ミチ | 2007年10月 7日 (日) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/13100345

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「図書館内乱」:

» 読書:図書館内乱(有川浩) [駒吉の日記]
図書館内乱(有川浩) 「黙ってどっか行かないでくださいね」 武闘派ラブコメ?!『図書館戦争』より先にこっちを読んでしまったのですが、関係はなんとか理解できました。女子の方が背が高いのとデコボコ漫才コンビ風、ってなんだか「ラブコン」を思い出してしまいました。... [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 22時29分

» 「図書館内乱」 有川浩 [ミチの雑記帳]
{/book/}「図書館内乱」 有川浩 「図書館戦争」が好評だったのでシリーズ化が決定。図書館シリーズ第二弾。 前作がお好きだった方はぜひこちらも読んでいただきたいな〜と思います。 第一弾でキャラクターが確立されたので、第二弾ではその各キャラクターの小さなストーリーを集めて最後に伏線がうまく繋がっているという流れになってます。ドンパチは無かったですが、クライマックスに向かっていく流れも上手いし、相変わらずサクサク読むことが出来ました。 第一章では郁の両親が登場。図書館の特殊部隊に配属されたこと... [続きを読む]

受信: 2007年10月 7日 (日) 08時30分

» 図書館内乱 [ろーれるのブログ]
図書館内乱/有川 浩 ¥1,680 Amazon.co.jp 内容 相も変わらず図書館は四方八方敵だらけ! 山猿ヒロインの両親襲来かと思いきや小さな恋のメロディを 叩き潰さんとする無粋な良化「査問」委員会。 迎え撃... [続きを読む]

受信: 2010年2月21日 (日) 06時46分

« 「硫黄島からの手紙」 アメリカ人も日本人も、同じ人間 | トップページ | 本 「破裂」 »