« 本 「陰獣」 | トップページ | 「弁護士・灰島秀樹」 エキセントリックなキャラだけど、思いのほかオーソドックスな話 »

2006年10月28日 (土)

「トリスタンとイゾルデ」 愛とは満たされる気持ちと不安な気持ち 

トリスタン伝説はもともとはアーサー王伝説にも取り込まれたケルト民話の一つです。
12世紀頃フランスの宮廷詩人たちによって騎士道物語として形作られていきました。
この映画はワーグナーの楽劇をベースにしているのかな・・・?(あまり詳しくなくて)

騎士道物語としての「トリスタン物語」やワーグナーの楽劇で、トリスタンとイゾルデの愛は媚薬がきっかけになるそうです。
この映画では二人の愛は、媚薬などのまじりっけはない純愛。
偶然に出会った二人の愛はさまざまなしがらみによって引き裂かれます。
それでも二人の愛は燃え盛り、その愛は国をも滅ぼそうとする。
書いていると、ちょっと恥ずかしいですね・・・。
それでも映画を観ているとそれほど照れてしまう感じはなかったです。
このような純愛ものは、作品として中途半端な出来だと観ていてかえって恥ずかしいのですが、この作品はしっかり撮っているのでそのような感じはありませんでした。
中世のイギリスはこうだったのだろうかと思わせる壮大な景色の中でのロケ、時代感のある村や城のオープンセットなどは雰囲気がでていてかなり良かったです。
撮り方もトリッキーな構図も少なく、抑えた色調も合わせて、王道で落ち着いた感じがする映画でした。

イゾルデが、トリスタンの主君であるマーク王に輿入れするあたりの、二人の描き方が良かったです。
二人は愛し合っているにもかかわらず、口にする言葉、目に見える態度は、何故か相手を混乱させ傷つけてしまう。
そんな微妙なすれ違いが繊細に描けてたような感じがします。
相手の本当の気持ちがわからず、信じたり、疑ったり・・・。
相手を思いやる気持ち、また自分のことばかりを思ってしまう気持ちの間で揺れ動く・・・。
自分たちの愛の成就、それに対する親や主君への義の狭間での悩み・・・。
愛するということは、満たされる気持ちと同時に失うかもしれないという不安な気持ちが同居してしまうものなんですよね。
その間に物語が生まれ、純愛ものというのは連綿と語られ、作られ続けているのでしょうか。
この映画をみて、恋愛にかぎらずとも、思いを口にすること、態度に表すこと、相手に伝えることの難しいよなということを改めて感じました。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 本 「陰獣」 | トップページ | 「弁護士・灰島秀樹」 エキセントリックなキャラだけど、思いのほかオーソドックスな話 »

コメント

真紅さん、こんばんは!

ココログ、ときどき調子悪くてごめんなさい。
前の記事に対しては、反映に時間差があるときがあるようです。
今回もそのような感じのようでした。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年8月12日 (日) 19時18分

kiraさん、こんにちは!

ジェームズ・フランコはけっこう目ヂカラありましたね。
恨みがましい目、うるうるしている目、女性はこのチカラでぐっときちゃうのかな。
さまざまな恋愛悲劇のベースになっている物語ので新鮮味ないかなと思ってみたら、逆に王道感あって楽しめました。
戦のシーンも迫力もありましたよね。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年8月12日 (日) 17時54分

はらやんさま、こんにちは。拙記事にTBありがとうございました。
お返しをしたいのですが、残念ながらどうしても反映されないようです、ごめんなさい。
今後ともよろしくお願いします、ではでは!

投稿: 真紅 | 2007年8月10日 (金) 00時12分

こんにちは~☆

ルーファス・シーウェル、純粋なひとになってましたね♪
スキンヘッドのせいか、言われてみればよく似ています、ケンさんに(笑)
中世の戦国時代の領土、後継者争いも絡めつつ、愛と忠義に悩める戦士☆満足でした!
J.フランコ一色のアホ記事ですが、TBさせて下さいね。

投稿: kira | 2007年8月 9日 (木) 11時01分

ミチさん、こんばんは!

ジェームズ・フランコは悲恋の主人公トリスタンが似合ってましたね。
特に目の表情がこういうドラマに似合っているかもしれないです。
マーク王を演じていたルーファス・シーウェルもいいなあと思ってすっかり善人イメージになっていたら、他の映画(「ホリデイ」とか
)ではけっこうイヤな役もやっていてびっくりしました。

投稿: はらやん(管理人) | 2007年8月 7日 (火) 22時10分

こんばんは♪
TBありがとうございました!
大きなスクリーンで見たかったのですが、地元には来ずじまいでした(泣)
たまにはこういう古典的な悲劇にどっぷり浸るのもいいですよね。
フランコ君は当たり役だと思いました。

投稿: ミチ | 2007年8月 7日 (火) 21時35分

ひろちゃん★510さん>

僕も中世の話は好きですが、恋愛ものはなーと思っていたのですが、なかなか良かったです。
この作品、キャラクターとキャスティング良かったですよね。
なかでも渡辺謙似のマーク王がお気に入りです。
上に立つ者、こうありたい姿ですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年11月25日 (土) 16時53分

はじめまして♪
TBありがとうございました^^
私は中世ものが大好きなので、それだけで★いっぱい
つけちゃうのですが(笑)、これはキャスト、ストーリーともに
大満足でした。

お詫び(^^ゞ
TB他にもつけて頂いてありがとうございました。
私もTBさせていただこうと思って、操作していたら
間違えてしまいました。ここにTBしてしまった16ブロックを
削除して頂ければと思います。
お手数おかけしてすいませんでした(T^T)

投稿: ひろちゃん★510 | 2006年11月23日 (木) 22時54分

カオリさん>

風景や衣装など美しかったですよね。
地味な感じなのですが、自然と共にあるまだ素朴な時代の感じがしました。
婚礼のシーンは幻想的でこれもなかなかよかったです。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年11月11日 (土) 06時56分

こんばんは。
一つ一つのしぐさや視線のやり取りが意味深で見てるほうもドキドキしました。
風景の美しさにも惹かれた作品でした。
TBさせていただきました~

投稿: カオリ | 2006年11月11日 (土) 01時57分

choroさん>

背景の景色が雄大でよかったですね。
ジェームズ・フランコはけっこう目で気持ち(うるうるした感じで)を上手に表現していましたのが、女性はたまらないかもですね。
私はマーク王が男はこうありたいという男っぷりで惚れました。(確かに渡辺謙に似てましたね)。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年11月 3日 (金) 15時07分

sakuraiさん>

悲恋ものとして素直に見ているほうがいいのかもしれませんね。
そういう見方だとけっこうひたれました。

ジェームズ・フランコ君は思いのほかよかったです。
彼のうるうる目には女性の方々はやられた方も多いのではないでしょうか。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年11月 3日 (金) 13時09分

はじめまして。TBありがとうございました。

こういう史劇の悲恋はロマンがありますよね。
マーク王も素晴らしい人物に描かれていて、切ないけれどとても素敵な物語でした。

特別期待していたわけではなかったのですが、この映画には嵌りました~(^^ゞ

投稿: choro | 2006年11月 2日 (木) 16時50分

TBありがとうございました。
今は死語になりそうな「奥ゆかしさ」がありましたね。
歴史的にはいろいろとつっこみたくなりましたが、いい映画だったでした。

投稿: sakurai | 2006年10月30日 (月) 15時46分

チョコさん、こんばんは。

衣装やセット、ロケーション等に凝ってましたね。
書いていらっしゃっているように光を抑えた映像が、中世を舞台にした悲恋物語にあっていたように思えました。

マーク王のキャラクターが良かったですね。
若い二人を許せる寛大さは、大人として王としての人間的な懐の深さを感じました。
(余計、裏切られたとわかったときの魂の叫びに共感してしまいました)

投稿: はらやん(管理人) | 2006年10月29日 (日) 23時34分

>naoさん、はじめまして。

トリスタン、台詞でなしに眼差しで心を表してましたね。
せつない感じ、嫉妬に狂う感じ、よく出ていたと思います。
「スパイダーマン」のときはそれほど注目していなかったジェームズ・フランコですが、これから要注目かもですね。

投稿: はらやん(管理人) | 2006年10月29日 (日) 21時15分

はじめまして、TBありがとうございました。

歴史物って歴史を知らないと理解できないことがあるのですが、
この映画はその点、親切でした。
何の違和感もなくじっくりと悲恋物語に浸ることが出来ました。

投稿: チョコ | 2006年10月29日 (日) 20時05分

>パフィンさん

映像きれいでしたよね。
あとで調べたらこの監督さんは「ロビンフッド」などを撮っていたので、こういう歴史ものの映像は手慣れているのかもしれません。

僕もマーク王が渡辺謙さんに見えました。
坊主頭だったから?
特に合戦のシーンでは「ラストサムライ」思い出しました(笑)

投稿: はらやん(管理人) | 2006年10月29日 (日) 18時54分

はじめまして♪
TBありがとうございます。
映像がとても綺麗な映画でしたね。
イゾルデがマークの元へ嫁ぐ 小船のシーンも幻想的で見事でした。
二人の悲恋と中心に 領土争いや 信頼関係 嫉妬などなど ストーリーも
かなりしっかりしていて 観る側を飽きさせませんでした。
期待しないで観に行ったのですが ジェームズ・Fの眼差しに大満足の
映画となりましたわ。

投稿: nao | 2006年10月28日 (土) 22時42分

TBありがとうございました♪
>抑えた色調も合わせて、王道で落ち着いた感じがする

同感です!前半はアイルランドの海岸、後半は
コーンウォールの村と城と川、緑、青、グレーなど
抑えたトーンが物語に似合っていましたね☆

投稿: パフィン | 2006年10月28日 (土) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/12461556

この記事へのトラックバック一覧です: 「トリスタンとイゾルデ」 愛とは満たされる気持ちと不安な気持ち :

» 『トリスタンとイゾルデ』 [**Sweet Days** ]
製作総指揮:リドリー・スコット CAST:ジームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ 他 STORY:ローマ帝国崩壊後、アイルランドの支配下にあったイギリス。戦いで孤児となったトリスタン(ジェームズ・フランコ)は、領主の一人、マークに育てられ、腕の立つ立派な騎士となっていた。ある日、またもイギリスに攻め入ってきたアイルランド人と戦ったトリスタンは瀕死の状態となり、葬船で海に流される。アイルランドの岸に漂着したトリスタンを見つけたアイルランド王の娘、イゾルデ(ソフィア・マイルズ)は、彼を看護する・・... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 18時59分

» 『トリスタンとイゾルデ』 [試写会帰りに]
試写にて『トリスタンとイゾルデ』TRISTAN ISOLDE鑑賞。『ロミオとジュリエット』の原典になった悲恋物語ということで期待しましたが、ストーリーはロミジュリの方がよりドラマチックかも。こちらは逆にリアルで、本当にあったのかも? と思わせます。とにかくジェーム..... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 20時44分

» トリスタンとイゾルデ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
「愛は死よりも切なく、そして尊い」 イングランドの若き騎士トリスタンと、敵対するアイルランド王の娘イゾルデ。ケルトの伝説として1500年前に誕生した、二人の“禁じられた愛”の物語は、ヨーロッパの人々を魅了し続けてきたラブストーリーの原点。あなたは知ってい....... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 21時00分

» トリスタンとイゾルデ [Diarydiary! ]
《トリスタンとイゾルデ》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - TRISTA [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 21時22分

» 『トリスタンとイゾルデ』・試写会 [しましまシネマライフ!]
今日は某インターネットサイトで当選した 『トリスタンとイゾルデ』の試写会に行ってきた。 《私のお気 [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 21時30分

» トリスタンとイゾルデ [悠雅的生活]
生は死よりも尊く、愛は死よりも尊い。 [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 21時59分

» 映画「トリスタンとイゾルデ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Tristan + Isolde 愛>生>死、すなわち、愛をもって尊しと成す、トリスタン+イゾルデ≠愛に生きる、すなわち、忠義と人情が愛欲に勝る。義理との狭間でゆれる愛の物語・・ ローマ帝国の衰退と共に群雄割拠の時代を迎えたイングランド、海を隔てて敵対するアイルラ... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 22時22分

» トリスタンとイゾルデ [★試写会中毒★]
 満 足 度 :★★★★★★★★         (★×10=満点)  監  督 :ケヴィン・レイノルズ キャスト :ジェームズ・フランコ       ソフィア・マイルズ       ルーファス・シーウェル       デヴィッド・オハラ   ... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 23時04分

» 『トリスタンとイゾルデ』 [ラムの大通り]
----この人たちって「アーサー王」のお話に出てこなかったっけ? 「ぼくもそう思っていたんだけど、 この映画の時代背景は ローマ帝国が崩壊した後。 プレス読んで分かったんだけど、 『トリスタンとイゾルデ』と言うのは、 最初は6世紀から8世紀のケルト史の中に 素朴な駆け落ち物語として すでに現れているらしい。 そのオリジナルの物語が 騎士道華やかなりし時代に 媚薬のモチーフを織り込み 宮廷風恋愛として語り伝えられてい... [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 23時25分

» *トリスタンとイゾルデ* [Cartouche]
{{{      ***STORY***           2006年    アメリカ ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にあった。各地に割拠する部族長の1人・マーク候は、幼いトリスタンの命を救い、孤児となった彼を大切に育てる。9年後、立派に成長したトリスタンは戦いで負った傷から瀕死に陥り、葬船に乗せられ海に流される。やがてアイルランドの海岸に流れ着いたトリスタンは、薬の知識を持つ王の娘イゾルデに救われる。若い2人は間もなく深い仲になるが、葬船がアイルランド軍に発見..... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 00時13分

» トリスタンとイゾルデ/試写会 [如意宝珠]
トリスタンとイゾルデ TRISTAN + ISOLDE   http://www.foxjapan.com/movies/tristanandisolde/   監督: ケヴィン・レイノルズ 製作: モシュ・ディアマント リサ・エルジー ジャンニーナ・ファシオ エリー・サマハ 製作総指揮: フランク・ヒュブナー ジム・レムリー リドリー・スコット トニー・スコット マシュー・スティルマン 脚本: ディーン・ジョーガリス 撮... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 09時36分

» 『トリスタンとイゾルテ』 [この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!]
今日、昨日、一昨日と試写会3連発だった千幻ですが、 まずは今日観た『トリスタンとイゾルテ』 映画を観ていて腹立たしくて席を立とうと思ったのは何度かあるが、 正直本気で立ちそうになったのは今回が初めて。 (それだけ感情移入できているということ?) トリスタン..... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 10時54分

» トリスタンとイゾルデ(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
久々、はしごしちゃった。 「アガサ・クリスティーの奥さまは名探偵 」の後、「トリスタンとイゾルデ」を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル、デヴィッド・パトリック・オハラ 、マー... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 10時55分

» トリスタンとイゾルデ [りらの感想日記♪]
【トリスタンとイゾルデ】 ★★★★★   2006/09/29  試写会 ストーリー トリスタン(ジェームズ・フランコ)は、コーンウォールの [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 11時06分

» トリスタンとイゾルデ [C note]
私もずいぶんと大人になって、かつてはよほどのことがないと観なかったラブストーリー [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 12時15分

» 「トリスタンとイゾルデ」 [It's a wonderful cinema]
 2005年/アメリカ  監督/ケヴィン・レイノルズ  出演/ジェームズ・フランコ      ソフィア・マイルズ  ケルトの伝説として語り継がれてきたトリスタンとイゾルデの物語。シェイクスピアはこれを基に「ロミオとジュリエット」を執筆し、ワーグナーはオペラ「トリスタンとイゾルデ」を作曲した。”禁じられた愛”というものは、人々を魅了するのですね。  主人公のトリスタンはアイルランドによって父を殺され、コーンウォールの領主マークに実の子のようにして育てられた。闘いによって重傷を負ったト... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 12時21分

» 映画 「トリスタンとイゾルデ」 [ようこそMr.G]
映画 「トリスタンとイゾルデ」 を観ました。 かの「ロミオとジュリエット」の原典となった物語、という惹句とおりの 王道の悲恋の物語なのでした。 時代は中世、イングランドとアイルランドが争っていた時代のお話。 中世モノの映画というと、いかにも大作です、セットにも衣装にもお金掛けました と言わんばかりで、話もテンポも重厚過ぎて、眠くなっちゃうようなものが多いのだけれど この映画は、判りやすくて勢いもありました。 私としては、こういう”世紀の悲恋...... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 12時25分

» トリスタンとイゾルデ [とんとん亭]
「トリスタンとイゾルデ」2006年 米/英 ★★★ 「ロミオとジュリエット」の基になったと言われるケルトの有名な悲恋伝説の 映画化!  日曜日観たのですが、今頃レビューをUPしています^^ ローマ帝国が崩壊した後の古代イギリスは、様々な種族がそれ...... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 16時25分

» トリスタンとイゾルデ [シネマカフェ&お取り寄せグルメ]
本日2本目の鑑賞。「ロミオとジュリエット」の原点とよばれる作品の映画化-Story-重傷を負った騎士トリスタンは、敵国アイルランドの海岸に流れ着く。同国の姫イゾルデに助けられた彼は互いに惹かれあいながらも彼女の元を離れた。しかし、彼の育ての親と彼女の結婚によ...... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 16時45分

» 『トリスタンとイゾルデ』 [映像と音は言葉にできないけれど]
製作スタッフにリドリー・スコットとトニー・スコット名を連ねています。これはオペラでも有名な伝説物語の映画化になります。 正しくイングランドとアイルランドの因縁関係を象徴するような話なので、歴史好きな僕にとっては、外せない一本でありました。... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 19時14分

» 「トリスタンとイゾルデ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Tristan + Isolde」2006ドイツ/チェコ/UK/USA トリスタンには「ジェームス・ディーン/2001」のジェームス・フランコ。イゾルデ役はソフィア・マイルズ。イングランド、コーンウオール領主マークに「娼婦ベロニカ/1998」のルーファス・シーウェル。監督はケヴィン・コスナー主演「ロビンフッド/1991」の監督ケヴィン・レイノルズ。 “トリスタンとイゾルデ”は“ロミオとジュリエット”のベースとなった様だが結末はちょっと違っている。この物語はかなり前に読んだがまた読んでみたくなっ... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 20時13分

» 「トリスタンとイゾルデ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Tristan + Isolde」2006ドイツ/チェコ/UK/USA トリスタンには「ジェームス・ディーン/2001」のジェームス・フランコ。イゾルデ役はソフィア・マイルズ。イングランド、コーンウオール領主マークに「娼婦ベロニカ/1998」のルーファス・シーウェル。監督はケヴィン・コスナー主演「ロビンフッド/1991」の監督ケヴィン・レイノルズ。 “トリスタンとイゾルデ”は“ロミオとジュリエット”のベースとなった様だが結末はちょっと違っている。この物語はかなり前に読んだがまた読んでみたくなっ... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 20時17分

» トリスタンとイゾルデ [5125年映画の旅]
暗黒時代のヨーロッパ。アイルランド人に両親を殺され、コーンウォールの領主に育てられたトリスタンは、戦の最中に重傷を負い、そのまま敵国であるアイルランドに流れ着く。瀕死の彼を救ったのはアイルランドの姫、イゾルデだった。惹かれ合い、愛し合うようになった二人...... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 20時37分

» 「トリスタンとイゾルデ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「トリスタンとイゾルデ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル、他 *監督:ケヴィン・レイノルズ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待..... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 20時48分

» 『トリスタンとリゾルデ』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
主人公のトリスタンは、コーンウォールの領主マークを育ての父に持つ勇敢な騎士。戦闘で重傷を負い、敵国アイルランドの海岸に流れ着いた彼は、アイルランド王の娘イゾルデにかくまわれ、献身的な介護を受ける。粗末な海辺の小屋で過ごす濃密な時間のなかで、ごく自然に結ば... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 21時45分

» トリスタンとイゾルデ [シャーロットの涙]
それはイギリスの暗黒の時代・・・ ワーグナーのオペラにもなっていて欧州ではメジャーな「トリスタンとイゾルデ」のお話。シェイクスピアはこれを元に「ロミオとジュリエット」を生み出すことに。 美しい素朴な自然の映像と共にそこに描かれるのは、やはり美しい悲劇。 禁じられた恋のお話としては王道をいくようだが、どうしたって心惹かれるのはなんでだろう。 理性と欲情の狭間で心揺れるトリスタンを演じるのはジェームズ・フ�... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 23時11分

» 『トリスタンとイゾルデ』 [唐揚げ大好き!]
    『トリスタンとイゾルデ』   『ロミオとジュリエット』の原典になった 史上最も美しい悲恋物語    凄げぇぇぇ面白かった!。 予告編やチラシなんかを見ると甘ったるい恋愛映画なのかなと思っていたんですが、日曜8時の大河ドラマ並に面白かったです。 二人... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 06時57分

» 試写会 トリスタンとイゾルデ [memo memo]
本日もトリスタンとイゾルデの試写会へ行ってきました。お付き合いいただいたのはKさ [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 08時04分

» トリスタンとイゾルデ Tristan Isolde [travelyuu とらべるゆう MOVIE]
ジェームス・フランコ、ソフィア・マイルズ主演 リオネスの王の子トリスタンはアイルランドのモロルトに父を殺されます その時 自分の手首を失ってまでトリスタンを助けた叔父 ブリテン・コーンウォールのマルケ王に育てられ  トリタンは立派な騎士に成長します その後アイルランドのモロルト達が再びコンウォールへ攻め入りますが トリスタンはモロルトを倒し コンウォールを守りきります しかし トリスタンはモロルトの毒の刃に傷つき一命を落とす事に・・・ 死んだと思い込みコンウォールの兵士達はトリスタンを... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 14時27分

» トリスタンとイゾルデ☆「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた [☆お気楽♪電影生活☆]
愛は死より切なく、そして尊い。 史上最も美しい、禁じられた愛の物語・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 15時08分

» 映画:トリスタンとイゾルデ 試写会 [駒吉の日記]
トリスタンとイゾルデ 試写会@九段会館 「あなたの目にわたしが映り、わたしの目にあなたが映る」 「どうして助けたんだ」「(そりゃー若くてハンサム♪だから)・・・また来るわ」 いやー、横暴そうな婚約者のあとでは王子様をみつけたマーメイド気分だったに違いありま... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 15時17分

» 『トリスタンとイゾルデ』試写会に行って来ました [夫婦でデート]
愛は死より切なく、そして尊い-史上最も美しい、禁じられた愛の物語- リドリースコ [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 13時09分

» 劇場『トリスタンとイゾルデ』 [映画ダイエット]
監督:ケヴィン・レイノルズ 製作総指揮:リドリー・スコット 出演:ジェームズ・フランコ、ソフィ・マイルズ、ルーファス・シーウェル、デヴィッド・パトリック・オハラ、マーク・ストロング、ヘンリー・カヴィル、ブロナー・ギャラガー他 物語は伝説であるからして、ストー..... [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 17時29分

» トリスタンとイゾルデ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
愛する人が、皮肉なことに一番敬愛する義父と政略結婚こんなことが、もし起こったら、男性諸氏、いかがですか?昔々の物語・・・現代だったら、強引に駆け落ちで若い二人はめでたしめでたしってことになる可能性も大ですが『トリスタンとイゾルデ』の場合は・・・ローマ帝国の崩...... [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 20時37分

» トリスタンとイゾルデ [金言豆のブログ ・・・映画、本について]
2006年10月21日公開  ロミオとジュリエットの元ネタともいわれる昔話。  家どうし、国どうしでいがみあってる中、ふとしたきっかけで出会った男女が禁断の恋に落ち、やがてそれが国全体を揺るがす事態へ発展していき... [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 23時45分

» 『トリスタンとイゾルデ』 [Rubaiyat]
『トリスタンとイゾルデ』を観て来ました。 この映画、絶対見たい見たい!!と思っていたら、試写会に当りました。嬉しい〜{/hikari_pink/} 時代と国境を越え、多くの人々を魅了し続け語りつがれてきたケルトの説話が起源のこの物語は、『ロミオとジュリエット』の元となり、『アーサー王物語』の一部になり、オペラ『トリスタンとイゾルデ』にもなった至高のラブストーリーです。 敵国アイルランドとの戦いで瀕死の傷を負�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 12時42分

» トリスタンとイゾルデ [実は映画好きなんです]
 『トリスタンとイゾルデ』を観ました。  ロミオとジュリエットの元になった話として  あまりにも有名で、今更感もありますが  アーサー王伝説好き・中世騎士道好きとして  観ないわけにいかないよ!!っつーことで。  (トリスタンは円卓の騎士の一人です) 恋愛モノはあんま好きじゃないしストーリーも知ってるしで、もともと期待してなかったけど 案の定ありきたりな感想しか思い浮かばない程度に普通でした。 こんな時代に生まれなくて良かったーってのと、武士もいいけど... [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 14時35分

» 「トリスタンとイゾルデ」(2006) [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
{{{: 出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル、デヴィッド・パトリック・オハラ 監督:ケヴィン・レイノルズ 製作:モシュ・ディアマント、リサ・エルジー、ジャンニーナ・ファシオ、エリー・サマハ 製作総指揮:フランク・ヒュブナー、ジム・レムリー、リドリー・スコット、トニー・スコット、マシュー・スティルマン 脚本:ディーン・ジョーガリス 音楽:アン・ダッドリー 原題:TRISTAN & ISOLDE..... [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 16時51分

» トリスタンとイゾルデ [シネマ de ぽん!]
トリスタンとイゾルデ公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価  ☆☆☆ [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 23時22分

» トリスタンとイゾルデ−(映画:2006年134本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:ケヴィン・レイノルズ 出演:ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル、デヴィッド・オハラ、マーク・ストロング、ヘンリー・カヴィル 評価:78点 公式サイト (ネタバレあります) ダメダメダメ、許されぬ恋な...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 2日 (木) 23時55分

» 「トリスタンとイゾルデ」 [てんびんthe LIFE]
「トリスタンとイゾルデ」新宿武蔵野館で鑑賞 こまったちゃん。にいただいたチケットです。 たくさんたくさん試写会が当たっていたのですが、全部スルーしました。一番の原因はSMAPの東京ドームのコンサート。配りきれないほど当たっていたのですがあげるたびに「あなたはどこへ行くの?」と聞かれ「ずいぶんいいところへ行くね」といわれ…。すごく昔に感じますがそんなに前でもないのです。そのとき一番最初に感想を教えてくれたまりこさんは「若者向けに出来ていて共感し辛い」というものでした。その後「こういうの大好き」... [続きを読む]

受信: 2006年11月 3日 (金) 22時09分

» 『トリスタンとイゾルデ』 (初鑑賞103本目・劇場) [みはいる・BのB]
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 10月21日(土) 109シネマズHAT神戸シアター9にて 13:20の回を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 00時28分

» トリスタンとイゾルデ [なんちゃかんちゃ]
1500年前から伝わるケルトの伝説で、「ロミオとジュリエット」の原点でもある悲しきラブ・ストーリー。主演のトリスタンを「スパイダーマン」のジェームズ・フランコが熱演 [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 11時49分

» トリスタンとイゾルデ(試写会) [Movies!!]
ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ、ルーファス・シーウェル、デヴィット・オハラ、マーク・ストロング、ヘンリー・ガヴィル出演。ケヴィン・レイノルズ監督作品。 主人公のトリスタンは、コーンウォールの領主マークを育ての父に持つ勇敢な騎士。戦闘で重傷を負い、敵国アイルランドの海岸に流れ着いた彼は、アイルランド王の娘イゾルデにかくまわれ、献身的な介護を受ける。粗末な海辺の小屋で過ごす濃密な時間のなかで、�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 11時58分

» トリスタンとイゾルデ [とにかく、映画好きなもので。]
 ローマ帝国の崩壊後、イギリスはアイルランドの勢力下にあった。  マーク候を始めとする同盟を阻止する為、アイルランドは攻め込むが、幼きトリスタンを助け、彼を育て上げる。  トリスタン(ジェームス・フランコ)は9年後、成長し、アイルランドとの...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 18時48分

» トリスタンとイゾルデ [Alice in Wonderland]
生は死よりも尊く、愛は死よりも切なく尊いものである。 前から観たかった映画ですがMOVIXで上映したもので1週目でレイトショーがなくなってしまい諦めていたのですが土曜の夕方に時間が空いたので観に行くことが出来ました。この時代の映画はあまり得意ではないの...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 12時54分

» 試写会「トリスタンとイゾルデ」 [こまったちゃん。のきまぐれ感想記]
試写会「トリスタンとイゾルデ」開映18:30@ 「トリスタンとイゾルデ」 TRISTAN + ISOLDE  2006年 アメリカ 配給:20世紀フォックス映画 監督:ケヴィン・レイノルズ 製作:モシュ・ディアマント、リサ・エルジー、ジャンニーナ・ファシオ、    エリー・サマハ 製作総指揮:フランク・ヒュブナー、ジム・レムリー、リドリー・スコット、    トニー・スコット�... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 13時50分

» トリスタンとイゾルデ [映画通の部屋]
「トリスタンとイゾルデ」 TRISTAN ISOLDE/製作:2005年、アメリ [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 18時50分

» トリスタンとイゾルデ [週末映画!]
期待値:90%  ケルト民族の伝説で、歴史恋愛映画。 超大作というよりも、よくまとまった映画のようで [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 00時26分

» 「トリスタンとイゾルデ」古典的な悲恋ものを今作る意味は? [soramove]
「トリスタンとイゾルデ」★★★劇場にて ジェームズ・フランコ 、ソフィア・マイルズ主演 ケヴィン・レイノルズ 監督、2006年アメリカ ローマ帝国衰退により 群雄割拠状態のイングランドは 独立を守ったアイルランドの 強大な力の前に 属国のような扱いを受けて...... [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 18時03分

» ★「トリスタンとイゾルデ」 [ひらりん的映画ブログ]
「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた・・・なんてキャッチコピー。 ちょっと中世ヨーロッパの騎士もの・・って意外と好きなひらりん。 [続きを読む]

受信: 2006年11月10日 (金) 00時30分

» 【劇場映画】 トリスタンとイゾルデ [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にあった。各地に割拠する部族長の1人・マーク候は、幼いトリスタンの命を救い、孤児となった彼を大切に育てる。9年後、立派に成長したトリスタンは戦いで負った傷から瀕死に陥り、葬船に乗せられ海に流される。やがてアイルランドの海岸に流れ着いたトリスタンは、薬の知識を持つ王の娘イゾルデに救われる。若い2人は間もなく深い仲になるが、葬船がアイルランド軍に発見されたトリスタンは、この地を去らねばならなくなる。こうして引き離された2人は、... [続きを読む]

受信: 2006年11月10日 (金) 06時38分

» トリスタンとイゾルデ(05・米) [no movie no life]
「ロミオとジュリエット」のモデルとなった・・・となれば(見に行かないわけにはいかない!)と思いつつ、見たのは公開最終日(汗)。 ローマ帝国からの支配が終ったイングランドは、それぞれの国の領主の統治により分断されていた。何とかイングランド統一を果たしたい彼らの... [続きを読む]

受信: 2006年11月11日 (土) 02時07分

» トリスタンとイゾルデ/ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ [カノンな日々]
この映画は『シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の元にもなった古典』というを大々的に宣伝文句にしているんですが、ワタシ的には「ロミオとジュリエット」といって最初に思い出すのはディカプリオ版なんですけど(笑)。ま、比較云々はともかくとして、古典的ケルトの....... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 10時19分

» トリスタンとイゾルデ(2006米) [WAKOの日常]
(9月29日@イイノホール) ストーリーはオペラで知っていたのですが、実は調べてみると 「起源はケルトの説話であり、12世紀の中世フランスで物語としてまとめられた。まもなくドイツにも伝えられた。(「イゾルデ」はドイツ語名)(Wikipediaより)」とのこと。ヨーロッパでは有名なお話ですが、媚薬のくだりや侍女とメロートとの絡みなどは省かれていました。 コーンウォールの領主マーク(ルーファス・シーウェル)に育てられた騎士トリスタン(ジェームズ・フランコ)は戦闘の末重傷を負い、敵国アイル... [続きを読む]

受信: 2006年11月12日 (日) 11時35分

» 愛が国を滅ぼす!? [CINECHANの映画感想]
243「トリスタンとイゾルデ」(アメリカ)  ローマ帝国の統治下から脱したイングランド。いくつもの郡が割拠する暗黒時代と呼ばれていた。トリスタンはコーンウォールの領主マークによって育てられた勇敢な騎士。戦闘で瀕死の重傷を負い、アイルランドの海岸に辿り着く。彼を見つけ、献身的な介護を行ったのが、アイルランド王の娘イゾルデ。粗末な海辺の小屋で時を過ごすうち、二人は自然に結ばれる。  しかし、運命は二人を残酷な状況へと導く。政略結婚によりイゾルデはマークへと嫁ぐ。すぐそばにいながら、その想い...... [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 01時15分

» トリスタンとイゾルデ [HIROMIC WORLD]
本日の1本目は「トリスタンとイゾルデ」 幼い頃、両親を亡くしコーンウォールの城主 [続きを読む]

受信: 2006年11月13日 (月) 21時16分

» ケヴィン・レイノルズ監督「トリスタンとイゾルデ」 [詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)]
監督 ケヴィン・レイノルズ 出演 ジェームズ・フランコ、ソフィア・マイルズ  肉体と衣装のアンバランスがおもしろい。   ジェームズ・フランコもソフィア・マイルズも中世の悲劇を演じようとはしていない。監督もそういうものを撮ろうとしていない。(途中までは。)  恋愛は時代を超えるということを、感情ではなく、みずみずしい肉体で表現している。古くさい衣装も、古くさい忠誠心(王に対す�... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 13時27分

» 「トリスタンとイゾルデ」 [prisoner's BLOG]
映画の宣伝は香具師の口上みたいなものだが、もともとの「トリスタンとイゾルデ」は「ロミオとジュリエット」とは関係ない。ウソつき。 「トリスタンとイゾルデ」はもともと宮廷詩人が語り伝えたケルトの説話、「ロミオとジュリエット」の出典は複雑だが、一応十五世紀イタリアでまとめられた長々しい物語をシェイクスピアが四日間の出来事に凝集して劇化したもの。 悲恋物語というだけでごっちゃにされてはたまらない。... [続きを読む]

受信: 2006年11月20日 (月) 22時36分

» 「トリスタンとイゾルデ」 [prisoner's BLOG]
映画の宣伝は香具師の口上みたいなものだが、もともとの「トリスタンとイゾルデ」は「ロミオとジュリエット」とは関係ない。ウソつき。 「トリスタンとイゾルデ」はもともと宮廷詩人が語り伝えたケルトの説話、「ロミオとジュリエット」の出典は複雑だが、一応十五世紀イタリアでまとめられた長々しい物語をシェイクスピアが四日間の出来事に凝集して劇化したもの。 悲恋物語というだけでごっちゃにされてはたまらない。... [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 04時05分

» ★トリスタンとイゾルデ(2006)★ [CinemaCollection]
ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた愛は死より切なく、そして尊い。史上最も美しい、禁じられた愛の物語メディア映画上映時間125分製作国アメリカ公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2006/10/21ジャンルロマンス/ドラマ/歴史劇【解説】有名なヨーロッパ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 22時39分

» ★16ブロック(2006)★ [CinemaCollection]
わずか16ブロック(区画)先に証人を護送する──。それは簡単な任務のはずだった…。メディア   映画上映時間    101分製作国    アメリカ公開情報    劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月   2006/10/14ジャンル   サス...... [続きを読む]

受信: 2006年11月23日 (木) 22時40分

» トリスタンとイゾルデ [future world]
あの「ロミオとジュリエット」はここから生まれた〜〜 悲しく切ないラブストーリー・・・う・・ん、眠くなっちゃうかなぁ・・なぁんて思いながら、時間も都合よかったので観たんだけど、これがまた、ノーマークのわりにはいい!かなり良質な作品です。 舞台は5世紀ごろ...... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 22時34分

» トリスタンとイゾルデ [working title -annex-]
トリスタンとイゾルデ (2006)  ケヴィン・レイノルズ監督  中世からヨーロッパに伝わる恋愛物語の現代解釈版映画。ワーグナーのオペラとしても、有名な作品。  この作品を観るまで、「トリスタンとイゾルデ」、題名は聞いたことがあってもストーリーは知りませんでした。  この作品を観終わって色々調べたら、この作品もまた、かなり新解釈だということがわかりました。  でも、そもそもこの話の成り立ちは、口承文芸というか、民話というか、作者不詳の伝説みたいなところから発しているらしく、何が正本という... [続きを読む]

受信: 2007年1月 1日 (月) 21時38分

» トリスタンとイゾルデ [小部屋日記]
TRISTAN & ISOLDE(2006/アメリカ)【DVD】 監督:ケヴィン・レイノルズ 出演:ジェームズ・フランコ/ソフィア・マイルズ/ルーファス・シーウェル/デヴィッド・パトリック・オハラ/マーク・ストロング/ヘンリー・カヴィル 『トリスタンとイゾルデ』 または 『トリスタン物語』 は、中世に宮廷詩人たちが広く語り伝えた恋愛物語。 マルク王の妃となった イゾルデ(Isolde) と、彼女と媚薬の魔力で結ばれた騎士トリスタン(Tristan) の悲恋を描く。(Wikipediaより) ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 11時40分

» DVD 【トリスタンとイゾルデ】 [ミチの雑記帳]
DVDにて「トリスタンとイゾルデ」 1500年前にケルトの伝説として誕生した、史上最も美しい悲恋物語の映画化。ワーグナーのオペラやシェークスピアの戯曲の基にもなっています。 おはなし:暗黒時代のイギリス。コーンウォールの領主マークに育てられた騎士トリスタン(ジェームズ・フランコ)はアイルランドとの戦いで重傷を負い、敵国アイルランドに流れ着く。アイルランド王の娘イゾルデ(ソフィア・マイルズ)から献身的な介護を受けたトリスタンは、やがて彼女と恋に落ちるが、イゾルデはマークと政略結婚することになってし... [続きを読む]

受信: 2007年8月 7日 (火) 21時34分

» トリスタンとイゾルデ [ぶっちゃけ…独り言?]
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) シェークスピアの『ロミオとジュリエット』の元になったお話だそーです。 もちろんワタクシ、知りませんでした。 しかも、予告編などを観ても正直あまり惹かれるものはなかったんですよね〜。 ま、それでもいちおー機会を得たので観たのですが・・・ 中々面白かったですよ。 何か、もっと重厚で歴史的背景も理解してないとイマイチ分からないよーなタイプ の作品かなぁ〜なんて思ってたのですが、そんな事全然なくて舞台設定上中世 ってだけで、基本は純... [続きを読む]

受信: 2007年8月 8日 (水) 04時03分

» 哀愁の貴公子〜『トリスタンとイゾルデ』 [真紅のthinkingdays]
 世界一有名な悲劇といえば、シェイクスピア作『ロミオとジュリエット』。この 悲恋物語の元になったという、1500年前のケルト伝説『トリスタンとイゾルデ』。 イングランドの騎士トリスタンと、敵国アイルランドの姫... [続きを読む]

受信: 2007年8月 9日 (木) 08時09分

» 『トリスタンとイゾルデ』(2005) [【徒然なるままに・・・】]
随分と待たされたものである。 予定通りなら一昨年の秋にはお披露目の運びだったのが、手直しの追加撮影とやらで延期され、それでも昨年中には観られるかとも思っていたのに、結局日本へ入ってきたのは今年の秋。しかも公開劇場数はかなり少なく、その大半が僅か2週間程度で終了。 リドリー・スコット&トニー・スコット兄弟のプロデュース、ケビン・コスナー主演の『ロビン・フッド』や『ウォーター・ワールド』のヒットを飛ばしたケヴィン・レイノルズ監督の作品にしてはあんまりな扱いだと思うが、主演の二人(『スパイダーマン』シ... [続きを読む]

受信: 2010年11月20日 (土) 23時38分

» 映画『トリスタンとイゾルデ』★切ないJ・フランコのトリスタンは適役(^_-)-☆ [**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**]
作品について http://cinema.pia.co.jp/title/16098/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。 映画レビューです。 http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id325030/rid14/p0/s0/c0/ 『ロミオとジュリエット』の元ネタと言われる悲恋の物語。 &..... [続きを読む]

受信: 2013年5月13日 (月) 21時53分

« 本 「陰獣」 | トップページ | 「弁護士・灰島秀樹」 エキセントリックなキャラだけど、思いのほかオーソドックスな話 »