« 「イルマーレ」(米) 物語に抱かれる心地よさ | トップページ | 「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」 人気シリーズを映像センス良くアレンジ »

2006年9月24日 (日)

本 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」

ようやく「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を読了しました。
買ってあったのですが、手をつけていなかったのです。

前々より原作者が重要な人物がいなくなると言っているを聞いていたので、覚悟はしていましたが、やはり・・・。
「ハリー・ポッター」はファンタジーですが、ハリーという少年の成長物語ではあるので、この展開は予想範囲でしたがさびしいですね。
これでハリーは子供から、意思を持って大人になることを選択しました。
これからハリーはどうやってヴォルデモートと戦っていくのでしょうか?
また次巻ではスネイプ先生に関わる謎も解けるのでしょうか・・・?
またもや次が待ち遠しくなる展開ですね。

しかしJ.K.ローリングという方はアイデアの宝庫ですね。
細かいガジェット系のアイデアは毎回毎回これでもかというくらいに出し惜しみなく使ってきます。
それが後の方の巻で重要な役割を担ったりするところも驚きです。
全部が全部最初から織り込み済みだとは思いませんが、そのあたりの使い方はすばらしい。
ローリングの頭の中では、「ハリー・ポッター」の世界がリアルに存在しているかのようです。

いなくなったあの方は「X-MEN ファイナル・ディシジョン」のようなこともあるかもしれないので、次回作でそうなることを期待して待っています。

「ハリー・ポッターと死の秘宝」の記事はこちら→
映画化作品「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の記事はこちら→

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」J.K.ローリング著 静山社 ハードカバー ISBN4-915512-57-6

|

« 「イルマーレ」(米) 物語に抱かれる心地よさ | トップページ | 「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」 人気シリーズを映像センス良くアレンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/186553/12020652

この記事へのトラックバック一覧です: 本 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」:

» ハリー・ポッターと謎のプリンス [Akira's VOICE]
J.K.ローリング 著 松岡佑子 訳 [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 11時08分

» ハリーポッターと謎のプリンス (ネタバレ注意) [落とし穴には気をつけろ!]
読みましたよ〜、すごいことになってました!以下、激しくネタバレです。これから作品を読む人は、読まないでね ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・ポッターシリーズ第六巻静山社このアイテムの詳細を見る 今回は(というか、今回も)暗〜い雰囲気です。ヴォルデモート復活の影響で、どこもかしこも危険になり、次々と人が殺された... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 08時21分

» ハリー・ポッターと謎のプリンス [LIV-徒然なるままに]
( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー! 認めたくないぃぃぃ!! ハリー・ポッターと謎のプリンス すっかりブログ更新するのも忘れて、読みふけっておりました( ;^ω^) やっと読み終えたので感想(?)を少しだけ書きたい... [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 16時47分

« 「イルマーレ」(米) 物語に抱かれる心地よさ | トップページ | 「スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ」 人気シリーズを映像センス良くアレンジ »