« 本 「水族館狂時代 -おとなを夢中にさせる水の小宇宙-」 | トップページ | 「007 カジノ・ロワイヤル」 ホットで幼いボンド、受け入れられる? »

2006年11月26日 (日)

「魁!!クロマティ高校 THE MOVIE」 ボケキャラ全員集合!

昨日の「デスノート」に引き続き、漫画原作映画ということで(?)本日は「魁!!クロマティ高校」を観賞です。

最近、映画や小説を評価するときに「キャラ立ち」がいいなんてことを言いますが、この映画、「キャラ立ちまくり」です(もちろんいい意味で!)。
というよりストーリーはほとんど皆無、キャラクターのアクの強さで押し切ってます(当然いい意味で!!)。
ほとんど全員がボケキャラで、誰もつっこまない。
ボケキャラたちが勝手をやっていくので、当然、話はどんどんズレていくわけです。
そのズレていく流れに、身をまかせてしまうともうたまりません。
何も考えずに「もう私をこのままどこかへ連れて行って」という感じで、ある意味、カイカン。

それではクロ高をどこかへ連れて行ってしまう、ボケキャラたちのご紹介デス。
まずは一応主人公らしい神山くん役の須賀貴匡さん。
「仮面ライダー龍騎」で主役をやっていた二枚目さんですが、端正な顔なのにひたすらボケまくり。
いいことをしていると思っている勘違いクンで、どんどん話をかき回していってしまいます。
一見普通の人っぽいので、濃いキャラの連発にひいてしまいそうな初めての方でも「クロマティ高校」ワールドに入りやすい入り口となってます。
僕は原作読んでいないのですが、映画オリジナルのキャラクターということで、この設定が効いているなと思いました。
あとお気に入りはフレディ役の渡辺裕之さん。
わざわざカラーコンタクトまで入れるほどで、フレディな感じでてます(ほとんどセリフないのに)。
存在自体がおかしい。
あとはマスク・ド・竹野内の板尾創路さんも良い味でした。
この作品ではキャラクターのモノローグが多いのですが、これがやたらおもしろい。
ナンセンスな笑いに拍車をかけてる感じがします。

山口雄大監督の作品はこれが初めてだったのですが、セリフや動作に微妙な間があるんですね。
その間がなんとなくナンセンスに気づく合図というか、きっかけだったりして、僕は笑いのツボにはまりやすかったです。

後半はあのゴリとラーも出演。
高山善廣さん演じる竹野内豊をボスと呼んで連れて行ってしまいますが、これは似ているからでしょうか?
それだったら途中に出てきた松崎しげるさんの方が、ゴリに似ていたような・・・。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「水族館狂時代 -おとなを夢中にさせる水の小宇宙-」 | トップページ | 「007 カジノ・ロワイヤル」 ホットで幼いボンド、受け入れられる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/12830270

この記事へのトラックバック一覧です: 「魁!!クロマティ高校 THE MOVIE」 ボケキャラ全員集合!:

» 魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE 制作:2004年・日本 監督:山口雄大 出演:須賀貴匡、虎牙光揮、山本浩司、渡辺裕之、高山善廣、板尾創路、金子昇、ロバート、増本庄一郎、島根さだよし、武田真治、かないみか、小林清志、遠藤憲一、高知東生、坂口拓、津田寛治、阿藤快、橋本真也 あらすじ:東京都立クロマティ高校は想像を越えた悪の巣窟(そうくつ)だった。この春、1年3組に入学した神山(須賀貴匡)は、「こうなったら僕1人でもこの学校を変えてみせる」と誓うが……。 ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月17日 (日) 00時37分

« 本 「水族館狂時代 -おとなを夢中にさせる水の小宇宙-」 | トップページ | 「007 カジノ・ロワイヤル」 ホットで幼いボンド、受け入れられる? »