« 本 「邪魅の雫」 | トップページ | 本 「水族館狂時代 -おとなを夢中にさせる水の小宇宙-」 »

2006年11月25日 (土)

「デスノート the Last name」 大きな力は人を狂わす

客入りがいいのか、ずっと混んでいたため敬遠していたのですが、やっと観てきました。
映画化されると聞いた時から心配していたのはキャスティング。
原作の大ファンだったので、イメージが違うとやだなと思っていました。
しかし<前編>を観たときにその心配は払拭されました。
月もLも、なかなかいいキャスティングだったと思います。
Lの松山ケンイチさんいいですね。
目のクマの具合とか、けだるい感じとか。
セリフ回しのリズムが特徴的で、普通の人とちょっと違うLの雰囲気がでていたと思います。
なかでも藤原竜也さんは月のイメージぴったりでした。
正義感が強く、知能明晰でクールだが、人を人と思わない冷酷さがある月のキャラクターにこれ以上ないほど合っていると思います。
藤原さんは一年ほど前にテレビドラマ「古畑任三郎」スペシャルに出演していましたが、そちらも自分勝手で冷酷な若い犯人役でした。

原作漫画はかなりの長編。
原作は物語の途中で探偵役が入れ替わるという大波乱の展開なので、映画ではどうまとめてくるかと思っていましたが、上手にコンパクトに構成されていたと思います。
(原作はL二代目のあたりから無理矢理話を長引かせている感じもしました)
第二のキラがでてきたり、ノートが二つ出てきたりすると、トリックや仕掛けが複雑になり、原作ではわかりにくくなってしまうのですが、さすが映画、映像で見せてくれるので理解しやすかったかと思います。
原作のL二代目が月に仕掛けたトリップをうまくとりいれてました。
原作とは違う結末という触れ込みでしたが、Lの身を挺した作戦のところはなかなかハラハラさせられました。

ここまでが映画の感想なのですが、ここからは映画を観ていて考えたこと。
前の記事で京極夏彦さんの「邪魅の雫」のレビューを書いていますけれども、「デスノート」を観ていて、この小説と共通点があるなと思いました。

「邪魅の雫」を読んだ居ない方もいらっしゃると思うので、ちょっと解説を(これから読む!という方はネタバレになってしまうかもしれません)。
「邪魅の雫」では「しずく」と言われる毒薬が凶器に使われます。
これは青酸化合物の一種ですが、呑ませなくても相手に一雫垂らすだけで死に至らしめることができるものです(もちろんフィクション)。
そのためその「しずく」は相手にけどられることなく、暴力をふるうこともなく、ただ垂らすだけで相手を殺すことができる凶器となります。
ある意味これはナイフや拳銃よりも恐ろしい。
なぜならば、あまりに簡単に人を殺すことができるから。
ナイフでも拳銃でも、手に入れるのには何かしらの危険性があるし、人を殺すにはそれなりのテクニックがいるでしょう。
しかし「しずく」にはその行為を行うためにリスクはほとんど伴わない。
簡単に殺せてしまうのです。
そうすると人の生命の重さはおそろしく軽くなってしまう。
「邪魅の雫」では、「しずく」が人から人へ渡り、その度ごとに邪に魅入られたようにそれを使い殺人が起こっていくのです。

「デスノート」と似ていませんか?
「デスノート」も書くだけで人を殺せてしまう。
あまりに簡単に。
ノートは自分は正義だと信じてしまった人の手を渡り、制裁・浄化という名分のもとに殺人を引き起こす。
Lが「デスノート」は史上最悪の殺人兵器だと言います。
簡単でかつ、強力無比な殺人兵器。
Lにそのことを指摘されるまで、もしかすると死ぬまで月は「デスノート」を人を殺す道具とはとらえておらず、何か偉大な力だと思っていたのでしょう。
そしてそれは自分の力とイコールだと。
世界を変える力を自分は持っていると。
しかしそれは父親が言うように、独りよがりの正義でしかない。
持ち物がいかに高性能であろうと、それはそれを持つ人の力とは何も関係がない。
人殺しの高性能兵器である「デスノート」の力を、自分の力と同一視してしまったことが、月の間違いだったのでしょう。

大きな力は人を狂わす。

「DEATH NOTE デスノート <前編>」の記事はこちら→ 「デスノート」のスピンオフ作品「L change the WorLd」の記事はこちら→ 松山ケンイチさん出演「神童」の記事はこちら→

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「邪魅の雫」 | トップページ | 本 「水族館狂時代 -おとなを夢中にさせる水の小宇宙-」 »

コメント

タウムさん、こんばんは。
TB&コメントありがとうございます。

原作もおもしろいので、是非読んでみてください。
(後半ちょっと余計なところもありますけれども・・・)

投稿: はらやん(管理人) | 2007年11月 3日 (土) 20時52分

TBさせていただきました。

原作もよんでみようと思います。

投稿: タウム | 2007年11月 2日 (金) 15時56分

ひめさん、おはようございます!

僕は原作大ファンだったのですが、映画の出来も満足がいくものでした。
この後半ではLの活躍が見事でした。
僕はどちらかというとLの方が好きだったので。
原作も是非読んでみてください!

投稿: はらやん(管理人) | 2007年5月 3日 (木) 06時07分

おはようございます。
昨日TBしたんですけど、スパイダーマンとごっちゃになってました。
ごめんなさい。

投稿: ひめ | 2007年5月 2日 (水) 06時47分

きららさん>

原作は後半はだれ気味でしたよね。
映画の後編は、エッセンスを抜き出して上手にまとめたなーと感心しました。
僕は漫画ではL好きだったので、彼の最後はえーっという感じでしたが、映画の活躍は満足できました。
スピンアウト企画も始動したようですので、期待は膨らみます!

投稿: はらやん(管理人) | 2007年2月14日 (水) 22時40分

こちらにも。

原作、すっごく面白かったけど後半になってからの展開についていけませんでした、、、
そのあたりを映画はきれいにまとめてくれて
すっごく満足☆

投稿: きらら | 2007年2月13日 (火) 06時56分

rainさん、こんにちは。

僕も原作は二部に入ってからは冗長な感じがしてあまり好きではありませんでした。
映画は原作のエッセンスのみを取り出してうまくまとめていたように感じました。
L役の松山さんは前編よりもよりLらしくなっていましたね。
Lのスピンアウト楽しみです!

投稿: はらやん(管理人) | 2007年2月10日 (土) 12時59分

はらやんさん、こんばんは。

原作でのLの最後を知っているのでどうなるのかと思っていましたが意外な結末に満足。松山ケンイチのL嵌っていましたね。
私も原作は二部に突入した時無理に引き伸ばしているように思えて仕方がなかったのですが、そうした二部の‘良い所’を取って上手く新たなデスノートの世界を作り上げたのは見事だなと思いました。


月は自分が殺人をしていると言う感覚がなくなりただ自身の‘正義’の為に‘削除’しているという誤った方向に進んでいく。仰るように大きな力は人を狂わす。そして破滅させると言う事なのでしょうね。

投稿: rain | 2007年2月 9日 (金) 02時40分

あかん隊さん>

僕も原作好きなのですが、映画はよくあれだけのボリュームをまとめあげたと思いました。
原作の後半はやや話がダレ気味で好きではないのですが、そのあたりのエッセンスを上手に集約しています。
またLのキャラがどんどん良くなっていきましたね。
最後はなかなか・・・。
「邪魅の雫」は全然これとは違う話なので、楽しめると思います。
(ちょっとネタバレ気味だったですね、すみません)
通じるものはあるかなと僕は感じました。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年12月10日 (日) 06時41分

はらやんさん、こんばんは。TBをありがとうございます!
「邪魅の雫」、入手してしばらく経つのに未読でした。でも…、はらやんさんの記事、読んじゃった(爆)。これをきっかけに読みます。
> 大きな力は人を狂わす
説得力のある言葉ですね。この映画、前編で物足りなかった分、後編ではすっかり取り返しましたねぇ。

投稿: あかん隊 | 2006年12月10日 (日) 00時48分

ミチさん>

>不完全な人間がなんとか努力して努力して少しでも理想とする世界>を目指していかなきゃ。
その通りですよね。
月はデスノートの力を自分の力だと思い、自分が完全な人間だと思ってしまったことが狂気へのはじまりだったのでしょうね。
自分が不完全であることを自覚するということが謙虚さにつながり、他人を尊重することになるのだと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年12月 9日 (土) 23時31分

こんにちは♪
「大きな力は人を狂わす」
そのとおりですよね。
デスノートが欲しい!と冗談交じりで感想を書いていらっしゃる方がたくさんいらっしゃったのも、ちょっと驚きでした。

投稿: ミチ | 2006年12月 9日 (土) 22時56分

Bohさん>

僕も原作が大好きで映画化は不安と期待が半分半分でした。
結果としてはほんとに上手にまとめていると思います。
あと、Bohさんも書いていらっしゃるようにキャスティングがよかったと思います。
Lのスピンオフをやるんですかー。
期待してしまいます。
また金子監督なのかな?

投稿: はらやん(管理人) | 2006年12月 9日 (土) 17時27分

TB有り難うございました。
こちらからも貼らせていただこうと思ったのですが、相変わらずNiftyのサーバーは調子が悪いらしく貼ることができませんでしたので、こちらにコメントを残させて頂きます。
映画はスゴイ人気ですね。特にLが評判がいいようで、来年L主演のスピンオフ決定だそうです。そっちも見たいですね。

投稿: Boh | 2006年12月 8日 (金) 00時13分

とんちゃんさん>

ずっと混んでいましたが、そろそろ落ち着いてきたのでしょうか。
僕が行ってきた回も映画に来慣れてない中学生たちがわんさかいて、閉口してしまいました。
映画自体はとても良かったです。
長い原作をよくここまでまとめましたと感心してしまいました。
月もLも個人的にはナイスなキャスティングだと思いました。
原作の漫画もおすすめですので、ぜひ!

投稿: はらやん(管理人) | 2006年12月 3日 (日) 17時17分

たいむさん>

映画「デスノート」は長い原作をよくぞまとめあげたという感じがしました。
キャラクターの整理の仕方が上手でしたね。
主演のお二人もますます役になじんでいい感じでした。
「邪魅の雫」は、ちょうど映画観る前に読了したので、自分の中でリンクしてしまいました。
人を傷つけるとき、毒もノートもまったく自分はリスクを負わないんですよね。
映画でも「究極の殺人兵器」と言っていましたが、そのとおり恐ろしいモノです。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年12月 2日 (土) 14時34分

(^o^)コ(^-^)ン(^0^)バ(^-^)ン(^0^)ハ
私も公開になってから、少し間を置いてから観ました^^
はやる気持ちを抑えながら・・・(笑)
うちの田舎は普段いつも空いてるので、混んでいると圧迫感
感じちゃって(⌒▽⌒)アハハ!

原作は読んでないけど、実写版であそこまで面白くできるのも
月やLの演技力があると思いますよね~~。

投稿: とんちゃん | 2006年11月28日 (火) 17時46分

Agehaさん>

前編は月が主役な感じがしましたが、今回はやはりLでしたね。
ラストのLの覚悟にはしびれました。
原作よりも良かったかも。
感情をあまり表さず飄々としていますが、最後に月の父親にちょっと感情らしいところをみせたところが切なかったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年11月26日 (日) 21時46分

よしなしごとさん>

藤原竜也さんはこういう役ハマりますよね。
確かに「勝った」は鳥肌ものでした。
長い原作を前編・後編に分けたとはいえ、よくまとめあげたと思います。
後編は2時間半もあったんですねー。
それほど長く感じませんでした。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年11月26日 (日) 18時53分

TBどうもです。
『邪魅の雫』ですかぁ。
私は、『邪魅の雫』の毒の動きからは、赤川次郎の『毒(ポイズン)』を彷彿しましたw
なるほど、そういわれてみれば、デスノートもそんな感じではありますね。思いつきもしませんでした。

投稿: たいむ | 2006年11月26日 (日) 17時58分

TBがはいりませんでした。残念です・・・。
最近ブログの調子が悪いもので。

人の世は人の力でなんとかするもんで
そんな人間の力を超えたもんが手に入っても
それはライトのような天才をもってしても
結局は使いこなせなかった・・ってとこでしょうか。

その反面で人もすてたもんじゃないよと
そのへんをエルによって見られるとは思いませんでしたね。
彼をあんなふうに変えた夜神のお父さんとともに。
まだこういう人らがいる限り
正義は死なないって思えました。

投稿: Ageha | 2006年11月26日 (日) 00時02分

TBありがとうございます。

> 大きな力は人を狂わす
スパイダーマンのおじさんの言葉「大いなる力には、大きな責任が伴う」を思い出す言葉ですね。


投稿: よしなしごと | 2006年11月25日 (土) 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/12817587

この記事へのトラックバック一覧です: 「デスノート the Last name」 大きな力は人を狂わす:

» Death Note-The Last Name [Ego trip]
デスノート観てきました。 僕は、原作を読んでいないので、まったくの初心者で観てき [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 18時06分

» 「デスノート the Last name」見てきました [よしなしごと]
  もう少し空いてから見に行こうかと思っていたのですが、犬を散歩していたら小学生が「デスノートのあの砂になっちゃう死に神の子供名前なんだっけ?」って話をしていて、えっ?リュークやもう1人の死神の他に、子供の死神もいるの?えっ?!?!って思って、デスノート the Last nameを見に行くことにしました。... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 19時59分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [Kinetic Vision]
月(藤原竜也)とL(松山ケンイチ)。犯罪のない世界を望むという点では一致しているはずなのに、犯罪者と探偵という立場で対決することになる。もちろん、決定的に異なるのは、犯罪を抑止する手段としてデスノートを使うこと... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 21時47分

» 「 デスノート/theLastname(2006) 」 [MoonDreamWorks]
監督 : 金子修介出演 : 藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さくら/津川雅彦原作 : 『DEATHNOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)公式HP  || 「 デスノート/theLastname(2006) 」ラストは誰も知らない結末が・・・   Story...... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 22時40分

» 『DEATH NOTE デスノート the Last name』 [sweet* Days ]
CAST:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香 他 STORY:死神リュークのデスノートを手にし、密かに犯罪者などを死に追いやっていた夜神月(藤原竜也)。世間ではそれが「キラ」がやった事として騒然となっていた。そんなある日、アイドルあまねミサ(戸田恵梨香)の手にもう一冊のノートが渡る・・・ 前編を見たので結末を見なあかん・・・って事で見てきました。 昨晩の睡眠時間短くて、ちょっと眠かったんですけど・・(苦) で、引き続き月とLの頭脳戦はなかなか面白かったです。 デスノートのルールを上... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 23時33分

» ★DEATHNOTE デスノート theLastname(2006)★ [CinemaCollection]
2冊のデスノート。衝撃は増殖する。メディア映画上映時間140分製作国日本公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2006/11/03ジャンルサスペンス/ホラー/犯罪【解説】話題の同名コミックを藤原竜也主演で映画化した2部作の後編。「前編」公開からわずか4ヵ月あまりとい...... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 23時35分

» DEATH NOTE the Last name(06・日) [no movie no life]
原作の漫画ともラストが違うと言うことで「11.3 誰も知らない結末へ」。 混雑がいやなので公開初日にはめったに行かない私です。 しかしこの映画、「観たい」という欲には勝てず・・・キャッチコピーの言われるがままに11月3日に行ってきました「デスノート後編」。原作は読... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 00時34分

» 「デスノート the Last name」 [てんびんthe LIFE]
「デスノート the Last name」丸の内プラゼールで鑑賞 銀座シネマカードのポイントがたまったので無料鑑賞。 この後編の公開に先立ち早くも地上波でTV放映されていましたが、じっと座ってみていられないのでほとんど見逃しました。デスノートに名前を書き込まれると死んでしまう。そこだけ理解していればこの先続くストーリーもOKかと思っていたので、そこまでのストーリーを思い出しながらみていました。アニメの実写なんだから何でもありだし、突っ込むこともないしただ楽しめばいいわけで、とっても気楽に楽し... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 09時54分

» 「デスノート the Last name」 [てんびんthe LIFE]
「デスノート the Last name」丸の内プラゼールで鑑賞 銀座シネマカードのポイントがたまったので無料鑑賞。 この後編の公開に先立ち早くも地上波でTV放映されていましたが、じっと座ってみていられないのでほとんど見逃しました。デスノートに名前を書き込まれると死んでしまう。そこだけ理解していればこの先続くストーリーもOKかと思っていたので、そこまでのストーリーを思い出しながらみていました。アニメの実写なんだから何でもありだし、突っ込むこともないしただ楽しめばいいわけで、とっても気楽に楽し... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 09時55分

» DEATH NOTE -デスノート- the Last name [Akira's VOICE]
俳優陣の演技と,仕掛けられた巧みなトリックが, 時間の長さを打ち消し,映画として満足の完成度。 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 12時35分

» デスノート(後編)/the Last name [まじめにふまじめ★]
観終わった後に板チョコが食いたくなる映画。(^^ゞ そんなわけで、この映画を観る [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 13時25分

» 「DEATH NOTE デスノート(前編/後編the last name)」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「DEATH NOTE デスノート」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *DEATH NOTE (前編) *DEATH NOTE the last name (後編) *出演・声優:夜神月:藤原竜也、松山ケンイチ、中村獅童、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、戸田恵梨香、藤村俊二、鹿賀丈史、青山..... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 13時57分

» DEATH NOTE デスノート the Last name (2006) 140分 [極私的映画論+α]
 映画ではどういった終わり方がするかが、メチャ興味があったんだけど・・・って、この原作の読者はみんなそうだよね(笑) [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 16時04分

» 「DEATH NOTE デスノート the Last name」☆☆☆☆☆ [Thanksgiving Day]
映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」を観に行ってきました!! いや〜予想通り、かなり面白かったですよ! 前編は映画館で観ていなかたので、最初はあんまり興味なかったんですけど、この前テレビで前編を観て見事にハマッテしまったというパターンですね。 ....... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 16時25分

» デスノート the Last name [パフィンの生態]
新しいデスノートが登場し、新たなルールも明かされるため、 CPO捜査官Lとデスノートの所有者月(ライト)との頭脳対決の緊張感は 前作より増しており、小学生から大人まで楽しめる{/kaeru_fine/} エリート大学生、夜神月(ライト)=藤原竜也 月の父、刑事局長、夜神総一郎=鹿賀丈志 CPO捜査官、Lまたは竜崎=松山ケンイチ この3人の配役が絶妙だったと感じた♪ 特に父と息子の会話に納得し、Lが見せ�... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 16時56分

» デスノート the Last name [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆ 公開日:2006年11月3日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:金子修介 出演:藤原竜也,松山ケンイチ,戸田恵梨香 鑑賞日:2006年11月3日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 死神が地上に落とした“デスノート”...... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 17時51分

» 「DEATH NOTE(後編)-the Last name」みた。 [たいむのひとりごと]
腰が痛くなるほどの大作にして、なんとか辻褄を合わせてくれました!(長かった~)原作を知らずに観た前編。「なんだこれは!」と衝撃を受けた。そのおかげで後編を待ちきれずに速攻で原作を読破してしまった私。原作を読んだ後で再び観た先日の前編。知識... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 17時53分

» 映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 [いもロックフェスティバル]
映画『DEATH NOTE デスノート the Last name』を観に行っ [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 18時53分

» デスノート the Last name [Lovely Cinema]
2006/日本 監督:金子修介    藤原竜也(夜神 月)    松山ケンイチ(L/竜崎)    戸田恵梨香(弥海砂)    藤村俊二(ワタリ)    加賀丈史(夜神総一郎)    etc・・・ 久しぶりにチケット売り場は長蛇の列でしたよー! カウンターの前に立ったら・・・ デスノート、デスノートと左右からこだましていました〜。 以下、ネタバレ感想... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 19時41分

» 『デスノート the Last name』・劇場 [しましまシネマライフ!]
今日は『デスノート the Last name』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★★》 話 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 19時50分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★★        (★×10=満点)  監  督:金子修介 キャスト:藤原竜也       松山ケンイチ       戸田恵梨香       片瀬那奈       マギー       上原さくら 、他 ■ストーリー■ 「D... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 20時13分

» デスノート the Last name [5125年映画の旅]
名前を書かれた人間の命を奪う死神のノート。それを使って犯罪者を次々に裁き、理想の新世界を築き上げようとする青年・夜神月。そして、彼を捕らえるべく送り込まれた謎の名探偵・L。二人の天才の直接対決が始まったとき、2冊目の死神のノートが舞い降りる。 大人気コ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時33分

» 『デスノート the Last name』 [映画館で観ましょ♪]
夜神 月に扮する藤原竜也くんももちろん良いのですが、 愛のある死神レム(声=池畑慎之介さん)も気になる存在ではありましたが、 でも、 やはり、 私の『デスノート』の一番は彼です! 【L】になりきっ... [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 23時44分

» デスノートtheLastname [Good job M]
公開日 2006/11/3監督:金子修介 「デスノート 前編」、「あずみ2」出演:藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/上原さくら/藤村俊二/鹿賀丈史 他【あらすじ】死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。刑事...... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 02時10分

» デスノート the Last name/DEATH NOTE the Last name [我想一個人映画美的女人blog]
もともとのストーリーが面白いからね〜{/hearts_red/} 「誰も知らない結末」とは何なのか?? 一体、どう原作と変えているのか?? というのがやっぱり気になって、、、、。 「名前を書かれた人は死ぬ」ノートを巡ってLと月(ライト)、正義はどちらなのか。 コミックは全12巻。 映画版はこの "the Last name"で全て完結するわけだけど、 この複雑で長い話をよく纏めたなぁ☆という印象{/kira... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 02時17分

» DEATHNOTE 〜theLastname〜<ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
前編をこないだ TVで観たばっかりなんで頭に入ってるし直ぐに続きが観れてラッキーなワタクシです前編は大まかなストーリーを知っていたのだが 後編は全くの未知で原作コミックは読んでないし ホンマにドキドキの展開でどうなるんやろ どうなるんやろ って 最後ま...... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 06時04分

» 〈映画〉DEATH NOTE(後編)the Last name [Crescent Moon]
 The last name is… 最後に名前を書かれるのは誰だ? そして、L甘味処(?/笑)の行く末は――!? ■あらすじ 死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。 刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使....... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 12時29分

» デスノート the Last name/藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香 [カノンな日々]
私の好みから言えば別に初日に観なくてもいい作品でした、2週間前までは。私の髪を切ってくれてる美容師さんがコミック全巻持ってるというので読み始めたら見事にハマッてしまい早く映画を観たいぞモードになってしまいました。(笑) それにしても、小中学生がウジャウジ....... [続きを読む]

受信: 2006年11月27日 (月) 22時07分

» デスノート the Last name・・・・・評価額1400円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
六月に公開された「デスノート 前編」の続き。 前編は、原作の面白さに頼りきりの展開で、正直あまり芳しい印象ではなかった。 この後編も大して期待はしていなかったが、結論から言うと、前編よりも数段面白い。 野... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 01時04分

» DEATHNOTE 後編 [とんとん亭]
「DEATHNOTE/デスノート the last name」 2006年 日 ★★★★ 前編がかなりヒットしたらしく、映画館もうちの田舎にしては長く上映して いたにもかかわらず、私はあまり観たいと思ってませんでした。 余り好きな雰囲気ではなかったので^^ ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 17時39分

» DEAT NOTE the Last name 06年228本目 [猫姫じゃ]
DEAT NOTE デスノート the Last name 2006年   金子修介 監督   藤原竜也 、松山ケンイチ 、戸田恵梨香 、片瀬那奈 、マギー 、上原さくら 、藤村俊二 、鹿賀丈史 、中村獅童、池畑慎之介 日テレの陰謀に、まんまと乗せられてしまいました、、、オープ....... [続きを読む]

受信: 2006年11月28日 (火) 17時56分

» デスノート the Last name [UkiUkiれいんぼーデイ]
「キラは正義なんだ!わかってくれよ父さん!」 『デスノート 前編』を観て、是非『後編』もと待っていた映画でした。 先日はさっそくテレビで『前編』の放映もしちゃって、この映画に賭ける「日テレ」の気合の入り方がかなりのもと想像できました。 あのTV放映が効いたのか、原作のチカラか、前作の効果か、とにかく久々に見た劇場満席状態に驚きました! 中高生も多かったですが、かなり年配の方もチラホラと。 2時間30分近くある上映時間に耐え切れず、トイレに駆け込む人も多かった! 率直な... [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 14時16分

» デスノート The Last Name [映画とはずがたり]
すでに完結した原作コミックとは異なる、 衝撃の結末が用意された映画版の続編。 “死のノート”を操る天才殺人者・キラこと夜神月と、 圧倒的な推理力で彼を追いつめるL。 ついに対面した2人の天才の頭脳戦が始まる! STORY:死神が地上に落とした“デスノート”を...... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 00時37分

» DEATH NOTE デスノート The Last name [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
ひょっとこ。アイドル好き。糖尿の合併症が死因なのが一番自然な死因かと...。 竜崎のおちゃめ度がイイ [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 19時11分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [ネタバレ映画館]
 最後に書かれた名前は?!寿限無・・・だったら大変だ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 23時27分

» 映画「DEATH NOTE the Last name」  [FREE TIME]
注目の映画「DEATH NOTE the Last name」を公開初日の3日に早速観に行ってきましたよ♪ やはり注目の映画だけあって多くのお客さんが詰め掛けていました(笑) [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 00時04分

» デスノート(後編) [skywave blog]
前編にもまして、ストーリー展開に捻りがあり、飽きさせません。Lとライトの闘いに、第2のキラが登場。最後はどうなるのか、予想がつかなかったのですが、落ち着いた結末で締め [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 09時25分

» 「デスノート the Last name 」 [しんのすけの イッツマイライフ]
  本日見てまいりました。   「デスノート the Last name 」     ――誰も知らない結末へ。――   原作ファン向けの宣伝文句でしたが、 コアなファンの方々にはどう映ったのでしょうね?   私は高いレベルで満足できました。   「前編の感想はこち...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 10時15分

» デスノート(後編) [いろいろと]
誰が死に、誰が生き残るのか。 週間少年ジャンプに連載されていたのを映画化 コミッ [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 10時35分

» DEATH NOTE the Last name [Nobody knows]
「プラダを着た悪魔」のあと、続いて「DEATH NOTE」(デス・ノート)も観てしまった。 なんだか、エルを演じる松山ケンイチが気になっている。あの独特の風貌。メイクでかなり変わるんだろうなと思うが、前編を見てから気になって仕方がない。 日本映画はコミックのリメイク版だと、どうしても現実味がなくなってしまうが、もともとこの手のストーリーに現実味を求める方がどうかしているだろうか。 あり得ないし、・・・あり得ない。それは頭で分かっていて、やはり序盤ライトの恋人の葬式シーンでしらけた感じを持ってし... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 11時18分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [ちわわぱらだいす]
行ってきました~初日朝一番~#63733; 瑠璃姫と一緒に見てきました。 この映画館では初めて見る満席の張り紙。。。すごい列が出来てました。 予約してて良かったわ~ いや~よかったよ~。 原作も知らないけど、最後まで誰が生き残るのか・・・ 帰ってからまだ見てない..... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 12時49分

» デスノート the Last name(評価:◎) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】金子修介 【出演】藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/マギー/上原さくら/中村獅童/池畑慎之介/藤村俊二/鹿賀丈史/他 【公開日】2006/11.3 【製作】日本 【ストーリー】 『そのノートに名前を書か... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 18時50分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [たにぐちまさひろWEBLOG]
“ライト君の天才的推理力のことは聞いています。” “エルにそう言われても皮肉にしか聞こえないな。” 藤原竜也&松山ケンイチ主演の“DEATH NOTE デスノート the Last name ”を観てきました。    ※“DEATH NOTE デスノート 前編”の感想はこちら キラと名乗る正体不明の人物が、犯罪者たちを次々と処罰していく中で、ICPOのエルは、警視庁幹部夜神総一郎の息子、月(ライト)が、キラではないかという疑念を深めていく。 その頃、2つめのデスノートを手に入れ... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 19時18分

» 「DEATH NOTE -the Last name-」 [ANQ Ritzberry Fields]
今回は前編以上に予想を上回る出来だった。原作のヨツバ編と第2部を上手い事、ミックスするなど、あの時間枠でよくまとめたと思うし、最後のサプライズもいい感じで、スーパー仕事人・ジェバンニが一晩でやってくれた神の所業による釈然としない原作よりも納得のいく決着の...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 20時44分

» [Review] デスノート 後編 -the Last name- [Diary of Cyber]
『デスノート 前編』は、言わばプロローグ。 死神が落としたデスノートとは何なのか。それを操る主人公でありキラでもある夜神月は、どんな人物なのか。 キラとして一切表に出ず、犯罪者達を粛清し続ける裏で、最後の切り札としてキラを探し出す名探偵・L。その動きを見透かすかのように犯罪者達を次々に裁き、「自分をキラだと疑う」余地すら与えないように、Lに近づき、葬ろうとするキラ。 ゆっくりと、しかし確実に対決の時は迫っている。 そして『デスノートthe Last name』では、ついに二人... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 21時30分

» 劇場『デスノート the Last name』 [映画ダイエット]
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、マギー、上原さくら、中村獅童、池端慎之介、藤村俊二、鹿賀丈史、他 前編観てないと完全に置いてけぼり。んでもこないだTVでもやってたし、記憶力がおぼつかないオコチャマのみなさまもそこそこついて..... [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 21時58分

» ★「DEATH NOTE デスノート the Last name」 [ひらりん的映画ブログ]
2006.11.3の公開初日のナイトショウ(0:30〜)で鑑賞。 今週は金曜が祭日なので、この日が初日が多いね。 そして、祭日にはオールナイトをやってくれるTOHOシネマズ川崎で鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 3日 (日) 23時30分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
楽しみにしておりました。 他の映画も見たくなくなるほどに。 誰も知らない結末・・・・・。 いやぁー、面白かった!! [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 00時19分

» DEATH NOTE the Last name [day to day]
※前作のネタバレ隠さず書いてます。 ※未鑑賞の方はご注意下さい。 前作に引き続きやっぱり見に行ってしまいました。映画公開前に(ついでにアニメ放映も前)小畑逮捕とか、撮影監督の訃報とかあってどうなることかと思ったんですが、延期もされずちゃんと公開されて良かったです。今回も原作と違ってはいるけれど結構上出来。ただ前作で意外とよかった、と思ったオリジナルキャスト(彼女)が尾を引いてる。彼女が亡くなったばかりなのにミサが彼女として登場するのは正直周りから心象悪いんじゃないかと思うんだけど。もうちょっと傷... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 02時02分

» 『DEATH NOTE the Last name』 [唐揚げ大好き!]
? ? 『DEATH NOTE? the Last name』 ? 誰が死に、誰が生き残るのか。 ? サブタイトルにあるようにthe Last nameですからね、最後に名前を書かれるのは誰か? これがこの映画の見どころです。 面白かったですよ、話題作という期待を裏切らない映画でした。 前作は面... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 02時10分

» 劇場鑑賞「DEATHNOTEtheLastname」 [日々“是”精進!]
「DEATHNOTEtheLastname」を鑑賞してきました人気コミックを映画化した後編。名前を書かれた人間が死ぬノートを巡る、2人の天才の息詰まる頭脳戦に決着がつく!死神レムの声で池畑慎之介、原作とは異なる設定のキャスター高田清美役で片瀬那奈、映画オリジナルのキャラで...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 05時22分

» the Last name [type C]
監督: 金子修介原作: 大場つぐみ、小畑健脚本: 大石哲也出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香 etc... [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 17時45分

» 映画「DEATH NOTE the Last name」  [FREE TIME]
注目の映画「DEATH NOTE the Last name」を公開初日の3日に早速観に行ってきましたよ♪ やはり注目の映画だけあって多くのお客さんが詰め掛けていました(笑) [続きを読む]

受信: 2006年12月 4日 (月) 23時16分

» デスノート the Last name [森の中の一本の木]
デスノート the Last name - goo 映画   早く観たくてたまらなかった「デスノート」11月15日、レイトショウの時間帯に観に行った。いつもは家で、うつらうつらしてしまう時間帯なので、眠くなってしまったらどうしようと思っていた。 眠くなるなんてとんでもなかった。ストーリーが終盤に向かうほど、私は微動だにもしないで、じっと画面を食い入るように観るようになっていた。 終了した時、私は涙ぼろぼろで... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 08時33分

» DEATH NOTE-デス・ノート-the Last name☆独り言 [黒猫のうたた寝]
公開当日・・・すっごく混んでいて^^;さすがというかんで、見送り~決定!!!そして観に出かけたのは・・・水曜レディースディの夕方満席ではないものの、ほぼそれに近い状況結構小学生とか来てるのよね~・・・でなんとなくビックリ(ぉぃぉぃ)『DEATH NOTE-デス・ノート-th...... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 09時48分

» デスノート 舞台挨拶に行って来ました@池袋CS [ぴよ吉の日々]
[続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 17時54分

» 映画「DEATH NOTE デスノート the Last name」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「DEATH NOTE デスノート the Last name」 大人気コミックの映画化第2作。 第一作のラストから続くような始まり方、そしてデスノートにまつわる決まり事を“How to use it”として説明してくれるのでとても親切な導入部分だった。 人物紹介、ノートの使い方の説明に終始していた前編にくらべて、後編はいよいよ月(ライト、藤原竜也)とL(エル、松山ケンイチ)の頭脳戦、心理戦が見所になる。 直接... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 22時54分

» 『デスノート the Last name』 (初鑑賞106本目・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 11月3日(金・文化の日) 109シネマズHAT神戸シアター9にて 13:10の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 23時56分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [SSKS*]
オフィシャルサイト 2006日本 監督:金子修介 出演:藤原竜也/松山ケンイチ/戸田恵梨香/片瀬那奈/鹿賀丈史 ストーリー:死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月(藤原竜也)だった。刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使って凶悪犯を粛清し、自らの手で理想の世界を創りあげようと決意する。人々の間でささやかれ始めた救世主「キラ」の存在。一方、一連の「キラ事件」を解明するためにICPO(インターポール)が送りこんできたもうひとりの天才... [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 23時56分

» デスノート-The Last name(20061104) [cococo]
おもしろいお話になっていました。松山ケンイチくんが、藤原くんより目立ってる?  [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 00時58分

» DEATH NOTE the Last name [OmuhaCinema]
デスノートを手にしたものにはある能力をデスノートの持ち主である死神と契約を結ぶことで手に入れることができる。 それは“死神の目”。 死神の目を持ったものは寿命を半分ささげることで死神が持つ人の顔を見るだけでその人の名前を見ることができるという能力。 第二のキラが参上、そしてそのキラこそ“死神の目”を持つものである。 キラとは、デスノートを手にし、他人の死を自由に操ることのできるものを指す。 すなわち生ける死神、言い換えれば人間界の死神とでも言えようか。 デスノートの力、ただ人の名前を書くだけな... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 14時54分

» DEATH NOTE 後編 the Last name(頭脳戦の末にみた正義の裁き) [オールマイティにコメンテート]
「DEATH NOTE 後編 the Last name」は漫画デスノートを映画化した作品で6月に前編が公開され、その後編となる。前編では月に完敗したLが後編では大どんでん返しの反撃に転じる。 [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 17時42分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [カフェ☆小悪魔]
2冊のデスノート。衝撃は増殖する。◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆涙は流れませんが、パーラー状態のLの部屋を見ていると危うくヨダレが流れそうになります。          パーラーLへようこそ今回は和菓子もたっくさん出てきます。ガムシロ飲みますみずあめ、そのままいっちゃいますおひょいさんの顔、笑えます。「何個ついとんねん!」と突っ込みたくなる串団子を、これまた「一輪挿しか!?」ヾ(-д-;)と確認したくなるよう... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 18時06分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [future world]
前編を観て、その後コミック全12巻を読破、こうなれば当然この「後編」は観ずにはいられない。 気になるのは、この後編を一体どこで終わらせるのか・・・どう考えてもやっぱりアソコ?怒涛の7巻目あたりか・・・時間的にもきっと奴らは出てこないだろうし。。。 どう....... [続きを読む]

受信: 2006年12月10日 (日) 23時00分

» 『デスノート the Last name』in神戸 [☆えみたんの日記帳☆]
先週末に神戸で映画を観に・・・・♪♪ ずっと観たくてたまらなかったあの 「デスノート the Last name」を観たよぉ~~ヽ(^◇^*)/#63903; ストーリー 退屈な死神がもたらした一冊のノートの力で、次々と犯罪者の命を奪う“キラ”こと夜神月。 彼を捕まえるため来日し..... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 05時29分

» デスノート the Last name [勝弘ブログ]
映画 デスノート 後編前回の感想はこちら見てきました。さすがに金曜ロードショー効果ってところでしょうか?17:40の回を見たのですがそれなりの人の入りでした。高校生がいっぱいなのが印象的。前編より人が多かったよ... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 19時33分

» 松山ケンイチ情報 [デスノート出演「松山ケンイチ」情報]
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。毎日を常にエンジョイ!を心がけているtenpersonと申します。記事にデスノートに関する事が書かれていたのでトラックバックさせて頂きました。デスノートに出演している松山ケンイチについて書いたブログです。ご迷惑な場合は、お手数をおかけ致しますが、削除してもらってかまいませんので、どうぞ宜しくお願い致します。... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 05時54分

» 映画:デスノート the Last name ジャパン・スペシャルプレビュー [駒吉の日記]
DEATH NOTE デスノート the Last name ジャパン・スペシャルプレビュー@国際フォーラムA 「僕が新世界の神だ」 ■舞台挨拶 国際フォーラムに18時過ぎに到着。いつもの試写会よりも試写会慣れしてない人が多いカンジです。原作ファンのコスプレイヤーにミサミサっぽい格... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 14時39分

» 『DEATH NOTE デスノート the Last name』 [アンディの日記 シネマ版]
緊迫感[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]       2006/11/03公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 感動度[:ハート:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:] 【監督】金子修介 【脚本】大石哲也 【原作】大場つぐみ/小畑健 【主題歌】レッド・ホット・チリ・ペッパーズ 『ダニー・カルフォルニア』 【出演】 藤原竜也/松山ケン... [続きを読む]

受信: 2006年12月13日 (水) 19時19分

» DEATHNOTE〜THE LAST NAME [極楽鸚哥堂]
観た。 原作よりコエェ〜月! 父ちゃんの名前をデスノートに書くって… 月設定は原作の方が良いですが、L設定は映画の方が良かったかな。 原作ではLが死ぬ事でメロ・ニアが出てきましたから。 できれば最後まで月VSLで行ってもらいたかった派なので。 自分の命差し出してまで。と言うのはなかなかな設定です。 原作と設定は所々ちがいましたが、高田清美が一人三役ぐらいやっつましたね。 夜神パパはとりあえず最後まで死なずにいたのは話の流れからなのか、演じたのが加賀... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 02時14分

» 「DEATH NOTE the Last name」 [固ゆで卵で行こう!]
映画「DEATH NOTE」の後編にして完結編の「DEATH NOTE? the Last name」観てきました。 第一部ではライト(キラ)とLがついに対面して、いよいよこれから!ってところで終わり、続きがどうなるのか気になるところで第二部公開が待ち遠しかったです。 第二、第三のキラの登... [続きを読む]

受信: 2006年12月24日 (日) 13時15分

» DEATH NOTE デスノート the Last name (2006) [こっちゃんと映画をみまちょ♪]
こっちゃんポイント ★★★★★ 鑑賞環境 ワーナーマイカル小樽 上映時間 140分 製作国 日本 公開情報 劇場公開 (ワーナー) 初公開年月 2006/11/03 ジャンル サスペンス/ホラー/犯罪 死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月(藤原竜也)だった。刑事局長を父に持ち、強い正義感�... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 12時42分

» DEATH NOTE − the last name [miyukichin’mu*me*mo*]
 映画「DEATH NOTE−the last name」(金子修介:監督)  を観てきました{/onpu/}    半年ほど前に前編を観たものの後編です。  (前編についてのレビューは {/arrow_r/} コチラ)  うーむ、こうきたかー。  なんか、前編観終わったときに  私には思いもしなかった展開でした。  けっこうめまぐるしくて、飽きません。  L(松山ケンイチ)が、もうとにかく... [続きを読む]

受信: 2006年12月31日 (日) 14時10分

» デスノートthe Last name(2006) [かこぶろ。]
「前編」公開から4ヵ月あまりという異例の連続公開が実現。 Lあっぱれ! 命をかけたLの知能戦は素晴らしかった。 漫画は監禁シーンまで、しかも飛び飛びで読んでいたため、ラストがどう違っていたのか気になります。 前編もラストが漫画と違いながら上手くまとめていました(ないキャストもあったしね)。 後編も一人何キャラも重ねたりしながら、けっこう忠実です。 (アニメ では14日夜放送分で、ナオミの最期でした) それに... [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 23時24分

» 原作に囚われ過ぎていなかった後編。『DEATH NOTE デスノート the Last name』 [水曜日のシネマ日記]
今年の6月に劇場公開された『DEATH NOTE デスノート』の後編です。 [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 08時55分

» 『デスノート  the Last name』  審判の時、‘正義’を手にするのは誰か・・・ [enjoy! MOVIE☆LIFE]
Amazon.co.jp 出演■藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、上原さくら、藤村俊二、鹿賀丈史、中村獅童(声)、池畑慎之助(声)   他・・・・・ 監督■金子修介 <ストーリー>  死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳... [続きを読む]

受信: 2007年2月 9日 (金) 02時43分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [ひめの映画おぼえがき]
DEATH NOTE デスノート the Last name 監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、マギー、上原さくら... 「2冊のデスノート。衝撃は増殖する。」 【ストーリー】 死神リュークが落とし... [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水) 06時46分

» 「DEATH NOTE : The last name」 [映画鑑賞検定3級blog]
いやはや、結局友人たちに誘われたのでついに観に行ってきました。だいぶ遅くなってしまったけれど、なんだか評判も上場のようだし、これは観とかねばなるまい。 [続きを読む]

受信: 2007年5月21日 (月) 17時47分

« 本 「邪魅の雫」 | トップページ | 本 「水族館狂時代 -おとなを夢中にさせる水の小宇宙-」 »