« 本 「クラッシャージョウ ダイロンの聖少女」 | トップページ | 「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る »

2006年11月11日 (土)

「ショーシャンクの空に」 希望は決して諦めない強い意志の先にある

終身刑とは人を廃人にする刑だ。
モーガン・フリーマン演じるレッドが劇中でこう言いました。
死刑が是か否かは置いておいて、終身刑は命があるだけ死刑に比べると軽い刑だと思っていました。
でも終身刑は人から希望を奪い取る重い刑なんですね。
いつ出られるか、出られないかもしれない、いまさら出ても・・・。
そんな状況において希望を持つことは、苦しむことに他ならない。
だから日々希望を忘れて淡々と生きていく。
はたしてこれは生きているということなのか。
希望を持たずに生きるということは、やはり人間として廃れてしまっているのでないか。
仮釈放されたブルックス老は何十年振りに社会に戻っても、そこに未来を見ることができず、自殺してしまいます。
長い刑期の間に、希望を持つ力を奪い取られてしまったようで、とても哀しいエピソードでした。

そのような厳しい状況の中でも、希望を持ち続けたティム・ロビンス演じるアンディがすばらしい。
夢見ることが許されない環境でも、心の中では希望を持ち、それを諦めない意思力を持っている。
心の中からは音楽は消せない。
所内放送でレコードを無断でかけたアンディが罰を与えられた後、こう言いました。
この音楽は希望と置き換えてもいいでしょう。

牢獄ははじめは強制された環境でしょう。
しかし、その環境に慣れていくに従い、夢を持たないで生きていくことが普通になってしまう。
それは人間であることをやめてしまうこと。
刑務所という環境は特殊ですが、夢や希望を忘れてしまうことは、普通の生活でもあります。
どこであっても希望を持ち続けることは大事であり、そして持ち続けることは強い意思の力が必要だということを改めて感じました。

140分以上の長尺で、かつ淡々とした語り口でしたが、途中で全く飽きることなく最後まで観賞できる映画でした。
フランク・ダラボンの脚本がとてもよいですね。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「クラッシャージョウ ダイロンの聖少女」 | トップページ | 「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る »

コメント

ななさん、こんばんは!

そうですねー、ずいぶん前の記事になります。
でも本作は時間が経っても古びないですよね。
今、いろいろ問題やトラブルがあると周囲の環境のせいにする人が増えてます。
モンスター○○とか。
こういう現代の例は本作の趣旨とはちょっとずれるかもしれないですが、与えられた環境の中で、その中で生きることに懸命になるということを描いているような気がします。
その環境に慣れてしまうか、その環境を批判するだけか。
それだけだとあまりに希望がない。
その環境からその先に希望を持ち、生きるモチベーションをもてるかというのが本作のテーマであろうかと思います。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年7月22日 (木) 20時38分

おお,4年も前の記事ですね!

この作品はほんと文句のつけようがないです。
希望というテーマはともすれば
単なる嘘っぽい美談になりがちですが
この物語はその設定やストーリーの面白さ
キャラクターの魅力(もちろん俳優の演技も)
そして監督の演出や脚本などすべてが素晴らしくて
ラストでは素直に怒涛の感動を味わうことができました。
ほんとに人生って,人間って,こうでなくっちゃいけませんよね。
「試練を耐え抜いた人間が迎えるにふさわしい最高のオチ」だと
勧めてくれた友人が言ってました。

投稿: なな | 2010年7月19日 (月) 16時03分

たまさん、こんばんは!

そうですね、ある意味終身刑は死刑よりも過酷かもしれません。
自分が死ぬまでずっと閉じ込められるというのは、すごい閉塞感ですよね。
僕はせっかく外に出られたのに自ら命を絶ってしまった囚人が印象に残りました。
小さな箱の中でしか生きられないようになってしまったというのはやはり過酷です。
そんな中で希望を失わないで生きていくというのは、強い意志がなければできないですよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2010年3月18日 (木) 21時49分

こんにちは!
はらやんさんも見ておられたのですね。

〈終身刑は命があるだけ死刑に比べると軽い刑〉というのは、前は自分もそう思っていました。
ところが、刑務所の暮らしが外の世界よりもごくごく当たり前になり、馴染んでしまい、いざ外に出てみても適応できない。希望を見出せない状況ではもう自殺しかない。

こういう酷な場面を見せておきながら、どんな酷い環境でも自分の世界を失わずに希望を見出すアンディの姿が印象的でした。

長い作品ですが、飽きることなく楽しめましたね。

投稿: たまさん | 2010年3月18日 (木) 14時27分

ホーギーさん、こんにちは!

死というのも重い刑罰ですが、希望を失わせるというのもとても重い刑罰だなと思います。
罪を負わなくても、普通の生活でも希望がないと生きているような気がしないものです。
なにかの希望を持つ、それには意志が必要でそれが大事なのでしょうね。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月 6日 (火) 08時31分

こんばんは、早速に私のブログへのコメント&TBどうもありがとうございました。
終身刑の重さとだからこそ希望を持つことが大切であるというはらやんさんのコメントがとても参考になりました。仰るとおりとおりだと思います。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ホーギー | 2008年5月 6日 (火) 00時24分

ホーギーさん、こんばんは!

僕は知り合いに勧められてDVDで初めて観ました。
いい作品というのは聞いていたのですが、ちょっと重そうな話なのでやや敬遠していたのですけれど。
重くないとは言えないですが、希望を持つということいかに大切かということが伝わってくる映画でした。

投稿: はらやん(管理人) | 2008年5月 5日 (月) 21時15分

こんにちは、ホーギーです。
何年かぶりにこの映画を観ましたが、何度観ても感動する最高の名作だと思います。
どん底の中に追い込まれながらも、希望を持って生きていくアンディの逞しさを見事に演じたティム・ロビンスと刑務所の中では冷静かつ信頼を得ていながらも、
ここでしか生きることに自信の持てないレッドを演じた
モーガン・フリーマンの2人の演技は素晴らしいの一言です。
爽やかな感動を与えてくれるこの映画をもっともっと多くの人に観てほしいと思います。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。

投稿: ホーギー | 2008年5月 5日 (月) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/12648694

この記事へのトラックバック一覧です: 「ショーシャンクの空に」 希望は決して諦めない強い意志の先にある:

» ショーシャンクの空に [Akira's VOICE]
生きる意味と,爽やかな感動を与えてくれる名作! [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 10時36分

» ショーシャンクの空に [ペパーミントの魔術師]
公開からもう10年もたったそうで、初回限定盤のメモリアルBOXまで 出てるようですね。 気になってたものの長いこと見そびれていて、 たまたま図書館にあったビデオを借りてきてやっと鑑賞したわけで。 きっかけはMr.Children 「One Two Three」の中の一節。歌詞はこちら。..... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 11時17分

» 『ショーシャンクの空に』 [愛すべき映画たち]
The Shawshank Redemption(1994/アメリカ) 【監督】フランク・ダラボン 【原作】スティーヴン・キング 【出演】ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン/ボブ・ガントン スティーブン・キングの『刑務所のリタ・ヘ... [続きを読む]

受信: 2006年11月21日 (火) 17時29分

» 『ショーシャンクの空に』 [京の昼寝〜♪]
□作品紹介 「ショーシャンクの空に」□監督・脚本 フランク・ダラボン □原作 スティーヴン・キング(「刑務所のリタ・ヘイワース」) □キャスト ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントン、ジェームズ・ホイットモア、クランシー・ブラウン、ギル・ベローズ■鑑賞日 2月12日(木)■劇場 TOHOシネマズ六本木■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 今更、この映画について語ることもないだろう。 現在TOHOシネマズで... [続きを読む]

受信: 2010年2月13日 (土) 23時00分

» 【午前十時の映画祭】『ショーシャンクの空に』(1994)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:THESHAWSHANKREDEMPTION監督・脚本:フランク・ダラボン原作:スティーヴン・キング出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラーTOHOシネマズ「午前十時の映画祭」『ショーシャンクの空に』ページはこちら。<Story>1949年、妻とその...... [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 16時29分

» 映画『ショーシャンクの空に THE SHAWSHANK REDEMPTION』 [たまさんのHR/HM シネマカフェ]
冤罪で投獄され、悪夢の泥沼から這い出した元銀行員の物語。これも数少ない名作のひと [続きを読む]

受信: 2010年3月18日 (木) 14時30分

» ショーシャンクの空に [★YUKAの気ままな有閑日記★]
手持ちのDVDで鑑賞―【story】ショーシャンク刑務所に、銀行の副頭取だった若きアンディ・デュフレーン(ティム・ロビンス)が、妻と愛人を殺害した罪で入所してきた。最初は刑務所の「しきたり」にも逆らい孤立していたアンディだったが、刑務所内の古株で“調達屋”のレッド(モーガン・フリーマン)は、彼に他の受刑者とは違う何かを感じていた。アンディが入所して2年後のある時、アンディは監視役のハドレー主任(クランシー・ブラウン)が抱えていた遺産相続問題を解決することの報酬として、受刑者仲間たちへのビールを獲得す... [続きを読む]

受信: 2010年3月20日 (土) 11時33分

» ショーシャンクの空に [★CANDY POP★]
どんな状況でも、心の豊かさを失ってはいけない、希望を持ち続けるんだ!ってのが強く印象に残った。くじけそうになったときは、アンディのこの精神を思い出そう。 [続きを読む]

受信: 2010年5月30日 (日) 11時28分

» ショーシャンクの空に(午前十時の映画祭) [C note]
これまたいまさら語るべくもない。傑作中の傑作でございます。 これをベストワンに挙 [続きを読む]

受信: 2010年7月14日 (水) 20時12分

» ショーシャンクの空に [虎猫の気まぐれシネマ日記]
この映画の中の,アンディ・デュフレーンの人柄に魅せられた。彼のおだやかなたたずまいの中に 秘められた思慮深さ。決してあきらめない不撓不屈の精神。緻密な計画を実行するだけの,知性と胆力。人間も,法律も,神も,彼を閉じこめている地獄から決して救い出してはくれなかったから,彼は自分でそれをやり遂げたのだ。... [続きを読む]

受信: 2010年7月19日 (月) 16時06分

» 「ショーシャンクの空に」ゆるやかに男の友情 [ノルウェー暮らし・イン・London]
ねえねのお友達が大絶賛の映画。 若い世代に支持されてる映画って、どんなかんじかな? 久しぶりにパパンとゆっくり鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010年9月21日 (火) 04時25分

» 『ショーシャンクの空に』<午前十時の映画祭>シリーズ一番の入りでした。 [23:30の雑記帳]
観に行ったのが文化の日ということもあってチケット売り場は50メートルはあろうかという大行列。一方、自動発券機の前はガラガラ。パソコンってそんなに普及していなかったのかしらん?と不思議に思いつつ、シネマイレージカードを取り出し、ネット予約しておいたチケットをサ...... [続きを読む]

受信: 2010年11月 4日 (木) 22時22分

» ショーシャンクの空に [映画鑑賞★日記・・・]
【THE SHAWSHANK REDEMPTION】 1995/05公開 アメリカ 143分監督:フランク・ダラボン出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントン、ジェームズ・ホイ ... [続きを読む]

受信: 2010年12月 7日 (火) 12時49分

» ショーシャンクの空に [なりゆき散策日記]
名作としてこの作品をあげる人も多いですね。    【送料無料】BD/洋画/ショーシャンクの空に(廉価版)(Blu-ray)/CWBA-C2675公開当時は、たぶん気にもしなかったので宣伝がよわかったのか... [続きを読む]

受信: 2011年1月 7日 (金) 20時21分

» ショーシャンクの空に [映画鑑賞★日記・・・]
【THE SHAWSHANK REDEMPTION】 1995/05公開 アメリカ 143分監督:フランク・ダラボン出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントン、ジェームズ・ホイ ... [続きを読む]

受信: 2011年1月10日 (月) 22時19分

» 『ショーシャンクの空に』 そしてブログは回帰する [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  永劫回帰――ニーチェが提示したその考えを一言に集約しようなんて、哲学者諸氏のお叱りを受けるかもしれない。  無謀を承知で敢えて云おう。永劫回帰、それは「明日も今日とおんなじ...... [続きを読む]

受信: 2011年2月11日 (金) 22時17分

» ショーシャンクの空に [映画感想メモ]
地質学ってすごいね! いい加減あらすじ アンディ・デュフレーンは妻とその浮気相手 [続きを読む]

受信: 2012年2月11日 (土) 23時04分

» ショーシャンクの空に/ティム・ロビンス [カノンな日々]
名作と名高い1994年のこの作品を久しぶりに鑑賞してみました。原作がスティーブン・キングの中編小説だったのをつい最近知ったばかりでして、ホラー以外にこういう作品も手がけてい ... [続きを読む]

受信: 2013年1月26日 (土) 09時25分

» ショーシャンクの空に [miaのmovie★DIARY]
ショーシャンクの空に [DVD](2010/04/21)ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン 他商品詳細を見る 【THE SHAWSHANK REDEMPTION】 制作国:アメリカ  制作年:1994年 ショーシャンク刑務所に、若き銀...... [続きを読む]

受信: 2013年4月19日 (金) 19時03分

» ショーシャンクの空に [タケヤと愉快な仲間達]
監督:フランク・ダラボン 出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー、ボブ・ガントン、ジェームズ・ホイットモア 【解説】 妻とその愛人を射殺したかどでショーシャンク刑務所送りとなった銀行家アンディ。初めは戸惑っていたが、やがて彼...... [続きを読む]

受信: 2014年6月15日 (日) 09時38分

« 本 「クラッシャージョウ ダイロンの聖少女」 | トップページ | 「父親たちの星条旗」 必要が英雄を作る »