« 「ワールド・トレード・センター」 小さくても力強い善の力を信じたい | トップページ | 「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに »

2006年11月19日 (日)

「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」 監督の趣味の映像集じゃん!

この映画、出演者はブルーバックを背に撮影し、背景等はほとんどCGなのだそうである。
それも大半を監督がパーソナルコンピューターであるMacintoshでコツコツと作ったものらしい。
Macintoshユーザーとしては、ちょっと嬉しい。
個人でここまで作れるというのは、パソコンの性能アップもかなりのレベルまで来たということですかね。
この点については感嘆するばかり。

画像のテイストは好みの分かれるところだろう。
レトロフューチャーな雰囲気は個人的には好きなのだが、昔風なテイストを狙ったのか全体的にぼんやりとした感じは観ていて緊張感がないように思えた。
また時折、背景が書き割りのように見え、安っぽい印象を受けた。

ストーリーの方はというと、これが全然おもしろくない。
「スカイキャプテン」が何者かよくわからない(アメリカでは有名なの?)、危機がなんだかよくわからない、キャラクターも深みがないということで、観ていて緊張感がない。
「スカイキャプテン」はプロペラ機なのに、敵はロケットやらエアカーみたいなのを使っているので、これは明らかにテクノロジーのレベルが違うだろ!みたいな突っ込みを入れたくなるようなところが満載。
プロペラ機がいきなり、海の中を飛んじゃうのはどうかと思う・・・。
アドベンチャー映画なのだからそんなことを気にしなくてもというのはあるのかもしれないが、映画の設定世界の中での辻褄は合わせておくべきだと思う。
このあたりは感覚的なものなのだけれど結構大事。
宮崎駿はこのあたりのセンスが抜群だと思う。

映像的には新しい試みがあったかもしれないが、映画はやはりストーリー。
監督の趣味の映像集となっていたように見え、映画としては不満が残ります。

空中要塞はカッコ良かったけど(メカ好きとしては)。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「ワールド・トレード・センター」 小さくても力強い善の力を信じたい | トップページ | 「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに »

コメント

エクスカリバーさん、こんばんは。

作品の世界観は好きな方なんですけど、どうも乗り切れなかったです。
そういえば「ロケッティア」とかもそうだったな・・・。
TBですが、どうも時々不調だったりするようです。
特に古い記事へが・・・。
ご迷惑をおかけして申しわけありません。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年9月22日 (土) 12時04分

独特のレトロ・テイストにはまってしまいました。
始めから、こういう世界観だ、こういうキャラクターなんだということで観ていましたので、さほど違和感は覚えませんでしたねぇ。
このテイストで『火星のプリンセス』やってくれたら、と思っていたのに降板・・・。
こうなったらジュール・ヴェルヌとか、そういった他の古典作品にも挑戦して欲しいな、と思っていたりして・・・。

ところで何度かTB送ってみたのですが(他の記事にも)、反映されないみたいですね。
こちらには送信した結果は残っているのに、なぜだろう?

投稿: エクスカリバー | 2007年9月20日 (木) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/12744144

この記事へのトラックバック一覧です: 「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」 監督の趣味の映像集じゃん!:

» 2006-21:トゥモロー・ワールド [七転八倒映画館]
本当にこの時期見たくなるような作品が少なくて困ってしまう。以前では考えられないくらい邦画が上映されており洋画の方が好きな私のような人はどうしようもない。そんな中トゥモロー・ワールドという作品が封切られた。CMの感じからすると子供が出来なくなった未来、何...... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 23時24分

» 『スカイキャプテン』 [京の昼寝〜♪]
■監督(脚本) ケリー・コンラン ■キャスト ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ、アンジェリーナ・ジョリー おススメ度⇒★★★(5★満点、☆は0.5) 1939年、ニューヨーク万国博覧会の年。 ニューヨーク市の遥か上空を遊泳しながら、世界一高い寄港地であるエンパイアステートビルの頂に、巨大な飛行船ヒンデンブルグIII号が停泊した。 そんな中、驚くべきニュースが報じられる。 またもや世界的に著名な科学者が、... [続きを読む]

受信: 2006年12月 2日 (土) 09時51分

» 『スカイ・キャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』★★★★★★(6点) [ginpeichanの映画日記。]
大戦時代のアメリカで、ヒーローのスカイ・キャプテンが活躍するアクション映画、 『スカイ・キャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』。 主人公のスカイ・キャプテンにジュード・ロウ、 ヒロインの新聞記者にグウィネス・パルトロー、 他にもアンジェリーナ・ジョリーやジョバンニ・リビシなど、キャストは豪華。 ですが、俳優の演技以外は全てCGで描かれたという異色作です。 まあ、ストーリーはけっこう分かりやすい。 ナゾのロボット軍団が現れたり、スカイ・キャプテンが空を飛び回ったり、 ナゾの科学者... [続きを読む]

受信: 2007年1月23日 (火) 01時21分

» スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー [ひめの映画おぼえがき]
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 初回限定スペシャル・プライス版 監督:ケリー・コンラン 出演:ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、アンジェリーナ・ジョリー、ジョヴァンニ・リビシ、マイケル・... [続きを読む]

受信: 2007年5月 3日 (木) 17時34分

» スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー [BLACK&WHITE]
【SKY CAPTAIN and the WORLD of TOMORROW】2004年/アメリカ 監督:ケリー・コンラン  出演:ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロウ、アンジェリーナ・ジョリー、ジョヴァンニ・リビシ 画面がどうも見にくい。... [続きを読む]

受信: 2007年5月12日 (土) 15時42分

» 『スカイキャプテン/ワールド・オブ・トゥモロー』(2004) [【徒然なるままに・・・】]
1939年、ニューヨークを突如謎の巨大ロボット軍団が襲った。その危機に立ちあがったのは、スカイキャプテン! おりしも科学者の連続失踪事件を追っていた元恋人の新聞記者と再会した彼は、両事件に関連ありと睨み調査を開始する。はたして”敵”の目的は何か?その正体は?! 古めかしくも新しい、レトロ・フューチャー感覚に溢れた快作で、主演二人の端正な、どちらかというと古風な顔立ちも作品にマッチしている。 この作品の特徴はセットを作ったりロケを行わず、役者にはスタジオのブルースクリーンの前で演技させ、そ... [続きを読む]

受信: 2007年9月19日 (水) 23時06分

» スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー [★★むらの映画鑑賞メモ★★]
作品情報 タイトル:スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー 制作:2004年・アメリカ/イギリス 監督:ケリー・コンラン 出演:ジュード・ロウ、グウィネス・パルトロー、アンジェリーナ・ジョリー、ジョヴァンニ・リビシ、マイケル・ガンボン、バイ・リン あらすじ:1939年のニューヨーク。新聞記者のポリー(グウィネス・パルトロウ)は、「科学者連続失踪事件」の謎を解明すべく、ある人物との接触を試みる。ちょうどそのとき、ニューヨークに巨大ロボット部隊が出現した。 ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月27日 (水) 09時06分

« 「ワールド・トレード・センター」 小さくても力強い善の力を信じたい | トップページ | 「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに »