« 「伝説巨神イデオン」<接触篇><発動篇> まだ希望はあると思いたい | トップページ | 「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」 だしが入っていないみそ汁のようだ »

2006年11月 4日 (土)

「アタゴオルは猫の森」 カラフルな映像に新しいCGの可能性を感じる

カラフルな色彩が印象に残る映画でした。
特にオープニングのお祭りのシーンは、豊かな色合いの花火やライトを使って色鮮やかに演出されていてワクワクしました。
すべて3DCGで表現されているようですが、不思議な質感のある映像ですね。
ボオッとちょっとフィルターがかかっているようで、CG映像によくあるクッキリカッチリした感じではなく、やわらかなタッチを感じしました。
絵本のような印象を狙ったのかもしれません。
またセルアニメと比べると、輝度や彩度が高い鮮やかな感じがしました。
全体的に蛍光色的な色合いという感じでしょうか。
セルはどうしても塗料を塗ったものを撮影するということになるので、色の幅が狭くなると思いますが、CGの場合そのような工程がないので、鮮やかになるのでしょうか。
新しいCGの使い方だなと思いました。

ヒデヨシとヒデコのコンビ、息があっていて良かったです。
キャラクターと声がベストマッチだったのではないでしょうか。
特にヒデコはかわいらしかったですね。
最後は凛々しくもありました。
ただ人間たちのキャラクターデザインはいかがなものかと。
よくあるテレビゲームのような感じで安っぽい感じがしました。
他の映像は凝っているのだから、これはなんとかしてほしかったです。

石井竜也さんの音楽も、懐かしい米米クラブのようなノリとリズムがあって、映像とマッチしてよかったと思います。

お話はそれほど奇抜なものではなく、安心して見れます。
ただテーマはしっかりしていたと思います。
時折ヒデヨシが本質をついている台詞を言っていましたね。
みんなといっしょというのは、安心できるし、心地よい。
究極の秩序はみんな同じように感じ、考えること。
でもそれは生きているっていうことなのだろうか。
トコトン生きるということは、おいしいものを腹一杯食べて、笑うこと。
人生を楽しむこと。
そういうことは日々の忙しさで忘れてしまいがちですよね。
そういうことを思い出させてくれる映画でもありました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 「伝説巨神イデオン」<接触篇><発動篇> まだ希望はあると思いたい | トップページ | 「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」 だしが入っていないみそ汁のようだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/12550009

この記事へのトラックバック一覧です: 「アタゴオルは猫の森」 カラフルな映像に新しいCGの可能性を感じる:

» 「アタゴオルは猫の森」を観る [紫@試写会マニア]
今日の試写会はちょっと特別。 作品鑑賞も大事ですが(毎回そうです!)、今日の試写会場は・・・・なんと!出来立てホヤホヤの、開業前の「ユナイテッド・シネマ豊洲」だったんですー(わ~い、パチパチ♪) ピッカピカの新品を使うときって何でも嬉しくないですか? その気分です、正に。 昨日、ラジオでJ-waveを聞いていたら、このシアターのことが話題になっていて、伺うことが決まっていた私は、ウキウキ♪ 「座席幅が日本最大なんですよー(足の伸ばしても前の席にあたらない!)」とか、「通常こ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 22時45分

» アタゴオルは猫の森(ジャパン・プレミア試写会) [Movies!!]
(声の出演)山寺宏一、小桜エツ子、平山あや、内田朝陽、田辺誠一、夏木マリ、佐野史郎、谷啓。西久保瑞穂監督作品。石井竜也音楽担当。ますむらひろし原作。 公式サイト 絵はな〜んとなく観た事があるような気がしましたが、ストーリーなどは全然知らず、アニメになった事も全く知りませんでした。 ジャパン・プレミアという事で、豪華ゲストって誰が来るんだろう・・・石井竜也は来ないよねぇ、米米クラブの再結成で忙し... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 12時00分

» この星を救えるのは笑顔だけ。~「アタゴオルは猫の森」~ [ペパーミントの魔術師]
試写会。メルパルクホール7:00. 公式サイトはコチラ。 http://www.atagoal.com/ ・・・・・・・・・。 1010人収容のホールの半分いるかいないかの観客て どうなんでしょね? おまけに今回はメールのプリントアウトを持って行っての ペア招待って初めてでした。 ..... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 17時20分

» アタゴオルは猫の森 [★試写会中毒★]
満 足 度 :★★★★★        (★×10=満点)  監  督 :西久保瑞穂 声の出演 :山寺宏一        佐野史郎        夏木マリ        谷山浩子        田辺誠一        小桜エツ子 、他... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 06時00分

» アタゴオルは猫の森 [5125年映画の旅]
猫と人が共存する世界。そんな世界にあるアタゴオルの森は、年に一度のお祭りの真っ最中。そんな中、トラブルメーカーのデブ猫・ヒデヨシは、植物の種の姿をした子供と出会う。ヒデヨシは、自分の事を「父上」と呼ぶその子にヒデコと名付け、一緒に旅をする事にするが・・...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 07時00分

» 『アタゴオルは猫の森』 [唐揚げ大好き!]
    『アタゴオルは猫の森』   アタゴオル征服を狙う女王ピレアを封印できるのは、 お騒がせ猫ヒデヨシと固い友情を結んだ植物の王ヒデコだけ―― ヒデコの哀しい決意とは・・・?   予告編でアタゴオルの文字とヒデヨシを観た時、「あぁぁ・・・、とうとうコレを... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 10時53分

» 映画:アタゴオルは猫の森 試写会 [駒吉の日記]
アタゴオルは猫の森 試写会@一ツ橋ホール 「とことん生きるために生まれてきたんだ」 キャラクターは見たことあるけど原作は未読です。 3D-CGってすごいですねえ、ねこちゃんたちのほわほわ毛をなでなでしてみたくなりました。映像はこれでもかというくらい鮮やかだし、ダ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 15時22分

» アタゴオルは猫の森 [丼 BLOG]
(06年11月鑑賞) 「原作の雰囲気を壊さないようCGキャラのモデリングは頑張っ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 23時15分

» わけわかランド、アタゴオル [CINECHANの映画感想]
232「アタゴオルは猫の森」(日本)  ヨネザアド大陸の一部アタゴオル。そこは人間と言葉を話す猫が仲良く暮らしている場所。ある祭りの日、アタゴオル一のトラブル・メーカー、猫のヒデヨシが封印されていた箱を開けてしまう。中から現れたのは世界を支配しようとする植物の女王ピレア。時を同じくし、植物の王も現れる。王は一番強い者を父とし、立派に成長しなければいけないが、よりによってヒデヨシを父とする。ヒデヨシは王にヒデコと名付け、仲良しになる。楽しく過ごす二人だったが、ピレアは次々と人や猫を花へと変...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 01時23分

» 『アタゴオルは猫の森』 (初鑑賞101本目・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆★-- (5段階評価で 2.5) 10月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター4 にて 14:50の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 23時10分

» アタゴオルは猫の森 [Sokunの平凡な日常]
さて、前回のブログで感想を述べた「明日へのチケット」の前に観た、恵比寿ガーデンシネマの「アタゴオルは猫の森」について、お話しします。実はますむらひろしさんの作品との最初の出会いは、アニメ映画「銀河鉄道の夜」で、実はそれに感銘を受けて、宮沢賢治を好きに?..... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 19時50分

» ■ アタゴオルは猫の森/米米ボーナス祭り〜♪ [今日なにした?明日なにする?]
ブルース・ブラザーズか?ジェームス小野田かっ! 【あらすじ】 緑に囲まれた豊かな土地、アタゴオル。年に一度のお祭りの日、ヒデヨシは何かが封印されている箱を見つけた。箱の中から植物の女王ピレアが登場〜歌でアタゴオルの住人たちを魅了〜一方、ヒデヨシは、森の中で輝彦宮に出会い2人はたちまち意気投合し……。≫≫ 予告映像:MCタツヤ:オイラ・ノ・マツリ 見逃した米米マエノマツリのボーナスを見てい... [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 14時49分

« 「伝説巨神イデオン」<接触篇><発動篇> まだ希望はあると思いたい | トップページ | 「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」 だしが入っていないみそ汁のようだ »